FC2ブログ

山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

本仁田山(下)

【2018年6月3日(日)】本仁田山
本仁田山(1225m)から下山中。
DSC_7313_20180620054153390.jpg

木々の隙間から見えたのは石尾根の狩倉山(1452m)か。
DSC_7314_2018062005415584f.jpg

「足場悪し 滑落注意」。確かに足場は浮石が多く、かなり悪い。
DSC_7315_2018062005415605c.jpg

それでも頑張って、人里近くまで下ってきた。
DSC_7316_20180620054158f5c.jpg

城郭のような石垣だが、かつてはこの上に家屋が建っていたのだろうか。
DSC_7317_20180620054159da2.jpg

乳房観音との分岐を通過。この先は6年前に歩いた道だ。
DSC_7318_2018062005412725e.jpg

砂防ダムの横を下ると
DSC_7320_201806200541305de.jpg

安寺沢最奥の民家が見えた。
DSC_7319_2018062005412899f.jpg

やれやれである。
DSC_7321_20180620054131914.jpg

なんと、これから登る人がいた。もう午後2時を過ぎているのに。
DSC_7322_20180620054133d41.jpg

やっと車道が見えてきた。
DSC_7323_20180620054102577.jpg

いや~長い下りだった。頂上から1時間半近くかかった。
コースタイム50分になっているが、それはちょっと無理だ。
DSC_7324_20180620054103b1c.jpg

とりあえず、ここで休憩。
DSC_7325_20180620054105ce5.jpg

山に向かっているモノレールは林業用のものだろう。
DSC_7326_20180620054106650.jpg

このレールは個人宅用のケーブルカー。
DSC_7328_2018062005403606d.jpg

緑の乗り物が家屋の前に控えている。
DSC_7327_20180620054108e9c.jpg

10分ほど休んで出発。緑山小舎なるギャラリーの前を通過する。
DSC_7329_20180620054037db3.jpg

林道安寺沢線の入口を左折。
DSC_7330_201806200540396c0.jpg

早くビールを飲みたいH君とY君はすたすたと歩いて行ってしまった。
DSC_7331_2018062005404054c.jpg
小河内ダム(奥多摩湖)建設のために敷設された東京都水道局小河内線の廃線跡をくぐる。

石灰を生産している奥多摩工業氷川工場が見えてきた。
DSC_7332_201806200540429ea.jpg

このゴテゴテ感は工場萌えの方々にはたまらないだろう。
DSC_7333_20180620054007aef.jpg
奥多摩工業は1937年(昭和12年)に奥多摩電気鉄道として創業している。

眼下の日原川には氷川国際ます釣り場。
DSC_7334_20180620054009db4.jpg
DSC_7339_20180620053944c79.jpg

みんな興味深そうに見下ろしている。
DSC_7335_2018062005401044c.jpg

結構流行っているようだ。
DSC_7336_20180620054012540.jpg

上流方向には小河内線のコンクリート製橋脚が見える。
DSC_7337_201806200540135b9.jpg

下流側は奥多摩工業。
DSC_7338_20180620053942e1b.jpg

奥多摩工業の2016年度の売上高は140億円。かなりの規模だ。
DSC_7340_20180620053945a8f.jpg

太平洋セメントの系列である。
DSC_7341_201806200539470d1.jpg

当初は、御嶽駅と氷川駅(現・奥多摩駅)を結ぶ鉄道路線を敷設していたが、路線が開通する(1944年)前に免許を国に譲渡した。現在のJR青梅線である。
DSC_7342_201806200539487d4.jpg

この工場の採掘場は天祖山にあり、地下鉄道で運んでいる。
DSC_7343_20180620053919600.jpg

再び、日原川を渡ると、奥多摩駅前の建物が見えてきた。
DSC_7344_20180620053920750.jpg

奥に見えるのは大岳山(1266m)かな。
DSC_7345_201806200539224bb.jpg

というわけで、14:53に奥多摩駅に到着。
DSC_7346_201806200539231ee.jpg
ここでずっと先頭を引いてくれたMさんとはお別れ。
今日は本当にお世話になりました。
頂上でいただいたコーヒーめちゃめちゃ美味しかったです。

残る同期7人は、このままお風呂へ。
DSC_7347_20180620053925dd3.jpg

Y君がパンツを忘れたからコンビニで買うと騒いでいたが、駅前のコンビニでは扱っておらず、諦めることに。
DSC_7348_2018062005390574c.jpg

玉翠荘が駅に最も近い温泉である。
DSC_3177_201806200543044e4.jpg

ここに来るのは、これで3回目くらいだろうか。
DSC_3178_201806200543056b3.jpg

入浴料は750円。
DSC_3179_201806200543077c0.jpg

いつも地下4階の風呂に入っていたが、地下1階のこの浴室は初めてだ。
DSC_3184_20180620054310774.jpg

う~ん、気持ちいい~。
DSC_3181_20180620054308302.jpg
この後、巨体の白人2人が入ってきて、ものすごく狭くなった。
2人で5人分くらいの体格だった。
風呂から上がったら、Y君が「やっぱりパンツあったわ」と報告してくれた。
それはよかった。

電車の時間まで1時間あるので、山麓酒場をしなくては。柳小路を物色する。
DSC_3185_20180620054241693.jpg

しかし、どの店も登山客で満員。7人入れる店はなかなかない。
しゃれた地ビールの店にかろうじて席があったので、ここに入ることにした。
DSC_3195_20180620054222802.jpg

店の名前は「VERTERE(ベルトレ)」。ラテン語で「回転」という意味だそうだ。
DSC_3194_20180620054220ed2.jpg

古民家を利用している。
DSC_3186_201806200542420cf.jpg

どのビールも、ここで作っているのだそうだ。
DSC_3187_2018062005424452b.jpg

というわけで、全員で乾杯。やっとビールにありつけた。
DSC_3188_20180620054245889.jpg

飲んだのは何というビールだったか忘れてしまった。
DSC_3191_20180620054247479.jpg

つまみは大きな鶏の唐揚げにポテトサラダなど。
DSC_3191_20180620054247479.jpg
ビールもそうだが、料理もおいしかった。
店には、さっき風呂で一緒だった外人もいた。

今日は暑いくらいだったので、テラスも気持ちがいいだろう。
DSC_3192_20180620054217fe6.jpg

ここはまた来てみたい店だ。もうかなり難しいが。
DSC_3193_20180620054219826.jpg

まだ飲んでいたいが、帰らないといけない。
16:40に退出し、16:54発のホリデー快速おくたま6号に乗車。
DSC_3196_20180620054223d52.jpg
結構混んでいて、女子とは別の車両に座ることになった。
疲れていたし、ビールも入ったから、私も含め皆あっと言う間に寝てしまった。

私は翌日、やぼ用があったので、もう1日内地に残留。
国分寺駅で皆さんに別れを告げた。
所沢の自宅に帰宅したのは19時になっていた。
一度登った山なので、「登った山」は増えなかったが、天気と仲間に恵まれた楽しい登山であった。

【行程】2018年6月3日
鳩ノ巣駅(9:13)~登山口(9:24)~標高570m地点(9:49休憩9:52)~大根山の神(10:08休憩10:16)~大ダワ分岐(10:34)~標高910m地点(10:56休憩11:04)~瘤高山(11:33休憩11:44)~本仁田山(12:05昼食12:47)~花折戸尾根分岐(12:50)~標高900m地点(13:25休憩13:35)~大休場(13:41)~安寺沢(14:12休憩14:23)~奥多摩駅(14:53)~玉翠荘(14:58)
※所要時間:5時間45分(歩行時間:4時間12分)コースタイム:3時間50分
※登った山:2座(新規なし)
※歩行距離:8.6km
※累積標高差:約900m
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1655-f0a268cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
北海道の山 (290)
東北の山 (68)
上信越の山 (147)
奥多摩の山 (58)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (97)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (53)
南アルプス (101)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (43)
ドライブ (30)
廃線の旅 (21)
駅から散歩 (31)
乗り鉄 (46)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (29)
東海の山 (5)
つぶやき (36)
旧道歩き (56)
伊豆の山 (39)
サイクリング (3)
ハイキング (3)
温泉旅行 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR