FC2ブログ

山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

平山(5)

【2018年7月29日(日)】平山
平山(1771m)から下山中。
DSC_0381_20180806060938e83.jpg

見晴台風のテラスを通過したところで
DSC_0382_20180806060940fca.jpg

ゴゼンタチバナを発見。
DSC_0383_20180806060941bb5.jpg

ミヤマリンドウも青く輝いている。
DSC_0384_2018080606094365f.jpg

右手奥は武華山(1759m)。
DSC_0385_20180806060944f4f.jpg

あっと言う間に二の雪渓まで下ってきた。
DSC_0386_20180806060915786.jpg

道幅が広くなっているところが、さっき休憩した場所だ。
DSC_0387_20180806060917f7b.jpg

そこを3人が通過。
DSC_0389_201808060609201f7.jpg

雪渓の奥に武利岳(中央、1876m)と武華山(右)。
DSC_0388_2018080606091889a.jpg

チシマキンバイソウの大群落。
DSC_0390_20180806060922cef.jpg

見ごたえ十分である。
DSC_0391_20180806060852263.jpg

本当に金杯のようだ。
DSC_0392_20180806060854ff1.jpg

左手の雪渓。
DSC_0393_201808060608550db.jpg

エゾマルバシモツケ。
DSC_0394_20180806060857457.jpg

その親類みたいなエゾノシモツケソウ。
DSC_0395_2018080606085869f.jpg

ホワイトつながりでカラマツソウ。
DSC_0396_20180806060828406.jpg

もう一丁。ダケカンバの幹。
DSC_0397_201808060608290c8.jpg

ウコンウツギには目もくれず。
DSC_0398_2018080606083195b.jpg

そろそろ一の雪渓が近づいてきた。
DSC_0399_20180806060832d0d.jpg

チングルマは意外に少なかった。
DSC_0401_2018080606083493b.jpg
DSC_0402_201808060608064d0.jpg

こちらはミヤマキンバイかしら。
DSC_0403_20180806060807748.jpg
DSC_0410_201808060607456f3.jpg

どんどん高度を下げる。
DSC_0404_20180806060809232.jpg

この残雪はあと何日の寿命だろう。
DSC_0405_2018080606081047b.jpg

白く点々に見えるのはチングルマ。
DSC_0406_20180806060812f9e.jpg

先行の4人グループが一の雪渓を通過。
DSC_0407_20180806060742ff9.jpg

沢と雪渓と登山道との関係はこうなっている。
DSC_0409_2018080606074330f.jpg

ウコンウツギと一の雪渓。
DSC_0411_20180806060746d23.jpg
DSC_0412_20180806060748456.jpg

エゾコザクラも混じってきた。
DSC_0413_20180806060716492.jpg

この花は私にとって好きな花ベスト3に入る。
DSC_0414_20180806060718e91.jpg

さて雪渓横断。
DSC_0416_201808060607207a7.jpg

登りでも通ったのだが、よく見ると、ちょっと怖い。
DSC_0415_201808060607190dc.jpg

段差もかなりある。
DSC_0417_201808060607223c8.jpg

でも何とか大丈夫だ。
DSC_0418_20180806060653f26.jpg

この雪渓が薄くなると渡渉することになるのだろう。
DSC_0419_2018080606065471e.jpg

ここで私はスリップして尻もち。
DSC_0420_2018080606065647a.jpg

まあ、これだけの厚さがあれば踏み抜いたり、折れたりすることはないだろう。
DSC_0421_201808060606577ed.jpg

雪渓っていいもんだなあ。
DSC_0422_20180806060659d8f.jpg

右手の雪渓はミニ氷河のようだ。
DSC_0423_20180806060628f8a.jpg

山頂から1時間近く歩いてきたので、ここで小休止。
DSC_0424_20180806060630a66.jpg

冷たい沢水でじゃぶじゃぶ顔を洗った。
DSC_0429_201808060606066fb.jpg

ついでにちょっぴり水を飲んでしまった。
DSC_0425_201808060606328b8.jpg
DSC_0426_20180806060633330.jpg

まあ、感染したとしても、発症するのは20年後だから関係ない。
DSC_0427_20180806060635c8e.jpg

エゾノリュウキンカの咲き乱れるいい季節に来た。
DSC_0428_20180806060605e84.jpg
DSC_0430_201808060606089e6.jpg

H君は以前山開きの日に来たとのことだが、その時は雪渓の上を登ったらしい。
DSC_0431_201808060606096aa.jpg

岩陰に咲くエゾノリュウキンカ。
DSC_0432_201808060606110be.jpg

実に美しい。
DSC_0433_20180806060541920.jpg

後ろから追いついてきたカップルもここで涼をとっていた。
DSC_0434_2018080606054236e.jpg

それを潮に我々も出発。
DSC_0435_201808060605449f1.jpg

さらば、一の雪渓。
DSC_0436_20180806060545ecd.jpg

登りでは気づかなかったトカチフウロ。
DSC_0437_201808060605471c2.jpg

チシマキンバイソウ回廊を通過。
DSC_0438_201808060605172f3.jpg

エゾノシモツケソウ。
DSC_0439_20180806060519f45.jpg

徐々に樹林帯へと入っていく。
DSC_0440_20180806060520bbb.jpg

この小さい花はどうして特定できなかった。
DSC_0441_201808060605223de.jpg

下りではかなり滑りやすい難所を無事に通過。
DSC_0442_20180806060523c7d.jpg

こんなに急なところを登ってきたとは。
DSC_0443_201808060604516b5.jpg

エゾノシモツケソウの中をくぐり抜けて行く。
DSC_0444_201808060604534c2.jpg
DSC_0445_20180806060454690.jpg

フキの蛇口。今度はよく見えるでしょう。
DSC_0447_2018080606045731d.jpg

さっき見えた滝は3段構成になっていた。
DSC_0448_2018080606042758a.jpg

まるで鶴のようだ。
DSC_0449_201808060604297c2.jpg

下段の滝。
DSC_0450_201808060604309a5.jpg

ちょっと違う角度から。
DSC_0451_20180806060432e1d.jpg
私が名付け親になってやろう。舞鶴の滝でどうだ!

標高約1250m地点で2度目の休憩。
DSC_0453_20180806060402318.jpg

下りなのに随分汗をかくわい。
DSC_0454_201808060604049a4.jpg

5分足らず休憩して出発。難所を通過。
DSC_0455_201808060604064d5.jpg

ヤマハハコ。
DSC_0456_20180806060407c92.jpg

サルノコシカケ。
DSC_0457_201808060604099a0.jpg

行雲の滝の下まで下りてきた。
DSC_0458_20180806060339cb9.jpg

ここは普通に渡渉。
DSC_0459_20180806060340f23.jpg

束の間の平和通り。
DSC_0460_20180806060342ee5.jpg

コバノイチヤクソウ。
DSC_0461_201808060603430d3.jpg

最初に出会った小さな滝。
DSC_0462_20180806060345793.jpg

水量は豊富だ。
DSC_0463_2018080606031662a.jpg
DSC_0465_20180806060318224.jpg

登りでは気づかなかったゴゼンタチバナの群落。
DSC_0466_20180806060319edd.jpg

看板が倒れていた。「高山植物を大切に」系かな。
DSC_0467_20180806060321bb7.jpg

エゾノハクサンボウフウ。
DSC_0468_20180806060322f8e.jpg

こちらは全く読めなくなった看板。
DSC_0469_201808060602512de.jpg

15時過ぎ、頂上から2時間13分でゴール。
DSC_0470_20180806060253f34.jpg

入林届を見てみると、住所や氏名を書かなくてもいい書式になっている。
DSC_3732_201808060602547d9.jpg
これでは遭難者が出た時にまるで役に立たないのではないか。
せめて名前くらいは書かせてもいいと思う。

エアコンの効いた車で白滝へ向かう。
コンビニがないので、自販機でドリンクを買ったのだが、車から下りると猛烈に暑い。
DSC_3733_201808060602552d1.jpg

私は250ccのファンタを購入した。
DSC_3735_2018080606022624f.jpg

白滝ICから乗って、比布の日帰り温泉を目指す。
DSC_3734_201808060602570cd.jpg

車中であれこれ検索してびっくり、なんと今日遠軽が35℃近くまで上がっている。
道内には猛暑日になったところもあったそうで、わざわざ一番暑いところに来てしまった。
「こんな暑い日に風呂なんて」と思うか、「暑くて汗をかいたので風呂に行こう」となるか。
前者であることを祈って、遊湯ぴっぷへ。
DSC_3736_201808060602281e7.jpg

入浴料は500円。
DSC_3737_2018080606022992d.jpg

顔ハメがあったので、当然はめる。
DSC_3738_20180806060231c8e.jpg
風呂は後者の方でやっぱり混んでいた。
湯も熱かったので、カラスの行水で済ませた。
もともと体温が上がっているし、これ以上上げたらのぼせてしまう。

湯上りにH君がノンアルを飲んでいたが、私はソフトにした。
DSC_3740_20180806060232171.jpg
生き返った。

17:30に出発。H君の運転で札幌へ。19:30には帰宅できた。
H君、O君送迎ありがとうございました。
暑かったけど、花にも景色にも恵まれ、最高の登山となった。
1771mは今年の最高峰であった。

帰宅後は近くの寿司屋でやっとこビール。
DSC_3743_201808060602068af.jpg

お寿司もおいしかった。
DSC_3745_201808060602096d1.jpg
ごちそうさまでした&お疲れ様でした。

【行程】2018年7月29日
登山口(8:39)~行雲の滝(9:03撮影9:05)~冷涼の滝(9:19撮影9:21)~標高1250m地点(9:29休憩9:34)~標高1320m地点(9:47休憩9:52)~標高1350m地点(9:55休憩10:02)~一の雪渓(10:19)~二の雪渓(11:02休憩11:09)~見晴台(11:20休憩11:25)~分岐(11:30撮影11:37)~平山(11:54撮影・昼食12:51)~分岐(13:07)~二の雪渓(13:20)~一の雪渓(13:44休憩13:55)~標高1250m地点(14:23休憩14:27)~登山口(15:04)
※所要時間:6時間25分(歩行時間:4時間30分)コースタイム:
※登った山:1座(平山)
※歩行距離:7.8km
※累積標高差:約800m




スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1713-5792d775
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
北海道の山 (330)
東北の山 (73)
上信越の山 (147)
奥多摩の山 (58)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (97)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (53)
南アルプス (101)
史跡歩き (11)
中央アルプス (28)
北アルプス (61)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (49)
ドライブ (30)
廃線の旅 (29)
駅から散歩 (31)
乗り鉄 (46)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (29)
東海の山 (5)
つぶやき (36)
旧道歩き (56)
伊豆の山 (39)
サイクリング (3)
ハイキング (3)
温泉旅行 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR