山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

榛名山(6)

【2017年3月25日(土)】榛名山
榛名神社の奥にある榛名山番所は寛永八年(1639年)の開設され、明治2年(1869年)に廃止された。
DSC_0159_201705031024449c3.jpg

番所跡近くにある松露庵句碑。
DSC_0160_20170503102445c3d.jpg
芭蕉を頂点に松露庵の系譜に連なる俳諧の流れを表した、めずらしい句碑だ。

番所跡の門をくぐって、さらに進むと、大きな砂防ダムが目の前に現れた。
DSC_0161_201705031024475c0.jpg

実に美しい。
DSC_0162_201705031024480bf.jpg

この榛名川上流砂防堰堤は高さ17m、堤長69mで昭和30年の竣工。
DSC_0166_201705031024214a5.jpg

国の有形文化財に登録されている。
DSC_4300_20170503102133a46.jpg

背後にある、この岩がまた特徴的だ。
DSC_0163_20170503102450e73.jpg

榛名川の流れ。
DSC_0167_201705031024230f0.jpg

遡行はここまでにして、駐車場へ引き返す。
DSC_0168_20170503102425a41.jpg
帰りは川沿いの道を選んだ。

陰陽学者の小野関三太夫清繁が大正13年に刻んだ降雨竜祈願彫刻。
DSC_0169_20170503102426969.jpg

何の変哲もない河原の石に彫られている。
DSC_0170_201705031024284f4.jpg

賽銭が何枚かのっていた。
DSC_0171_2017050310235964c.jpg

大きな岩には信仰の跡らしきものがちらほら。
DSC_0172_20170503102400ba7.jpg

こちらの道からは、瓶子(みすず)の滝を間近に眺めることができた。
DSC_0174_20170503102402032.jpg

なんかお尻の割れ目のように見えなくもない。
DSC_0175_20170503102403760.jpg

そこから大量に何かが出た、なんて行ったら不謹慎か。
DSC_0177_2017050310233716f.jpg

榛名神社参道の石垣に沿って歩く。
DSC_0176_20170503102405fd7.jpg

さっき渡った神橋(しんぎょう)が真上に見える。
DSC_0178_20170503102338ec0.jpg

岩陰に積まれた小石たち。
DSC_0179_201705031023401a8.jpg

榛名川の渓流。
DSC_0180_2017050310234077f.jpg

イチイの苗木100本を奉納したのを記念した碑だが、左の石仏との関係は分からない。
DSC_0181_20170503102343995.jpg

そして参道に合流。
DSC_0182_2017050310231010e.jpg

往路で撮り忘れていた寿老人。
DSC_0183_2017050310231206b.jpg

手袋をしていかなかったら、ものすごく手が冷たかった。
寒くなったので、延寿亭で小休止。
DSC_0184_2017050310231408f.jpg

お汁粉を注文。630円もするのに、量がすごく少なかった。
DSC_4305_20170503102136469.jpg

食後、一応本坊も見学。
DSC_0185_20170503102315b7b.jpg

普通の家のようだ。
DSC_0186_20170503102318dab.jpg

ちょっとした庭園風。
DSC_0187_2017050310224751d.jpg

ここで門前そばを出しているらしい。
DSC_0188_201705031022484d9.jpg

さあ、あとは戻るだけだ。
県道の廃屋の前を通過して
DSC_0191_20170503102249514.jpg

16:40に駐車場に着いた。
DSC_0192_20170503102250c98.jpg

駐車場からは天狗山(1179m)を望むことができた。
DSC_0193_201705031022528ea.jpg

日帰り温泉は高崎方面にはなかった気がしたので、また榛名湖方面に戻って、伊香保温泉に向かう。
DSC_4306_20170503102136a91.jpg
DSC_4307_201705031021384f3.jpg

ヤセオネ峠から下る途中にあった高根展望台に車を停めて、撮影タイム。
DSC_0195_20170503102222eb2.jpg

真正面に子持山(1296m)がそびえる。
DSC_0196_201705031022249a4.jpg

左奧に見えるのは武尊山(2158m)。
DSC_0207_201705031022023aa.jpg

その左には小野子山(左、1208m)などの連山。
DSC_0197_20170503102225793.jpg

その左奧には谷川連峰。
DSC_0198_20170503102227511.jpg

大きく右に旋回すると赤城山(1828m)。
DSC_0199_201705031022284dd.jpg

眼下に伊香保温泉のホテル群。
DSC_0203_20170503102158585.jpg

二ツ岳(1343m)
DSC_0205_20170503102159d14.jpg

水沢山(1194m)。
DSC_0206_201705031022019ed.jpg

伊香保温泉に着いて、市営駐車場に停めようとしたら、2時間500円もする。
もう少し石段の湯に近づいてみたら、専用の駐車場があった。
ケチってよかった。

歩いて石段の湯まで行く間にも、いろいろと見ものが。
万葉歌碑。
DSC_4309_20170503102140f54.jpg
「い香保風 吹く日吹かぬ日 ありといえど 吾が恋のみし 時なかりけり」
伊香保の山から吹き下ろす猛烈な空っ風だって吹かない日はあるけれど、私があなたを思わぬ日はありません。

明治期の駐日ハワイ総領事アルウィン氏の略歴を記した記念碑。
DSC_4311_20170503102109da7.jpg

氏は避暑のため伊香保に別邸を構えていた。
DSC_4313_201705031021102e1.jpg

さて、石段の湯へ。と思ったら裏だった。
DSC_4314_2017050310211281a.jpg

表に回るには伊香保口留番所跡を通らなければならない。
DSC_4323_2017050310204995a.jpg

石段街には昔懐かしい射的の店もあった。
DSC_4324_20170503102050af0.jpg

その名の通り、石段の湯は石段街に面して建っていた。
DSC_4317_20170503102114e3f.jpg

17:15に到着。
DSC_4318_201705031021153cd.jpg

入浴料は410円。とてもリーズナブルだ。
風呂から上がって、休憩所のテレビで稀勢の里vs鶴竜戦を見た。
やはり力が入らないのか、あっけなく敗退。
翌日、逆転優勝するとは想像すらしなかった。

いったん車に戻り、財布を回収。
18:00に石段街に戻り、食事をする店を物色。
DSC_4320_201705031020460ce.jpg

「もち豚」の看板に誘われて、四季彩という店に入り、ソースかつ重(1350円)を注文。
DSC_4321_20170503102048b3a.jpg

肉は美味しかったが、ソース味がちょっと強すぎた。
DSC_4325_20170503102052db7.jpg

外に出るとすっかり暗くなっていた。
DSC_4327_201705031020327df.jpg
伊香保を出発したのは18:30。
関越に乗ったが、高坂SAから嵐山PAまで12km100分という事故渋滞の情報。
でも、直前で10km70分になったので、渋滞は解消しつつあると判断。
そのまま渋滞に突っ込む。
結局20分程度のロスで済み、20:40には帰宅できた。
これまで3回に分けて、榛名山を歩いているが、まだすべての山を登ることはできていない。
それにしても春になってから、雪山ばかりだ。

【行程】2017年3月25日
榛名湖温泉(8:58)~烏帽子ヶ岳分岐(9:20)~烏帽子ヶ岳(9:53撮影9:55)~烏帽子ヶ岳分岐(10:05)~鬢櫛山(10:37)~榛名湖温泉(11:15休憩11:20)~榛名富士(12:05撮影12:10)~榛名富士山頂駅(12:15昼食12:35)~ヒトモッコ山(13:05)~榛名湖温泉(13:23)=蛇ヶ岳登山口(13:30)~蛇ヶ岳(13:41)~蛇ヶ岳登山口(13:47)=ヤセオネ峠(13:53)~臥牛山(14:10)~ヤセオネ峠(14:26)
※所要時間:5時間28分(歩行時間:4時間43分)
※登った山:6座(うち新規5座:烏帽子ヶ岳、鬢櫛山、ヒトモッコ山、蛇ヶ岳、臥牛山)
※歩行距離:12.0km
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1298-3b9fbb6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (74)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (93)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (39)
南アルプス (99)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (19)
ドライブ (8)
廃線の旅 (8)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR