山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

畦ヶ丸・加入道山(2)

【2016年12月30日(金)】畦ヶ丸・加入道山
浦安峠から大界木山(1246m)に向かってしばらく登ると、富士山が思いがけない方向に見えた。
DSC_3148_201701230736156c7.jpg
もっと後ろの方かと思った。

標高1100mを超えると雪が残っていた。
DSC_3149_201701230736167ae.jpg

さらに進むと、大きく右手にトラバース。
間もなく、隣の尾根に移った。
DSC_3150_201701230736174dc.jpg

その時点で気づいた。
前回、雪の中大界木山に来た時、下りで道を間違えてしまったのだが、ここで右折しなければならなかったんだ。
でも、ここは雪がなくても真っすぐ下ってしまうだろう。
右折箇所の木にテープが巻いてあったが、これが右折せよの印とは、道を知っていない限り気づかない。
DSC_3151_201701230736197fc.jpg
今回はこれを確認する意味もあったので、林道を先に歩くコース取りにしたのだが、謎が解けてよかった。
今回も下りだったら気づかなかっただろう。

富士山も祝福してくれた。
DSC_3152_20170123073620b4a.jpg

間もなくで縦走路に合流。
DSC_3153_20170123073547477.jpg

ここから大界木山までは前回、O君と歩いた道だが、当時は雪で真っ白だったので、全然雰囲気が違う。
DSC_3154_201701230735493f3.jpg

高速から見た丹沢は白く見えたので、軽アイゼンを持って来なかったことを後悔したが、全然雪はなかった。
DSC_3159_201701230735288d0.jpg

右手に見えたのは箱根の裾野。
DSC_3155_20170123073550e1c.jpg

背後には、北岳(3193m)が御正体山(1682m)の肩から覗いていた。
DSC_3156_20170123073551ef2.jpg

その右に恥ずかし気に顔を出しているのは、八ヶ岳の編笠山(2524m)だろうか。
DSC_3157_20170123073553ded.jpg

ちょっと目立つ巨木。
DSC_3158_20170123073526478.jpg

大界木山の一つ手前のピーク。
DSC_3160_20170123073529347.jpg

ここからさらに土嚢の階段を登る。
DSC_3161_20170123073531e31.jpg

ほぼ大界木山の頂上台地に乗った。
DSC_3162_2017012307353262d.jpg

富士山も木々の隙間から微笑んでいる。
DSC_3163_2017012307350487b.jpg

たぶん、このあたりが最も高い地点。
DSC_3165_20170123073507a95.jpg

でも標柱はちょっと下ったところにあった。
DSC_3169_20170123073444275.jpg

前回はここでお昼にしたのだった。
DSC_3167_20170123073510936.jpg

確かO君の山専ボトルデビューだった。
DSC_3168_20170123073442699.jpg

ここに登山者が一人いたのでびっくり。
もう出発するところだったが、どこから来たのかと聞くと、一軒屋避難小屋に昨日泊まったという。
「今日は暖かいですね。朝は寒かったけど」
「ほんとですね」
「今日も菰釣に泊まろうかと思って」
それは随分早く着いてしまうだろうが、人それぞれだし。
「それでは気をつけて」と見送った。
DSC_3166_20170123073508f42.jpg

私は写真だけ撮って、通過。
DSC_3170_201701230734467d6.jpg

ここからしばらくアップダウンが続く。
DSC_3171_20170123073447a61.jpg

箱根の裾野の向こうに相模湾が光っている。
DSC_3172_20170123073449259.jpg

箱根の神山(1438m)。右手前は金時山(1212m)。
DSC_3173_2017012307341758c.jpg

冬枯れの快適な稜線歩きだ。
DSC_3174_20170123073419545.jpg

西丹沢の低山の向こうに箱根の山が展開している。
DSC_3175_20170123073420dbd.jpg

その右手には伊豆半島大瀬崎まで見えた。
DSC_3177_201701230734235a6.jpg

望遠にしてみよう。
DSC_3176_20170123073422781.jpg

大界木山を振り返る。
DSC_3178_20170123073353535.jpg

お昼近いのに木の陰が長く感じる。やはり冬なのだ。
DSC_3179_201701230733547d7.jpg

小さなサルノコシカケ。
DSC_3180_2017012307335611b.jpg

次のピークは標高1180mくらい。
DSC_3181_20170123073357c53.jpg

右前方に畦ヶ丸(1293m)が見えてきた。
DSC_3182_20170123073359b5b.jpg

身動きのとれない丸い岩。
DSC_3183_201701230733297a8.jpg

モロクボ沢ノ頭まであと700m。
DSC_3184_20170123073331c45.jpg

廃止になった野外活動センターが立てたものと思われる道標。
DSC_3186_2017012307333219a.jpg

対して、神奈川県が立てた道標。
DSC_3187_20170123073334ee1.jpg

2つ目のピーク。標高は1144m。
DSC_3188_201701230733354a4.jpg

ちょっとお腹が空いてきたので、ナッツをつまみながら歩く。
DSC_3190_20170123073305cc7.jpg

めずらしくコケの道。
DSC_3191_20170123073306f54.jpg

モロクボ沢ノ頭手前の鞍部をちょうど11時に通過。
DSC_3192_20170123073308818.jpg

目の前の急坂を見て、ちょっと萎えたので休憩することにした。
DSC_3193_20170123073309605.jpg

どっこいしょっと。
DSC_3194_20170123073311ee0.jpg

ホットココアを飲み、バターロールを1個食べる。
DSC_3195_20170123073240a70.jpg

木々を透かして富士山が見えるスポットだった。
DSC_3197_20170123073242b99.jpg

これは今倉山(1470m)。
DSC_3198_201701230732436f7.jpg

10分ほど休んで、ゆるゆると急坂を登る。
DSC_3199_20170123073245c4a.jpg
下を向いて登っていたら、上の方でいきなりバリバリという音がしてびっくり。
登山者が土嚢を踏んだ音だった。
やはり縦走路には人が少しはいるみたいだ。

モロクボ沢ノ頭には11:18に到着。
DSC_3201_201701230732184be.jpg

ここから畦ヶ丸まで往復するかどうか迷っていたが、比較的いいペースなので行ってしまうことにした。
DSC_3200_20170123073246be6.jpg

標高差はここから約100m。
DSC_3203_201701230732212c8.jpg

途中、木々の隙間があいて素晴らしく富士山が見えるスポットがあった。
DSC_3205_20170123073224abf.jpg

今回は基本樹林帯の中なので、ここが富士山の最もよく見える場所だった。
DSC_3204_201701230732238bc.jpg
あちらは相当強い風が吹いているようだ。

お、もう1回チャンスが。
DSC_3208_20170123073146381.jpg

何度見ても素晴らしい。
DSC_3209_201701230731487c6.jpg

なんとクサリ場があった。
DSC_3210_201701230731497a9.jpg

三ツ峠山(1785m)の右にかすかに覗いているのは甲斐駒(2967m)だろう。
DSC_3212_20170123073152e04.jpg

大界木山の右奥に御正体山。
DSC_3214_2017012307312160f.jpg

御正体山の右に白峰三山。
DSC_3216_20170123073122fca.jpg

おお、ここはかなり雪が残っている。
DSC_3217_20170123073124b61.jpg

今倉山?
DSC_3218_20170123073125726.jpg

道志山塊・高丸(1288m)の向こうに、左から飛龍山(2077m)、三ツ山(1949m)、雲取山(2017m)。
DSC_3219_201701230731279bc.jpg

最後の登り。
DSC_3220_20170123073054be7.jpg
DSC_3221_2017012307305639d.jpg

巨岩を過ぎたら
DSC_3222_20170123073057eda.jpg

畦ヶ丸避難小屋にあるピークに到着。
DSC_3223_201701230730590fd.jpg

モロクボ沢ノ頭から20分かからなかった。
DSC_3224_20170123073100acb.jpg

頂上はこの100m先。
DSC_3225_2017012307302350a.jpg
なんか風もなくて暖かい。

ちょっと小屋を見学。
DSC_3226_2017012307302513a.jpg

こたつもある。
DSC_3227_20170123073026875.jpg

中に日が差し込んで暖かい。
DSC_3228_20170123073028758.jpg

また催してきたので、トイレを借用。これはちょうどよかった。
紙はお持ち帰りくださいとのことなので、そうする。
DSC_3230_201701230729597f0.jpg

ついでに、ここでお昼を食べてしまうことにした。
今日は豆腐あんかけラーメンとオムレツおにぎり。
DSC_3784_20170123073002b1f.jpg
DSC_3783_20170123073001731.jpg
さっきバターロールを食べたばかりだったので、あまりお腹が空いていなかったが、室内なので落ち着いて食べることができた。

(つづく)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1184-43a508f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
北海道の山 (185)
東北の山 (62)
上信越の山 (147)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (97)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (53)
南アルプス (101)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (15)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (40)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (34)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR