山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

京塚山・金剛山(5)

【2017年1月29日(日)】京塚山・金剛山
杉峠を通過して、日連山(約385m)を目指している。
DSC_5289_20170211214204e5e.jpg

このあたりも歩きやすい道だ。
DSC_5290_20170211214113c52.jpg

正面には石老山(702m)が見えてきた。
DSC_5291_2017021121411556f.jpg

小さな手づくり道標発見。
DSC_5292_201702112141168b6.jpg

しばらく登り基調で進む。
DSC_5293_201702112141184db.jpg

峠から15分ほどで日連山に到着。
DSC_5294_201702112141194a8.jpg

「にちれん」だと思っていたら、「ひつれ」だった。
DSC_5295_201702112140512b8.jpg
このあたりの地名が「日連」で、相模湖にかかる橋の名前も「日連大橋」であることを後で知った。

手づくりの山名板に満足して通過。
DSC_5296_20170211214052a88.jpg

次の宝山(たからやま、374m)には、ここから5分で着いた。
DSC_5301_20170211214021130.jpg

ここには古い山名板があった。
DSC_5298_20170211214055b28.jpg

さらに古くて、読めなくなった山名板も。
DSC_5299_20170211214056a52.jpg

三角点は四方を丸石で守られていた。
DSC_5300_20170211214019669.jpg

展望は南に鉢岡山(460m)が見えただけ。
DSC_5302_20170211214022e3b.jpg
これだけ撮って先を急ぐ。

目の上に立派なサルノコシカケを発見。
DSC_5303_201702112140242a1.jpg

さあ、あとは下るだけ。目の前にポッチ山(378m)が見える。
DSC_5304_20170211214025614.jpg

どんどん東に下って、最後にロープ場が出現。
DSC_5305_20170211213953f9a.jpg

なんと、すぐ先にそのロープをつたって下っている単独のおじさんがいた。
こんなところに人はいたとは。
彼が下り切るのを待って、私も下る。
下り終わって、ロープの写真を撮っていたら、その人は先に進まず、私の後ろに控えている。
DSC_5306_20170211213955536.jpg
どうしたのかなと思ったら、その人も撮影したかったのだった。

挨拶だけして先に行く。
DSC_5307_201702112139564ed.jpg

ここを左折して、西へトラバース。
DSC_5308_20170211213958c28.jpg

全然さっきの人は付いてこない。
DSC_5309_2017021121395942e.jpg
念入りに写真を撮っているのだろうか。

右手に相模湖と城山(670m)が一瞬覗いた。
DSC_5310_20170211213925232.jpg

しばらく等高線沿いに歩き、少しだけ階段を下る。
DSC_5311_201702112139271ae.jpg

青田集落方面には曲がらず、そのまままっすぐ藤野駅方面へ。
DSC_5312_20170211213928ea8.jpg

さらにトラバース。
DSC_5313_20170211213930507.jpg

沢にぶつかって、やっと下り始めた。
DSC_5314_20170211213931ce4.jpg

いくつか小さな砂防ダムを見送って、やっと里に出た。
DSC_5315_201702112139004a5.jpg

あとは駅まで歩くだけだ。
DSC_5316_201702112139027d3.jpg

相模湖に架かる勝瀬橋が見える。
DSC_5317_2017021121390360e.jpg

古い木造の倉庫。
DSC_5318_20170211213905404.jpg

日連神社に参拝。
DSC_5319_201702112139060f5.jpg

無事下山できたことに感謝する。
DSC_5320_20170211213833221.jpg

申し訳ないが、小銭を切らしているので、ノー賽銭。
DSC_5321_20170211213835688.jpg

境内にあった復興記念碑。
DSC_5322_20170211213836938.jpg

大きなカツラの手前に、いわくありげな緑の池があった。
DSC_5323_20170211213838025.jpg

樹齢は推定約300年だそうだ。
DSC_5325_2017021121383924d.jpg

忠魂碑。
DSC_5327_20170211213807fb5.jpg

右手に、矢ノ音(左、633m)と孫山(右、543m)。
DSC_5328_20170211213809319.jpg

野菜直売所は現役なのだろうか。
DSC_5329_20170211213810ff0.jpg

神社の隣には、代々、村の組頭を務めたという富山家住宅。
DSC_5330_20170211213812d50.jpg

建築年代は天保11年(1840年)だそうだ。
DSC_5331_201702112138131b7.jpg

蔵と並んで建っていた。
DSC_5334_201702112137422c0.jpg

次は青蓮寺。
DSC_5335_20170211213744433.jpg
DSC_5337_20170211213747589.jpg

変わった宝篋印塔。
DSC_5336_20170211213745457.jpg

石仏も立派だった。
DSC_5338_20170211213748fef.jpg

普通の民家の玄関先で「菊芋」なるイモが売られていた。
DSC_5339_20170211213715610.jpg
味噌で漬けた漬けものを試食させてもらった。結構コリコリしておいしかった。

「でいだらぼっち」なる施設の前を通ったとき、「カキ休暇を取って行きませんか~」と声をかけられた。
DSC_5340_20170211213717b4c.jpg
言われてよく見ると能登半島産のカキの幟が出ていた。
気軽に声をかけられたので、ただでカキが食べられるのかと思ったが、まあ、そんな気前のいいことはないだろうと思いなおし、「1個いくらなんですか」と聞いてみた。
すると、「1個では出していなくて、8個で2000円なんです。でもお一人様ですから、食べられる数だけでお分けします」とのこと。
まあ1個じゃなんだから、2個お願いして500円か。
どうするかなあ。
聞くところによると、そもそもここは薪ストーブのお店だそうで、今日はイベントでカキやピザを焼いたりしているのだとか。
関心がないわけじゃないが、やはり風里で食べたいし、ここでは遠慮することにした。
せっかく誘ってくれたのにごめんなさい。

歩き出して、日連橋を渡ると、いきなりトイレに行きたくなってきた。
DSC_5341_2017021121371872c.jpg
それも、ちょっとゆるめの感触。さっきのところで食べて、トイレも借りればよかったか。
駅まで持つかな~と歩き続けていたが、ちょっとまずい感が高まってきた。
山の中ならいかようにでもできるが、ここはもう街の中。
民家で借りるわけにもいかないし、困ったぞ。

とにかく我慢しながら歩く。
DSC_5342_201702112137206c9.jpg

眼下に相模湖。朽ちた釣り用の桟橋がいくつも見える。
DSC_5343_2017021121372124b.jpg

孫山(右)方面を望む。
DSC_5344_2017021121365074e.jpg

日連山も振り返っておこう。
DSC_5345_20170211213651077.jpg

この道はちょっとした高台にあり、眺めがいい。
DSC_5346_20170211213653a1d.jpg
DSC_5347_20170211213654c12.jpg

路傍には石碑や石仏がたくさん集められていた。
DSC_5348_2017021121365624d.jpg
DSC_5349_20170211213617425.jpg

そのうちの一つには享保一四年(1729年)銘のものもあった。
DSC_5350_20170211213619495.jpg

いよいよ、やばくなってきた。
DSC_5351_20170211213620821.jpg

でも、そこに天の助け。
なんと小さなスーパーがあるではないか。
DSC_5352_20170211213622438.jpg
しかも、2階の正面玄関を入ると、店舗は1階で、すぐ目の前にトイレがあるではないか。
店員に「トイレお借りできますか」と聞く手間も省けて、大変ありがたい。
洋式だったので、ゆっくりと取り組むことができた。

ホッとして退出。
DSC_5353_20170211213623fc3.jpg

日連大橋で相模川を渡る。
DSC_5355_20170211213551e0d.jpg

これが相模湖の形。
DSC_5357_201702112135536eb.jpg

振り返ると、藤野小学校の背後に峯(左、423m)と金剛山(右、420m)。
DSC_5358_201702112135547a7.jpg

相模湖。釣り用のボートがいくつも係留されていた。
DSC_5359_201702112135565c9.jpg

渡り終えると、ここにも野外アートが。
DSC_5361_201702112135271e4.jpg

再び、峯と金剛山。
DSC_5362_201702112135296e2.jpg

橋から5分、15時10分すぎに藤野駅に到着した。
DSC_5363_20170211213529869.jpg

早速、ひとり打ち上げのため駅前の「風里」ののれんをくぐる。
DSC_5364_20170211213531e5b.jpg

カウンターで店員さんがまかないを食べていたので、大テーブルに座って、まずは生中(480円)をオーダー。
DSC_3405_20170211214158609.jpg

ハンバーグ定食を食べたかったが、そんなにお腹に入らなそうだったので、つまみだけにして、タコの唐揚げ(400円)と手作り餃子(380円)を頼んだ。
DSC_3406_201702112142005fc.jpg
1週間ぶりのビールだ。ふ~~~っ、うまい!

食べていると、お客さんが一人入ってきた。なんとさっきロープ場で会ったおじさんだ。
彼はグラスビールを頼んでいた。
スマホで電車の時間を確認すると、次は15:45東京行き、その次は16:11高尾行き。
今は15:25なので、次ので行くことして、ささっと食べ、15:40前に退出。
DSC_3407_20170211214201c2a.jpg

15:45に乗ったが
DSC_3409_201702112142030c0.jpg
相模湖駅でも高尾駅でも10分くらい停車時間があり、随分損した気分になった。
せっかく直通に乗ったのに。
国分寺、東村山で乗り換え、17時半には帰宅。
今回は15kmで13座。効率よかった。
病み上がりに7時間近く歩いたが、具合悪くもならず、いいリハビリになった。

【行程】2017年1月29日
藤野駅(8:28)~古峯山(9:04撮影9:06)~京塚山(9:20撮影9:27)~坊主山(9:36)~一本松山(9:46)~包丁岩(9:58撮影10:01)~金剛山登山口(10:16)~鶴島金剛(10:44撮影・休憩11:03)~金剛山(11:13撮影11:15)~天神峠(11:30)~高倉山(11:45)~秋山川橋(12:10)~金剛山登山口(12:30)~金剛山(12:55昼食13:13)~峯(13:20)~八坂山(13:24撮影13:26)~杉峠(13:39)~日連山(13:54)~宝山(14:00)~日連神社(14:25)~日連大橋(14:52トイレ15:01)~藤野駅(15:12)
※所要時間:6時間44分(歩行時間:5時間42分)
※登った山:13座(古峯山、京塚山、坊主山、一本松山、鶴島金剛、葛原・金剛山、高倉見晴し、高倉山、杉・金剛山、峯、八坂山、日連山、宝山)
※歩行距離:15.3km
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1216-701f823a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
北海道の山 (185)
東北の山 (62)
上信越の山 (147)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (97)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (53)
南アルプス (101)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (15)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (40)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (34)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR