FC2ブログ

山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

塩谷丸山~天狗山(4)

【2018年7月7日(土)】塩谷丸山
塩谷丸山(629m)から天狗山(533m)への縦走を終えて、小樽天狗山ロープウエイの山頂駅に到着した。
ここには小樽天狗山神社が鎮座している。
DSC_9328_201807130743219d7.jpg

以前、観光でここに来たことがあるが、その時はこの周辺を歩いただけで頂上には行かなかった。
DSC_9326_201807130743193a8.jpg

神社には猿田彦大神が祀られているそうだ。
DSC_9329_2018071307432227c.jpg

伊勢神宮の猿田彦神社から分霊してきたのは1982年(昭和57年)というから、わりと新しい神社だ。
DSC_9355_201807130741147df.jpg

無事に縦走できました。ありがとうございました。
DSC_9330_201807130743248bb.jpg

天狗山神社の隣には赤沼龍神が祀られていた。
DSC_9331_20180713074325a4c.jpg

その奥に弘法大師の像。
DSC_9332_20180713074255ef3.jpg

信仰の空間である。
DSC_9333_20180713074256a60.jpg

石仏がたくさん並んでいた。
DSC_9334_20180713074258ce3.jpg

番号がふってあるので四国八十八か所を模したものだろうか。
DSC_9335_20180713074259e40.jpg

赤沼龍神の鳥居。
DSC_9336_20180713074301b34.jpg

「延命なんちゃら」の石碑。
DSC_9338_2018071307422883e.jpg

天狗の顔ハメ。
DSC_9339_20180713074230a5d.jpg

天狗桜。
DSC_9340_201807130742312b5.jpg

明治時代に植えられた樹齢100年を超えるエゾヤマザクラで、小樽で最も遅く開花するという。
DSC_9341_201807130742335f6.jpg

恋人の聖地?
DSC_9342_20180713074234399.jpg

そして天狗桜展望台。
DSC_9343_2018071307420270c.jpg

ここからは小樽の市街地がまさに一望できる。
DSC_9344_2018071307420430f.jpg

父の母校、小樽工業高校(右手前)から奥は祝津方面。
DSC_9345_201807130742050cd.jpg

中央墓地のある丘と赤岩山(371m)。
DSC_9346_20180713074207807.jpg

積丹半島方面。
DSC_9347_2018071307420864e.jpg

小樽の中心街。
DSC_9348_20180713074138cf7.jpg

小樽駅のあたり。
DSC_9349_20180713074139b4f.jpg

小樽築港方面。
DSC_9350_20180713074141970.jpg

石狩湾。
DSC_9351_201807130741424f4.jpg

高台の住宅地。
DSC_9352_20180713074144b22.jpg

こんなに町が近くに見える展望台もめずらしいのではないか。
DSC_9354_2018071307411275a.jpg

鼻なで天狗さん。
DSC_9356_201807130741151d4.jpg

西暦2000年の記念に設置されたものらしい。
DSC_9357_20180713074117f48.jpg

みんななぜるので、赤い鼻が剥げて金色になっている。
DSC_9358_20180713074118460.jpg

私もなぜなぜさせてもらいました。
DSC_3417_20180713074427e29.jpg

リフトは夏期休業中。
DSC_9360_20180713074048373.jpg

シマリス公園はパスした。
DSC_9361_20180713074050c40.jpg

またまた顔ハメがあった。
DSC_9362_20180713074051c59.jpg

これはやらないわけにはいかない。
FB_IMG_1530959075881.jpg

会心の作に満足したところで、ロープウエイ乗り場へ。
DSC_9359_2018071307404680a.jpg

売店のベンチに腰掛けて、しばし休憩。
DSC_9363_20180713074053af9.jpg

おやつを食べながら、下りていくゴンドラを眺めていた。
DSC_9364_2018071307402310e.jpg

ロープウエイは12分おきに運行している。
DSC_9365_20180713074025d97.jpg

私は14:36の便に乗車した。
DSC_9366_20180713074026cb2.jpg

下に山麓駅が見える。
DSC_9367_201807130740282ee.jpg

緑を散りばめた小樽の町並み。私の生まれ故郷だ。
DSC_9368_2018071307402975d.jpg

登りのロープウエイとすれ違い。
DSC_9370_20180713073959e35.jpg

小樽天狗山ロープウエイは1979年(昭和54年)に開業したとのこと。
全長735mを約4分で結んでいる。
DSC_9371_2018071307400183c.jpg

スキー場のふもとにも四角い顔ハメがあったが、さすがにもう止めておいた。
DSC_9372_20180713074002643.jpg

高低差は271mだそうだ。
DSC_9373_20180713074004de5.jpg

ゴンドラは30人乗り。
DSC_9374_2018071307400618a.jpg

小樽スキー連盟創立100周年を記念して設置された鐘があった。
DSC_9376_20180713073935e15.jpg

スキー場に下にある山麓館は宿泊施設である。
DSC_9375_20180713073933131.jpg

近くにはユースホステルもあるらしい。
DSC_9380_201807130739084dd.jpg

これのことかしら。
DSC_9381_20180713073911344.jpg

休日のわりに観光客が少なかったのは天気のせいか。
DSC_9378_201807130739382d0.jpg

それではお疲れ様でした。帰ることに致しましょう。
DSC_9377_20180713073937f64.jpg

ほとんどの人は車で来ていたが、私は駅までバスに乗る。
DSC_9379_20180713073940a68.jpg

バスの時間まで10分ちょっとあるので、ベンチでまったり。
DSC_9382_20180713073911c74.jpg

14:57発のバスに乗る。
DSC_9383_2018071307391497c.jpg

小樽運河ターミナル行きの北海道中央バスである。
DSC_3423_2018071307442921e.jpg

10分ほどで小樽駅に到着。
DSC_3425_20180713074431a18.jpg

三角市場に寄り道してみた。
DSC_3427_20180713074434476.jpg

入口の前にあった啄木の歌碑。
DSC_3426_201807130744323ce.jpg
「子を負いて雪の吹き入る停車場にわれ見送りし妻の眉かな」

タコの頭がまるまる売っているのは初めて見た。
DSC_3428_20180713074405959.jpg

どの店もカニがすごい。
DSC_3429_201807130744064d5.jpg

何か食べたていきたい気もするが、まだお腹が空いていないし、やはり高い。
DSC_3430_20180713074408dc7.jpg

一応、明日の海鮮バーベキュー用に、しまほっけだけ買って帰った。
DSC_3431_201807130744090e9.jpg

15時半前に小樽駅に戻ってきた。
DSC_3432_2018071307441163d.jpg

次の快速エアポートの発車時間(15:30)まで、あと3分しかないのに、券売機の前でもたもたしている人がいて、ちょっと焦った。なんとかギリギリ間に合って、飛び乗る。
DSC_3433_20180713074341160.jpg
小樽始発なのにかなり混んでいたが、どうにか座ることができた。
爆睡したかったが、明日のバーベキューの打合せでO君ほかとスマホでやりとりしているうちに札幌に着いてしまった。
自宅には17時前に到着。

洗濯をして、近くの洋食屋「ラ・ヴォワ」に夕食を食べに行った。
DSC_3437_201807130743474bc.jpg

ハンバーグと鶏ムネ肉の詰め物グラタン仕立てなる料理をいただいた。
DSC_3435_20180713074344b2c.jpg

これは前菜。
DSC_3434_20180713074343b3e.jpg

どれも美味しかったが、オリジナルのハバターが絶品だった。
DSC_3436_20180713074346a42.jpg
というわけで、長い1日は終了。
想像したよりかなり長い縦走だったので、疲れて早々に寝てしまった。

(おわり)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1688-c71dfce5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
北海道の山 (330)
東北の山 (73)
上信越の山 (147)
奥多摩の山 (58)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (97)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (53)
南アルプス (101)
史跡歩き (11)
中央アルプス (28)
北アルプス (61)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (49)
ドライブ (30)
廃線の旅 (29)
駅から散歩 (31)
乗り鉄 (46)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (29)
東海の山 (5)
つぶやき (36)
旧道歩き (56)
伊豆の山 (39)
サイクリング (3)
ハイキング (3)
温泉旅行 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR