FC2ブログ

山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

アポイ岳(2)

【2018年6月10日(日)】アポイ岳
アポイ岳の第4休憩所を過ぎたところ。
DSC_7696_20180622065300017.jpg

あの保護色の器具はなんだ?
DSC_7697_201806220653019af.jpg

防犯カメラだった。ダミーじゃないだろうね。
DSC_7698_20180622065303562.jpg

三合目。クマ除けの鐘があったので鳴らして通過した。
DSC_7699_201806220653042e4.jpg

速足の若者たちに先に行ってもらった。
DSC_7700_20180622065306fdb.jpg

それにしても、なかなか花と出会わない。
DSC_7701_20180622065236999.jpg

どうなっているのか。
DSC_7702_20180622065238d1e.jpg

葉っぱで我慢だ。
DSC_7704_201806220652415c4.jpg

この「半分、青い」のは何の木だろう。
DSC_7703_20180622065239a06.jpg

お、やっと坂らしくなってきた。
DSC_7705_20180622065243b77.jpg

管理歩道との合流地点。あちらは危険な箇所があるため通行止めだそうだ。本当は帰りにこの道を使って完全ピストンを避けようと思っていたのに。
DSC_7706_2018062206520275e.jpg

なんと、ここから海が見えた。太平洋だ。初めての展望である。
DSC_7707_201806220652044b0.jpg

木橋を渡る。
DSC_7708_201806220652052e9.jpg

三合目から10分ちょっとで第5休憩所。
DSC_7709_20180622065207ec5.jpg

ここで初めて。お花に会えた。
DSC_7711_20180622065139196.jpg

ミヤマオダマキだ。この花は下界にも普通に咲いているのを後で知ることになる。
DSC_7710_20180622065208382.jpg

足元が石ごろごろになってきた。
DSC_7712_201806220651404a1.jpg

ここから登りがやっと本気になる。
DSC_7713_20180622065142050.jpg

四合目を通過。
DSC_7714_20180622065143efb.jpg

これがカンラン岩なのか。濡れているので、かなり滑りやすい。
DSC_7715_2018062206514526e.jpg

2つ目の花。エゾボウフウ。
DSC_7716_20180622065113b39.jpg

ヤマツツジは雨でちょっと萎れている。
DSC_7717_201806220651158bf.jpg

アズキナシ。
DSC_7718_20180622065116570.jpg

これは初めて見た気がする。
DSC_7719_20180622065118f5b.jpg

やっと、山小屋が見えた。
DSC_7720_20180622065119941.jpg

五合目だ。
DSC_7721_20180622065035829.jpg

ここでやっと標高365mだ。あと450m近くある。
DSC_7722_20180622065037b70.jpg

携帯トイレ用のブースがあるようだ。
DSC_7723_2018062206503832c.jpg
DSC_7727_2018062206493889f.jpg

それはともかく、まずは展望を楽しもう。
DSC_7724_201806220650405fb.jpg

ここはヤマツツジの楽園だった。
DSC_7725_201806220650418b1.jpg
DSC_7734_20180622064905918.jpg

まわりはツツジだらけである。
DSC_7726_20180622064937812.jpg

岩陰にアポイアズマギク。固有種だ。
DSC_7728_20180622064940ebe.jpg

エゾコウゾリナは雨で完全にしぼんでいる。
DSC_7729_20180622064941386.jpg

アズマギクには、白いのと紫色のがあった。
DSC_7730_201806220649433d3.jpg

小屋の中は後で見学させてもらおう。
DSC_7731_2018062206490036b.jpg

松ぼっくり。
DSC_7732_2018062206490243f.jpg

あまりすっきりしたい天気だが、太平洋。
DSC_7733_20180622064903b5d.jpg

あれがトイレブースか。
DSC_7735_201806220649069ca.jpg

振り仰ぐと、頂上付近はガスの中のようだ。
DSC_7736_20180622064836c9b.jpg

頂上に着く頃には晴れているといいな。
DSC_7738_201806220648392cb.jpg

10分ちょっと休んだので、そろそろ出発しますか。
DSC_7740_20180622064842371.jpg

その前に小屋の中を確認させてもらった。
DSC_7742_2018062206481432e.jpg

ベンチがあるだけだった。
DSC_7743_20180622064815f50.jpg

さて、ここから先は森林限界。
DSC_7741_20180622064812bd8.jpg

了解しました!
DSC_7744_20180622064817cea.jpg

高山植物は踏みつけに弱いのだ。
DSC_7745_201806220648189de.jpg

この先は露出したカンラン岩が続く。
DSC_7737_2018062206483795b.jpg

斜面はしばらくツツジ畑。
DSC_7739_2018062206484045a.jpg

何度も見上げるが、何度見てもガスだ。
DSC_7746_201806220647427be.jpg

アズキナシを横目に
DSC_7747_201806220647446ae.jpg

小さな女の子を連れた家族の後をゆっくり登っていく。
DSC_7748_20180622064745bf7.jpg

さすがに急登になった。
DSC_7749_2018062206474728e.jpg

振り返ると、海岸が見えた。
DSC_7750_20180622064748bd8.jpg

山小屋もあんなに下に。
DSC_7751_20180622064649431.jpg

ずっと尾根づたいに登っていく。
DSC_7752_20180622064651d6b.jpg

カンラン岩が角ばっているのは風化しにくいから。
DSC_7753_20180622064652412.jpg

エゾコウゾリナは、今日はもう開かないかな。
DSC_7754_201806220646548a3.jpg

カンラン岩の玉座。
DSC_7755_201806220646553f0.jpg

層状に割れる性質があるようだ。
DSC_7756_2018062206462532a.jpg

ツツジ畑はどこまでも続く。
DSC_7757_2018062206462600d.jpg

五合目から15分で六合目を通過。
DSC_7758_20180622064628f51.jpg

登りは一転、岩場になってきた。
DSC_7759_20180622064629c2d.jpg

そして登るにつれ、太平洋が広くなってきた。
DSC_7760_201806220646317ad.jpg

水滴を身にまとったヤマツツジ。
DSC_7761_201806220645355bd.jpg

お~様似の海岸が出現!
DSC_7762_20180622064537df3.jpg

手前はエンルム岬。
DSC_7764_20180622064540280.jpg

こちらは冬島漁港。
DSC_7763_201806220645388f8.jpg

ぎゃっ。
DSC_7765_20180622064541c4b.jpg

どこにでもあるヤマブキショウマ。
DSC_7767_20180622064505bba.jpg

はんれい岩とカンラン岩の互層。
DSC_7769_201806220645082ee.jpg

褐色のくぼんでいるのがカンラン岩だそうだ。かなり分かりにくい。
DSC_7768_201806220645076bc.jpg

再び海岸線。
DSC_7770_20180622064510e34.jpg

様似の町並み。
DSC_7771_201806220645110fa.jpg

かわいいアポイアズマギク。
DSC_7772_2018062206442832e.jpg

これも互層なのだろうか。危険な石舞台である。
DSC_7773_20180622064430d1f.jpg

う~ん、険しいね。
DSC_7774_201806220644313c6.jpg

あそこが七合目のようだ。
DSC_7775_20180622064433cc4.jpg

花びらが欠けているがキンロバイと思われる。
DSC_7776_20180622064434a9b.jpg

ハイマツの松ぼっくり。
DSC_7777_2018062206440365d.jpg

再びヤマブキショウマ。
DSC_7778_2018062206440450c.jpg

さすがに高山植物が多くなってきた。楽しい。
DSC_7779_201806220644065cf.jpg

七合目は近いようで遠い。
DSC_7780_201806220644079f7.jpg

たまには振り返ってみた。
DSC_7781_20180622064409a38.jpg

どんどん海岸線も長くなっていく。
DSC_7782_2018062206432754f.jpg

岩と花。ブログのタイトルにできそうだ。
DSC_7783_201806220643306e8.jpg

皆さん頑張ってます。
DSC_7784_20180622064330bde.jpg

さっきのお二人。仲が良さそうだ。
DSC_7785_201806220643335ba.jpg

六合目から10分で七合目を通過した。
DSC_7786_201806220643330ae.jpg

(つづく)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1659-ec04590f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
北海道の山 (330)
東北の山 (73)
上信越の山 (147)
奥多摩の山 (58)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (97)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (53)
南アルプス (101)
史跡歩き (11)
中央アルプス (28)
北アルプス (61)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (49)
ドライブ (30)
廃線の旅 (29)
駅から散歩 (31)
乗り鉄 (46)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (29)
東海の山 (5)
つぶやき (36)
旧道歩き (56)
伊豆の山 (39)
サイクリング (3)
ハイキング (3)
温泉旅行 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR