山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

九鬼山(下)

【2017年4月22日(土)】九鬼山
天狗岩を後にして、九鬼山(970m)の頂上を目指している。
CIMG1517_2017061320483705b.jpg

4月も下旬となれば、こんなに若葉が成長している。
CIMG1518_20170613204838969.jpg

石舞台を通過。
CIMG1519_20170613204839cd4.jpg

おそらく最後の急坂。
CIMG1520_20170613204841c1e.jpg

ロープに頼りながら登る。
CIMG1521_2017061320484242a.jpg

ラストスパート。
CIMG1522_2017061320480800f.jpg

天狗岩からちょうど10分で稜線に乗った。
CIMG1523_20170613204809195.jpg

ここまで来たら、もう頂上はすぐそこだ。
CIMG1524.jpg

歩き始めてから1時間40分で、九鬼山に登頂。
CIMG1525_201706132048124c8.jpg

ここは大月市の秀麗富嶽十二景の一つだ。
CIMG1529_20170613204747b79.jpg

この木の間から富士山が見えるはずだが、やはり見えない。
CIMG1526.jpg

2人に見せてあげたかったなあ。
DSC_4660_20170613204139cb1.jpg

九鬼山は二等三角点だった。
CIMG1527_201706132047442e2.jpg

北の眺望はやや霞んでいるものの、わりとよく見えた。
CIMG1528_20170613204745c1c.jpg

北東の方向は、中列右に百蔵山(1003m)。その奥は権現山(1312m)の稜線。
CIMG1533_201706132047213fe.jpg

北西は、小金沢連嶺。
CIMG1534_20170613204722872.jpg

小さな祠に無事登頂のお礼を。
CIMG1530_2017061320474900a.jpg

それでは乾杯といきますか。
CIMG1532_201706132047502d3.jpg

今日はビールを保冷材にくるんで持ってきたので、とても冷えている。
これには両君とも感激してくれた。
とくにT君は「山はいいなあ、ほんとに」と喜んでいた。
昼飯は生姜タンメン。山専ボトルのお湯でいただいた。
DSC_4661_20170613204140ae0.jpg

デザートのプリンはS君提供。甘いものもありがたい。
DSC_4662_20170613204108485.jpg

30分ちょっと休んで出発。
CIMG1535_2017061320472491d.jpg

さっきの分岐を今度は落合橋方面に下る。
CIMG1537_2017061320472570a.jpg

ここからも本当は富士山が見えるはずだったのだが。
CIMG1538_201706132047275aa.jpg

ほんの少し稜線を歩いて
CIMG1539_20170613204657100.jpg

次の分岐は右に下る。左方面の道は以前歩いたことがある。
CIMG1540_2017061320465841f.jpg

なんと、ここに「久美山」の文字が。標高は786m。
CIMG1541_20170613204700573.jpg
前回は気づかなかったが、思いがけず「登った山」が1つ稼げてうれしかった。

さあ、ここからは本格的な下山。
CIMG1542_2017061320470106f.jpg

マメサクラを愛でながら下る。
CIMG1544.jpg

このルートは初めて歩くのだが、杉山新道というらしい。
CIMG1546_20170613204631d52.jpg

古い倒木が激しくほぐれている。
CIMG1547_20170613204633826.jpg

新緑の疎林を通過。
CIMG1548_201706132046349bf.jpg

道はわりとよく踏まれている。
CIMG1549_20170613204636d47.jpg

しばらく曇っていたが、一瞬日が差した。
CIMG1550_20170613204637a8d.jpg

久美山から15分ほどで弥生峠に至る。
CIMG1551_201706132046064e2.jpg

向かうは禾生駅。
CIMG1552_20170613204608611.jpg

かなり急な下りだ。
CIMG1553_2017061320461001c.jpg

時々、一服できるけど。
CIMG1555_20170613204613c79.jpg

激しく密集したキノコだこと。
CIMG1554_2017061320461171c.jpg

こちらは見事に成長したサルノコシカケ。
CIMG1556_20170613204541bfd.jpg

なかなか気持ちいい。
CIMG1557_20170613204542225.jpg
CIMG1559_201706132045454a7.jpg

足元にイカリソウ。
CIMG1558_20170613204544f94.jpg

クロモジも咲いていた。
CIMG1560_201706132045478ee.jpg

下りが長いので、ちょっとひと息。
CIMG1561.jpg

「庚申組」という名前は珍しい。地元の共有林なのだろうか。
CIMG1562_20170613204517748.jpg

これはヤマブキ。
CIMG1563_20170613204518463.jpg

なんとなく人の顔にも見える。
CIMG1564_2017061320452094b.jpg

低山でも、こういう色が見られるから、山は楽しい。
CIMG1565_20170613204521171.jpg

新道のわりには、道標が朽ちかけていた。
CIMG1566_20170613204449353.jpg

思いがけず、渡渉。
CIMG1567_20170613204451ca4.jpg

終盤は植林の中の道。
CIMG1568_20170613204452b21.jpg

かなりえぐれている。
CIMG1569_201706132044541a5.jpg

間伐材。このあたり、ちゃんと手入れがなされている。
CIMG1570_20170613204455871.jpg

地面にはサクラの花びらが散って、美しい。
CIMG1571_20170613204423c03.jpg

そろそろ里に出る頃かな。
CIMG1572_20170613204425543.jpg

はい、出ました。
CIMG1573.jpg

ヤマブキのお見送りを受けて、さようなら。
CIMG1574_201706132044286f5.jpg

そしてシダレザクラのお出迎え。
CIMG1576_20170613204352a52.jpg

ここからは車道を歩いて禾生駅へ。
CIMG1575_20170613204429f8e.jpg

石仏たちも勢ぞろいで迎えてくれた。
CIMG1577_20170613204354f27.jpg

これもサクラなのかしら。
CIMG1578_20170613204355980.jpg
このあたりでタクシー会社に電話をして、20分後に禾生駅に来てもらうようお願いした。

左手に見えるのは、赤レンガの落合橋。
CIMG1579_20170613204357c93.jpg

随分、立派だ。
CIMG1580_2017061320435824b.jpg

駒橋発電所の落合水路橋で、明治40年(1907年)に東京電灯株式会社(今の東京電力)が建設したとのこと。
CIMG1581_201706132043264f9.jpg

国の有形文化財に登録されている。
CIMG1584_20170613204329c7d.jpg

ホテルスターらんどの入浴は800円とあるが、営業しているのだろうか。
CIMG1582_20170613204328c2b.jpg

ピンクのサクラが目に鮮やか。
CIMG1585_20170613204331488.jpg

その背後が今登ってきた九鬼山だ。
CIMG1586_201706132043328dd.jpg

朝日川を道路橋で渡る。
CIMG1587_20170613204229393.jpg

間もなく国道139号に出た。リニア実験線が近い。
CIMG1588_20170613204231ea3.jpg

でも、駅まではまだちょっと距離がある。
CIMG1589_20170613204232960.jpg

改めて、7連アーチの落合水路橋を眺める。
CIMG1591_20170613204235434.jpg

春の九鬼山。
CIMG1592_20170613204203591.jpg

水路橋の延長線上にある水路を国道がまたぐ。
CIMG1593_2017061320420461b.jpg

これから向かう芭蕉月待ちの湯までは、5.5kmあるが、そこまで歩くわけではない。
CIMG1594_20170613204206641.jpg

「富士みち」と呼ばれる国道139号を禾生駅まで行って、そこからタクシーに乗る予定だ。
CIMG1595_20170613204207899.jpg

国道沿いにある禾生駅バス停。
CIMG1596_20170613204209989.jpg

落合橋から15分ほどで禾生駅に到着。時刻は13:48。
CIMG1597_201706132041358df.jpg

もうタクシーは待っていたが
CIMG1599_201706132041382f0.jpg

一応、駅構内を撮影して、本日の登山は終了。
CIMG1598_201706132041364ce.jpg

タクシーで月待ちの湯に向かう。
DSC_4666_20170613204114570.jpg

のんびり湯に浸かって、すっきり。
バスの時間までまだ1時間以上あるので、休憩室でもう乾杯してしまうことにした。
DSC_4663_201706132041115b5.jpg
みんなで適当につまみも頼んで、それぞれ3杯くらいは飲んだはず。
でも、注文したものをおばちゃんが忘れていたりして、ちょっといい加減な感じだった。

それにしても、醤油やソースが50円もするのは、どういうことなのだろうか。
DSC_4664_201706132041117df.jpg

すっかりいい気分になって16時前に、玄関の正面にあるバス停に並んだ。
DSC_4665_20170613204114df9.jpg

それなりに乗客がいて、座席は満席。
DSC_4667_2017061320393612c.jpg

あちこち遠回りして、富士急の都留市駅に着いたのは16時半前。
DSC_4668_20170613203938b33.jpg

電車の時間まで6分あるので、急いで駅前の商店でビールやつまみを購入。
DSC_4669_20170613203939bb7.jpg

何とか間に合った。
DSC_4670_201706132039418f2.jpg

河口湖行きはもちろん見送る。
DSC_4672_20170613203942592.jpg

我々が乗るのは特急車両のホリデー快速富士山2号(16:34発)。
DSC_4674_20170613203913cbe.jpg

幸い、ボックス状に座れたので、2次会を楽しめた。
DSC_4675_20170613203915b1c.jpg

3次会は三鷹にある馴染みのそば屋で。
ここでもあれこれ頼んで、最後にはもちろん〆の蕎麦。
20時半にお開きにして、私だけ残って、転勤のご挨拶。
餞別に、なかなかクセのある日本酒を飲ませてくれた。
DSC_4676_20170613203916893.jpg

こちらは、この店の看板娘が描いたポスター。
三鷹駅構内に何枚も貼り出されていた。
DSC_4679_20170613203918abb.jpg

お店は21時前に出て、帰宅したのは22時頃。
予想通り酒にまみれた山行だった。

【行程】2017年4月22日
田野倉駅(10:25)~登山口(10:42)~池の山(11:11休憩11:14)~分岐(11:24)~九鬼山(12:05昼食12:38)~久美山(12:43)~登山口(13:31)~禾生駅(13:48)
※所要時間:3時間23分(歩行時間:2時間43分)コースタイム:3時間
※登った山:3座(うち新規2座:池の山、久美山)
※歩行距離:6.9km
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1319-59d30d26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (154)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR