山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

2016陣馬山(下)

【2016年11月20日(日)】陣馬山
陣馬山(855m)の山頂から1時間ほどで旅館姫谷まで下りてきた。
CIMG8814_20170113064043f03.jpg

陣馬の湯には「姫谷」「陣渓園」「陣谷温泉」の3軒あるが、一番奥にあるここで入ってしまうことにする。
ここは浴室が一つしかないらしく、先客女性2人いるので、しばらく待ってほしいとのこと。
CIMG8815_20170113064045d27.jpg

待ち時間を利用して、ちょっと館内を探索。
「嬢ヶ塚」の由来を記した額が掲げてあったが、肝心の嬢ヶ塚がどこにあるのかは分からなかった。
DSC_3335_20170113063626e75.jpg

武田氏が滅亡した際、勝頼の妹松姫は大菩薩山中を敗走したが、その侍女が松姫を装って、敵を引き付け、数日後この地で息を引き取ったという。
それを憐れんだ村人たちが、小石を積んで、侍女を弔ったとのこと。
DSC_3349_201701130635336fc.jpg

何十分も待たされたら困るなあと思ったが、10分くらいで入れることになった。
DSC_3336_20170113063556759.jpg
Y君は彼女たちに「あら、一緒に入ろうと思ったのに~」と声をかけていた。
中学か高校の娘と母親の親子連れだったらしく、母親の方は笑顔でかわしていたが、娘の方は、何を言われたのか分からないような顔をしていた。
そりゃそうだろう。まだ、酔いがさめていないのか。

いろいろ効能はあります。
DSC_3337_201701130635585ff.jpg

内風呂はあったが、貸し切り状態なので露天へ。
DSC_3338_201701130635594fc.jpg

背後に滝なんぞがあって、なかなか風情がある。
DSC_3344_201701130635315ac.jpg

露天風呂はそんなに広くなかったが、5人で一緒に入った。
DSC_3341_20170113063601159.jpg

すこしぬるめだったので、景色を楽しみ、バカ話をしながら、しばらく浸かっていた。
DSC_3350_20170113063534572.jpg

Y君が「ここはいいなあ。女の子とお忍びで来たい。相手はいないけど」と口走ったのがきっかけで、大いに盛り上がった。
DSC_3343_2017011306353000e.jpg

男ばかりというのも意外に楽しいものだった。
DSC_3342_201701130636023f5.jpg

頭と体をささっと洗って、部屋に戻り、バスの時刻を確認したら、あら大変。
現在15:30なのに、バスの時間は15:49.
バス停まで歩いて30分かかるので、もう全然間に合わない。
次は17時台しかないので、そうなると駅まで歩くしかない。
女将に聞くと、駅までは4kmあって1時間かかるそうだ。

まあ仕方ない。みんなには謝って歩いてもらうことにする。
DSC_3351_20170113063536d4c.jpg

みんな「これから1時間も歩くのかあ」とぼやいていたが、実際に歩き始めると楽しそうだった。
CIMG8816_20170113064046e40.jpg

これは前回、陣馬山を登った時に入った陣渓園。
CIMG8818_20170113064048caa.jpg

栃谷のはずれにある民家。
CIMG8819_201701130640200a5.jpg

イタドリ沢ノ頭への登山口を通過。
CIMG8820_20170113064021ec8.jpg

陣谷温泉はまだ入ったことがない。
CIMG8821_20170113064023abc.jpg

これは陣渓園の看板。
CIMG8822_20170113064024fa0.jpg

姫谷の看板。皆さん、宣伝に力が入っている。
CIMG8823_2017011306402669c.jpg

このあたりは柚子の里でもある。
CIMG8824_20170113063958ea8.jpg

栃谷柚子生産組合の販売所まであった。
CIMG8825_2017011306400053c.jpg

県立陣馬相模湖自然公園の標識。昭和っぽい。
CIMG8826_2017011306400187d.jpg

奥に祠がありそうだが、通過。
CIMG8827.jpg

斜面の上に見えたので、それでよしとしよう。
CIMG8828_2017011306400411d.jpg

左手に砂防ダム。落ち葉で埋まっている。
CIMG8829_20170113063857a8e.jpg

落合の陣馬山登山口まで下ってきた。
CIMG8830_20170113063859f09.jpg

落合の集落。
CIMG8831_20170113063900d90.jpg

登山口の石碑。藤野側からはここがメインの登山口になる。
CIMG8832_201701130639018b6.jpg

こちらこそ、ありがとうございました。
CIMG8833_201701130639031b2.jpg

路傍の無人販売所で売られていたのは里芋かな。
CIMG8834_20170113063801dd6.jpg

当然、バスは来ないので、バス停も通過。駅まであと30分歩く。
CIMG8835_20170113063803883.jpg

ナンテンの真っ赤な実がなっていた。
CIMG8836_20170113063804461.jpg

落合の隣の集落、中里は「つつじの里」だそうだ。でも、もうつつじの季節ではない。
CIMG8837_20170113063805765.jpg

風呂のあとに1時間も歩くことになるとは。涼しい時期になっていてよかった。
CIMG8838_20170113063807651.jpg

左手は沢井川。
CIMG8839_20170113063737b41.jpg

「大日野原農業団地」は何を栽培しているのだろう。
CIMG8840.jpg

ちょっとしゃれた砂防ダムが造られていた。
CIMG8841_20170113063740a64.jpg

燃料全般、坂下商店。ちょっとレトロな店なのでパチリ。
CIMG8842_20170113063742dc1.jpg

コダチダリアは始めて見た。
CIMG8843_20170113063743b83.jpg

沢井川屈曲点。
CIMG8844_2017011306364439e.jpg

右手に御嶽神社。
CIMG8845_20170113063646fc7.jpg

あと1kmちょっと。
CIMG8846_20170113063647602.jpg

柚子は売り切れ。
CIMG8847_20170113063649622.jpg

福王子集落の石仏群。
CIMG8848_20170113063650456.jpg

レター風の珍しい観光案内板。
CIMG8849_20170113063620933.jpg

ゴルフのときはいつもカートに乗るというY君が一番足が速く、他のハイカーも抜かしてどんどん先に行ってしまう。
追いつくのに必死で、せっかく風呂に入ったのに、峠の澤井隧道に着いた時にはすっかり汗をかいていた。
CIMG8850_20170113063622f00.jpg

このトンネルは交互通行。
CIMG8851_201701130636237e4.jpg

16:30前、予定していた駅前の山麓酒場「風里」に到着。
DSC_3352_201701130635041c7.jpg
CIMG8852_20170113063624d11.jpg

奥の座敷に入って、まずは乾杯。
DSC_3354_20170113063507d2d.jpg

みんな、「腹減った~」「肉食いて~」と叫びつつ、どんどん注文していた。
DSC_3353_20170113063505e76.jpg

餃子、豚キムチ、肉野菜炒め、手づくりコロッケ、子持ちししゃも、ハンバーグなどなど。
みんなよく食えるなあとびっくり。
DSC_3355_20170113063508368.jpg

山頂でもそうだったが、ここでも焼酎のボトルを入れてしまうほどの上客だった。
DSC_3356_2017011306351009c.jpg
それにしても、ここの店員の女の子はみんな若くてかわいく、Y君は大喜び。
「キミは地元の子?」とか声をかけて、銀座のバーと同じようなことをしていた。
最後には調子に乗って、「おれたちみんな同じ年なんだけど、いくつに見える?」と質問。
「50代ですか」といきなり、当てられてしまった。
とくに若く見えるわけでもなく、年寄りに見えるわけでもないということか。
車で来ているO君だけ、飲めなかったのがちょっとかわいそうだった。

18時すぎにお開きにして、18:25の電車に乗る。
座れなかったので、立川行きの電車だったが、手前の高尾で乗り換えた。
八王子でY君、立川でM君、国分寺で私が下りて解散。
自宅にはちょうど20時に着いた。
いやあ、6年近く山歩きをしているが、日帰りなのに山頂であんなに飲んだのは初めて。
意外に、ああいうのも楽しいものだ。
でも、山は危険なので、あまり酔っ払わないようにしなくては。

【行程】2016年11月20日
上沢井バス停(9:32)~栃谷分岐(9:54休憩9:57)~一ノ尾テラス(10:21休憩10:32)~陣馬山(11:17宴会13:13)~奈良子峠(13:43)~林道交差点(14:10)~陣馬の湯「姫谷」(14:23入浴・休憩15:34)~陣馬登山口(16:03)~藤野駅(16:28)
※所要時間:6時間56分(歩行時間:3時間35分)コースタイム:3時間55分
※登った山:2座(陣馬山、南郷頂:新規なし)
※歩行距離:11.9km
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1165-76e1b786
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
北海道の山 (185)
東北の山 (62)
上信越の山 (147)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (97)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (53)
南アルプス (101)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (15)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (32)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR