山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

旭岳(11)

【2017年8月9日(水)】旭岳
姿見駅(標高1610m)から標高1100mの山麓駅まで下りてきた。
駐車場は半分工事中で、その隣にある登山口の標識はなくなり、どこが登山口なのか分かりにくくなっていた。
DSC_8426_20170929063211389.jpg
これはちょっと問題だ。

ザックを車の中に放り込んで、駐車場の向かいにあるビジターセンターを見学。
DSC_0233_20170929063257fc9.jpg
登山マップみたいなものがあるかと思ったが、なかった。

駐車場の一番近くにあった旭岳万世閣ホテルベアモンテ。
DSC_0235_2017092906330032d.jpg

ちょっと高そう。
DSC_0234_20170929063258687.jpg

旭岳温泉にはいくつか宿があるが、どの宿の日帰り入浴がいいのかスマホで検索。
値段的にも歴史的にも「湯元勇駒荘」が良さげなので、そこに決めて、車で向かう。
ホテルの前の駐車場に従業員が出て、来客をさばいていた。
DSC_0236_201709290633014cf.jpg

日帰り入浴の人は、遠いところに停めるよう指示された。
DSC_0238_2017092906323321f.jpg

料金は800円。
DSC_0237_20170929063303dbc.jpg
この看板を見て思い出したのだが、ここはかつて旭岳温泉ではなく、勇駒別温泉という名前ではなかったっけ。
調べてみると、やはりそうだった。1982年に改名されたようだ。
やはり「旭岳」の方が知名度があるし、旭岳の登山口であることを分かりやすくするためにも、「旭岳温泉」にした方が有利と判断されたのだろう。
ちなみに、「ユコマンベツ」とはアイヌ語で「湯に向かう川」という意味。

この温泉は大正3年(1914年)に、旭川の阿久津啓吉氏が発見した。
当時は「竹藪温泉」と呼んでいたそうだ。
この宿は、昭和7年に小西清作氏が仮湯小屋を建てたのが前身とのこと。

建物の中に入ると、「神泉」と称して、旭岳の湧き水が提供されていた。
DSC_0239_201709290632357a5.jpg

「神々の湯」に入る。ここにはちゃんと「勇駒別温泉」と書いてあった。
DSC_0240_201709290632368f3.jpg

あれだけ登山者がいたのに、お風呂には数人しかいなかった。
DSC_0241_201709290632383fe.jpg

露天風呂も独占。
DSC_0242_2017092906323934d.jpg
体を洗い終わったら、誰もいなくなっており、2つある内湯も独占できた。
かなり贅沢なひと時であった。

上がってからロビーでスマホを検索しながら、翌日の乗り鉄計画を立てる。
問題は、駅近くに駐車場があるかどうか。
幸い、旭川駅から徒歩15分のところに「道の駅あさひかわ」があることが判明。
起点は富良野ではなく旭川にすることにした。

外に出ると、なんと雨が降っている。
私はやはり、かなりラッキーだったようだ。
とにかく旭川駅方面に向かう。
雨脚はかなり強かった。

途中、ガマ岩の横を通過。
DSC_8429_20170929063212744.jpg

立派な看板もあった。
DSC_8430_2017092906321412c.jpg

忠別湖の手前でナビの指示通り右折したら、大雪旭岳源水があったので、雨だけど立ち寄ってみた。
DSC_8431_20170929063215790.jpg

車1台あたり100円の協力をとの看板があったので、10円を入れて、ペットボトル1本に水を補給。
DSC_8432_201709290631483bf.jpg

車1台ならポリタンク5本くらい運ぶ人がいるだろう。
DSC_8433_20170929063150a47.jpg

湧出量は1分4600㍑だそうだ。お風呂1杯150㍑として30杯以上だ。すごい。
DSC_8434_20170929063151239.jpg

その後、本当の源泉まで300mほど傘を差して歩いて行った。
DSC_8435_20170929063153fa7.jpg

わざわざ持ってきた長靴が役にたった。
DSC_8436_201709290631543bd.jpg

やはりかなりの水量だ。
DSC_8438_20170929063124385.jpg

源流なのに、もはや立派な川である。
DSC_8439_201709290631267a6.jpg

コケもよく生えている。
DSC_8440_2017092906312754b.jpg

まるで日本庭園のよう。
DSC_8442_20170929063128af6.jpg

ちょっと、羊蹄山の噴き出し公園を思い出す。
DSC_8444_20170929063130054.jpg

この湧き水のある東川町は全家庭が地下水だそうだ。
DSC_8445_20170929063100b46.jpg

だんだん源泉に近づいてきた。
DSC_8447_201709290631014c4.jpg

石はわざと置いたのかな。
DSC_8448_2017092906310388a.jpg
DSC_8449_2017092906310469f.jpg

これが源泉。
DSC_8451_20170929063106dfc.jpg

半端ない量だ。
DSC_8452_2017092906303496d.jpg

水を飲むわけではないので、確認したらすぐ引き返す。
DSC_8454_20170929063039367.jpg

結構、雨が強い。
DSC_8453_2017092906303685f.jpg

たぶん、清流じゃないと育たない植物なのだろう。
DSC_8455_2017092906303929c.jpg

というわけで散策終了。
DSC_8456_20170929063041bde.jpg

一応、忠別湖も記録に残しておこう。
DSC_8458_20170929063016593.jpg

堰堤にはガスがかかっていた。
DSC_8459_2017092906301820a.jpg

東川の市街地まで行くと雨は止んでいた。
というか路面が乾いており、下界は降らなかったようだ。
道の駅には18時前に到着。
CIMG0486_20170929064120fbe.jpg
ここで車中泊できるのか、ちょっと不安だったが、大丈夫のようだ。

フードコートがあったので、ここで夕食を食べることにしたが、御飯ものの店がもう閉店しており、そばとラーメンしかない。
そばという気分ではなかったので、「よし乃」の野菜味噌ラーメン(750円)にした。
DSC_0252_20170929063209576.jpg
ラーメンは2晩連続になってしまったが致し方ない。
量がかなりあって満腹になった。

車に戻って、明るいうちはしばらくパソコンで記録付けなどしていたが、19時半には早くも沈没。
21時半に目が覚めて、23時すぎまで頑張ったが、また寝てしまった。
活動後のパソコン作業はほとんどできないことが、今回の旅でよく分かった。
40年ぶりの旭岳は実に新鮮で、かつ大きかった。
また登ってもいいな。

【行程】2017年8月9日
姿見駅(6:53)~旭岳温泉分岐(6:58)~姿見の池・第5展望台(7:11撮影7:21)~八合目(8:17)~九合目(8:37)~ニセ金庫岩(8:41)~金庫岩(8:44)~旭岳(8:55撮影9:07)~後旭岳(9:37周回10:05)~裏旭岳雪渓下(10:19)~旭岳(10:43休憩10:54)~八合目(11:14)~姿見の池(11:46)~噴気活動展望台(11:53)~鏡池(12:19)~姿見駅(12:47昼食13:18)~1合目(14:18)~登山口(14:40)
※所要時間:7時間47分(歩行時間:6時間40分)
※登った山:3座(うち新規2座:後旭岳、前旭岳)
※歩行距離:13.3km
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1425-9e7680ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (153)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR