山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

旭岳(3)

【2017年8月9日(水)】旭岳
姿見の池を過ぎて、旭岳(2291m)の山頂を目指している。
DSC_7735_2017092208192843a.jpg

左手の地獄谷からは、ひっきりなしに噴気が上がっている。
DSC_7736_20170922081930e77.jpg

そして登山道には大きなケルンが次々に現れる。
DSC_7737_20170922081931e65.jpg

石がたくさん転がっているので、簡単に高く積み上げることができるのだろう。
DSC_7738_20170922081933596.jpg

このあたりなら、ガスが出てもあまり迷いそうにないが。
DSC_7739_20170922081934878.jpg

地獄谷に小さな雪渓を発見。
DSC_7741_20170922081908493.jpg

姿見の池から随分歩いてきた。
DSC_7740_20170922081906a8c.jpg

その間に、例のストックのおじさんもずっと先に行ってしまった。
DSC_7742_2017092208190988d.jpg

黄色いのは硫黄の塊。
DSC_7743_2017092208191135b.jpg

噴気孔を真横から見る位置まで来た。
DSC_7745_20170922081912135.jpg

この穴からは真横に噴き出している。こんなの初めて見た。
DSC_7746_2017092208184567e.jpg

もう、あっちからも、こっちからも。
DSC_7747_201709220818479c5.jpg
DSC_7748_20170922081848c15.jpg

噴き出し口は硫黄の成分で真っ白になっている。
DSC_7749_201709220818495b5.jpg

振り返ると、雲海の向こうに暑寒別岳(1492m)。
DSC_7750_20170922081851bb9.jpg

まわりには大きな火山弾がゴロゴロ。
DSC_7751_20170922081823047.jpg
DSC_7752_20170922081825815.jpg

小さな「硫黄山」
DSC_7753_20170922081826b9a.jpg

旭岳はまさに生きている火山だ。
DSC_7754_20170922081828976.jpg

転じて南西方面の眺め。
DSC_7755_20170922081829836.jpg
DSC_7759_2017092208180233c.jpg

北西の方角。
DSC_7756_20170922081758ee1.jpg

よく見ると、姿見の池(左)のほかにも池が見える。
DSC_7757_20170922081759aaa.jpg

気が付くと、後ろには、あまり登山者がいない。
同じゴンドラに乗ってきた人はもう、あちこちに散ってしまったようだ。
DSC_7758_20170922081801a5a.jpg

改めて、姿見の池。
DSC_7760_20170922081804a02.jpg

あちこちに残雪。
DSC_7761_20170922081731951.jpg

姿見平には、いくつも池がある。アプリで地形図を見ると確かにそうだ。
DSC_7762_201709220817335f6.jpg

池ばかりではなく、谷にも注目。
DSC_7763_2017092208173430d.jpg

前方に山ガールが2人。ザックにつるしているレジ袋はゴミではなく、食料かな。
DSC_7764_20170922081736508.jpg

姿見平全景。
DSC_7765_201709220817378b6.jpg

ちょっと離れたところにある瓢沼あたり。
DSC_7768_2017092208170702b.jpg

地獄谷全景。
DSC_7766_20170922081704912.jpg

その核心部。
DSC_7767_20170922081706c86.jpg

爆裂火口の上端部。
DSC_7769_20170922081709500.jpg

2人で同じポーズ。しかし、なんかレジ袋があまり恰好よくない。
DSC_7770_2017092208171033a.jpg

右奥が旭岳頂上。
DSC_7771_20170922081640ddf.jpg

四角い岩が金庫岩だ。
DSC_7773_201709220816431bd.jpg

地獄谷の雪渓。
DSC_7772_20170922081642510.jpg

旭岳温泉のホテル群。
DSC_7774_2017092208164465e.jpg

レジ袋が見苦しいからというわけではありませんが、山ガールたちを抜かしてしまいました。
DSC_7775_20170922081646afe.jpg

荒々しい尾根を延々と登る。
DSC_7776_20170922081614026.jpg

爆裂火口の壁面も徐々に崩落が進んでいるように見える。
DSC_7777_20170922081616043.jpg

右手に化雲岳(1955m)とトムラウシ山(2141m)。
DSC_7778_20170922081618e02.jpg

その右に十勝岳連峰。
DSC_7779_20170922081619eb4.jpg

忠別岳(1963m)の向こうに見えてきたのは、ニペソツ山(2013m)。
DSC_7780_201709220816202a3.jpg

その左に石狩岳(1967m)も見えてきた。
DSC_7782_20170922081552816.jpg

忠別岳(左)の横に五色岳(1868m)。手前は凡忠別岳(1821m)。
DSC_7783_20170922081553d02.jpg

旭岳の南斜面。
DSC_7784_20170922081555ed4.jpg

何度振り返ってもいい眺めだ。
DSC_7781_201709220815500dd.jpg

地獄谷を見下ろす位置に来た。
DSC_7785_201709220815568eb.jpg

姿見平の湖沼群。
DSC_7786_20170922081525818.jpg

姿見の池周辺にあまり人影が見えない、
DSC_7787_2017092208152729f.jpg

石狩岳の左に音更山(1932m)も見えてきた。
DSC_7788_20170922081528460.jpg

ニペソツ山(右)と天狗岳、前天狗岳。
DSC_7789_20170922081530f86.jpg

ゴンドラで一緒だった団体さんに追いついた。
DSC_7790_20170922081531430.jpg

登り始めてちょうど1時間たった頃だった。
DSC_7791_20170922081500e00.jpg

実は、広げて広域を見られる大きな地図を持ってきていないので、しばらく大雪の山々をきちんと同定できずにいたのだが、トムラウシの手前が化雲岳、その左の突起が忠別岳であることが、団体さんを率いていたガイドさんの説明で分かった。
その奥に見えるシルエットは、右からニペソツ山、石狩岳、音更山、ユニ石狩岳であることも、正直に言うと、今分かった。
ありがたい。何山か分かって眺めるのと、そうでないのとでは大違いだからだ。
DSC_7794_20170922081505888.jpg

地獄谷上の雪渓が真横に見える位置まで登ってきた。
DSC_7792_201709220815025ee.jpg

お、雲海が切れて、忠別湖が見えてきた。
DSC_7793_20170922081503f4c.jpg

芦別、夕張方面の山並み。
DSC_7795_20170922081506f26.jpg

オプタテシケ山(2013m)の左に浮かぶ小島は下ホロカメットク山(1668m)かな。
DSC_7796_201709220814341e6.jpg

いつか登りたい石狩岳。
DSC_7802_20170922082825595.jpg

旭岳の南斜面西側は旭平と呼ばれる。
DSC_7797_20170922081436441.jpg

しばらく団体さんの後を歩いた。
DSC_7798_201709220814371b6.jpg
DSC_7800_201709220814408b7.jpg

でも、団体さんの先に行かせていただいた。
DSC_7803_201709220828288ee.jpg

地獄谷のモンスター群。
DSC_7799_2017092208143902f.jpg

ユウセツ沢の切れ落ち際に並ぶ残雪たち。
DSC_7804_20170922082828591.jpg

旭平から東に進むと裾平。
DSC_7805_20170922082831750.jpg

皆さんも振り返りながら歩いている。
DSC_7806_20170922082832e48.jpg

地獄谷と姿見平。
DSC_7807_20170922081344602.jpg

今度は皆さん、うつむいて登っている。
DSC_7808_201709220813462e8.jpg

旭岳爆裂火口。
DSC_7809_2017092208134794f.jpg

姿見平の夫婦池など。
DSC_7810_20170922081348fc6.jpg

その右を貫く溝はピウケナイ第三沢川の源流か。
DSC_7811_20170922081350ac8.jpg

その奥に見える瓢沼。
DSC_7812_20170922081319d0c.jpg

トムラウシが全容を現してきた。
DSC_7813_20170922081320e6d.jpg

来年はあそこまで縦走したい。
DSC_7814_20170922081322fec.jpg

忠別岳の手前は高根ヶ原。
DSC_7815_20170922081323fd3.jpg

ストックを2人で持って電車ごっこのように歩くご夫婦に追いついた。
DSC_7816_20170922081325250.jpg

爆裂火口も順光になって、火山らしい色になった。
DSC_7817_201709220812544a5.jpg

真っ赤だ。
DSC_7818_20170922081256569.jpg

あの稜線には登山道はない。
DSC_7819_20170922081257b66.jpg

モンスターの親玉。
DSC_7820_201709220813008d9.jpg

これらは小さな溶岩ドームの生き残りか。
DSC_7821_20170922081301fb1.jpg

ほんとに旭岳はいろんな顔を見せてくれる。
DSC_7822_201709220812334a5.jpg

電車ごっこのお二人さん、「こんなふうに歩く人いないだろうなあ」と、自嘲気味ではなく自慢気に話していた。
DSC_7823_201709220812355ae.jpg

その向こうに団体さん、レジ袋の山ガールも見える。
DSC_7824_20170922081235b12.jpg

姿見の池から1時間弱で八合目に到着した。
DSC_7825_20170922081237bb0.jpg

(つづく)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

ニペ

かっこいいなあ、ニペ!

  • 2017/09/22(金) 12:19:21 |
  • URL |
  • O平 #6urEx/7U
  • [編集]

悲しいことに、しばらく行けません。

  • 2017/09/22(金) 12:37:28 |
  • URL |
  • かたこりまさかり #qBOWr7po
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1417-c591c214
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (153)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR