山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

利尻山(2)

【2017年7月15日(土)】利尻山
この日の昼食は利尻島・沓形の「味楽」でラーメンを食べた。
DSC_5216_20170816060021248.jpg

食べ終わって、店を出ると、外で待っている人がいた。
CIMG9738.jpg
我々の待たされはしたが、並ばないで済んだのは幸いだった。

さて、今度はまじめに島を1周することにしよう。
CIMG9739_20170816060324321.jpg
まずは沓形岬公園。中は車で回れるので、そのまま周回、岬の碑の前も通過した。

車を運転しているK君の奥様Nちゃん(彼女も同級生)が土産物屋でとろろ昆布を買いたいというので、仙法志御崎公園で途中下車。
CIMG9742_20170816060327a2c.jpg

ここは16景のうち第5景らしい。
CIMG9741.jpg
利尻山は相変わらず見えないが、大きなカモメが止まっていた。

霧雨の中、海岸まで下りてみた。
CIMG9744_20170816060302058.jpg

あたりにはオオタカネバラが咲いている。
CIMG9743_20170816060329c7a.jpg

ムラサキツユクサは初めて見たが、これが北アメリカ原産の外来種だ。
DSC_5224_20170816055953e32.jpg

かなり波が荒い。
CIMG9745_20170816060303f6d.jpg

このゴツゴツは溶岩だからのようだ。
CIMG9746_20170816060305160.jpg
CIMG9748_2017081606030814c.jpg

海岸のいけすで、ゴマフアザラシが2頭泳いでいた。
DSC_5219_2017081606002380f.jpg

他の観光客がエサをあげていたので、愛らしい顔を見せてくれた。
DSC_5220_20170816055952674.jpg

Nちゃんが買い物をしている間に、私はトイレに寄って、大物を出しておいた。
CIMG9747_20170816060306915.jpg

次の立ち寄りスポットは、オタトマリ沼。
CIMG9749_20170816060239642.jpg

KOコンビはすっかりいい気分で寝ていたので、Nちゃんと二人で沼畔まで歩いた。
CIMG9750.jpg

ここからの利尻山の眺めも素晴らしいのだが、今日はガスで全く見えない。
CIMG9755_20170816060215eb9.jpg

その代り、湖面にはハスの花が咲いていた。
CIMG9751_2017081606024235c.jpg

これは外来種のタンポポかな。
CIMG9754_20170816060245184.jpg

「わかさんの店」なるレストハウスがあったが、とくに冷やかしもしなかった。
CIMG9753_20170816060243d8c.jpg

ものの5分で車に戻り、さらに島を時計と反対回りに周回。
しばらくすると、また晴れてきた。
やはり東海岸だけは風向きの関係で晴れるみたいだ。
この調子なら姫沼は晴れているかなと思ったが、姫沼はちょっと北過ぎた。
CIMG9756_20170816060217462.jpg

雨は降っていなかったが、曇っていて風が強かった。
CIMG9762_2017081606015020d.jpg

この沼は意外にも人造湖で、大正6年(1917年、ちょうど100年前だ!)に、点在する小沼と湧き水を利用して造られたものらしい。
CIMG9760.jpg
その際に、ヒメマスが放流されたので、姫沼と名付けられたとのこと。
周囲は1kmで一周する散策路もあるようだ。

でも、風も強いし、散策はせず、休憩舎で利尻の生写真などを見学して、鴛泊港に向かった。
CIMG9758_20170816060220748.jpg
14:10にMさんが礼文島から到着するので、そのお迎えだ。

ちょっと時間があったので、みんなでくみあいマーケットに寄った。
ウニ漁に使うと思われる水中メガネが、こんなふうに売られていた。
CIMG9764_20170816060152876.jpg
私は土産物として利尻昆布ととろろ昆布を買った。

船が近づいてきたので、埠頭に出て、彼女が下船してくるのを待った。
CIMG9765_201708160601531b3.jpg

サイブリア宗谷号である。
CIMG9766.jpg

14時すぎ、いよいよ入港。
CIMG9767.jpg

Mさんは東京から、金曜日にO君と同じ飛行機に乗って、来道。
新千歳空港の温泉でひとっ風呂浴びた後、札幌23時発の夜行バスで稚内入り。
朝イチの便で礼文島に渡り、桃岩付近を散策してから、利尻島にやってきたのだ。
実に活動的だ。
CIMG9768_2017081606012753e.jpg

あの連絡通路を歩いてくるはずなのだが、こちらに気付いてくれるかどうか。
CIMG9770_20170816060130ed1.jpg

やった、手を振ってくれた。
CIMG9771_20170816060132052.jpg

車は軽自動車なので4人乗りなのだが、彼女は細いので特に問題なし。
まずは、利尻富士温泉に向かった。
ここは平成8年に掘り当てた新しい温泉。
DSC_5225_20170816055954391.jpg

ナトリウム一塩化物、炭酸水素塩泉で源泉41.3℃だそうだ。
DSC_5228_20170816055957ba1.jpg

やや黄色っぽい色がついていて、ぬるぬるの美肌の湯だった。
DSC_5227_20170816055955140.jpg
ちょっと湯に浸かっただけで、かなり温まった。
汗がなかなか引かないので、自販機でアイスを買って食べた。

入浴の後はお買い物。
近くのセイコーマートまで車で連れて行ってもらい、明日の昼食と行動食、飲み物を調達。
ここで、さっき飛行機で着いたばかりのS君と遭遇。
ジャストタイミングだった。
彼も乗せて、ぎゅうぎゅうの車で、今宵の宿「田中屋ひなげし館」へ。
DSC_5232_20170816055929ce8.jpg

ちなみにこちらは隣にある旧館。
DSC_5231_20170816055928c4b.jpg
実は、宿はみんなバラバラ。ひなげし館はO君とMさんと私の3人。
K君夫妻は格安の民宿、S君夫妻はペンションだそうだ。

宿に着いたのは16時半前。部屋は216号室。
早速、クラシックで部屋飲み開始。
DSC_5230_20170816055926ed9.jpg
でも、18時から全員で宴会があるので、1本だけに留めておいた。
睡眠不足だったこともあり、そのまま寝落ち。
17:45に目が覚めて、「そろそろ行こう」と声を上げた。

宴会の会場はセイコーマートの隣の居酒屋「力丸」。
宿から歩いて10分かかった。
歩きながら、あれこれ撮影。これは利尻富士町のマンホール。
DSC_5233_20170816055931b51.jpg

こちらのタコカレーの店は営業しているのだろうか。
DSC_5234_20170816055932012.jpg

みんなもそれぞれの宿から集結。
DSC_5235_20170816055906b06.jpg
入った時はそれほどでもなかったのに、瞬く間に店内はほぼ満席になってしまった。
おかげで注文した品が随分遅かったし、前後もしたが、どれもさすがに美味しかった。
とくに初めて食べた「姫ホッケ」の焼いたのと、スケソの白子の練り物「タチカマ」がめっちゃ旨かった。
ただ、最初に頼んだ酢の物がとくに遅く、O君が憤慨していた。
あまりに美味しくて、料理の写真を撮るのを忘れてしまった。

大いに盛り上がったが、明日は早いので21時にお開き。
DSC_5237_20170816055908a25.jpg

歩いて宿に戻って、22時前に就寝した。
DSC_5243_201708160559094bc.jpg
O君は布団に入った途端、豪快ないびきをかき始めた。
私も耳栓をして、間もなく眠りに落ちた。

【2017年7月16日(日)】利尻山
4時半前に起床。窓の外を見ると、しっかりとガスがかかっている。
午後、雨が落ちるかもしれないが、基本的には曇りの予報だ。
何とか持ちこたえてほしい。
準備を済ませて、5時前にお弁当を受け取り、宿の送りの車に乗り込んだ。
北麓野営場の鴛泊コース登山口には5分ほどで到着。
DSC_4200_2017081606010431c.jpg

ここは森林浴の森・日本百選の一つだそうだ。
DSC_4198_20170816060134a29.jpg

靴ひもをしっかり締めて、トイレを済ませ、軽くストレッチ。
外来種の種子を持ち込まないよう、靴洗い場で靴底の泥を落として、5:08に出発。
DSC_4199_20170816060103eed.jpg

ガスっているが、昨日あんなに強かった風が不気味なくらいになく、生あたたかい。
最初は、上りと下りを白線で分けた舗装道路を進む。
DSC_4201_20170816060106006.jpg
甘露泉水まで往復する観光客が多いからだろう。

間もなく、ウッドチップの道になる。
DSC_4202_20170816060107dd0.jpg

右手の大木に、キツツキの類が開けた穴がたくさん。
DSC_4203_2017081606010961e.jpg

先は長いので、のんびりペースで歩く。
DSC_4204_201708160600391bb.jpg

やがて、ウッドチップの道も終了。
DSC_4205_20170816060041518.jpg

10分ほどで甘露泉水に着いた。
DSC_4206_20170816060043377.jpg

ここで、わざわざ空のまま持ってきたペットボトルに湧き水を補給する。
DSC_4207_2017081606004470d.jpg

そして、一口。うん、うまい。
DSC_4210_20170816060046a69.jpg

ここで利尻ルールを確認。もちろん、「携帯トイレ」はちゃんと持参している。
DSC_4211_201708160600176d9.jpg

このすぐ先の東屋で朝食を摂ることにした。
DSC_4212_201708160600180a2.jpg

なんと、ここが早くも3合目だ。
DSC_4214_2017081606002083c.jpg
標高差が頂上まで500mもある長官山が8合目だし、ここの合目表示は常識とは異なる。
宿でもらったお弁当はお昼に食べることにして、ここでは昨日セコマで買ったパンを2個食べた。

東屋には先客がひとり。
最初は無言だったが、ご主人に荷物をみんな担がせて空身で登ってゆく奥さんを見て、「あら従者を引き連れて。いい御身分だね」と、その人がつぶやいたのがきっかけで、ちょっとした会話になった。
横浜から来た人らしい。30年以上前に一度ここに来たことがあると話していた。
下りでも一緒になったO君によると、もともとは北海道の人らしい。

(つづく)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1371-57b88dc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (153)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR