山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

崕山(2)

【2017年6月18日(日)】崕山
崕山(1066m)のモニター登山会に参加している。
参加者を乗せたバスは、三芦トンネルの手前で左折、芦別ダムを横目に惣芦別川沿いの林道を走り、さらに奥へ分け入っていく。
車内で、近くに座っていたおじさんが隣の人を相手にずっと話していたが、友人や親戚が亡くなった話をさも楽しそうに語っていたのには閉口した。

1つ目のゲートを通過。
DSC_5229_20170713062912ca4.jpg

すぐに、2つ目のゲートも通り抜けた。
DSC_5230_20170713062914b4a.jpg

この林道もかなり長い。
DSC_5232_20170713062917f63.jpg

8:05、1時間15分かけて、やっと登山口に到着した。
DSC_3636_2017071306192058a.jpg

まずは、このシートの向こうで、おしっこタイム。
DSC_5233_201707130629181d5.jpg

それにしても、崕山の景観は強烈だ。
DSC_3631_201707130619456b2.jpg

こうした岩峰が一直線におよそ2kmにわたって続いているそうだ。
DSC_3632_201707130619462f5.jpg

「きりぎし」とは切り立った崖という意味だという。まさに、その名の通り。
DSC_3633_2017071306194830f.jpg

以前はあの岩峰に沿って登山道(踏み跡)があったらしい。
DSC_3634_201707130619495b6.jpg

すべて石灰岩である。
DSC_3635_20170713061951771.jpg

虫除けスプレーをH君にかけてもらい、8:15に出発。私は後方からついていく。
DSC_3637_2017071306192278b.jpg

しばらくは、林道の名残のような道だが
DSC_3638_2017071306192428b.jpg

3分ほどで道は途切れ、渡渉となった。
DSC_3639_201707130619257b2.jpg

一応ロープが張ってあるが、足首より上まで水深がある。
DSC_3640_2017071306192788a.jpg

そこを、じゃぶじゃぶと行くわけだが、私は沢靴を履いてきているので大丈夫。
DSC_3641_201707130618571a2.jpg

その先は、随分ぬかるんだ踏み跡になった。
DSC_3642_20170713061859ca3.jpg

まわりのフキの丈も高くなってきた。
DSC_3643_20170713061900c3c.jpg

10分ほどで再び河原に出た。
DSC_3644_201707130619025ce.jpg

2度目の渡渉となる。
DSC_3645_201707130619037d4.jpg

ここにもロープが張ってあった。
DSC_3646_20170713061834c8b.jpg

惣芦別川である。
DSC_3647_2017071306183624a.jpg

細い踏み跡を1列になって進む。
DSC_3648_20170713061837211.jpg

足元にはズダヤクシュ。
DSC_3649_2017071306183965c.jpg

ミゾホウズキがあちこちに咲いていた。
DSC_3650_20170713061840096.jpg

落葉広葉樹の森だ。
DSC_3651_2017071306181220c.jpg

ちょっと影ができて分かりにくいが、熊の足跡だそうな。
DSC_3652_20170713061814547.jpg

でも、これだけ人がいれば大丈夫だろう。
スタッフの方は熊スプレーを用意して下さっていたが。
DSC_3658_201707130617455c9.jpg

本日、最初のニリンソウ。
DSC_3653_2017071306181579b.jpg

小さな沢を渡る。
DSC_3654_201707130618178d8.jpg

雑草の大軍。
DSC_3655_2017071306181830b.jpg

今日は快晴だ。前回の登山会は雨だったらしいので、ほんとに運がよかった。
DSC_3656_20170713061742f97.jpg

お馴染み、タチツボスミレ。
DSC_3657_20170713061744879.jpg

ギンランは初めて見た。
DSC_3660_2017071306174724a.jpg

二輪咲いてるニリンソウ。
DSC_3661_20170713061748137.jpg

いよいよ本格的な登りにかかる。
DSC_3662_20170713061717981.jpg

細い沢に沿った道だ。
DSC_3663_2017071306171973f.jpg
DSC_3666_201707130617233ec.jpg

前回の昭和新山に続いての集団登山である。
DSC_3664_20170713061721b83.jpg

再び、ズダヤクシュ。
DSC_3665_201707130617226d5.jpg

木々の隙間から岩峰が覗く。
DSC_3667_20170713061652057.jpg

可愛らしいクルマバソウ。
DSC_3668_2017071306165464d.jpg

続いて、白いシラネアオイ。
DSC_3669_2017071306165554f.jpg

緑が混じったニリンソウ。ここに独特な現象だそうだ。
DSC_3670_20170713061657807.jpg

ミゾホウズキもなかなか可愛らしい。
DSC_3671_2017071306165861b.jpg

わりと日が差し込む開けた谷だ。
DSC_3672_20170713061630142.jpg

この派手な黄色はエゾノリュウキンカ。
DSC_3673_20170713061631f7c.jpg

まだ、雪が残っていた。
DSC_3674_20170713061633379.jpg

これらの岩峰には、みな名前が付いているらしい。
残月峰とか、剣竜峰とか。これが何かは分からない。
DSC_3675_20170713061634fea.jpg

藪をかき分け、かき分け進む。
DSC_3676_201707130616365de.jpg

こちらは終わりかけのエゾノリュウキンカ。
DSC_3677_201707130616063fa.jpg

振り向くと、惣芦別岳(1019m)らしき山が見えてきた。
DSC_3678_20170713061607a22.jpg

これが、まだ名前を特定できていない。
DSC_3679_20170713061609853.jpg
DSC_3684_20170713061544d4b.jpg

ギザギザの葉っぱが気になる。
DSC_3680_201707130616106e8.jpg
DSC_3688_20170713061518f40.jpg

だいぶ沢の水が減ってきた。
DSC_3681_2017071306161284e.jpg

赤い花。小さくて分からない。
DSC_3682_20170713061542b2e.jpg

ニリンソウは至るところに咲いている。
DSC_3683_20170713061543fbe.jpg

タチツボスミレにしては背が高い気がするけど。
DSC_3685_20170713061546a9c.jpg

オオカメノキ。
DSC_3686_20170713061547bf8.jpg

あのあたりが頂上直下の鞍部なのかな。甘いかな。
DSC_3687_20170713061516e5c.jpg

シューパロ岳(1436m)かな。
DSC_3689_20170713061520750.jpg

と思ったら、大きな貝の化石。
DSC_3690_20170713061521f10.jpg

何だか気持ち悪いくらいだ。
DSC_3691_201707130615230ed.jpg

歩き始めて1時間が過ぎた。まだみんな元気である。
DSC_3692_20170713061449301.jpg

見事なサンカヨウ。
DSC_3693_20170713061451d5e.jpg

花が咲いているのは初めて見た。
DSC_3695_20170713061454042.jpg

なぜ、縁にだけ水滴がつくのだろう。かわいい。
DSC_3694_2017071306145219e.jpg

惣芦別岳、見参。
DSC_3696_2017071306145500d.jpg

堂々たる山容だ。
DSC_3697_20170713061423c6e.jpg

雪渓もしっかり残っている。
DSC_3698_201707130614258f8.jpg

これは極めて珍しい。完全に緑になったニリンソウ。
DSC_3699_2017071306142699c.jpg

白と比較すると、よく分かる。
DSC_3700_201707130614287c9.jpg

頂上はまだまだ。
DSC_3701_20170713061429e82.jpg

ユリワサビとも初対面。
DSC_3702_201707130613595ce.jpg

これもよく分からないのだが、オトギリソウの仲間だろう。
DSC_3703_2017071306140121f.jpg

シラネアオイの葉っぱに注目してみた。
DSC_3705_20170713061402595.jpg

こちらは薄紫のシラネアオイ。
DSC_3706_20170713061403330.jpg

完璧だ。
DSC_3707_20170713061405623.jpg

夕張山地の峰々が見えてきた。
DSC_3708_20170713061335b6c.jpg

ロープ場でやや渋滞。
DSC_3710_20170713061337de7.jpg

エンレイソウ。
DSC_3711_20170713061338fb9.jpg

キリギシ大滝。と名付けてみました。
DSC_3712_20170713061340c09.jpg

エゾノリユウキンカはすでにお馴染み。
DSC_3713_20170713061341f4f.jpg

やっと終わりが見えてきた。
DSC_3714_201707130613105a1.jpg

右奥で尖っているのが芦別岳(1726m)。
DSC_3715_20170713061312309.jpg

あそこもいずれ登ることになるだろう。
DSC_3716_20170713061312f54.jpg

ほぼ全容が姿を現した。
DSC_3717_20170713061314640.jpg

(つづく)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1356-420ce104
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (82)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (21)
ドライブ (9)
廃線の旅 (8)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR