山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

室蘭本線・石勝線(下)

【2017年8月7日(月)】室蘭本線・石勝線
石勝線夕張支線の清水沢駅を見学している。
DSC_6945_20170914201328310.jpg

待合室で写真展が開かれていた。これは1977年の写真。
DSC_6948_201709142013311e4.jpg

「清水沢駅の思い出展」という手作りの展示だ。
DSC_6946_201709142013300b7.jpg

1982年でも、まだこの賑わい。炭山祭のスナップである。
DSC_6950_2017091420133354e.jpg

同じ年の商店街。
DSC_6951_20170914201259b86.jpg

キハ22形気動車(1977年3月)。
DSC_6952_20170914201301a76.jpg

清水沢鉱山の選炭機(1976年8月)。かつては、こんな風景だったんだなあ。
DSC_6953_20170914201302974.jpg

先代の駅舎(1956年)。この年に今の駅舎に建て替えられたとのこと。
DSC_6954_20170914201304eec.jpg

1番ホームが現役だった頃の、ホームの階段(1970年元日)。
DSC_6955_20170914201305edf.jpg

それにしても、町というのは、こんなにも寂れてしまうものかと愕然としてしまった。
DSC_6956_2017091420123407a.jpg

次は鹿ノ谷駅。
DSC_6903_201709142016125c9.jpg

駅前には石造の倉庫らしきものが残る。
DSC_6904_20170914201614d0d.jpg

淋し気な駅前通り。
DSC_6905_201709142016155c3.jpg

でも、夕張市のマンホールは元気に「バリバリゆうばり」。
DSC_6906_20170914201617276.jpg

駅舎は、入口も改札口も開放されている。
DSC_6907_2017091420154827d.jpg

附属の建物の跡。
DSC_6908_20170914201549677.jpg

私はマニアではないので、こういう施設が何なのかよく分からない。
DSC_6909_2017091420155175f.jpg

清水沢(南)方面。
DSC_6910_2017091420155240d.jpg

夕張(北)方面。
DSC_6912_201709142015209fa.jpg

鹿ノ谷駅は1901年(明治34年)12月1日に開業した。
DSC_6911_20170914201554509.jpg

無人駅になったのは1984年(昭和59年)4月1日。
DSC_6914_201709142015242b9.jpg

歩道橋が線路をまたいでいる。
DSC_6913_201709142015222c1.jpg

1日の平均乗客数は1998年時点で47人。
DSC_6917_201709142014582f2.jpg

今はこの座席が全部埋まることなどないのだろう。
DSC_6915_20170914201525a51.jpg

今年の7月26日付の道新で、この駅が大きく紹介されていた。
DSC_6916_20170914201528817.jpg

さっきの歩道橋に登ってみた。すき間からどんどん草が生えている。
DSC_6918_201709142015009d7.jpg
DSC_6919_20170914201501d87.jpg

歩道橋から夕張方面を望む。
DSC_6920_20170914201503a28.jpg

夕張駅の写真は依然撮ってあるので、今回は省略。
DSC_6921_20170914201504167.jpg

歩道橋から見た鹿ノ谷駅の駅舎。
DSC_6922_20170914201437431.jpg

この駅には札幌の野幌を起点とする夕張鉄道が乗り入れていたが、1975年(昭和50年)に廃止されている。
DSC_6925_20170914201441b2f.jpg

ここも廃線になったら取り壊されるのだろうか。
どうか何らかの活用方法を考えてほしい。
DSC_6923_201709142014389f8.jpg

夕張市なら、それができるはずだ。
DSC_6924_201709142014400a5.jpg

実は、鹿ノ谷駅と清水沢駅の間に夕張鉄道の若菜駅という駅があった。
新潮社の「日本鉄道旅行地図帳 乗りつぶしノート」を見ていたら、そのことに気づいたので、探してみることにした。
由仁方面に行く道が分岐するこのあたりが、ちょっと怪しいと感じ、車を停める。
DSC_6927_20170914201413736.jpg

でも、線路を見ると、その面影は全くない。
DSC_6926_2017091420144391b.jpg

向かいには夕鉄バスのターミナルはあるのだが。
DSC_6928_20170914201415615.jpg

少し車を走らせて、「街」らしいところまで来て、再び車を停めた。
DSC_6934_201709142013543f5.jpg

目の前に若菜交番がある。このあたりも匂う。
DSC_6935_20170914201356b47.jpg

道をはさんで、向かいには「ミュージックパブ・ルパン」。
DSC_6933_20170914201353c68.jpg
賑わいの痕跡。いい匂いだ。

その裏に珍しい3階建ての木造住宅。
DSC_6929_20170914201416d23.jpg

やや、この踏切の名前はなんと「若菜駅前通り踏切」ではないか!
DSC_6931_201709142014192b3.jpg

線路の周辺には駅舎の面影はないが
DSC_6930_2017091420141878c.jpg
DSC_6937_201709142013279c2.jpg

ここで間違いなさそうだ。
DSC_6936_20170914201357638.jpg

「若菜十番地」。記憶しておこうではないか。
DSC_6932_20170914201351339.jpg

満足して、日高方面に向かう。
その前に石勝線開業に伴って廃止された国鉄夕張線登川支線の駅跡も確認しておきたい。
楓駅の場所ははっきりしなかったが、夕鉄バスの楓駅前というバス停は発見した。
DSC_6976_201709142012352f0.jpg

山腹には炭住らしき建物も見える。
DSC_6977_20170914201237883.jpg

登川支線の楓駅跡は確認できなかったが
DSC_6978_20170914201238148.jpg

石勝線の楓信号所は確認できた。
DSC_6979_201709142012401e4.jpg

その車止め。
DSC_6980_20170914201210799.jpg

遠くにスノーシェッド。
DSC_6981_20170914201212b4c.jpg

終点の登川駅跡も「登川」のバス停はあったが、駅跡は判然としない。
DSC_6982_20170914201213815.jpg

やはり旧版地形図と突き合わせてみないと、ここだと断定できない。
DSC_6983_20170914201215325.jpg

これは石勝線のスノーシェッドだが、その中に入っていく階段と扉があった。
DSC_6984_20170914201216a92.jpg

それにしても、こんなところにトイレが必要なのだろうか。
DSC_6985_20170914201148d06.jpg

少し車を走らせると、夕張市立登川小中学校の跡地を発見。
DSC_6986_20170914201149ee3.jpg

登川小学校は開校が1913年(大正2年)だが、閉校は1986年だからもう随分前のことだ。
DSC_6989_2017091420115192e.jpg
中学校の閉校は翌1987年だった。

このまま国道274号、通称「石勝樹海ロード」を走る。
DSC_0093_20170914201610bcc.jpg

旧富内線の駅跡も改めてすべて撮影したいが、通り道にある日高町駅跡だけは、とりあえず確認しておこう。
ただ、駅跡周辺にはほとんど痕跡がないので、なかなか分からない。
近所のおばちゃんに聞いて、やっとわかった。
なんと、ここだそうだ。しかし、ほんとかね。
DSC_6992_20170914201154f20.jpg

これは駅前通りの痕跡か。
DSC_6993_201709142011170cf.jpg
しかし、このあたりに駅があったとは全く想像できない。

そもそも駅周辺に商店などはなかったのだろか。
DSC_6994_201709142011208f8.jpg

廃止は1986年(昭和61年)11月1日だから、すでに30年以上経っているわけだが、これほど面影を残さない駅も珍しい。
DSC_6996_2017091420112306d.jpg

「国鉄富内線の跡」という石碑だけが、ひっそりと残されていた。
DSC_6995_20170914201120891.jpg

日高町のマンホール。
DSC_6997_2017091420112338d.jpg
町のマスコットキャラクター「クルミちゃん」が両手でクルミを持っていた。

(つづく)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1405-e84c8266
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (153)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR