山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

高松山(1)

【2016年12月24日(土)】高松山
珍しいことに体調を崩してしまった。
月曜日(19日)から喉の調子が悪い。風邪の引き始めかと思って、葛根湯を飲んでいたのだが、20日の夜中、急に吐き気で目が覚めた。
それほど強くもないので、しばらく我慢していたら、背中が熱くなって、汗が出てきた。
これは食中毒だと思い、トイレに駆け込む。
出したらかなり楽になったので、布団に戻り、朝まで寝ることができたのだが、起きてみると熱っぽい。しかも、便は完全な水状態。
会社はとりあえず遅刻することにして、しばらく様子を見ていたら、微熱のままなので出勤することにした。
お昼頃に会社に着いて、仕事を始めたものの、かなりだるい。
仕事の合間に職場の診療所に行ったところ、喉はそれほど赤くもなく、熱も37度なので、そちらは様子見で、整腸剤だけ処方してくれた。
幸い、インフルエンザでもノロでもなかった。
でも、体調はまったくよくないので早めに退社。
翌日は代休をもらうことにした。ここ3週連続して土曜日は出ていたし。

翌22日(木)は家で1日大人しくしていたら、熱も下がり、喉の痛みも治まった。
代わりに咳が出てきたが、体は元気。
明日にでも山に行けそうな気分になってきたが、調子に乗らずに、せっかくの休み(天皇誕生日)だし、もう1日静養することにした。
便もこの日はちゃんとしたのが出て、お腹ももとに戻った。
天気が良かったので、ちょっともったいなかったが、その分、集中して年賀状を書けたので、よしとしよう。

さて、24日(土)、満を持して決行。
奥多摩の懸案コースに行きたかったが、病み上がりでもあるし、天気もいいから眺望のよさそうな丹沢の高松山(801m)に決めた。
山のきれいな空気を吸えば、咳も治まるだろう。
朝5:20に起床。6:10に家を出発した。
いつも通り新所沢駅前のコンビニで朝食と昼食を調達し、6:31発の電車に乗り込む。
車内で朝食のパンを食べて、西武新宿駅から小田急新宿駅へ移動。
わざわざ思い出横丁を経由する。
DSC_3729_201701200631037ad.jpg

18日に伊豆に行った時と同様、7:30発のロマンスカーはこね83号に乗車。
DSC_3732_201701200630282f6.jpg
DSC_3730_20170120063104725.jpg

車窓から、真っ白な富士山がよく見えた。
DSC_3736_20170120063030acd.jpg
今日は先週の玄岳の時みたいに隠れたりはしないだろう。

大山(1252m)もくっきり。
DSC_3738_20170120063031586.jpg

8:33新松田着。
DSC_3739_20170120063033530.jpg

はこね83号を見送る。
DSC_3740_20170120063034cee.jpg

跨線橋の窓にこんな案内が。
DSC_3742_201701200630085df.jpg

確かに、今回は完璧に見えた。左の突起は矢倉岳(870m)。
DSC_3741_20170120063005479.jpg

視野を広げると、中央に金時山(1212m)、左に明神ヶ岳(1169m)も展開した。
DSC_3743_201701200630092c1.jpg

車内ではダウンを着ていたが、わりと穏やかな陽気なのでウインドシェルに着替えた。
DSC_2709_201701200635122aa.jpg

しばらく舗装道路歩きなので、ストレッチは後回しにして、そのまま歩き出す。
(結局、ストレッチするのを忘れてしまった)
DSC_2710_20170120063514d9d.jpg

駅からちょっと離れた場所に昔ながらの旅館があった。
DSC_2711_20170120063516c4b.jpg

一応、咳で迷惑をかけてはいけないので、車内ではマスクをしていたのだが、県道の交通量が多いので、排ガス防止のため、しばらく付けたままにしておいた。
DSC_2712_20170120063517e2f.jpg

路傍の秋葉大権現。
DSC_2713_201701200635188e3.jpg

その隣に道祖神。
DSC_2714_20170120063447204.jpg

松田町のマンホールは町無形重要文化財の松田大名行列がモチーフ。
DSC_2715_2017012006344968d.jpg
舗装道路なのでついつい速足になってしまうが、病み上がりなので、バテてしまわないよう努めてゆっくり歩いた。

右手、山の上に見えるのは、松田山ハーブガーデン。
DSC_2716_2017012006345099f.jpg

早くもツバキが咲いている。
DSC_2717_20170120063451162.jpg

柑橘類もたわわだ。
DSC_2718_20170120063453ab4.jpg

富士山が実に見事である。心が洗われるし、やはりこれを見ないと始まらない。
DSC_2719_20170120063424cef.jpg

左は矢倉岳。
DSC_2720_20170120063426302.jpg

ここには5年前に登った。
DSC_2721_20170120063427bc2.jpg

「松田庶子」の地名は、今尾恵介著『日本の地名遺産「難読・おもしろ・謎解き」探訪記51』(講談社+α新書)を読んで知っていた。
DSC_2722_20170120063429f47.jpg
となりには「松田惣領」がありセットになっているのが、また面白い。
由来については、松田町教委編『まつだの地名』が、明治初期に書かかれた『皇国地誌』の一文を引用しているそうだ。
要するに、鎌倉時代に松田郷の領主だった松田次郎有常に二子があり、太郎(惣領)と次郎(庶子)に分家して領地も分け与えたことにちなむらしい。

四国西国秩父坂東の供養塔。すべての札所を回った人がこの近くにいたのだろうか。
DSC_2723_20170120063430175.jpg

旧道が国道246号の下をくぐる。
DSC_2724_20170120063402ecd.jpg

松田城に関心がないわけではないが、今回はパス。
DSC_2725_201701200634036b3.jpg

庶子のバス停手前を右折。
DSC_2726_201701200634051a5.jpg

東名高速に向かって坂を登る。
DSC_2727_20170120063406fe6.jpg

高速を陸橋で渡る。城山橋だそうだ。
DSC_2728_20170120063408487.jpg

ここからも富士山。フェンスがなければもっといい写真になるのだが。
DSC_2729_20170120063335c06.jpg

松田城址は何度も言うがパス。
DSC_2730_201701200633374e8.jpg

高速の側道をしばらく歩く。
DSC_2731_20170120063338112.jpg

冬にも花が咲くんだなあ。
DSC_2732_20170120063339466.jpg

間もなく右折。最明寺史跡公園に向かう。
DSC_2733_20170120063342878.jpg

いきなり急な坂だ。
DSC_2734_2017012006331067b.jpg

これは、みかん運搬用のケーブルと思われる。
DSC_2735_201701200633113b4.jpg

向こうの斜面につながっていた。
DSC_2736_2017012006331373a.jpg

みかん畑の中を登っていく。
DSC_2738_201701200633147eb.jpg

かなりの急勾配なので、ここでもゆっくり歩くことを心掛けた。
DSC_2739_20170120063316af3.jpg
すぐに温まってきたので、ウインドシェルも脱いでしまった。

シカ防止だろうか。
DSC_2740_20170120063244d81.jpg

みかん、おいしそう。
DSC_2741_20170120063245bea.jpg

おお明神ヶ岳。
DSC_2742_201701200632473af.jpg

金時山も強く主張してきた。
DSC_2743_20170120063248a6c.jpg

箱根外輪山の裾野と南足柄市街。
DSC_2744_201701200632498b7.jpg

つなげてみると、こうなる。
DSC_2745_20170120063218e86.jpg

あたりにはみかん畑が広がる。
DSC_2746_201701200632209c5.jpg

うお~これはすごい。酒匂川の向こうに伊豆大島が浮かぶ。
DSC_2747_20170120063221e9c.jpg

利島も見えるではないか。
DSC_2748_20170120063223f29.jpg

よく見ると、小田原城も確認できた。
DSC_2749_20170120063224ee4.jpg

たぶん曽我丘陵方面。
DSC_2750_2017012006315490e.jpg

眼下にみかん畑。
DSC_2751_201701200631564b1.jpg

再び樹林帯。
DSC_2753_2017012006315985e.jpg

ここは「物言い坂」というらしい。
DSC_2752_20170120063157f90.jpg
この先500mはかつて今以上の急坂で荷を運んでいた子馬がなかなか登れなかったのを、母馬が何か言い聞かせるようにして登ったという話が伝わっているそうだ。

今度は左手が開け、金時山(左)と矢倉岳(右)。
DSC_2754_201701200632002ec.jpg

廃屋?
DSC_2755_20170120063126786.jpg

こんな山奥にも、よく手入れされた茶畑があった。
DSC_2756_20170120063127d62.jpg

道端に小さな祠が。
DSC_2758_20170120063130562.jpg

扉を開けて、参拝させてもらった。
DSC_2757_201701200631293b0.jpg

富士山はちょっとお休み。
DSC_2759_20170120063132a23.jpg

西平畑公園との分岐に着いた。
DSC_2760_201701200630589e1.jpg

ここが最明寺史跡公園の入口である。
DSC_2761_2017012006310013a.jpg

結局、舗装道路のまま最明寺史跡公園に着いてしまった。
庶子バス停から約1時間かかった。
管理棟みたいな建物がある。
DSC_2762_20170120063101bee.jpg
そこに休憩所みたいなものがあったが、とくに休まず、公園散策を始めた。

(つづく)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1178-3fd145f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (123)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR