山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

畦ヶ丸・加入道山(5)

【2016年12月30日(金)】畦ヶ丸・加入道山
加入道山(1418m)から道志の湯に向かって下山中。
「山と高原地図」に「休」のマークがある東屋まで下りてきた。
DSC_3387_201701241738472a3.jpg

沢の対岸は急斜面。
DSC_3388_20170124173849158.jpg

同時に「水」のマークもあったが、これはさっき見えた湯花ノ沢のことで、ずいぶん谷底まで下りないといけないし、水も足りていたので、もちろん省略。
DSC_3389_201701241738502f3.jpg

上の分岐からここまで、コースタイムのほぼ半分の30分ちょっとで到着。
DSC_3390_20170124173851227.jpg

とくに休まず、さらにピッチを上げて下る。
DSC_3391_201701241738532d5.jpg

快適な道だ。
DSC_3392_20170124173824f71.jpg

一部崖もあったが問題なし。
DSC_3393_2017012417382548a.jpg

冬枯れだと青空が見える。
DSC_3394_20170124173827236.jpg
DSC_3396_2017012417383047c.jpg

時刻は15時を回った。
DSC_3395_20170124173828837.jpg

すでに夕方の気配だ。
DSC_3397_20170124173803cfe.jpg

シカ柵を階段で通過するとは珍しい。
DSC_3398_201701241738050d9.jpg

このあたりは横浜市水道局の管理下にある。
DSC_3399_20170124173806c65.jpg

さすがに横浜市はお金があるわ。
DSC_3400_2017012417380810e.jpg

平成13年にこの登山道に沿った森で「道志・森未来植樹祭」なる催しが行われたらしい。
DSC_3401_2017012417380909f.jpg

こんな立派な標柱も立っていた。
DSC_3402_20170124173743a52.jpg

それぞれの地区を担当する区名の標柱もたくさんあった。
DSC_3403_201701241737456dd.jpg

そんな街区を通り抜けていく。
DSC_3404_20170124173746a00.jpg

登山口はもう近いかな。
DSC_3405_20170124173747dbb.jpg

苗木をシカの食害から守っているのだろうか。
DSC_3406_2017012417374988e.jpg

沢を渡る。
DSC_3407_20170124173715d32.jpg

清流だ。
DSC_3408_201701241737168ba.jpg

加入道山の頂上からちょうど1時間で登山口まで下ってきた。
DSC_3411_201701241737217e2.jpg

ここにはいろんな標識が立っていた。
DSC_3409_20170124173718196.jpg
DSC_3410_2017012417371905b.jpg
DSC_3412_20170124173652db5.jpg

駐車場がもうすぐそこ。
DSC_3413_201701241736548e8.jpg

朝も見た道志山塊の稜線もだんだん暮色に変わりつつあった。
DSC_3414_2017012417365524f.jpg
コースタイム上は下山が16時半を過ぎる計算だったが、駐車場には15時半に着いてしまった。
靴を脱いで、ザックを車に放り込み、さっそく道志の湯へ向かう。
ここは下山したらすぐ風呂に入れるからありがたい。

でも行ってみたら「本日休業」の看板。じぇじぇ。
仕方ない。「いやしの湯」にするか、「花椿の湯」にするか。
花椿は高いが、近いので、そこにしよう。

国道に出たところで加入道山がかわいい姿をさらしていた。
DSC_3792_20170124173657dbe.jpg

花椿の湯には10分で到着。
DSC_3793_201701241736588ee.jpg

入浴料は1000円。それなりに混んでいて、浴室内の撮影は厳しかった。
DSC_3794_20170124173633aa1.jpg
内湯のぬる湯と熱い湯、露天風呂にもしっかり入って温まった。

お腹が空いたので飯はここで食べてしまうことにした。
DSC_3797_20170124173636d32.jpg

ヒレカツと豚汁の定食が650円と安かったので、それにしたかったが、もう品切れ。
あとはそばとかカレーとか、あまり食指が動かないものばかりで、困ってしまったが、内容は分からないけど花椿定食が880円とあったので、その食券を自販機で買ってカウンターに渡す。
出来上がって出てきたのは、私の苦手なかき揚げ。それもデカイ。
DSC_3796_20170124173635968.jpg
大失敗!と思ったが、あとの祭り。
小うどんがついてきたので、その汁につけて我慢して、みんな平らげた。
御飯の量も多かったので、満腹になった。

温泉を17:00に出発。
帰りも往路と同じ道で帰る。帰りもまた遅い車の後についてしまったで、のんびりだった。
18:50、無事帰宅。
これで無事、丹沢主脈コンプリートできた。
具体的には、日向薬師から大山、ヤビツ峠、三ノ塔、塔ノ岳、丹沢山、蛭ヶ岳、檜洞丸、犬越路峠、大室山、菰釣山、三国山、篭坂峠まで。9回を費やした。
お疲れ様でした。

【行程】2016年12月30日
登山口駐車場(8:26)~橅の森キャンプ場(9:21)~浦安峠(9:54トイレ10:01)~大界木山(10:32)~モロクボ沢ノ頭手前鞍部(11:01休憩11:13)~モロクボ沢ノ頭(11:18)~畦ヶ丸避難小屋(11:36トイレ・昼食12:04)~畦ヶ丸(12:06)~モロクボ沢ノ頭(12:23)~バン木ノ頭(12:42)~シャガクチ丸(12:56電話13:00)~水晶沢ノ頭(13:33)~白石峠(13:52)~加入道山(14:11撮影・休憩14:23)~道志分岐(14:28)~休憩舎(15:02)~駐車場(15:24)
※所要時間:6時間58分(歩行時間:5時間56分):コースタイム:7時間50分
※登った山:8座(うち新規4座:モロクボ沢ノ頭、バン木の頭、シャガクチ丸、水晶沢ノ頭)
※歩行距離:15.6km

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1187-c47cd3cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (74)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (93)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (39)
南アルプス (99)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (19)
ドライブ (8)
廃線の旅 (8)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR