山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

高松山(4)

【2016年12月24日(土)】高松山
高松山(801m)の頂上でのんびりしている。
DSC_2931_20170121224723a5b.jpg

実に眺めのいいところだ。
DSC_2933_20170121224724eea.jpg

遠く南アルプスの一部も望める。
DSC_2934_20170121224726ed5.jpg

箱根の山々。
DSC_2935_201701212247278b7.jpg

東名の橋梁。
DSC_2936_20170121224729828.jpg

30分ちょっと休んで下山開始。
DSC_2938_20170121224659b12.jpg

尾根伝いに行くとシダンゴ山(758m)に至る。
DSC_2937_20170121224657f94.jpg

まずはなだらかな下り。
DSC_2939_201701212247007cf.jpg

すぐに分岐に出た。
DSC_2940_20170121224701ce6.jpg

ここを直進すれば、はなじょろ道を経てシダンゴ山方面だが
DSC_2942_2017012122463359c.jpg

当方は左折して、ビリ堂方面に下る。
DSC_2941_20170121224703c15.jpg

この先はかなりの急坂。
DSC_2943_201701212246350c2.jpg

200mほどを一気に下る。
DSC_2944_20170121224636e32.jpg

植林の中の道だ。
DSC_2945_20170121224638288.jpg

立派な階段が整備されている。
DSC_2946_20170121224639113.jpg

それがしばらく続く。
DSC_2947_20170121224601851.jpg

スギの美林だが、2月には花粉で真っ赤に染まるのだろう。お~こわ。
DSC_2948_20170121224603da1.jpg

山頂から15分でビリ堂に到着。
DSC_2949_20170121224604803.jpg
ビリ堂とは、ふもとから数えて最後(ビリ)の観音堂があったところという意味で呼ばれるようになったらしい。

お堂はすでに失われているが、文化十年(1813年)と明治11年(1878年)建立の石仏が大木の根元にたたずんでいた。
DSC_2951_20170121224606f9c.jpg

こちらが文化十年の方。わりと面長だ。
DSC_2953_201701212246077df.jpg

明治11年の方にはマムシグサがお供えされていた。あまり、うれしくないかも。
DSC_2954_20170121224532c4e.jpg

ビリ堂全体の雰囲気。
DSC_2955_20170121224534b6b.jpg

この先しばらくは、ほぼ等高線に沿ったトラバース。
DSC_2956_201701212245352a2.jpg

このくらいの傾斜だと、最近なら走るのだが、今回は病み上がりだし自制しておいた。
DSC_2957_20170121224537a12.jpg

左手が開けた。542mピーク。
DSC_2959_2017012122453887a.jpg

ふもとの尺里(ひさり)集落まであと1時間弱。
DSC_2960_20170121224503f93.jpg

いったん林道と交差。
DSC_2961_20170121224505153.jpg

この林道は地形図には表記されていなかった。
DSC_2962_20170121224506d34.jpg

再び登山道(ハイキングコース)へ。
DSC_2963_20170121224508d56.jpg

標高440m地点で鉄塔の下を通過。
DSC_2964_20170121224509326.jpg

えぐれた道を下っていく。
DSC_2965_201701212244360ac.jpg

道はずっと歩きやすい。
DSC_2966_20170121224438e1b.jpg

穏やかな丹沢の低山である。
DSC_2967_2017012122443992b.jpg

切通し状の箇所を通過。
DSC_2968_20170121224441a93.jpg

一面の落ち葉。
DSC_2969_201701212244425fa.jpg

前方が開け、金時山(1212m)のシルエットが見えた。
DSC_2970_20170121224400861.jpg

標高270mの地点で農道に出た。
DSC_2971_20170121224401ba7.jpg

ここで登山道は終了。
DSC_2972_2017012122440310f.jpg

ここまで車で来ても停めることはできない。
DSC_2973_20170121224405213.jpg

東名高速と大島というめずらしいコンビネーション。
DSC_2974_20170121224406606.jpg

290m地点あたりにある鉄塔。
DSC_2975_201701212243322c4.jpg

正面に丸山(252m)。まさに名前の通りの形だ。
DSC_2976_2017012122433408e.jpg

今日のルートはススキが多かった気がする。
DSC_2977_2017012122433570d.jpg

相模湾を望む。
DSC_2978_2017012122433618b.jpg

再び542mピーク。
DSC_2981_2017012122425909d.jpg

眼下に尺里の集落が見えてきた。
DSC_2980_20170121224338989.jpg

尺里に下るショートカットコースの登山道は工事のため通行止め。
DSC_2982_20170121224301235.jpg

黄色い線を下る予定だったが、赤い破線を歩かなければならない。
DSC_2983_2017012122430271d.jpg

土曜日だから工事は休みかもしれないが、ここは素直に従う。
DSC_2984_20170121224304e88.jpg

随分遠回りになったが、これはこれで景色がいいのでありがたいくらいだった。
DSC_2985_2017012122430562c.jpg

この辺もみかん畑である。
DSC_2986_20170121224219959.jpg

なかなかのどかな風景だ。
DSC_2987_201701212242211af.jpg

実際にみかんがなっている。
DSC_2988_20170121224223ac2.jpg

美味しそう。
DSC_2989_201701212242246bf.jpg
DSC_2991_201701212242252b6.jpg

尺里川
DSC_2992_2017012122413963c.jpg

みかん運搬用モノレール。一度は乗ってみたい。
DSC_2993_2017012122414015b.jpg

用水路の竣工記念碑。
DSC_2995_201701212241421e7.jpg

尺里峠へ通じる道とぶつかった三叉路に石仏が安置されていた。
DSC_2997_2017012122414584f.jpg

たぶんビリ堂にあったのと同じ時期のものだろう。
DSC_2998_20170121224055d8f.jpg

それにしても、これはどの道のことを言っていますか?
DSC_2996_20170121224143ada.jpg

私が写り込んでしまった。
DSC_2999_20170121224057cb6.jpg

尺里集落の風景。
DSC_3000_20170121224058eac.jpg

尺里川に沿って歩く。
DSC_3001_20170121224059fdf.jpg

小さな砂防ダム。山村らしい風景だ。
DSC_3002_201701212241015d5.jpg

路傍に夫婦和合の道祖神。
DSC_3003_2017012122394699e.jpg

この鉄橋(安洞橋)はどこかの線路から移設してきたものだろうか。
DSC_3004_20170121223948009.jpg

ちょっとおおげさで、かなり違和感がある。
DSC_3005_201701212239502a4.jpg

調べてみると、小田原市内の酒匂川に架っていた飯泉橋(国道255号、昭和2年竣工)を昭和40年に移設したものだそうだ。
DSC_3006_2017012122395144d.jpg
予感が当たってうれしかった。

(つづく)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1181-9223abc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (91)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (21)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR