山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

利尻山(11)

【2017年7月17日(日)】稚内
前日、利尻山登山を終え、利尻島鴛泊の「田中屋ひなげし館」に泊まっている。
この日は朝6時ごろに起床。
前日、利尻空港発着の便はすべて欠航になっていたので、心配していたが、今日は飛びそうだ。おそらく前々日の機材があったのだろう。
私は船便だが、同行のO君は飛行機で帰るのだ。

朝食は7時からバイキング形式。
DSC_5291_20170828192915f7c.jpg
メニューの中では、とくに野菜系がおいしかった。
でも、御飯はいつも通り1杯にとどめておいた。北海道に来てから若干太り気味なのだ。

デザートはこんなふうにみつくろってみた。
DSC_5292_20170828192917ff6.jpg
会計を済ませて、港へ送ってくれる8時発のマイクロバスに乗り込む。
こちらは他のお客様の迷惑にならないよう早めに出て、7:50には着席していた。

間もなくほぼ全員そろったのだが、最後に来た熟年夫婦が「あそこにある神社に参拝してきていいですか」と運転手に言い残して行ってしまった。
私も行きたかったのだが、ちょっと距離があるので、みんなを待たせてはいけないと、鳥居だけ撮って諦めていたのに。
DSC_5293_201708281929190a9.jpg
旅の恥はかき捨てというが、私にはああいうことはできない。
結局、彼らは拝殿までは行きつかず(やっぱり遠いと思ったのだろう)引き返してきた。

送迎バスは結局8時すぎに出発した。
DSC_5295_20170828192920981.jpg
鴛泊港には5分で到着。行列のかなり後ろの方に並んで8時30分発の稚内行きフェリーに乗船した。

船内はやはり、かなり混んでいる。
3連休を利用して利尻・礼文を訪れ、帰途につく観光客がこの船に集中しているのだろう。
DSC_5300_20170828192847ddc.jpg
O君は飛行機で帰るので、この船に乗ったのは私とMさんの2人。
なんとか二等船室に2人が座れるスペースを確保できた。

さらば、利尻島!
DSC_5296_2017082819284129b.jpg
船内では、それぞれ撮影した写真を確認しながら、名前の分からなかった花の名前を調べていた。
たまたま売店に「花本 利尻・礼文・サロベツ国立公園」(500円)という本があったので購入。写真のレベルはあまり高くなかったが、かなり参考になった。

時々、窓の外を眺めてみるが、相変わらずこんな状態。
DSC_5297_20170828192842054.jpg

利尻山も今日はかなり低いところまで厚い雲に覆われていた。
DSC_5298_201708281928444ca.jpg

しばらくすると、北海道本土が見えてきた。
DSC_5299_20170828192845608.jpg

船はノシャップ岬を回り込む。
DSC_5301_20170828192816edd.jpg

定刻通り、10:10稚内港に入港。
DSC_5302_2017082819281887a.jpg
稚内から先は、Mさんが空路で東京へ、私は陸路で札幌に帰るわけだが、稚内発旭川行きの特急サロベツ4号は13:01発なので、3時間近く待ち合わせ時間がある。
この時間を利用して、稚内で勤務している、高校の先輩のお嬢さんとランチを食べようと、あらかじめ約束をしておいた。
彼女とは、就職活動の際に相談にのったことがあり、面識がある。
ご親切に稚内港ターミナルに迎えに来てくれていた。
もう4年ぶりくらいだが、顔を見たら、すぐ分かった。
Mさんも飛行機の時間まで行動をともにすることになった。
お昼にはまだ早いので、市内観光へと繰り出す。
彼女は「宗谷岬に行きませんか」と誘ってくれたが、ちょっと遠いので、近場にしてもらった。

まずは定番、最北端の駅、稚内駅。
DSC_5303_20170828192820d63.jpg

私はどうせ、ここから列車に乗るので、後でまた来るのだが、Mさんはそうはいかない。
稚内駅は8年前に来たことがあるのだが、その後、駅舎は新築されて新しくなっていた。
DSC_5304_20170828192821a30.jpg

まずは外からホームを眺める。札幌まで396kmもある。
DSC_5305_20170828192823c20.jpg
東京から名古屋よりも遠い。

ちなみに最南端の指宿までは3057kmだそうだ。
DSC_5306_20170828192753a01.jpg
一度、通しで乗ってみたい。新幹線を使えば、新大阪で1泊して1日半しかかからない。
在来線鈍行なら、どのくらいかかるのだろう。駅探では検索不能だった。
老後の楽しみかな。その頃には、宗谷本線は廃線になっているかもだけど。

その指宿市とは友好都市の関係を結んでいるようだ。
DSC_5331_20170828192616c26.jpg

至るところに「日本最北端の駅」の標識がある。
DSC_5308_20170828192755105.jpg

なぜか、和装の新郎新婦の顔ハメが駅構内にあった。
DSC_5309_20170828192756317.jpg

別のパネルでは、吉永小百合主演の「北のカナリアたち」(2012年公開)のロケ地を紹介。
DSC_5310_20170828192758337.jpg

そして、ガラス窓の向こうに、最北端の線路の車止めが。
DSC_5311_20170828192759c6f.jpg

多くの観光客がここで記念撮影をしていたが、実は8年前に来た時には、もっと北に車止めがあった。
それが駅の外に残されていてびっくり。
DSC_5313_20170828192730882.jpg

線路も駅の中から延びている。
DSC_5314_2017082819273215d.jpg

駅舎も随分、近代的になった。
DSC_5315_20170828192733e86.jpg
廃線になったら駅舎がもったいないが、観光施設として再利用されるのだろう。

最北端の駅に満足して、ノシャップ岬に向かう。
その途中、街中なのに、道の真ん中にエゾシカの群れが横断!
DSC_5316_20170828192735aaa.jpg

あちらも、我々の車に驚いたのか、横断を止めてUターン。
すると、慌てた一匹がすってんころりん。
彼女も「だから、稚内での運転は怖いんですよ」とぼやいていた。
DSC_5317_20170828192736d90.jpg

幸い、誰もはねずにすんだ。
DSC_5318_20170828192702c1d.jpg

思いがけないハプニングを乗り越え、ノシャップ岬には数分で到着。
DSC_5319_20170828192704419.jpg

天気は相変わらず今いちで風が強い。
DSC_5320_20170828192706c38.jpg

カモメはその風に耐えて、じっとたたずんでいる。
DSC_5322_20170828192707cfa.jpg

最果てらしい風景だ。
DSC_5323_2017082819270919e.jpg

Mさんと看板の前で記念撮影。
DSC.jpg

それでは、Mさんの飛行機の時間があるので、稚内空港に移動。
DSC_5324_2017082819263821c.jpg
ここでMさんとはバイバイだ。

再び市街地に戻って、お昼。
彼女はまだ赴任して2週間なので、「行ってみたいと思っていた」というお店に。
DSC_5325_2017082819264060e.jpg

店内はいたって庶民的。
DSC_5326_20170828192641dfe.jpg

いただいたのは、しじみラーメン。
DSC_5327_201708281926430bf.jpg
しじみは周辺の湖沼で獲れるそうだ。さっぱりした塩味で美味しかった。
彼女とは同業者なので、その関係で話がはずんだ。
最果ての地だけど、頑張ってほしい。

食後は再び稚内駅まで送ってもらった。
再会を約して、手を振る。
売店でお土産や飲み物などを買って、改札を通過。
DSC_5328_20170828192644e86.jpg

最北端の駅とも、おさらばだ。
DSC_5330_20170828192615f7d.jpg

これが特急サロベツ4号。旭川まで3時間47分もかかる。
DSC_5329_20170828192613b9b.jpg

一応、自撮りで記念撮影。
DSC_5332_20170828192617e47.jpg
車内は乗り鉄さんも含め、かなり混んでいたが、指定券を買っていたので慌てる必要はない。
ザックを網棚に乗せて、「レールウェイマップル」を手元に用意して、落ち着いたところで、太った乗り鉄風のお兄さんが、「そこ私の席なんですけど」と恐縮しながら話しかけてきた。
チケットをよく見ると、車両を間違えていた。
昔は絶対しなかったミスを、最近はやらかしてしまう。
「ありゃ、すいません」と頭を下げて、退散した。ふう。

気を取り直して、旅のお供は初めて買ってみたとうきび茶。
DSC_5334_201708281926196fa.jpg
これがかなり微妙な味で、札幌まで5時間半の間に飲み干すことができなかった。

絶景ポイントの南稚内~抜海間からは、残念ながら海に浮かぶ利尻富士は見えない。
DSC_5335_201708281925474d8.jpg
見えたのは麓だけだった。

この後、眠気をこらえ、車窓風景と「レールウェイマップル」を交互に見ながら、宗谷本線の旅を満喫する。
駅名標や駅舎なども車内から写せるものは撮影し続けた。
なにしろ初の宗谷本線完乗なのだ。
DSC_5336_201708281925495a8.jpg

あまりきれいではない窓を通してなので、あまりきれいな写真ではないのでご了承下さい。
DSC_5337_201708281925506cb.jpg

幌延駅。
DSC_5338_2017082819255263d.jpg

昨日までの雨で、かなり濁った天塩川。
DSC_5339_20170828192553d59.jpg

音威子府駅。
DSC_5343_201708281925245df.jpg

美深駅。
DSC_5345_20170828192527aea.jpg
DSC_5344_201708281925269ef.jpg

名寄駅では数分停車。
DSC_5346_20170828192529c57.jpg
DSC_5347_20170828192530566.jpg

士別駅。
DSC_5348_201708281925109b9.jpg
この先はもう撮影終了。
旭川には定刻(16:48)よりやや遅れて到着したが、札幌行きの乗り継ぎ特急ライラック36号(17:00発)には余裕で間に合った。
こちらではかき集めたパンフレットなどを眺めながら過ごし、札幌駅には18:25着。
19時に帰宅した。鴛泊から10時間半かかった。
3泊3日の長旅だったが、ぐずついた日々の中で、登山日には天候に恵まれたし、仲間と楽しく過ごせ、美味しいウニなど魚介類もいただけたし、宗谷本線もつぶせて、大満足の旅だった。
さあ、大量の洗濯だ。

(おわり)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

はい、利尻山ロス入りました!

  • 2017/08/28(月) 22:31:19 |
  • URL |
  • O平 #OEZKBdis
  • [編集]

Re: タイトルなし

すぐ、五竜に突入しましたのでご安心ください(笑)

  • 2017/08/30(水) 06:55:47 |
  • URL |
  • かたこりまさかり #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1380-6751ec49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (153)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR