山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

比叡山(下)

【2017年3月5日(日)】比叡山
比叡山(848m)から下山中。
途中、分岐に出た。
DSC_8320_20170318211912f00.jpg

このままメインルートを行くと駅まで随分歩かされてしまうので、八瀬比叡山口駅を目指し、わざわざ✖印がついている直進の道を採った。
DSC_8322_20170318211914c3f.jpg

✖印のわりに、それほど道は悪くない。
DSC_8325_20170318211844da7.jpg

ケルンなんかがあったりもする。
DSC_8323_20170318211915de3.jpg

展望の開けた場所もあった。
DSC_8327_201703182118472e3.jpg
DSC_8328_20170318211849162.jpg

でも、しばらく下ると結局、メインルートに合流してしまった。
DSC_8326_20170318211846ca5.jpg

しかも、さっきケーブル比叡駅近くで休んでいたハイカーに先を越されてしまった。
遠回りをしただけだった。
DSC_8330_20170318211850c1e.jpg

もう諦めるしかないかな。ねえ、お地蔵さん。
DSC_8332_20170318211816c40.jpg

この先で、大正10年(1921年)建立の「浄刹結界趾」なる石碑を発見。
DSC_8333_20170318211817d9f.jpg
浄刹とは、寺院の境内のことを指し、ここから奥は比叡山の聖域で、女人の立ち入りが禁止されたことを示している。

さらに下ると、水飲対陣之碑の交差点に出た。
DSC_8335_2017031821182096c.jpg
建武三年(1336年)、足利尊氏に追われ、比叡山に逃れた御醍醐天皇が近臣千種忠顕とともに陣を張った場所だそうだ。

ここを右折すると、八瀬比叡山口駅は無理だが、その一つ隣の三宅八幡駅には最短距離となることが判明したので、ここを曲がることにした。
DSC_8336_20170318211820879.jpg

勇んで下る。
DSC_8337_2017031821182374e.jpg

しばらく行くと、沢沿いの道となった。
DSC_8338_20170318211740426.jpg
DSC_8340_20170318211741bdc.jpg

倒木が激しい。
DSC_8342_20170318211743432.jpg
DSC_8345_201703182117467e2.jpg
こんな道でもトレランのコースになっているようで、倒木ごとに白いリボンがかかっていた。

砂防ダムや護岸は、古い石垣で固められている。
DSC_8344_201703182117449fc.jpg
DSC_8347_20170318211714de2.jpg

梅ヶ谷と呼ばれるところであった。由緒ある谷なのかもしれない。
DSC_8348_20170318211716545.jpg

しばらく下ると、やっと傾斜が緩んだ。
DSC_8349_2017031821171714f.jpg
DSC_8350_201703182117199eb.jpg

分岐から20分ほどで里に出た。
DSC_8353_20170318211720982.jpg
ここからは住宅地の中を、地形図を頼りに進む。

民家の玄関先には蘇民将来符が掲げられていた。
DSC_8354_2017031821163166d.jpg

徳雲山隣好院の前を通過。
DSC_8356_20170318211633d99.jpg
慶長元年(1596年)、月渓正円比丘尼がこの地に庵を結んだのに始まる寺院だそうだ。

古い漆喰壁の家が残る。
DSC_8358_20170318211634056.jpg

四角い点滅信号を発見して、びっくり。
DSC_8359_20170318211636102.jpg
よく見ると、四角というより円筒であった。

ケーブル比叡駅から1時間半近くかかって、やっと三宅八幡駅にたどり着いた。
DSC_8360_20170318211637698.jpg

本当は、叡山電車のこの支線も乗りつぶしたかったのだが、1駅区間だけ乗り残してしまった。
DSC_8362_20170318211606cf8.jpg

駅名は、三宅八幡だが、実は三宅八幡社とはかなり離れている。
DSC_8363_20170318211609f45.jpg

とにかく、やっと座れるわい。
DSC_8365_2017031821161020c.jpg

東に、今下ってきた比叡山を望む。
DSC_8366_201703182116110be.jpg

電車の待ち時間は10分ほど。
DSC_3900_201703182122255e0.jpg

14:16発の電車に乗り、出町柳へ。
DSC_8368_2017031821161263f.jpg

出町柳には14:27に到着。
DSC_3903_201703182122288a3.jpg

ホームで華やかなラッピング電車を見学。
DSC_3902_2017031821222753a.jpg
DSC_8369_20170318211551f13.jpg

ここの鉄道むすめは、涼風青葉ちゃんだった。
DSC_3904_20170318212229998.jpg

終着駅(始発駅)なので、当然車止めがある。
DSC_3905_201703182122310ab.jpg

改札を出て、京阪電車に乗り換え。
DSC_3906_20170318212156afd.jpg
DSC_3907_2017031821215868f.jpg

祇園四条で下車(14:44)。地上に出ると、南座が目に飛び込んできた。
DSC_3908_20170318212159202.jpg

でも寄り道はせず、反対方向の四条大橋を渡って、まっすぐ錦市場に向かう。
DSC_3909_20170318212201ca9.jpg

橋を渡ると反対側に、またまた目立つ建物が。北京料理の老舗東華菜館だった。
DSC_3910_20170318212202138.jpg

京都名物の抹茶わらび餅を冷かす。
DSC_3911_20170318212127b42.jpg
ここ四条通りは地元の人と観光客でごった返していた。

錦市場に突撃する前に錦天満宮にお参り。
DSC_3912_20170318212129f96.jpg
DSC_3916_20170318212133f9b.jpg

2日間、無事に登山ができました。ありがとうございました。
DSC_3913_20170318212130473.jpg

京の名水「錦の水」で口をゆすぎ、いざ出陣。
DSC_3915_201703182121318ce.jpg

それにしても、この混雑には圧倒される。
DSC_3918_20170318213247f57.jpg

漬物屋さんの提灯。
DSC_3919_20170318213249a81.jpg

京野菜。聖護院大根のまるいことったら。
DSC_3920_2017031821325016a.jpg

まずは珍味の店「櫂」で、中にウズラの卵が入った「たこたまご」(200円)を買い食い。
DSC_3923_20170318213253538.jpg

結構うまい。
DSC_3922_201703182132511a6.jpg

アーケードの屋根はステンドグラス風。
DSC_3924_2017031821205098a.jpg

京生麩田楽が人気の「麩房老舗」には、なぜか店員がおらず、閑古鳥。
DSC_3926_20170318212052a8c.jpg
DSC_3927_20170318212053ca2.jpg

ほうじ茶ソフトにも興味はあったが、とりあえずお預け。
DSC_3928_20170318212055240.jpg

しばらく進み、富小路に接した「鳥清」で鳥の唐揚げを1カップ。これもうまい。
DSC_3929_20170318212056033.jpg

さらに、「カリカリ博士」でネギたっぷりのたこ焼き。
DSC_3930_20170318212018c5a.jpg
表面がカリカリだが、中は餅のようにとろっとしていた。

奈良漬けは見るだけ。
DSC_3931_201703182120207fa.jpg

「魚力」で、鱧カツ。
DSC_3932_20170318212021928.jpg

天ぷらもあったが、あえて。肉厚でほくほくだった。
DSC_3933_201703182120234c2.jpg

あまり似ていないスヌーピーの饅頭が2個で650円とは、かなり高め。
DSC_3934_201703182120241d1.jpg

「SNOOPY茶屋」というお店だから、ライツは取ってあるのだろう。
DSC_3935_201703182119451b8.jpg

天井には、あちこちに若冲の絵を複製した垂れ幕が飾られている。
DSC_3936_20170318211947be7.jpg

そろそろデザートの頃合いなので、堺町筋に面した豆腐店「こんなもんじゃ」に立ち寄る。
DSC_3937_2017031821194883b.jpg

ここで豆乳ドーナツと豆乳ソフトをいただく。
DSC_3938_2017031821195018c.jpg
DSC_3939_20170318211951289.jpg
ソフトはジェラートのようだった。

これにてフィニッシュ。
DSC_3940_20170318211909f45.jpg
ものすごい混雑だったが、1時間ちょっとの食べ歩きを満喫、お腹もぱんぱんに膨んだ。

四条から地下鉄に乗り、京都駅へ。
ビールと乾きものだけ買い込んで、17:05発ののぞみ244号に乗車。
ほぼ満席だったが、指定席を取ってあったので大丈夫。
錦市場で買った練り物を肴にビールで打ち上げ。
DSC_3941_20170318211911c64.jpg
お腹もいっぱいだったので、間もなく寝てしまった。
東京には19:23着。21時には帰宅できた。
9年ぶりの京都は天気にも恵まれ、のんびり街も歩いて食も満喫して、いい旅だった。

【行程】2017年3月5日
・坂本駅(9:35)~ケーブル坂本駅(9:50)=ケーブル延暦寺駅(10:20)~延暦寺(10:28拝観11:10)~比叡山(11:34)~比叡山駐車場(11:45昼食12:07)~ロープウェー比叡山頂駅(12:13)~ケーブル比叡駅(12:31撮影12:39)~水飲退陣之跡(13:17)~三宅八幡駅(14:05)
・祇園四条駅(14:48)~錦天満宮(15:02)~錦市場西入口(16:01)~四条駅(16:10)
※所要時間:4時間(歩行時間:3時間)
※登った山:1座(比叡山)
※歩行距離:9.5km
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

比叡山

比叡山お疲れ様でした
私が関西を離れているときに、いらっしゃっていたのですね~
 
比叡山は、縦走しても横断しても面白い山だと思います。
 
私は、修学院駅から雲母越を登って、大比叡から延暦寺の中を突っ切っきり、坂本本道を下りました。
ゲレンデのあたりで振り返った京都の眺望、坂本に降りて行って琵琶湖を眺めるときの気持ちよさ、坂本のお蕎麦がおいしかった記憶があります。
 
愛宕山など面白い山もまだまだありますので、ぜひまたお越しください。

  • 2017/03/21(火) 18:11:50 |
  • URL |
  • まきた #89TA8zmU
  • [編集]

Re: 比叡山

まきたさん、ありがとうございます。
今回の比叡山はちょっとかじっただけでしたので、またあちこち歩きたいと思います。
ふもとの方も面白そうですしね。
愛宕山も研究してみます。

  • 2017/03/22(水) 23:52:16 |
  • URL |
  • かたこりまさかり #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1256-61c1e34c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (123)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR