山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

榛名山(4)

【2017年3月25日(土)】榛名山
臥牛山(1232m)で展望を楽しんでいる。
DSC_9936_20170428053157013.jpg

目の前は烏帽子ヶ岳(1363m)。
DSC_9935_20170428053155064.jpg

榛名湖南岸の山々。
DSC_9937_201704280531584cb.jpg

逆方向、二ツ岳(1343m)の左に水沢山(1194m)。
DSC_9942_20170428053128c14.jpg

「静かな湖畔」のメロディーが流れるメロディーラインがある高原。
DSC_9938_201704280531248eb.jpg

眼下には林道が通っている。
DSC_9940_20170428053125414.jpg

登山道は頂上で行き止まりなのだが、岩場を下れば伐採地に出られるので、そのまま直進した。
DSC_9944_20170428053055764.jpg

その岩場。
DSC_9945_20170428053056bfb.jpg

蛇ヶ岳(1229m)と榛名富士(1391m)。
DSC_9943_20170428053129710.jpg

伐採地を下りながら、臥牛山山頂を振り返る。
DSC_9947_2017042805305848b.jpg

正面は相馬山(1411m)。
DSC_9948_20170428053059a8e.jpg

二ツ岳。
DSC_9949_20170428053101a2e.jpg

再び山頂。
DSC_9950_20170428053018ce5.jpg

この斜面だけ、きれいに伐採されている。
目的は何だろうか。
DSC_9951_20170428053019d0a.jpg

雪を蹴りながら、林道を引き返す。
DSC_9952_20170428053021a7e.jpg

30分ちょっとでヤセオネ峠に戻ってきた。
DSC_9953_201704280530226c3.jpg

相馬山の登山口には黒髪山神社の鳥居。
DSC_9954_20170428053024a7c.jpg

時刻は14時半。二ツ岳も登る予定だったのだが、榛名神社に行きたくなっていたので、今回は諦めることにした。
DSC_9955_20170428052951a2a.jpg

榛名湖畔を経由して、車で榛名神社に向かう。
DSC_9956_20170428052954a4a.jpg

途中、湖畔に車を停めて、撮影タイム。
対岸に饅頭のようなヒトモッコ山の盛り上がりが見える。
DSC_9957_20170428052954f65.jpg

掃部ヶ岳(1449m)。
DSC_9959_2017042805295706c.jpg

榛名山ロープウェイの山頂駅。
DSC_9960_20170428052957f93.jpg

ロープウェイは3分ほどで登ってしまう。
DSC_9961_2017042805292091d.jpg

少し移動して、観光案内所前でトイレ休憩。
DSC_9962_2017042805292242a.jpg

ここからは相馬山の突起が目立つ。
DSC_9963_20170428052924e1a.jpg

アップにしてみよう。
DSC_9965_20170428052927355.jpg

榛名富士と相馬山のコラボ。
DSC_9964_20170428052925f56.jpg

榛名富士の左には烏帽子ヶ岳(1363m)。
DSC_9966_20170428052854987.jpg

その左に鬢櫛山(1350m)。
DSC_9967_20170428052855b56.jpg

鬢櫛山と烏帽子ヶ岳の位置関係。
DSC_9975_2017042805283010d.jpg

湖面の氷が流氷のようだ。
DSC_9968_201704280528576b5.jpg
DSC_9969_201704280528587a0.jpg

観光案内所の隣には、土産物店。
DSC_9970_20170428052900a4c.jpg

その向かいに竹久夢二の歌碑があった。
DSC_9971_20170428052827180.jpg

「さだめなく鳥やゆくらむ青山の青のさびしさかぎりなければ」
とくに榛名山と縁がある歌というわけでもなさそうだ。
DSC_9974_20170428052829de8.jpg

再び榛名富士。
DSC_9977_20170428052831f24.jpg

ちょうどゴンドラがすれ違ったところだった。
DSC_9978_20170428052833b54.jpg

では、改めて榛名神社に向かおう。
14:55、榛名神社の駐車場に到着。
東の方角に、幡矢ヶ岳(1271m)が見えた。
DSC_9979_20170428052801071.jpg

となりの山腹には修験者は修行をしていたような感じの洞穴が口を開けていた。
DSC_9980_20170428052803601.jpg

この駐車場は、平成17年に廃校になった榛名町立第四小学校の跡地だった。
DSC_9981_201704280528043fb.jpg

校門は保存されていた。
DSC_9983_20170428052807cb6.jpg

その真ん前に庚申塔。
DSC_9982_20170428052806c47.jpg

県道を少し下ると、榛名神社のバス停前に出る。
DSC_9984_201704280527331a5.jpg

宿坊、谷本坊の石灯籠。
DSC_9985_201704280527351d8.jpg

谷本坊の看板。
DSC_9987_201704280527386af.jpg

神社は鳥居の向こうだが、少し宿坊街を歩いてみた。
DSC_9986_20170428052736ef9.jpg

向かいは真徳坊。
DSC_9988_2017042805273938d.jpg

榛名簡易郵便局。
DSC_9989_201704280527077f8.jpg

どうやら休業している山椒茶屋。
DSC_9990_20170428052709957.jpg

宮之坊。
DSC_9991_201704280527109b4.jpg
DSC_9992_201704280527123ce.jpg

改めて榛名神社の大鳥居をくぐる。
DSC_9993_2017042805271350e.jpg
この鳥居は、一昨年に竣工したばかり。高さ15mの鉄鋼製だ。

湯元南之坊には新泉亭の名も。
DSC_9994_201704280526407da.jpg

吉本坊。
DSC_9995_20170428052642ed6.jpg

吉本坊の立派な門。
DSC_9996_201704280526421dd.jpg

榛名歴史民俗資料館は帰りに寄ろうと思っていたが、戻って来た時には閉館時間を過ぎていた。
DSC_9999_20170428052644a9a.jpg

榛名神社には見どころがいっぱいあるようだ。
DSC_0001_20170428053445460.jpg

門前の宿坊は最盛期の江戸中期には100軒に達するほどだったという。
DSC_0002_201704280534465a2.jpg

こうした看板は往事の繁栄ぶりを再現しようと掲げられているらしい。
DSC_0003_2017042805344891a.jpg

榛名神社は創建1400年だそうだ。
DSC_0004_20170428053449de2.jpg

大龍坊。
DSC_0005_20170428053451ede.jpg

石祠。
DSC_0006_20170428053421e80.jpg

龍之坊と三力坊。
DSC_0007_201704280534225c3.jpg

新宮之坊。
DSC_0009_20170428053424378.jpg

宮本坊。
DSC_0010_20170428053425f46.jpg

一茶の句碑。「鶯もとしのよらぬや山の酒」
DSC_0011_201704280534275c7.jpg

門前仲まちおとうふや。
DSC_0013_201704280533579fe.jpg
DSC_0015_20170428053400795.jpg

赤門の般若坊。
DSC_0014_20170428053358dc1.jpg

入之坊に岩本坊。
DSC_0016_2017042805340279b.jpg

三蔵坊と大蔵坊。
DSC_0018_20170428053335e0d.jpg

善徳坊。
DSC_0019_2017042805333659c.jpg

榛名太々御神楽の扁額が掲げられている。
DSC_0020_20170428053337368.jpg

上州名物、焼きまんじゅうは試食せず。
DSC_0021_20170428053339ade.jpg

榛名神社の銅鳥居。
DSC_0023_20170428053340aaa.jpg

その奥に随神門が見える。
DSC_0024_201704280533095db.jpg

右手は本坊への階段。
DSC_0025_20170428053310166.jpg
DSC_0033_2017042805323688a.jpg

左は東之坊延寿亭。
DSC_0026_201704280533125b3.jpg

ここは天狗山(1179m)への登山口。
DSC_0034_20170428053153c3c.jpg

ちょっとお腹が空いていたが、まずは参拝しなくては。
DSC_0027_20170428053313527.jpg

随神門は国の重要文化財。
DSC_0028_2017042805331531c.jpg

彫刻が素晴らしい。
DSC_0031_20170428053233647.jpg
DSC_0029_20170428053230206.jpg

この先にも、見どころがたくさん。
DSC_0030_201704280532316c0.jpg

江戸期は榛名寺と称し、上野寛永寺に属していたが、明治初年に神仏分離により、榛名神社となったという。
DSC_0032_20170428053234be0.jpg

これは、ちょっと解読不能。
DSC_0035_20170428053154b7e.jpg

この門をくぐると、榛名神社の森の中へと入っていく。
DSC_0037_20170428054819a89.jpg

(つづく)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1296-d37d2cda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (90)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (21)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR