山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

御林山・倉掛山(3)

【2017年2月12日(日)】御林山・倉掛山
浅間尾根から藤倉バス停あたりまで下ってきた。
ここからは落合までは20分ほど車道歩き。
DSC_5994_20170219210056e43.jpg

愛宕橋で北秋川を渡る。
DSC_5995_20170219210057725.jpg
DSC_5996_20170219210059a49.jpg

左手に寒澤寺。
DSC_5997_201702192100295bb.jpg

寛永三年(1626年)の創立で明治期には学校として使用されたこともあったとか。
DSC_5998_20170219210031105.jpg
しかし、昭和39年に学校給食が始まると、ここに炊事場を設けるため、寺は取り壊されてしまった。
現存の御堂は平成15年、地元の檀家らにより再建されたものだそうだ。

西東京バスは藤倉までだが、その奥は檜原村のデマンドバスが運行されている。
DSC_6000_201702192100320d3.jpg

これも立派なお宅だが廃屋のようだ。
DSC_6001_201702192100345dd.jpg

北秋川の上流部。
DSC_6002_2017021921003688c.jpg

清冽な流れだ。
DSC_6003_20170219210008301.jpg

倉掛自治会館前を通過。
DSC_6004_20170219210010f12.jpg

その裏に石仏がひっそり。
DSC_6005_20170219210011c73.jpg

落合橋に到着。
DSC_6006_201702192100133c5.jpg

正面に登山道というより石碑が並ぶ生活道が見える。
DSC_6007_20170219210014f56.jpg

よく見ると、墓石のようだ。「知法童女」「幻霜童子」の文字も見える。
DSC_6008_20170219205947a1e.jpg

日当たりがよくて暖かい。
DSC_6009_20170219205948eb1.jpg

雪も全くなくて春のようだ。
DSC_6010_20170219205950ee8.jpg

こうして振り返ると、谷間の村であることがよく分かる。
DSC_6011_20170219205951e6b.jpg

ここは白岩沢の谷だ。
DSC_6012_20170219205952042.jpg

今度は石仏。道には背を向けていた。
DSC_6013_2017021920592384d.jpg

落合橋から50mほど登ると民家が2軒ある。
DSC_6014_20170219205924ff9.jpg

1軒は廃屋だ。
DSC_6015_20170219205926492.jpg

まだ十分住めそうだが。
DSC_6016_2017021920592714c.jpg

立派な石垣もあった。
DSC_6017_20170219205929c46.jpg
ここは裏に車道が通じているので車で来ることができる。

V字形の空が格好いい。
DSC_6018_20170219205859166.jpg

現役の家の前を抜けると道が二手に分かれている。
道標がなかったが、地形図の表記がなんとなく右っぽかったので、右を選択。
DSC_6019_2017021920590104b.jpg

2軒のお宅を見下ろす。
DSC_6020_20170219205903512.jpg

右手に見えたのは734mピーク。
DSC_6021_20170219205904967.jpg

振り返ると、浅間尾根の北斜面が見えた。
DSC_6022_20170219205905f89.jpg

この先にも地形図には家の記号があり、確かに現地にもあった。
DSC_6023_201702192058355fa.jpg

玄関前の道は木製の桟橋になっていた。
DSC_6024_20170219205837a55.jpg

裏に回ってみる。
DSC_6025_201702192058384fc.jpg

トタン屋根。
DSC_6026_20170219205840cf3.jpg

この祠は家の守り神だったのだろうか。
DSC_6027_2017021920584194a.jpg

石仏も家主のない家をずっと見守っていた。
DSC_6028_201702192058103d4.jpg

この先は樹林帯に入る。かつての生活道路らしく、石垣で普請してある。
DSC_6029_20170219205811bb5.jpg

興味深い形の木だったので記録に残しておいた。
DSC_6030_20170219205813052.jpg

つづら折れの道が続く。
DSC_6031_201702192058143ec.jpg

生活道路としては、もう全く使われていないのだろう。かなり荒れている。
DSC_6032_20170219205816a9c.jpg
DSC_6033_2017021920574474d.jpg

道はあっていたようで、地図通りまもなく右へのトラバースとなった。
DSC_6034_20170219205746005.jpg

屈曲点で左に転じるのも地図と同じだった。
DSC_6035_201702192057474b4.jpg

スズタケが生い茂っている。
DSC_6036_20170219205749bee.jpg

倒木も激しい。
DSC_6037_20170219205750e6f.jpg

振り返ると、御前山(1405m)の湯久保尾根。
DSC_6038_20170219205721af7.jpg

いよいよ倉掛集落が近づいてきた。
DSC_6039_20170219205722300.jpg

立派な石垣も現れた。
DSC_6040_20170219205724ba4.jpg

さっきの廃屋から200mほど登ると再び車道に出た。
DSC_6041_20170219205725f67.jpg
これは結果的に枝道だったのだが、本道かどうか確認すべく上に行ってみたら、やはり行き止まり。

その行き止まりに民家がある。
現役の家だと思っていたが、雪に足跡がないので、廃屋のようだ。
DSC_6042_20170219205727489.jpg

見学すべく敷地に入ると、奥の林が伐採されていて一気に展望が開けた。
DSC_6045_20170219205701dd3.jpg
左から浅間尾根の松生山(934m)、浅間嶺(903m)、一本松(930m)、929mピーク。

一番奥の松生(まつばえ)山。
DSC_6044_201702192056594ac.jpg

今歩いてきた浅間尾根。数馬分岐がある908mピークあたりだろうか。
DSC_6051_201702192056373ae.jpg

都心の高層ビル群も見えた。
DSC_6047_20170219205702a74.jpg
このお宅にお住まいだったT・Hさん(表札が残っていた)の家族は毎晩、都心の夜景を見ながら眠ったことだろう。

あまりに景色がいいので、ここでお昼にすることにした。
DSC_6048_201702192057035fa.jpg

ちょうどコンクリートブロックがあり、イス代わりに使わせてもらった。
メニューは昨日と同じ、カップ麺の天ぷらそばと炒飯のおにぎり。
DSC_3463_201702192100536c4.jpg

おにぎりは低温のせいで、ぱさぱさになっていた。選択を誤った。
二日連続の天ぷらそばだが、最近ラーメンよりそばの方がおいしく感じるようになってきた。
DSC_3464_20170219210055dfc.jpg

食べ終わったところで名残を惜しみつつ出発。
DSC_6049_20170219205705cb0.jpg

20分ほどの休憩だった。
DSC_6050_20170219205636fc2.jpg

本道に出ると、廃車が2台。
DSC_6057_20170219205616381.jpg
DSC_6055_2017021920561310e.jpg

そこは掬水山東安寺の跡だった。
DSC_6052_20170219205638669.jpg
創立は1373年より古いらしい。

そういうこともあり、ここには石仏などが集められていた。
DSC_6053_201702192056406f6.jpg
DSC_6054_20170219205641ca5.jpg

寒念仏供養塔も。
DSC_6056_20170219205614716.jpg
寒念仏とは、1年でもっとも寒さの厳しい小寒から節分までの30日間にわたり、鉦をたたき念仏を唱えながら諸所を巡回する一種の苦行のことだ。

ここからは倉掛集落の廃屋を見ながら登っていく。
DSC_6059_2017021920561734d.jpg
DSC_6060_20170219205619639.jpg

これは、交通遺児らを支援してきた「檜原ファイト村」の活動拠点として使用されてきた古民家だが、今も使われているのだろうか。
DSC_6061_20170219205549912.jpg
DSC_6063_20170219205551180.jpg

奥の家は現役のようにも見えたが。
DSC_6064_20170219205553dc1.jpg

今度の廃車はデリカ。
DSC_6065_20170219205554790.jpg

たまには、まだまだ頑張っているところも。
檜原きのこセンターはバリバリ営業中。
DSC_6066_201702192055557ad.jpg

まいたけが美味しいのかな。
DSC_6067_20170219205527843.jpg

おしゃれ工房はやっているのか。
DSC_6068_20170219205529cae.jpg

廃屋の向こうの御前山。
DSC_6069_20170219205530e64.jpg

奥多摩から見るより、こちら側の方が形がいい。
DSC_6070_2017021920553169f.jpg

集落の尽きたあたりで犬が吠えて追いかけていたが、遠慮がちでかわいい。
DSC_6071_20170219205533797.jpg

「おいでおいで」としたら近づいてきたけど、手の届くところまでは来ず、勝手に家に帰ってしまった。
DSC_6073_2017021920550484d.jpg

犬がいるということは、まだ人も住んでいるということだ。
DSC_6074_20170219205505144.jpg
数えてみると4軒ほどはお住まいの様子だった。

さあ、ここから風張林道のスタート。
DSC_6072_2017021920550207e.jpg

目の前に雪の積もった車道が見えたので、もう一度チェーンを装着。
DSC_6075_20170219205507b31.jpg

林道で徐々に高度を稼いでいく。
DSC_6076_20170219205508cf0.jpg

途中、林道が大きくカーブするところはショートカットすることにした。
DSC_6078_201702192054384d4.jpg

ここから取り付く。
DSC_6077_2017021920543638e.jpg

つづら折りに登っていく。
DSC_6079_20170219205439365.jpg

尾根道に深く掘れたかつての生活道路らしき道が通じていた。
DSC_6080_20170219205441c64.jpg

傾斜が急で、ちょっと難儀したが、間もなく林道に合流。
DSC_6081_20170219205442a05.jpg

さらに高度を稼ぐ。林道歩きは楽だ。
DSC_6082_20170219205413fbe.jpg

右手に倉掛山(1078m)への取り付きを探しながら進むが、急な法面になっており、取り付けそうなところを見つけられないまま、ピークの位置を過ぎてしまった。
これは反対側から登ってピストンするしかないなあと思っていたら、登り口に小さな標識があった。
DSC_6083_20170219205415857.jpg

もう字が消えかけているが、これに間違いない。
DSC_6084_2017021920541712d.jpg

もちろん、しっかり踏み跡はある。
DSC_6085_20170219205418b0e.jpg

ヤブも刈ってくれている。ありがたいことだ。
DSC_6086_201702192054209f4.jpg

標高差30mほどで登頂。
DSC_6087_20170219205356de3.jpg

ここにはちゃんと山名板があって、うれしかった。
DSC_6088_201702192053581b1.jpg

(つづく)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1228-f7f5fac2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (94)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (21)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR