山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

京塚山・金剛山(2)

【2017年1月29日(日)】京塚山・金剛山
3つの山を制して、一本松山(337m)に到着。
DSC_5052_20170208064313b33.jpg

すぐに通過する。
DSC_5054_20170208064314276.jpg

感じのいい山頂だったが、ここにベンチがないのは不思議だった。
DSC_5055_20170208064316e6b.jpg

下る途中に防火用水。
DSC_5056_20170208064317ce3.jpg

終盤はコンクリートの階段だった。
DSC_5057_20170208064319d02.jpg

登山口近くの様子。
DSC_5058_20170208064251cc0.jpg

数分で車道と合流した。
DSC_5059_201702080642520fa.jpg

しばらく車道歩き。
DSC_5060_20170208064253e8d.jpg

一本松山を振り返る。
DSC_5061_20170208064254ce8.jpg

高台にある忠魂碑への階段に忠魂の歌碑。
DSC_5062_20170208064257263.jpg

間もなく、シュタイナー学園のバス停前を通過。
DSC_5063_2017020806422838b.jpg

ここはシュタイナー教育を実践している日本に7つある学校のうちの一つだ。
DSC_5070_20170208064208508.jpg

この学校の設立に関わった早稲田大学名誉教授の子安美知子さんとは、随分昔にお会いしたことがある。
なんと俳優の斎藤工はここの出身だった。
DSC_5074_201702080641421b4.jpg

学校の向かいに馬上誉策氏の頌徳碑があり
DSC_5064_20170208064229414.jpg

包丁岩なる看板があったので覗いてみた。
DSC_5069_20170208064206aee.jpg

これのことだろうか。確かに包丁の刃のような鋭い尾根だ。
DSC_5065_20170208064231442.jpg

その向こうにもユニークな山岳景観が広がっていた。
DSC_5066_201702080642326c1.jpg
左はさっき一本松山からも見えた御前山(484m)。中央に扇山(1138m)。

左奥に見えるのは高柄山(733m)。
DSC_5067_2017020806423465f.jpg

上野原市街の向こうは権現山(1312m)。
DSC_5068_20170208064205216.jpg

左奥の三頭山(1531m)と笹尾根。
DSC_5071_20170208064209b97.jpg
ベンチがあったので、1分ほど腰掛けて休憩した。
病み上がりなので休み休みを旨とする。

歩き出すと、今度のアートは斉藤史門作「庵(いおり)」。
DSC_5073_20170208064211368.jpg

続いて、原智作「FLORA・FAUNA」。
DSC_5077_20170208064145e8d.jpg

左手には杉集落方面の金剛山(420m)。右奥に石老山(702m)。
DSC_5075_201702080641436f6.jpg

右手に、「ばぁばぁの手作りお店」。今日はお休みかな。
DSC_5078_20170208064146a43.jpg

向原の集落に入ると、大黒屋というレトロな商店があった。
DSC_5080_20170208064117aff.jpg

もう自販機だけの営業になっている感じだ。
DSC_5079_20170208064148de4.jpg

向かいに「御衣黄(ぎょいこう)」という看板。
DSC_5081_20170208064118940.jpg
この時点では、サクラの品種のこととは知らず、通り過ぎてしまった。
そう言えば、となりに桜の木があったかもしれない。

正念寺も葛原神社も参拝は省略して通過。
DSC_5082_20170208064120640.jpg
DSC_5085_201702080641232b5.jpg

加藤義次作「羅典薔薇」。
DSC_5084_201702080641210d8.jpg

すぐ先の分岐を右に入る。
中瀬康志作「球体」。野外環境アートでは、これが一番気に入った。
DSC_5087_201702080640521a1.jpg

坂を登って、高台らしいところに出た。
DSC_5088_2017020806405366e.jpg
DSC_5090_2017020806405633d.jpg

右手には、上野原市街の向こうに丸山(1098m)。右の低山は能岳(543m)。
DSC_5089_20170208064055bcc.jpg

間もなく金剛山(456m)の道標が出てきたので、これに従う。
DSC_5091_201702080640595d3.jpg
ここは「散策マップ」があちこちに掲げられている地区だけあって親切だ。

向原の集落と京塚山(359m)。
DSC_5092_201702080640283a2.jpg

左奥は陣馬山(855m)。その右手前が一本松山。
DSC_5093_201702080640294ef.jpg

アップにしてみましょう。
DSC_5094_2017020806403172b.jpg

金剛山への登り。
DSC_5095_201702080640321d3.jpg

階段もあって、かなりきつい。
DSC_5096_201702080640340a6.jpg

しかも長いので、ゆっくり登る。
DSC_5097_201702080640041db.jpg

金剛山は「尾根を左」のはずだが、右にも眺めの良さそうなピークが見える。
地形図を見ると、道の表示はないが行けそうな感じだ。
標高は491mで、この稜線では金剛山より高い。
おそらく山名はあると期待して、ちょっと遠いが寄り道してみることにした。
DSC_5098_201702080640043b6.jpg

鞍部直前の手すりはガードレールの転用。
DSC_5099_201702080640061a3.jpg

尾根の鞍部に着くと、道は左に曲がっているが、右も通行止めになっているわけではない。
DSC_5100_2017020806400707c.jpg

踏み跡というより、しっかりした道があった。
DSC_5101_20170208064009bce.jpg

一つ目のピークに登り、こんなに早く着くわけながいと地形図を見直すと、あと2つピークがあった。
DSC_5102_201702080639394f8.jpg

気を取り直して、前進。
DSC_5103_20170208063940099.jpg

最後の急坂は滑りやすかったが、ロープがしっかりと張ってあった。
DSC_5104_20170208063941f15.jpg

分岐から10分で491mピークに到着。
DSC_5114_20170208063849998.jpg

「鶴島金剛」という山名が木に巻き付けてあって、うれしかった。
DSC_5105_2017020806394392f.jpg

こんなに苦労したのに何もないとがっかりだもの。石祠にお礼。
DSC_5106_2017020806394455f.jpg
実は本日の行程では、ここだけが山梨県。
さっきの鞍部が実は県境だったのだ。

とにかくここは上野原方面の景色がいいので、眺望を楽しむ。
DSC_5107_20170208063912cb5.jpg

扇状地に展開する上野原市街。
DSC_5109_20170208063915d8d.jpg

上野原駅も確認できた。
DSC_5108_20170208063914c9d.jpg

ちょうど特急あずさが通過して行った。
DSC_5111_20170208063918860.jpg

笹尾根の向こうに御前山(1405m)。
DSC_5110_201702080639171f9.jpg

西にはメイプルポイントゴルフクラブの向こうに扇山。
DSC_5112_20170208063846a41.jpg

南東には石砂山(578m)。
DSC_5113_20170208063848d37.jpg

頂上の巨石群のうちの一つに腰掛け、本格的な休憩とする。
DSC_5118_2017020806381952f.jpg
ここまで数回腰を下ろす機会はあったが、2時間半近く、ちゃんと休んでいない。
ロイヤルミルクティーとキットカットでエネルギーを補給した。

飲み終えたところで南側の眺望を確認。
真南に大室山(1588m)。
DSC_5115_20170208063851b4a.jpg

檜洞丸(左、1601m)と大笄(右)。
DSC_5116_20170208063852252.jpg

袖平山(1432m)。
DSC_5117_201702080638173ed.jpg

南西には菜畑山(1283m)。
DSC_5119_20170208063820748.jpg

南の方角の全景。今日は先週に比べると随分霞んでいる。富士山も見えなかった。
DSC_5120_20170208063822bfa.jpg

その右に高柄山。
DSC_5121_201702080638239f1.jpg

最後に上野原近くの相模川。
DSC_5122_2017020806375322d.jpg

20分ほど休んで出発。
DSC_5123_20170208063754890.jpg

急坂なのでロープにつかまって、転ばないように。
DSC_5124_20170208063756d30.jpg

ここをクリアすれば安心。
DSC_5125_2017020806375799e.jpg

のんびり引き返す。
DSC_5126_201702080637590c7.jpg

さっき、ピークだと勘違いした場所。
DSC_5127_20170208063728439.jpg

結構広い。
DSC_5128_20170208063730b05.jpg

分岐には11:10に戻ってきたので、ここの往復に35分かかった。
DSC_5129_20170208063731bc1.jpg

京塚山も含めると、1時間20分寄り道した計算になる。
DSC_5130_2017020806373299d.jpg
今日は予定よりかなり時間がかかってしまいそうだ。

金剛山は分岐から、ひと登り。
DSC_5131_20170208063734b6d.jpg

ここも藤野町十五名山だった。
DSC_5132_20170208063707281.jpg

眼下に見えた建物は一瞬何かと思ったら、ふじの温泉病院&東尾垂の湯だった。
DSC_5134_201702080637107a9.jpg

あんな崖っぷちに建っていたとは。
DSC_5133_20170208063710598.jpg

(つづく)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1213-839532c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
北海道の山 (185)
東北の山 (62)
上信越の山 (147)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (97)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (53)
南アルプス (101)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (15)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (40)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (34)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR