山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

楢抜山・周助山(中)

【2017年4月16日(日)】楢抜山・周助山
仁田山峠(401m)から周助山(383m)の登山口に向かって車道を歩いている。
DSC_1809_2017060922265644d.jpg

右手にさっき登った楢抜山(左、554m)が見えた。
DSC_1810_20170609222658658.jpg

結構、東に延びる尾根が大きい。
DSC_1814_201706092226294b3.jpg

植林の中に咲くぽつんとヤマザクラ。
DSC_1811_20170609222659168.jpg

沿道に咲く(散り際)の桜もきれい。
DSC_1813_20170609222703682.jpg

その右には棒ノ嶺(969m)。
DSC_1812_2017060922270106b.jpg

そして奥武蔵の山々。
DSC_1816_201706092226306c3.jpg

車道は木のトンネルだ。
DSC_1817_20170609222634d3d.jpg

時々、自転車やバイクが追い抜いていく。
DSC_1818_2017060922263336d.jpg

タチツボスミレとヤマザクラ。
DSC_1819_20170609222635e90.jpg
DSC_1820_20170609222602534.jpg

車道が尾根を越えるところが、周助山への入口。
これがそうかな。
DSC_1822_2017060922260298f.jpg

でも、念のため、もう少し進んでみよう。
すると、別のところに入口の道標があるではないか。
DSC_1823_2017060922260412d.jpg

危なかった。尾根を上から下りて来る道も探してみたら、少し尾根を回り込んだところにあった。
DSC_1824_2017060922260555f.jpg

では、登山道に入ろう。
DSC_1825_20170609222607513.jpg

まずは少しだけ下り。
DSC_1826_20170609222535d5f.jpg

その後は、ほぼ平らな道が続く。
DSC_1827_20170609222537ed1.jpg

所々に切り株がある。
DSC_1828_20170609222538378.jpg

つい最近、伐採したばかりのようだ。
DSC_1829_20170609222539597.jpg

踏み跡はわりとしっかりしている。
DSC_1830_20170609222542b2f.jpg

これ何の実だっけ。
DSC_1831_20170609222451447.jpg

メインルートは404mのピークを巻いているが、念のためピークの方へ行ってみた。
DSC_1832_201706092224531e3.jpg

ここがピーク。
DSC_1833_201706092224550de.jpg

なんと、「根藤」なる名前が付いていた。
DSC_1834_2017060922245624f.jpg

「登った山」を思いがけず、1つ稼いでしまった。祝福のお花までいただいた。
DSC_1836_20170609222457dea.jpg

さらに、なだらかな尾根道を進む。
DSC_1837_201706092224229c8.jpg

アセビの新芽がたくさん出ていた。
DSC_1838_2017060922242329e.jpg

登戸(ノボット)への登り。
DSC_1839_201706092224250c2.jpg

このあたりも石灰岩地帯のようだ。
DSC_1840_20170609222426696.jpg

めずらしく登りが続く。
DSC_1841_201706092224281af.jpg

植林が美しい。
DSC_1842_20170609222355047.jpg

登山口から20分ほどで、登戸(436m)に到着。
DSC_1843_20170609222356654.jpg

読みは「のぼりと」ではなく「のぼっと」。地形図には「ノポット」とあるが、どちらも間違いではないのだろう。
DSC_1844_20170609222358b1f.jpg

左手(北)の尾根は通行止めになっている。
DSC_1845_20170609222359cac.jpg

ここの三角点は角が激しく欠けていた。
DSC_1847_20170609222401d50.jpg

ここにもテープ表示あり。
DSC_1848_201706092223256fd.jpg

これらの写真だけ撮って、すぐに出発。
DSC_1849_20170609222326562.jpg

この先は登山道に低木が繁茂している。
DSC_1850_20170609222328522.jpg

幼木が育っているようだ。
DSC_1851_20170609222329f62.jpg

時々、空がすこんと抜ける。
DSC_1852_20170609222331847.jpg

次の420mピークに「周助山」の表示が。
DSC_1853_20170609222257ffb.jpg

これは誤りと、「分県登山ガイド」に書いてあった。
DSC_1854_20170609222258fcb.jpg

ここは直角に左折するのだが、その角にこんな写真が。
DSC_1855_20170609222300162.jpg
奥武蔵周辺に出没する「同一犯」の仕業と思われる。

直進は通行止め。
DSC_1856_20170609222301133.jpg

木々の隙間から飯能方面を望む。
DSC_1857_20170609222303a68.jpg

本当の周助山に向けて、ゆるやかな登り。
DSC_1858_20170609222229f87.jpg

微妙なバランスを保っているケルンの横を通過。
DSC_1859_20170609222230c50.jpg

登戸から20分で周助山に着いた。
DSC_1860_201706092222310eb.jpg

謎の挿し木。
DSC_1861_20170609222233ba8.jpg

この標柱を立てたのは、行政ではなく、地元の団体のようだ。
DSC_1862_20170609222234178.jpg

裏にもアクリル板の山名板がぶら下がっていた。
DSC_1863_2017060922215955d.jpg

ここも写真を撮っただけで通過。
DSC_1864_201706092222015e3.jpg

ここからは急な下り。
DSC_1865_20170609222202058.jpg

先日の強風のせいか緑の葉っぱが大量に落ちていた。
DSC_1866_201706092222042b3.jpg

周助山を振り返る。
DSC_1867_201706092222052e1.jpg

「山と高原地図」にルート表示のない道だが、原市場側には道標が整備されていた。
DSC_1868_2017060922213374b.jpg

里に近づくと、傾斜もさすがになだらかになる。
DSC_1869_2017060922213540a.jpg

このあたりは完全に植林の中。
DSC_1870_20170609222136039.jpg

途中、またしても見事なケルン。
DSC_1871_20170609222138ee1.jpg

これは、たい焼き岩(仮名)。
DSC_1874_2017060922213955e.jpg

この道を「山と高原地図」が無視しているのは、どうしても解せない。
DSC_1875_2017060922210731e.jpg

だいぶ下りてきた。
DSC_1876_2017060922210958f.jpg

いきなり、町が目の前に展開した。
DSC_1877_201706092221098bd.jpg

里はソメイヨシノが満開。
DSC_1878_2017060922211194a.jpg
DSC_1880_20170609222112106.jpg

ツツジも見事だった。
DSC_1881_20170609222020087.jpg
DSC_1882_2017060922202278b.jpg

(つづく)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

木の実

「はぜ」でしたっけ?>赤い木の実

  • 2017/06/11(日) 08:21:17 |
  • URL |
  • まきた #IFpQ6OJY
  • [編集]

Re: 木の実

へ~そうなんですか。ご教示ありがとうございます!

  • 2017/06/13(火) 09:39:59 |
  • URL |
  • かたこりまさかり #-
  • [編集]

赤い実

マンリョウでは?

  • 2017/06/20(火) 00:15:27 |
  • URL |
  • K美 #-
  • [編集]

Re: 赤い実

K美さん、ご無沙汰してます。
マンリョウですか。時期がちょっとズレてますが、確かに似てますね。
ありがとうございます。

  • 2017/06/20(火) 10:00:07 |
  • URL |
  • かたこりまさかり #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1316-abec7665
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (152)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR