山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

小豆島(4)

【2017年2月17日(金)】小豆島
7:30になったので、地下1階のレストランに移動。
朝食のウリはひしお丼なのだが、醤に漬けた魚の量が少なすぎ。
DSC_3568_20170223205701276.jpg

しらす干しも加え、最初からかつお出汁をかけて茶漬け風にしてしまった。
DSC_3569_2017022320570162e.jpg
それでも味は今いち。この宿の食事は夕食も含め、あまりお薦めできるものではなかった。
でも、半額セールで1泊2食7900円だったから、贅沢は言えない。

8時すぎにチェックアウト。
なんと雨が降っている。小雨だが傘なしというわけにはいかない。
近くのセブンイレブンで、昼食と折り畳み傘を買い、エンジェルロードへ。
駐車場横には、小豆島石(花崗岩)に書かれた絵手紙ロードの作品があった。
DSC_6315_20170223205704628.jpg

エンジェルロードは「大切な人と手をつないで渡ると願いが叶う」のだという。
DSC_6316_20170223205706fa2.jpg
その名付け親は、土庄町の元町長だった三木祐二郎氏だそうだ。
この方は、甲子園の応援曲の定番「コンバットマーチ」の作曲者でもある。
この曲は、氏が早稲田大学応援部吹奏楽団4年のときに作曲し、1965年の早慶戦で初めて披露された。
三木氏は、エンジェルロードの目の前にある小豆島国際ホテルの代表取締役も務めたことがあるそうだ。

顔ハメはついやってしまう。
DSC_3570_20170223205704f1c.jpg

では、エンジェルロードすなわち「天使の散歩道」へ。
DSC_6318_20170223205638da4.jpg

その前に「恋おみくじ」の結び場所がある。私には縁のないところだ。
DSC_6319_2017022320563906a.jpg

蛭子神社が鎮座するが、おみくじは駐車場横の売店で買うのかな。
DSC_6320_20170223205641baf.jpg

弁天島は「約束の丘展望台」とやらになっている。後で寄ろう。
DSC_6321_20170223205642362.jpg

道はご覧の通り完全に通じている。
DSC_6322_20170223205644871.jpg

「良縁祈願」やら韓国人やら。
DSC_6323_20170223205616530.jpg

絵馬風のホタテ貝はなんと1枚700円。でも、良縁が見つかるなら安いものなのかも。
DSC_6324_201702232056196f0.jpg

傘もさしていることだし、砂州の上は写真も撮らずに大人しく歩いた。
中余島に達してから、撮影再開。
DSC_6325_20170223205619cf5.jpg

東側の海岸は歩けるようなので、さらに進んでみた。
DSC_6327_201702232056221a1.jpg

緑色をしているのは、岩のりだろうか。
DSC_6326_20170223205621c41.jpg

中余島は立派な奇岩の島だ。
DSC_6328_20170223205554c21.jpg

穴が開いている。
DSC_6329_20170223205556151.jpg

くぐり抜けて、西岸に出てみた。
DSC_6330_20170223205557460.jpg

小豆島の方を振り返ると、通行禁止だった。
DSC_6331_20170223205559bde.jpg

あれが、昨夜泊まった「天空ホテル海廬」。
DSC_6332_20170223205600f2e.jpg

さっきの穴の先に切通しのような場所があったので、そこから東岸を覗く。
DSC_6333_2017022320553081b.jpg
DSC_6334_20170223205531f3c.jpg

ここは下りられないので、また穴を通って東岸に戻る。
DSC_6335_20170223205533e19.jpg

中余島は2つに分かれており、これは南側の塊(南島)。
DSC_6336_201702232055344ca.jpg

北の塊(北島)の南端。ここにもホタテ貝が吊るされている。
DSC_6337_2017022320553695f.jpg

このあたりで引き返すことにする。
DSC_6338_20170223205502854.jpg
(北島の東岸)

のりの繁茂が激しい。
DSC_6339_20170223205504d5f.jpg

滑るので踏まないようにした。
DSC_6340_20170223205506247.jpg

陸地とつながっている弁天島。
DSC_6341_201702232055072d5.jpg

これらの島は花崗岩でできているようだ。
DSC_6342_20170223205509ee9.jpg

砂州を挟んで望む「天空ホテル」。
DSC_6343_201702232054367f4.jpg

西に昨日登った高見山(153m)。
DSC_6344_20170223205438952.jpg

小豆島国際ホテル。
DSC_6345_20170223205440c1b.jpg

北島の北端に石仏。
DSC_6346_20170223205442a6e.jpg

ここは貝吊るし場になっていた。
DSC_6347_201702232054433f0.jpg

中国人も来ている。
DSC_6348_20170223205412247.jpg

本日の干潮時間は9:05。
DSC_6349_20170223205414408.jpg

現在、8:55なので、一番エンジェルロードが広くなっている時間帯だ。
DSC_6350_2017022320541534c.jpg

細い時間帯の方が、もうちょっとスリルがあったかもしれない。
DSC_6351_20170223205418498.jpg

中余島は標高20m。
DSC_6352_20170223205418e82.jpg

ちょっと、能登の軍艦島にも似ている。
DSC_6354_201702232053478b3.jpg

弁天島は16m。
DSC_6353_20170223205345368.jpg

弁天島の岩壁に龕のような穴を発見。
DSC_6355_20170223205348a9b.jpg

でも、仏像もないし、自然の造形のようだ。
DSC_6356_20170223205350201.jpg

晴れていれば、また一段と美しかったのだろう。
DSC_6357_20170223205351cba.jpg

家族みなさん無病息災で。
DSC_6358_2017022320531305d.jpg

では、約束の丘に登る。頂上に四等三角点があった。
DSC_6359_20170223205315841.jpg

これは何の遺構だろうか。
DSC_6360_20170223205317268.jpg

花崗岩の祠。
DSC_6361_2017022320531866c.jpg

西に土庄東港や大深山(227m)を望む。
DSC_6362_201702232053205c2.jpg

北東には、尖った高壺山(159m)の右奥に太麻山(427m)。
DSC_6363_20170223205234417.jpg

私の嫌いな「恋人の聖地」。でも、いくつ行ってしまっただろうか。
DSC_6364_20170223205236d73.jpg

ここからのエンジェルロードの眺めは素晴らしい。
DSC_6365_2017022320523612b.jpg

相合傘のお二人さん、お幸せに。と思ったら、二人とも女子だった。
DSC_6366_2017022320523869a.jpg

まさに今この瞬間が干潮。
DSC_6367_20170223205240df3.jpg
これにて、エンジェルロード散策は終了。
売店を冷かしてから、寒霞渓に向かう。
国道436号を東進。池田港を過ぎて、草壁港の先を左折。
山の方へ真っすぐ登っていくと、左手に内海ダムが見えてくる。
ダム湖は寒霞渓湖というが、冬だからか水量が極端に少ない。
新旧の地形図を見比べてみて気づいたのだが、今の巨大なダムは、昔の小さな内海ダムの前にさらに高いものを築いてできたものだ。
夕張シューパロダムの完成によって、シューパロ湖に水没した大夕張ダムの小型版だ。

9:45、登山口に近い第二十番札所佛ヶ滝に到着。
ここから寒霞渓、星ヶ城山(817m)へ登山開始となる。

(つづく)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1233-a260915d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (93)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (21)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR