山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

宮之浦岳(8)

【2017年4月12日(水)】宮之浦岳
高塚小屋を過ぎて、新高塚小屋に向かっている。
DSC_1132_2017051506214315f.jpg

標高1400mを超えると、白骨樹をちらほら見かける。
DSC_1138_20170515062145407.jpg

そんな屋久島の森を満喫中。
DSC_1140_201705150621489a3.jpg
DSC_1141_20170515062149d43.jpg

もう少しで最初のピークに至る。
DSC_1139_201705150621460be.jpg

20数分で高塚小屋からの最初のピーク、100mを登り切った。
DSC_1143_20170515062123ff3.jpg

本日のゴール、新高塚小屋まで、あと1.2kmだ。
DSC_1142_20170515062121120.jpg

この枝ぶりは、まるで新体操の軌跡のよう。
DSC_1144_20170515062124344.jpg

毛細血管のようにも見える。
DSC_1145_201705150621255cd.jpg

あれは石塚山(1589m)だろうか。
DSC_1146_20170515062127c27.jpg

ヒメシャラもよく見かけるようになってきた。
DSC_1147_201705150620574f9.jpg

シャクナゲも生えている。
DSC_1148_20170515062059fe0.jpg

お馴染みになった屋久杉たち。
DSC_1149_20170515062100b18.jpg
DSC_1150_20170515062102268.jpg

よ~し、あと700m!
DSC_1151_2017051506210343f.jpg

頑張るぞ。
DSC_1152_201705150620280a1.jpg

でも、あと100m登らないと。
DSC_1153_20170515062029e77.jpg

最後の坂のきついこと。
DSC_1154_20170515062031e5e.jpg

屋久島の固有種オオゴカヨウオウレン発見!
DSC_1155_20170515062032b05.jpg

重畳たる屋久島の山々。
DSC_1156_2017051506203435e.jpg
DSC_1159_2017051506200610a.jpg

お、雪渓発見。
DSC_1158_20170515062005c93.jpg

あと400m。
DSC_1160_20170515062009d5d.jpg

ここまで来れば、あとはなだらかなはず。
DSC_1161_20170515062009d3f.jpg

白骨樹たちも応援してくれる。
DSC_1162_20170515062012c69.jpg
DSC_1163_20170515061940722.jpg

階段もこの程度なら許す。
DSC_1164_201705150619419de.jpg

最後の関門?胎内くぐり(笑)
DSC_1165_20170515061943e4d.jpg

トラバースに入ったら、小屋は間もなくだ。
DSC_1166_20170515061944a29.jpg

水場があるということは、小屋は本当に近いはず。
DSC_1167_201705150619467ff.jpg

さあ、早く!
DSC_1168_20170515061917e37.jpg

やった~、新高塚小屋に着いた~!
DSC_1170_2017051506191834e.jpg

時刻は14時を回ったところ。計画より1時間半も早かった。
DSC_1172_20170515061921ea6.jpg
小屋にはすでに2組10人ほどが入っていたが、1階の隅を余裕で確保することができた。
テントは使わずに済んだ。

小屋の中は寒いので、とにかく日の当たるところで休憩することにする。
外に出ると、さっきの言葉を交わした青年がテン場の上に寝ころんでいた。
DSC_1171_20170515061920c45.jpg
その奧では、中国人の若者グループが騒いでいる。

私も休憩適地を探す。ここはちょっと日影だな。
DSC_1173_20170515061923c10.jpg

テン場を過ぎてトイレの方に行ってみると、根っこの部分がトンネルになった屋久杉くん。
DSC_1174_201705150618537a7.jpg

休憩の前に、用を済ます。
DSC_1175_20170515061855c6e.jpg

トイレの先は登山道。
DSC_1176_20170515061856a7d.jpg

水場で焼酎用の水を確保。
DSC_1177_20170515061858b90.jpg

結局、テン場とトイレの間にある階段に腰を下ろして休むことにした。
まずは担ぎ上げてきたビールで乾杯。
あっという間に飲み干して、次は九州だけど麦焼酎。
DSC_4536_20170515061859eba.jpg

調子に乗って、黒霧島。
DSC_4538_20170515061832944.jpg

つまみはアゴ(トビウオ)の燻製など。
DSC_4537_20170515061830445.jpg
日なたぼっこをしながら、ゆったりした時間を過ごした。

16時すぎに日が陰ってきたので、小屋に戻り、夕餉の支度。
まだ、17時前だけど、いただきます。
DSC_4539_20170515061833049.jpg

今夜はカレーと汁代わりにラーメン。
DSC_4540_201705150618347b7.jpg

食べ終わったら、もうすることもない。シュラフに潜り込んだ。
DSC_4541_20170515061836089.jpg

明日は、紀元杉14:50発のバスに乗っていては飛行機に間に合わないので、14時に淀川登山口にタクシーを予約してある。
これも実は、前日、宿からあちこちのタクシー会社に電話をかけて、3軒目で確保できたもの。
「その時間は出払っている」と言われ続けた時は、どうなることかとハラハラした。
淀川登山口までのコースタイムは7時間15分。
朝6時に出れば間に合いそうだが、何らかの理由で遅れたりすると、ほんとに帰京できなくなるので、大きく余裕を見て、4時半に出発することにした。
ということは3時半に起床ということになる。
今、寝れば9時間半の睡眠は取れそうだ。

【行程】2017年4月12日
荒川登山口(5:58)~大山祇社(6:59参拝7:06)~小杉谷集落跡(7:09休憩7:21)~楠川分れ(7:49)~小杉谷山荘跡(7:53トイレ休憩8:00)~仁王杉(8:53)~大株歩道入口(9:13休憩・トイレ9:35)~ウイルソン株(10:00見学10:05)~大王杉下(10:47昼食11:11)~大王杉(11:20)~縄文杉(11:56見学12:07)~高塚小屋(12:25休憩・トイレ12:51)~新高塚小屋(14:03)
※所要時間:8時間5分(歩行時間:6時間42分)コースタイム:6時間10分
※登った山:なし
※歩行距離:12.7km
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1308-2b883ffa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (154)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR