山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

旭岳(1)

【2017年8月9日(水)】旭岳
前夜は当麻町の道の駅とうまで車中泊した。
この日は、JR富良野線の駅舎を撮影しながら南下し、富良野から旭川、滝川を経由して富良野に戻る撮り鉄&乗り鉄を予定していたのだが、朝4時に起きてみると、大雪連峰がくっきり見えるではないか。
DSC_7600_2017092106322036f.jpg
天気予報が曇りだったので、山は諦めていたのだが、俄然登りたくなった。
あわてて、スマホのアプリで「山と高原地図」の「大雪山」を表示し、どこに行くか検討を始めた。
黒岳方面に戻るのはもう面倒だし、十勝岳方面は秋に登る計画がある。
一度登ったことがあるが、直近だし旭岳(2291m)に決めた。

登ったことがあると言っても、もう40年も前のこと。
前回は、中学3年の時、ちょうど有珠山が噴火した日(1977年8月7日)に登ったのだった。
あの時は姿見駅から旭岳、間宮岳(2185m)、中岳温泉を経由して姿見に戻る周回コースだった。
旭川在住の年の離れたいとこが連れて行ってくれたのだ。
当時の写真を見ると、旭岳山頂はガスっており、山頂での記念写真も山名標ではなく、道標で写している。
DSC_0763_20170921070138cd3.jpg
間宮岳では晴れたみたいだ。あの山行では、中岳温泉が一番印象に残っている。

それはともかく、次に大雪山旭岳ロープウェイの運行時間を調べてみた。
始発は6時半である。6時に着けば、早めに並べるから、混んでいても始発に乗れるだろう。
旭岳温泉にあるロープウェイの旭岳山麓駅まで、所要時間は1時間ちょっと。
歯磨きもそこそこに5時前に出発した。

ナビはスマホの経路検索にお任せ。
なのだが、山に登るつもりはなかったので、昨夜の買い物で飲み物を買っていない。
東川町の市街地にセブンイレブンがあるようだが、スマホナビの経路が、そこを通るのかどうか分からない。
道路地図帳を見ながら、時々推奨ルートを外れて、東川町を目指した。

途中、大雪方面の山が何度も見えたが、どの山が見えているのか、よく分からなかった。
DSC_7601_201709210632220f2.jpg

当麻駅近くの石北本線踏切で、貨物列車が目の前を通過していった。
DSC_7602_20170921063223430.jpg
DSC_7603_201709210631491df.jpg
間もなく右前方に低い独立峰が見えてきた。
旭山動物園のある旭山(295m)だった。

幸い、道間違いをせずに、東川町のセブンイレブンに到着。
アクエリアス2㍑ボトルを買いたかったのだが、あいにく置いていない。
やむなく、ポカリスエット900cc2本にした。
あとは朝食用のパン。昨日、朝食用に買ったおにぎりは昼食に回すことにした。
運転しながら、パンは食べてしまった。

しかし、あんなに晴れていたのに、山の方はどんよりとした雲が垂れ込めてきた。
さっき大雪連峰を見たときも南の方には雲があったので、その雲に違いない、旭岳は晴れていると信じて、車を走らせる。
しかし、忠別湖のあたりから完全にガスの中に入った。
「これは雲海だ。旭岳は晴れている。富良野岳も白雲山もそうだったではないか」と自分に言い聞かせた。
これで本当にガスの中だったら、全くの無駄足になってしまう。

すると、どうだろう。なんと旭岳温泉の直前でいきなり雲の上に出て、旭岳がくっきりと姿を現したではないか。
DSC_7604_20170921063151344.jpg
なんという感激。本当に北海道の山はやきもきさせる。
ただ、午後からは稜線にも雲が出るというヤマテンの予報なので、うかうかしてはいられない。
3日前に富良野岳(1912m)に登った時は2時間でガスってしまい、頂上は真っ白だった。その二の舞は避けたい。

6時すぎに旭岳温泉の町営駐車場に到着。
DSC_7606_201709210631546ce.jpg
「山と高原地図」には収容「40台」と書かれていたので停められるかどうか不安だったが、余裕だった。
夏休み期間中とは言え、やはり北海道の平日は、内地の百名山のようには混まない。

靴を履き替えて、旭岳ビジターセンターを眺めながら軽くストレッチ。
DSC_7605_2017092106315245f.jpg

この感じだと大丈夫だろうが、始発に乗れないと時間がもったいないので、早めにロープウェイ乗り場に移動した。
DSC_7609_20170921063126e76.jpg

駅舎は結構、しゃれた建築だ。
DSC_7608_201709210631245c5.jpg

駅の前は有料駐車場(乗用車1日500円)になっている。
DSC_7607_20170921063155769.jpg
こちらはかなりのキャパがありそうだ。
考えてみれば当然だ。この人気の山がハイシーズンに40台で足りるわけがない。
無料の町営駐車場がいっぱいになったら、みな仕方なく有料の方へ行くのだろう。

旭川市内からバスの便もあるようだ。
DSC_7610_2017092106312710f.jpg

ロープウェイは往復2900円。帰りは歩いて下る予定なので片道(1800円)を購入した。
DSC_7611_20170921063129148.jpg

山頂駅の天気は晴れ、無風だ。
DSC_7612_20170921063130271.jpg

トイレを済ませて、改札に並んだのは6:15過ぎ。
DSC_0180_2017092106321705b.jpg
前には20人くらいの登山者が並んでいたが、ゴンドラの定員は101人だから余裕で乗れた。

窓際はおばさんたちに取られてしまったが、その後ろの好位置に立つことができた。
DSC_7619_2017092106304259d.jpg

旭岳ロープウェイは、有珠山ロープウェイなども手掛けるワカサリゾートの経営だそうだ。
DSC_0181_2017092106321999f.jpg
ピンと来て、調べてみたら、やはりワカサリゾートは、あの「わかさいも本舗」の関連会社だった。
このロープウェイは標高1100mの旭岳山麓駅から1600mの姿見駅を結ぶ2360mの路線。
所要時間は10分で、夏期は15分間隔で運行されている。

ゴンドラは6:30定刻通りに出発。
すぐに十勝岳(2077m)が見えてきた。
DSC_7613_201709210631021a0.jpg

その噴煙のすごいこと。
DSC_7614_20170921063104ff8.jpg

雲海の上に浮かぶのは芦別岳(1726m)だろうか。
DSC_7615_20170921063105407.jpg

なだらかなピークは化雲岳(1955m)。
DSC_7616_20170921063107717.jpg

眼下にビジターセンターが見えてきた。
DSC_7617_20170921063108428.jpg

その後ろのホテルは「ラビスタ大雪山」。
DSC_7618_20170921063041f52.jpg

上川盆地方面は完全な雲海である。
DSC_7620_20170921063044edf.jpg

十勝岳連峰。左からオプタテシケ山(2013m)、美瑛岳(2052m)、十勝岳、富良野岳。
DSC_7621_2017092106304567c.jpg

高度を上げるに従い、いろいろと見えてきた。
右奥に見えるのは、暑寒別岳(1492m)ではないか。
DSC_7622_201709210630470cb.jpg

アップにしてみよう。左の突起は群別岳(1376m)に違いない。
DSC_7623_201709210630183a4.jpg

おお、化雲岳の後ろにトムラウシ山(2141m)の頂上部分が姿を現した。
DSC_7624_201709210630200d4.jpg

今日は贅沢な1日になりそうだ。
DSC_7625_20170921063021ba4.jpg

北側に目を転じると、瓢沼が見える。
DSC_7626_20170921063023f40.jpg

雲海は山際だけだったようで、上川盆地は晴れている。
そう言えば、道の駅も晴れていたっけ。
DSC_7627_20170921063024176.jpg

あれは東川町の市街地かな。
DSC_7628_2017092106295586a.jpg

そして、本日登る旭岳。
DSC_7629_20170921062957010.jpg

大雪山の原生林。
DSC_7630_201709210629583c2.jpg

ゴンドラは10分で姿見駅に到着した。
DSC_7631_201709210630000a4.jpg

下りるなり、窓越しではない山岳風景を改めてカメラに納める。
DSC_7632_20170921063001cc4.jpg

いやあ、素晴らしい。
DSC_7633_20170921062930f06.jpg

十勝岳の噴煙で富良野岳の山頂が隠れている。
DSC_7634_2017092106293260a.jpg

夕張岳(1668m)かしら。
DSC_7635_20170921062933fa5.jpg

芦別岳だと思うけど、自信はない。
DSC_7636_20170921062935338.jpg

緑の濃いこと。これが1か月もすれば真っ赤に染まるわけだ。
DSC_7637_20170921062936113.jpg

姿見駅すぐ近くにある電波塔。
DSC_7638_20170921062903217.jpg

姿見駅越しの旭岳。
DSC_7639_201709210629040f9.jpg
登山届は駅の中で出すことができる。

いろんな花が咲いているだろうから、ここで少し予習。
DSC_7641_20170921062907d05.jpg
ちょうどよく催してきたので、トイレへ駆け込んだ。
幸い個室は空いており、ブツもすんなり出た。準備は万端だ。

姿見駅のテラスに出ると、旭岳が真正面に大きくそびえている。
DSC_7642_20170921062909164.jpg

ちょっと雲が多いが、高曇りなので、よしとしよう。
DSC_7644_201709210628132ea.jpg
40年前の記憶はほとんどないので、事実上これが初対面だ。
本日はよろしくお願いします。
逆光なので露出が面倒だが、こればかりは仕方ない。

再度ストレッチをして、7時前に出発。
DSC_7645_20170921062816c03.jpg

道は左右2コースあるが、散策路は帰りにして、姿見の池まで最短コースである右の道を採った。
DSC_7647_201709210628160e7.jpg

(つづく)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1415-b0793e3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (153)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR