山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

鶴見岳(上)

【2017年3月16日(木)】由布岳
由布岳(1583m)から13時前に下山。
チェーンアイゼンだけ外して、レンタカーに乗り込んだ。
登る時は、駐車場に2台しか車がなかったが、かなり増えていた。
今日は平日なのに、かなり山に入っているようだ。
天気がいいからかもしれない。

鶴見岳(1375m)のロープウエー山麓駅(正式には別府高原駅)の駐車場には、13:10に到着。
CIMG0865_201704151412231a0.jpg

由布岳登山口から10分しかかからなかった。
CIMG0866_20170415141224828.jpg

道路を渡って、乗り場に急ぐ。
CIMG0867_201704151412260fa.jpg

別府市宣伝部長べっぴょんのお出迎え。
CIMG0868_2017041514122703e.jpg

山上では七福神めぐりができるようだ。
CIMG0869_20170415141230d2d.jpg

なんと、このロープウエーは近鉄の経営だった。
CIMG0870.jpg

山麓駅の標高は503m。
CIMG0871_20170415141200d73.jpg
乗り場に着くと、次の便は13:20とのこと。
あと5分しかないが、次の便(13:40)まで待つのは時間がもったいないので、さっさと用事を済ませて、これに乗ってしまうことにした。

お昼を食べている暇がないので、まずはパンを購入。
ついでにバッジも購入、もちろんチケットも購入。
「片道で」とお願いしたら、「登山の方はこちらに記入を」と言われ、ご丁寧に登山のコースまで説明してくれたので、乗車はギリギリになってしまった。
CIMG0872_201704151412029b4.jpg

ほかの乗客は例によって中国人だった。
CIMG0881_201704151411141a4.jpg
本当なら下からちゃんと登りたいところだが、今日中の飛行機で帰らないといけないので、勘弁してください。

折角なので、空中散歩を楽しまなくては。
CIMG0874_20170415141206294.jpg

早速、別府湾が見えてきた。
CIMG0875_201704151411368e3.jpg

あの道を奥に進むと湯布院に至る。
CIMG0877_201704151411395b2.jpg

ロープウエーの駐車場。私が借りたレンタカーも豆粒のように写っている。
CIMG0878_201704151411401eb.jpg

別府市街。
CIMG0879_20170415141142446.jpg

どんどん高度を上げていく。
CIMG0880_2017041514111359e.jpg

このロープウエーは標高1300mの山頂駅(鶴見山上駅)までの標高差約800mを約8分で結んでいる。
CIMG0882_20170415141116437.jpg

開業は昭和37年12月だから、私と同じ学年だ。
CIMG0883_2017041514111785f.jpg

別府湾の向こうは大分市街。
CIMG0884_201704151411194b8.jpg

左側は国東半島。
CIMG0885.jpg

ちょうど中間地点で、「ゆふ号」とすれ違った。私が乗っているのは「つるみ号」
CIMG0886.jpg

ゴンドラの定員は101人。
CIMG0887.jpg

実にいい眺めだ。
CIMG0889_201704151410578c5.jpg

志高湖と小鹿山(728m)が見えてきた。
CIMG0890_2017041514102885d.jpg

はるか南西に九重連山がうっすらと。
CIMG0891_20170415141028e0f.jpg

別府市街の右に見える山は、おサルで有名な高崎山(628m)
CIMG0892_201704151410306b0.jpg

そんな眺めを楽しんでいるうちに、山頂駅に到着。
CIMG0894_201704151410331f9.jpg

運搬ありがとうございました。
CIMG0895_20170415141003435.jpg

山頂駅を出ると、さっそく展望台があった。
CIMG0896_20170415141005c47.jpg

ゴンドラからも見えたが、ここからも九重連山が望めた。
CIMG0897_201704151410062af.jpg

すぐ手前の山は船原山(692m)
CIMG0901_2017041514094222c.jpg

別府湾。
CIMG0902.jpg

志高湖。
CIMG0903_20170415140945a9f.jpg

南西方面の山々。
CIMG0904_20170415140946227.jpg

由布岳(1583m)の東峰が顔を覗かせていた。
CIMG0905_20170415140917c07.jpg

ここはもう頂上直下なので、すぐそこに頂上が見える。
CIMG0898_2017041514100768f.jpg

駅前はちょっとした広場になっていた。
CIMG0899_20170415141009067.jpg

七福神めぐりなどができるようだが、実はそれほど興味がない。
CIMG0900_20170415140940d23.jpg

所要時間は40分とのことなので、時間節約のため遠慮しておいた。
CIMG0909_20170415140923790.jpg

こちらが山頂駅。
CIMG0908_20170415140922a85.jpg

では頂上に向かおう。
鶴見山上権現一の宮の前を通過。
CIMG0906_20170415140919bfc.jpg

ジャンボ温度計はプラス0.5℃を示していた。
CIMG0907_201704151409204b7.jpg

山上権現の鳥居をくぐる。
CIMG0910.jpg

その脇に役行者の石像。
CIMG0911_20170415140756350.jpg

舗装された階段を登る。
CIMG0912_2017041514075776b.jpg

この辺は観光客の領域だが、まだかなり雪が残っていた。
CIMG0913_20170415140759ff1.jpg

東屋で休んでいる暇はない。
CIMG0914_20170415140759201.jpg

山頂までは徒歩10分くらい。
CIMG0915_20170415140727972.jpg

鶴見岳も両子山(721m)と同様、山頂には電波塔が林立している。
ただ、ここはそもそもロープウエーで来る山なので、別に興ざめもしなかった。
CIMG0916_20170415140728869.jpg

七福神の前には必ずお賽銭箱。
CIMG0918.jpg

右に曲がると頂上だが、先に展望台に行ってみることにする。
CIMG0921_20170415140731637.jpg

左手に、山上大権現。というわりには意外に小さかった。
CIMG0922_20170415140733a8a.jpg

展望台からは、真正面にさっき登った由布岳の雄姿。
CIMG0923.jpg
左に尖っているのは東峰の方。

右手には、鶴見岳連峰の一部。左が鞍ヶ戸(1344m)、右が内山。
CIMG0924_201704151406518ff.jpg

眼下に、南平台(1216m)。
CIMG0925.jpg

右奥に九重連山が霞む。
CIMG0926.jpg

左のコブの列は、手前から南平台、日向岳(1085m)、飯盛ヶ城(1067m)。
CIMG0927_20170415140656fa1.jpg

脳天白龍。
CIMG0928_20170415140624a6b.jpg

この割れ目には、鶴見岳の神の使いである白蛇が棲むと言われ、金運の神として有名だそう。
CIMG0930_2017041514062575c.jpg
賽銭を投げ込むと1万倍になって返ってくんだとか。
でも、なんとなく賽銭を入れる気にはならなかった。

隣には弁財天。
CIMG0931.jpg

頂上方面。
CIMG0932_20170415140628462.jpg

縁結びの童子。
CIMG0935_20170415140600da4.jpg

風穴観音。
CIMG0936_2017041514060112f.jpg

というわけで、15分ほどかけて鶴見岳に登頂。
CIMG0937_20170415140603613.jpg

ここは標高1375m。
CIMG0939_201704151406064ba.jpg

昭和の標柱はもう、かなり読みにくくなっている。
CIMG0940.jpg

頂上には、山中中台御神霊地なる聖域があった。
CIMG0938_20170415140604b76.jpg

三角点はちょうど等級の部分が欠けているが、「三等」のようである。
CIMG0941_201704151405365fd.jpg

登山者もそれなりにいます。
CIMG0942_20170415140538432.jpg

展望もばっちり。
CIMG0943_20170415140539681.jpg

北の硫黄山(1045m)からは噴煙が。
CIMG0944_20170415140541ca2.jpg

東には別府湾。
CIMG0945_201704151405105a6.jpg

すぐ下に電波塔。
CIMG0946_201704151405120cd.jpg

西にも電波塔。
CIMG0948_20170415140515ae6.jpg

お隣の鞍ヶ戸。
CIMG0949_201704151405164c8.jpg

というわけで、下山するとしましょう。
CIMG0950_20170415140446a71.jpg

とても分かりにくい案内図だ。たぶん登山などしたことのない人が企画制作したのだろう。
CIMG0951_20170415140448d90.jpg

とにかく縦走路経由で下山する。
CIMG0953_20170415140449252.jpg

途中から崩落のため通行止めになっているようだが、すぐ先のコルまでなら問題ない。
CIMG0954.jpg

では、出発。
CIMG0955_20170415140452851.jpg

さくさく下って、頂上を振り返る。
CIMG0956_2017041514042180a.jpg

途中にあった貞観台展望所。
CIMG0957_20170415140423d90.jpg

正面に由布岳が望めた。
CIMG0958_20170415140424110.jpg

びちゃびちゃになった雪が、まだかなり残っている。
CIMG0959_20170415140425b81.jpg

尾根の向こうは鞍ヶ戸(左)と内山(右)。
CIMG0963_2017041514035860f.jpg

それぞれ単独で。
CIMG0960_20170415140427969.jpg
CIMG0961_20170415140355ea7.jpg

そのさらに右には硫黄山。
CIMG0962_201704151403566e0.jpg

由布岳と鞍ヶ戸。
CIMG0964.jpg

コルの近くまで来ると、雪はほとんどなくなった。
CIMG0965_2017041514040129d.jpg

眼下に南平台。
CIMG0966_20170415140331fe3.jpg

頂上から15分でコルの分岐に到着。
CIMG0969_201704151403364a5.jpg

ここから先は通行止めだ。
CIMG0970_20170415140338528.jpg

頂上方面を振り返る。
CIMG0967_201704151403333eb.jpg

中央は内山から大平山に続く稜線。
CIMG0971_2017041514030901b.jpg

この谷が下山路だ。
CIMG0968_20170415140335566.jpg

塚原温泉まで900mというのはウソだ。その3倍はあるだろう。
CIMG0972_20170415140313204.jpg

では、ロープウエー山麓駅の駐車場に向かって下ろう。
CIMG0974.jpg

(つづく)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1284-a0942785
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (124)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR