山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

妙義山(4)

【2017年3月19日(日)】妙義山
茨尾根のピークで展望を楽しんだ。
CIMG1303_20170418211940ad0.jpg

では、そろそろ出発。
CIMG1304_20170418211943324.jpg

8分ほど下ると鞍部の堀切に着いた。
CIMG1305_20170418211943cb0.jpg

これでホッキリと読む。切れ込んだ場所というような意味だろう。
CIMG1306_2017041821194536a.jpg

この先、鷹戻しの頭まではしばらく通行止めだったようだが、昨年12月に解除されている。
CIMG1307_20170418211946c24.jpg

いずれ、あちら方面を歩くことがあるだろうか。
CIMG1308_2017041821150497c.jpg

とにかく、我々はここから中間道へと下る。
CIMG1309_201704182115069c7.jpg

ごっつんこ。
CIMG1311_201704182115096ed.jpg

かなり急な坂だ。
CIMG1310_2017041821150799b.jpg

でも、さっきまでの緊張感からはやっと解放された。
CIMG1312_2017041821151025f.jpg

とは言え、慎重に下る。
CIMG1313_20170418211442029.jpg

ホッキリから10数分で中間道に合流。
CIMG1314_2017041821144414f.jpg

これは何と読むのか。下り・・?
CIMG1315.jpg

ここを左折して中間道を妙義神社方面に進む。
CIMG1316_201704182114471df.jpg

「山と高原地図」に「九十九折」と書かれている箇所だ。
CIMG1317_20170418211448b75.jpg

さすがに中間道。階段がしっかり整備されている。
CIMG1318.jpg

道標も親切だ。
CIMG1319.jpg

落ち葉のラッセル。
CIMG1320_20170418211415885.jpg

ここも平和通り。
CIMG1321_201704182114174af.jpg

石と木のベンチ(のつもり)かな?
CIMG1322_20170418211418d78.jpg

道は西へ西へとトラバースしていく。
CIMG1323_20170418211347c5f.jpg

鉄階段まであった。
CIMG1324_201704182113495bd.jpg

中間道もかなりアップダウンがあって楽しいかもしれない。
CIMG1325_201704182113507c9.jpg

中間道のホッキリ分岐から10数分で、金鶏橋への道との分岐に到着。
CIMG1327_201704182113538d4.jpg

ここに東屋があったが、休まずに下る。
CIMG1326.jpg

この道は「関東ふれあいの道」であった。
CIMG1328.jpg

ここにも落石のため通行止めの案内が。
CIMG1329_201704182113248e2.jpg

この矢印で言うと、左に進む。
CIMG1330_20170418211325890.jpg

ここから大人場までは、ほぼ直線。
CIMG1331.jpg

左手に今歩いてきた岩峰群のシルエット。
CIMG1332_201704182113271af.jpg

右手は金洞山の針峰群。こりゃすごいわ。
CIMG1333_201704182112555e8.jpg

でも、このあたりは、実にのどか。
CIMG1334_2017041821125620f.jpg

東屋から10数分で大人場に到着。
CIMG1335_20170418211259fef.jpg

さすがに疲れたので、もう駐車場も近いのだが、しばし休憩。
CIMG1338_20170418211259b6d.jpg

H君は上級登山道を歩いてきて、ご満悦だ。
DSC_4292_201704182111455f2.jpg

でも、H君としては確保が必要なところじゃないと「上級」とは言わないよね、と謙虚な姿勢であった。
CIMG1339_2017041821130140d.jpg

10分ちょっと休んで出発。
CIMG1340.jpg

石門周辺も学生時代以来歩いてないので、いつか再訪してみたい。
CIMG1341.jpg

この道は御大典(昭和天皇の即位)記念で開鑿された道のようだ。
CIMG1342_201704182112342a0.jpg

渡渉地点に飛び石状の「橋」が設けられていた。
CIMG1343_20170418211235297.jpg

というわけで、金鶏橋の登山口に到着。
CIMG1344_201704182112375e9.jpg

なんと、この山も熊出没注意だった。
CIMG1345.jpg

入口の標識がやけに大きい。
CIMG1346_201704182112082ff.jpg

これが、うわさの金鶏橋。なんの変哲もない橋だった。
CIMG1347_20170418211209427.jpg

あとは車道歩き。正面に白雲山の峰々を望みつつ。
CIMG1349_201704182112115e7.jpg

車道を20分ほど歩くと、中間道の登山口を通過。
CIMG1350_2017041821121312a.jpg

立派な書体で「妙義神社」と書かれていた。
CIMG1351_20170418211141cab.jpg

駐車場には14時半前に到着。
CIMG1353_201704182111433f2.jpg
茨尾根経由の遠回りにしたわりには、かなり速かった。

ザックを車に放り込み、土産物店に2軒寄って、今宵の宿、天狗温泉浅間山荘を目指す。
我々が着く前に、O君が着いているはずだ。
妙義松井田ICから上信越道に乗る。
佐久ICで下り、浅間チェリーパークラインを上っていく。
1時間ほどで、到着。
DSC_4294_2017041821114602a.jpg

天狗温泉は標高1400mだが、もう雪はほとんどなかった。
DSC_4295_201704182111480d6.jpg

ここで予定通りO君と合流。いつもの3人組がそろった。
2階の部屋に荷物を下ろし、早速お風呂へ。
DSC_4301_20170418211120bc8.jpg

鉄分が異常に多く、湯は赤褐色だ。
DSC_4296_201704182111177d0.jpg

源泉の温度は9℃というから、かなり冷たい。
もちろん沸かしているから、体の芯まで温まった。
DSC_4297_20170418211118945.jpg

風呂から上がったら、早速ビールで乾杯。
DSC_4302_20170418211122f9f.jpg
夕食までに酔っぱらってしまいそうだ。

ここで私が重大発表。
「不肖わたくし、6月1日をもって札幌に転勤することになりました」
札幌のH君は大喜びしてくれたが、静岡にいるO君は複雑な表情。
私としては実家の両親も年老いていることもあり、希望しての異動だ。
内地の山にはなかなか来づらくはなるが、やむを得ない。
北海道の山をガンガン登ろう。
そして年に何回かは内地の山にも来るつもりだ。

夕食は18時から、1階の食堂で。真ん中は鹿のロースト。
DSC_4303_20170418211123119.jpg

お酒も飲んだと思うが、何を飲んだかは忘れてしまった。
DSC_4304_20170418211055cce.jpg

メインは鍋。
DSC_4305_20170418211057257.jpg

山キノコと豆腐のグラタン。
DSC_4306_201704182110582ec.jpg

手打ちの信州そばも絶品だった。
DSC_4307_20170418211100c04.jpg

満腹になったところで、部屋に戻る。
もう何もお腹に入らなかったが、飲み直したんだったか、どうか。
日テレの「世界の果てまでイッテQ!」を見て、木村佳乃のキャラに大笑いし、21時には就寝。
H君はその後のキムタクのドラマを見てから寝たようだ。

【行程】2017年3月19日
市営駐車場(8:38)~鳥居(8:39撮影8:44)~妙義神社(8:55)~大の字(9:33撮影9:37)~辻(9:48)~見晴(10:15撮影10:17)~白雲山(10:30)~大のぞき(10:47撮影10:50)~天狗岩(11:14撮影11:16)~タルワキ沢のコル(11:28)~相馬岳(11:42昼食12:05)~相馬岳コース分岐(12:15)~パノラマ台(12:48)~ホッキリ(12:57)~ホッキリ入口(13:09)~東屋(13:22)~大人場(13:35休憩13:47)~金鶏橋(13:53)~駐車場(14:18)
※所要時間:5時間40分(歩行時間:4時間45分)コースタイム:6時間55分
※登った山:6座(白雲山、大のぞき、天狗岳、相馬岳、裏相馬岳、パノラマ台)
※歩行距離:7.2km
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

ふるさと

故郷札幌に戻られるんですね。
北海道に帰ったら、北海道の山が待っていますね。
私も実家(青森県)に戻れたらと思うのですが、青森県には、支社はないのです・・・
ちとうらやましい。

  • 2017/04/18(火) 21:44:07 |
  • URL |
  • まきた #IFpQ6OJY
  • [編集]

Re: ふるさと

まきたさんはご実家、青森なんですね。
青森は何度も行きましたよ。
私も大好きなところです。
いつか、八甲田か岩木山にでも一緒に登れたらいいですね~

  • 2017/04/19(水) 08:08:01 |
  • URL |
  • かたこりまさかり #-
  • [編集]

妙義山

拝読しました。
妙義山は結構スリルがあって楽しかったですね。
札幌に戻ったら同行する機会が増えそうで楽しみです。

  • 2017/04/19(水) 11:59:06 |
  • URL |
  • ひでまん #-
  • [編集]

行ってよかったね。
こちらこそ、北海道では、ご指導よろしくお願いします。

  • 2017/04/19(水) 14:13:48 |
  • URL |
  • かたこりまさかり #qBOWr7po
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1289-63374e38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (82)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (21)
ドライブ (9)
廃線の旅 (8)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR