山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

両子山(中)

【2017年3月15日(水)】両子山
両子寺の奥の院から両子山(721m)を登っている。
CIMG0278_20170404235538d4d.jpg

滑りやすい岩も乗り越えて。
CIMG0279_201704042355412f8.jpg

百体観音はまだまだ続く。
CIMG0280.jpg

観音様には岩陰が暮らしやすいようだ。
CIMG0281_20170404235543a89.jpg

両子寺七不思議のひとつ「鬼の背割」に到着。
CIMG0282_2017040423554439e.jpg

そのむかし、千徳坊が大岩を背中で割って通路を開けたという。
CIMG0284_201704042355183ef.jpg

わりと狭いが、何とか通り抜けることができた。
CIMG0289_201704042354541c5.jpg

通り抜けると、微妙なバランスを保っている岩を発見。
CIMG0288_20170404235522ecc.jpg

自然に出来上がった縄のような木の枝もあった。
CIMG0287_201704042355223a0.jpg

でも、こっち側は登山道ではないので戻らないと。
CIMG0286_201704042355196d5.jpg

観音様は背割の岩にもはめ込まれていた。
CIMG0290_20170404235455c19.jpg
CIMG0291_20170404235456bda.jpg

ここから頂上まで1.5km。「難コース」と書かれている。
CIMG0283_20170404235516214.jpg

その言葉通り、いきなりロープが出現。
CIMG0292_2017040423545868f.jpg

写真では分かりにくいが、かなりの急登である。
CIMG0294_20170404235419f4d.jpg

植生も南国風で、北国育ちの私にはちょっと不気味。
CIMG0293.jpg

枝の岩登り。こっちの方が七不思議っぽい。
CIMG0295_20170404235418135.jpg

椿の花が一輪、地面に落ちてきた。これも不思議な一場面。
CIMG0296_20170404235419ef5.jpg

落石天国(地獄?)のようなところに差しかかった。
CIMG0297_20170404235421bf1.jpg

ロープを伝って登っていく。
CIMG0298.jpg

国東半島はキノコの宝庫と聞いていたが、これは珍しい。枯れ葉のようだ。
CIMG0299_2017040423535153c.jpg

落石の震源まで来た。
CIMG0300_2017040423535205d.jpg
CIMG0301_20170404235356c70.jpg

崖の下を右にトラバースしていく。
CIMG0302_20170404235356b17.jpg

結構切り立っている。
CIMG0304_20170404235327fb8.jpg

かなり迂回する感じだ。
CIMG0303_201704042353572aa.jpg

再び登りに転じると、森の主が現れた。
CIMG0305_201704042353300cb.jpg

ご挨拶して、さらに進む。
CIMG0306_201704042353309ec.jpg

何とか急登をクリアして尾根に出ると、やっと登りやすくなった。
CIMG0307_201704042353326c4.jpg

傾斜も落ち着いた。
CIMG0308_2017040423533369a.jpg

しかし、尾根も岩だらけだ。
CIMG0309_20170404235301969.jpg
CIMG0310_20170404235302480.jpg

小ピークを通過。
CIMG0311_20170404235304b48.jpg

その後は再び急傾斜。
CIMG0312_201704042353066b4.jpg

ロックガーデンを登っていく。
CIMG0313_20170404235309005.jpg
CIMG0315.jpg

間もなく傾斜が一服。
CIMG0314_2017040423523669f.jpg

この先は緩斜面だ。
CIMG0316_20170404235239b8a.jpg

倒木をまたいで進む。
CIMG0317_20170404235241170.jpg

ずっと樹林帯だったが、頂上直下までくると、いきなり視界が開けた。かと思ったら、大きな電波塔が出現。
CIMG0318_2017040423524100b.jpg

これには、ちょっと興ざめしてしまった。
CIMG0319_20170404235211ec0.jpg

両子寺の奥にある山なので、それなりに厳かな山岳信仰の痕跡などがあるのではないかと勝手に期待していたのだが、そのようなものは何もない。
CIMG0320_20170404235213cc0.jpg

事前の研究不足と言えばそれまでなのだが、それにしても残念。
CIMG0322_20170404235216af2.jpg

両子山を選んだのは、国東半島のちょうど真ん中に位置し、その最高峰でもあるからだったが、電波塔があるのは、だからこそなのかもしれない。
CIMG0323_201704042352173bc.jpg

でも、そういう施設があるということは、周囲の木々が伐採されており、眺望には恵まれるということだ。
CIMG0321_20170404235213149.jpg

展望デッキがあったので登ってみた。
CIMG0338.jpg

さっき周遊してきた姫島が北に浮かぶ。
CIMG0329_20170404235150b97.jpg

その手前には千燈岳(左、606m)や文殊山(616m)。
CIMG0325_20170404235146bd7.jpg

北東には、小門山(535m)。
CIMG0326_201704042351485df.jpg

西には尻付山(左、587m)とハジカミ山(右、570m)。
CIMG0339_201704042350567f7.jpg
手前は伊美山(516m)。

瀬戸内海がもうちょっと青々と見えたら最高だったんだけど。
CIMG0330_20170404235116c6e.jpg
CIMG0340_20170404235057b15.jpg

南西に見える台形の山は、屋山(八面山、543m)だろうか。
CIMG0331.jpg

国東半島の丘陵地帯。
CIMG0332.jpg

それにしても国東半島の山はみなドーム型でユニークだ。
CIMG0334_20170404235121898.jpg

方位指示盤があったが、あまり役に立たなかった。
CIMG0335.jpg

ここは一等三角点。
CIMG0324_20170404235146376.jpg

久住山に次いで、今回2つ目だ。
CIMG0337_201704042350565c1.jpg

こちらにも何か文字が刻んであるように見えるが、「大」しか分からなかった。
CIMG0336_201704042350555e2.jpg

実はここまで車道が通じていた。
電波塔の建設とメンテナンスなどのために敷設されたと思われる。
CIMG0342_201704042350265ca.jpg

帰りは、この車道を下る。
CIMG0343_20170404235027489.jpg

これも登りで使わなくてよかった。
CIMG0345_20170404235032d18.jpg

こんなのが延々と続いたら、嫌になってしまう。
CIMG0346_20170404234959625.jpg

それにしても車道にしては急勾配すぎる。
CIMG0347_2017040423500116c.jpg

これじゃあ、軽の4WDしか登れないだろう。
CIMG0348_2017040423500245c.jpg
歩いて下るもの、ひと苦労だった。

下り始めにあった、ほぼ球体の石。
CIMG0344_20170404235029982.jpg

この石の方が不思議だったが、4つ目の七不思議は「鹿のツメ石」。
CIMG0350_20170404235005e6b.jpg

パンフレットには「ツメ割」とあるが、親子鹿の爪の跡があるとのことだ。
CIMG0349.jpg

そのすぐ下に、三浦喜十二翁の頌功碑。
CIMG0351_20170404234934715.jpg
明治時代の林業家で両子山に学校基本林などを設営した方だそうだ。

右手に涸れ沢。
CIMG0352_201704042349355f3.jpg
CIMG0353_20170404234937d63.jpg

名付けて「車岩」。
CIMG0354_20170404234938fd2.jpg

奥の院へ通じる道が、車道の途中から分岐していた。
CIMG0355_20170404234939f97.jpg

旧道らしきものを発見。石橋が残っていた。
CIMG0356_201704042349081ed.jpg

大木に取り込まれた大岩を通過。
CIMG0357.jpg

15:40に両子寺の境内まで下ってきた。
CIMG0358_201704042349096e6.jpg

立派な梵字の板碑がお出迎え。
CIMG0359_20170404234910c90.jpg

釈迦三尊を示している。前回紹介した磨崖板碑と同じだ。
CIMG0360_20170405001304423.jpg

これも旧道の橋にあった擬宝珠の残骸だろうか。
CIMG0361_20170404234915d2c.jpg

能村登四郎(1911~2001年)の句碑。「国東や枯れていづくも仏みち」。いい句だ。
CIMG0363_2017040423484552c.jpg

またまた梵字の板碑。
CIMG0364_201704042348421bf.jpg

今度は重光葵の歌碑。「世の中の正しき道を一筋に進みて御国の未を開かめ」
CIMG0366_20170404234848264.jpg
東條内閣や鳩山内閣などで外務大臣を務め、太平洋戦争の降伏文書に署名する大役を担ったほか、日ソ国交回復交渉にも尽力した大分出身の政治家だ。
歌は、その際、モスクワに向かうにあたり詠んだものだそうだ。

こちらは、愛知県出身の政治家(公明党)、山本保氏の歌碑。
CIMG0367_20170404234844c6d.jpg
「古への流転の民がいひけらく くにの果てなるここは国東」

「南総里見八犬伝」の滝沢馬琴もここ国東に縁があったのだろうか。
CIMG0368_20170404234844761.jpg

これは何を発願したのか、よく分からなかった。
CIMG0369.jpg

(つづく)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1277-611484d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (154)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR