山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

峰山・石砂山(4)

【2017年1月22日(日)】峰山・石砂山
石砂山(578m)から登山口まで下りてきた。
バス停まではあと700mだが、休日はバスの運行はない。
DSC_4911_20170206064429763.jpg

それでもやっと楽な道を歩ける。
DSC_4913_20170206064430036.jpg

新旧のお地蔵さんにお疲れ様と言われた気分。
DSC_4914_201702060644321e6.jpg

篠原の集落。
DSC_4915_20170206064357d39.jpg

トイレがあったので立ち寄る。
DSC_4916_201702060643594f8.jpg

近くに、いい雰囲気の古い家があった。
DSC_4919_2017020606440031c.jpg
DSC_4920_20170206064401899.jpg
DSC_4921_201702060644036a5.jpg

馬頭観音ならぬ馬頭大士。
DSC_4922_20170206064333e1e.jpg

雪が残る山村。
DSC_4923_20170206064334dca.jpg
DSC_4924_2017020606433668f.jpg

ここで県道と合流。すずかの家って何だろう。
DSC_4926_201702060643378ca.jpg

またまた馬頭観音。
DSC_4928_201702060643380e3.jpg

パン屋さん?
DSC_4929_20170206064311c57.jpg

篠原バス停。ベンチが欲しかった。もう休みたい。
DSC_4930_20170206064312e33.jpg

旧間宮商店の前を通過。
DSC_4931_201702060643132b7.jpg

スナックなんて、こんな山村でも成立していた時期があったんだなあ。
DSC_4932_20170206064315a06.jpg

福寿院は門前のみで通過。
DSC_4933_20170206064316f49.jpg

藤野町十五名山の鉢岡山(460m)。
DSC_4936_2017020606423949d.jpg

篠原小学校も2003年に廃校。現在はNPO法人篠原の里が宿泊施設として使用している。
DSC_4937_20170206064240efd.jpg

石砂山を振り返る。
DSC_4938_201702060642426cf.jpg

神奈川県営水道のマンホール。
DSC_4939_2017020606424379f.jpg

こちら側からも石老山(702m)に登れるようだ。確かに地図にも書いてある。
DSC_4940_20170206064246d1b.jpg

中村橋バス停にもベンチなし。まだ休めない。
DSC_4941_2017020606421498b.jpg

ここで左折すると、左手に大石神社があった。
DSC_4942_201702060642156b9.jpg

大石神社は篠原・牧馬地区の氏神として奈良時代に石凝姥命を祀ったのが始まりとされている。
DSC_4943_20170206064218edc.jpg

神楽殿を兼ねた拝殿で、極めてめずらしいタイプだ。初めて見た。
DSC_4947_201702060642188bd.jpg
天保十四年(1843年)の建築だが、明治29年(1896年)に歌舞伎舞台として大改造されている。

この地区では明治から昭和初期にかけて盛んに村歌舞伎が上演されていたが、ここでは昭和40年の記念公演を最後に行われていないそうだ。
DSC_4950_201702060641413c6.jpg

神社の向かいには、篠原・牧馬生活改善センター。
DSC_4948_20170206064221230.jpg

ここから藤野やまなみ温泉まで1時間ほど歩かなくてはならないが、途中休めそうなところはあるだろうか。かなり限界にきている。
とにかく前進あるのみ。
有精卵のお店らしい。
DSC_4951_201702060641429dc.jpg

篠原集落を振り返る。
DSC_4952_20170206064144e7e.jpg

釜の沢バス停を通過。
DSC_4953_20170206064145107.jpg

東尾垂の湯への分岐を通過。
DSC_4954_201702060641471e2.jpg

左手下に篠原集落の末端。
DSC_4955_20170206064101d0b.jpg

中尾日向バス停通過。ここがちょっとした峠だ。
DSC_4957_20170206064105b82.jpg

この集落では、こんなことをしているようだ。
DSC_4956_20170206064103ec6.jpg

中尾日向ぼっこ広場なる、休むのに絶好の場所があったが、ベンチがなんと丸太なので寝転がれない。
DSC_4958_201702060641065ed.jpg
しかも、ちかくで伐採作業をしている人がいたので、結局諦めて通過してしまった。

左手にさっき登った峰山(570m)が見えてきた。
DSC_4959_20170206064107e80.jpg

高い場所に石仏群。
DSC_4961_20170206064037766.jpg

地図には載っていない石砂山への登山口があった。
DSC_4962_201702060640396e7.jpg
「川上ドッケ」とあるのは、たぶん499mピークのことだろう。

相模湖藤野霊園前を通過。
DSC_4963_201702060640405fb.jpg

川上バス停通過。ここからは再び登りだ。
DSC_4964_20170206064042936.jpg

相模湖カントリークラブの入口はこちら。
DSC_4965_201702060640436bc.jpg

あと800m。ほとんど修行だ。
DSC_4966_20170206064013c7d.jpg

日向集落の北にある標高400mの無名峰。
DSC_4967_2017020606401501c.jpg

石砂山方面。
DSC_4969_20170206064016965.jpg

やさい直売所も通過。
DSC_4970_2017020606401892d.jpg

旧藤野町農業集落排水のマンホール。
DSC_4971_201702060640194de.jpg

石砂山の双耳峰のうち低い方(標高572m)。
DSC_4972_20170206063949496.jpg

だいぶ日も傾いてきたが、相変わらずいい天気だ。
DSC_4973_201702060639519be.jpg

大石神社からちょうど1時間かけて、車を置いてあるやまなみ温泉に到着。
DSC_4974_20170206063952692.jpg
いや~疲れ果てた。
早速、ここでお風呂にと言いたいところだけど、実はやまなみ温泉は何度も入ったことがある。
駐車場だけ使わせてもらって申し訳ないが、近くの東尾垂の湯まで移動する。

10分ほどで着いた。
DSC_3443_20170206064426db5.jpg

料金は880円でやまなみ温泉より、やや高めだが、初めてというのが重要だ。
DSC_3444_201702060644276e1.jpg
要らないのにタオルセット付きだった。
駐車場にかなり車があったわりには、それほど混んではいなかった。
源泉の温度は45.8℃。ナトリウム・カルシウム-硝酸塩温泉だそうで、アルカリ性の美肌の湯であった。
ゆっくり入って疲れを癒したつもりだが、体がかなりほてったのでサイダーを飲む。

それでもほてりは治まらなかったが、とにかく帰らなくては。
途中、小津久集落で石仏を撮影。
DSC_4975_2017020606395425c.jpg

その先に大山道の古い道標があったので、それも車を停めて撮影。
DSC_4978_20170206063955035.jpg

ここは個別にも丁寧に記録しておいた。
DSC_4979_20170206063929d7d.jpg
DSC_4980_201702060639318fe.jpg
DSC_4981_20170206063932765.jpg

この後、中央道、圏央道とも渋滞なしで助かった。
午後6時には帰宅したが、あまりに体が熱いので計ってみたら、なんと38.6℃もあった。
腰も痛いし、頭痛はするし、喉は痛いし、咳も出るので、これはインフルエンザかもと思い、翌朝病院に行ってみたら、やはりそうだった。
どうりであの程度の登山がきつかったはずだ。
前日のスギ林歩きで、花粉症の症状が出て、この日はずっと鼻をかみつづけていたので、疲れはそのせいかと思っていたら、全く別だった。
しかし、インフルエンザの症状がもっと早く出ていたら、動けなくなっていたかもしれなかった。
とにかく無事に帰宅できて何よりであった。

【行程】2017年1月22日
藤野やまなみ温泉(10:08)~峰山(10:49撮影10:57)~綱子天神峠(11:26休憩11:39)~菅井交差点(11:55)~伏馬田城跡(12:34)~石砂山(13:32昼食13:54)~石砂山登山口(14:20)~大石神社(14:40)~やまなみ温泉(15:40)
※所要時間:5時間32分(歩行時間:4時間49分)コースタイム:5時間30分
※登った山:3座(峰山、伏馬田城跡、石砂山)
※歩行距離:13.5km
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1211-36a9b36b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (74)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (84)
中央線沿線の山 (91)
富士山周辺の山 (58)
八ヶ岳周辺の山 (39)
南アルプス (92)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (19)
ドライブ (8)
廃線の旅 (8)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR