山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

鳳来寺山

鳳来寺という名前は学生時代から、何となく記憶にあった。
大学時代、北海道から上京してきて、なんとはなしに全国の道路地図帳をめくることが多かったが、愛知県を見ると、なぜか三河の山間地に目がいった。
そこには茶臼山高原と鳳来寺山が目立つように載っていた。

長野勤務時代、足助と明智には行ったことがある。明智は美濃だけど、イメージ的にはほぼ同じエリアだ。
このあたり、とくに高い山はないのに、山が深い感じがする。
今回、飯田線で奥三河に入ったが、新城をすぎて、大海あたりになるともう山の中だ。

長篠城という駅があって、次が鳳来寺山の玄関口である本長篠駅だが、「本」とは名ばかりのさみしい駅前だ。
帰りにパンを買う店すらなくて、困ったくらいだ。

鳳来寺山は地形図では標高695mとなっているが、現地ではそのピークは採用せず、ひとつ南のピークに山頂の標識を立て、684mとしている。
DSC_2602.jpg
こういうのは、とても悩ましい。ピークハンターとしては、684mに達して登頂とするのは、ずるい気がするのだ。
天気が悪いし、なるべく早く下山したいから、「いいこと」にしてしまいたい気もするが、わずが数百m歩くのを惜しむのも恥ずかしい。

行ってみた。標識がないので確たる自信はないが、「瑠璃山」と小さな標識がある高さ5~6mほどの岩峰が、本当の山頂のようだ。
DSC_2606.jpg

ふつうなら、「ラッキー! これで2つ山を登ったことになる♪」とほくそ笑むのだが、今回ばかりは、それははばかられる。あくまで「鳳来寺山」ひとつとカウントしました。
瑠璃山さん、ごめんなさい。

行程をはしょって、いきなり山頂に行ってしまったが、この山の魅力はなんと言っても、1425段あるという鳳来寺本堂への石段と林立するスギでしょう。
DSC_2474.jpg

鳳来寺は702年に利修仙人が開山したとされる。
当地で様々な仏像を作っていたが、都の文武天皇から病気平癒祈願を再三命じられて、拒みきれず、鳳凰に乗って参内したというのが、「鳳来寺」の名の由来だそうだ。

コノハズク(仏法僧)の鳴く寺として有名だったそうだが、タクシーの運転手によると、いつからか聞かれなくなってしまったとのこと。
家光が建てた仁王門が国の重要文化財になっているが、全体に荒れた印象もある。
大正3年に焼けた本堂は昭和49年に再建されたが、最盛期に20以上あった僧坊は今2つ残るのみで、廃絶した僧坊の跡地にはそれぞれ「○○院跡」という石碑が立っている。
DSC_2485.jpg

それにしても、人がいない。天気が悪い、季節も悪いとは言え、土曜日である。まだ、夕暮れにも間がある。
結局、1425段の石段を登った45分間ですれ違ったのは、わずか5人だった。

またまたタクシー運転手の談だが、本堂とほぼ同じ高さの東照宮の間近に達する自動車道{鳳来寺パークウエイ)ができてから、めっきり石段を歩く人が減ったという。
そういえば、参道の土産物屋や飲食店が軒並み、お休みしていたなあ。

本堂から奥の院へは、30分ほどの道のり。
雨でぬれた道がすべりやすい。
奥の院もかなり荒れていた。倒壊寸前とは言わないが、このまま放置はできない状態だ。
DSC_2590_20121220191606.jpg

ここから10分で山頂、さらに10分で瑠璃山。この時点で午後3時。
手元の資料では、ここから鷹打場展望台経由で下山するには2時間かかる。
足元を考えると、慎重に下りなければならず、時間短縮は厳しい。
暗くなってしまうかも、と不安になったが、ひらめいた。
東照宮から自動車道に出て、車を呼べばいいのだ!

鷹打場からの展望も、山頂からの展望もゼロだったが、そういう日があってもいいでしょう。
DSC_2630.jpg

しかし!
駐車場に着いて、タクシー会社に電話したが、どこも出ない。
ここから車道を延々歩くのは、かなりみじめだ。

駐車場の料金所のおじさんにタクシーを呼べないかと頼んでみたら、同じ結果だったけど、「遠いとこからでもいいです」と食い下がったら、新城市街から呼んでくれた。
30分以上待ったけど、ありがたかった。

この日、お昼は前夜泊まった、民宿のご主人が持たせてくれた大ぶりの「手作り大福」5個を行動食にして済ませた。腹が減って、本長篠駅前をうろついたが、おでん屋しかなかった。
電車はあと5分で来るから、のれんをくぐるわけにもいかない。

結局、豊橋まで我慢して、帰京した次第。
自宅まで、あと4時間。ああ長いなあ。




スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/19-fb3de7ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (91)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (21)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR