山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

恵那山(8)

【2016年11月13日(日)】恵那山・富士見台
富士見台(1739m)から神坂山(1684m)に向かっている。
DSC_1776_20170110205151c29.jpg

県境の稜線。
DSC_1777_20170110205152dde.jpg

以前ここは牧場だったが、その柵の跡だろうか。
DSC_1778_201701102051542f2.jpg

うっすらガスをまとっている富士見台。
DSC_1779_201701102051557d0.jpg

トドマツだろうか。
DSC_1780_2017011020515881a.jpg

神坂山への最後の登り。
DSC_1781_20170110205127625.jpg

左手に荒川三山(3141m)と赤石岳(3210m)。
DSC_1782_201701102051288c8.jpg

さて、神坂山への登りに取り掛かろう。
DSC_1783_201701102051318a9.jpg

県境東側(長野県側)の山腹に廃道となった巻き道の痕跡が確認できた。
DSC_1785_20170110205131340.jpg

鞍部から萬岳荘に直接下る道があるみたいだ。ありがたい。
DSC_1786_20170110205133071.jpg

登る前に振り返り。
DSC_1787_2017011020510474f.jpg

県境の稜線。
DSC_1792_20170110205043793.jpg

南木曽岳(1679m)の向こうに乗鞍岳(3026m)がうっすら見える。
DSC_1789_20170110205108b6f.jpg

神坂峠手前の小ピーク。
DSC_1790_20170110205109591.jpg

結局、このガスは大したことなさそうだ。
DSC_1793_20170110205044172.jpg

それより南の方が勢力が大きい。
DSC_1794_2017011020504645a.jpg

富士見台のピークが再び見えてきた。
DSC_1795_20170110205047d85.jpg

でも、ちょっとガスが邪魔をしている。
DSC_1796_20170110205049800.jpg

と思ったら、すぐ消えてしまった。
DSC_1797_201701102050215cb.jpg

この通りすっきり。
DSC_1798_201701102050224d2.jpg

富士見台から30分で神坂山の頂上に到着。
DSC_1799_20170110205024f70.jpg

この大きな岩は「岩田石」というようだ。
DSC_1805_201701102049581f9.jpg

この文字が昭和5年10月に彫られている。
DSC_1806_20170110204959171.jpg

山頂標識は手作りだが、ちょっとくたびれている。
DSC_1816_2017011020491283c.jpg

南の空に羊のような雲が浮かんでいた。
DSC_1801_20170110205025d2f.jpg

ここは三等三角点。
DSC_1802_2017011020502793f.jpg

神坂山山頂からの中央アルプス。
DSC_1807_20170110205001e08.jpg

御嶽山(3067m)、乗鞍岳、南木曽岳。
DSC_1808_201701102050032ce.jpg

御嶽山の裾野は長い。
DSC_1809_201701102050044af.jpg

南木曽岳の背後に見えるのは穂高連峰。
DSC_1810_20170110204934bec.jpg

岩田石と富士見台山頂。
DSC_1811_20170110204936916.jpg

神坂山山頂からの富士見台。
DSC_1818_20170110204915c20.jpg

南アルプス最南部。
DSC_1813_20170110204939e65.jpg

さて下山しましょう。中央は萬岳荘から富士見台への遊歩道。
DSC_1819_201701102049170bc.jpg

ジグザグ登っている。
DSC_1820_201701102048468f0.jpg

富士見台高原の全容。
DSC_1821_201701102048471b2.jpg

御嶽山からの噴煙は確認できない。
DSC_1822_20170110204849834.jpg

雲のないすっきりした富士見台。
DSC_1823_201701102048507b3.jpg

南にはまだ若干残っている。
DSC_1824_20170110204853489.jpg

神坂山の西斜面。ササの禿げた部分。
DSC_1825_201701102048234e8.jpg

鞍部にデポしたザックを回収。
DSC_1826_2017011020482451a.jpg

乗鞍岳。
DSC_1827_201701102048259f5.jpg

恵那山は相変わらずの雲。
DSC_1828_2017011020482791b.jpg

鞍部を左折して、萬岳荘に向かう。
DSC_1829_20170110204829b3e.jpg

わりと道はしっかりしている。
DSC_1830_2017011020475841d.jpg

萬岳荘まで一気に100m下る。
DSC_1831_20170110204801e32.jpg

なぜ、これらの道を「山と高原地図」は表記しないのだろう。
DSC_1832_201701102048011ff.jpg

樹林帯に突入。
DSC_1833_20170110204803d94.jpg

急坂だ。
DSC_1834_20170110204805920.jpg

廃屋発見。
DSC_1835_2017011020473532c.jpg

風呂桶らしきものがあるが、湯屋だったのか。
DSC_1836_201701102047353cd.jpg

さらに下る。
DSC_1837_20170110204737ea0.jpg

すると、萬岳荘が見えてきた。
DSC_1838_20170110204739bdd.jpg

園原からのハイキングコースに合流。
DSC_1839_20170110204739164.jpg

富士見台ハイキングコースの案内板。
DSC_1840_2017011020470882d.jpg

萬岳荘は営業していなかったが、テラスが開放されていたので、そこで昼食にする。
DSC_1841_20170110204709710.jpg

本日のランチは久しぶりに素インスタントラーメン。美味しかった。
DSC_3395_20170110210116243.jpg

食べ終わって、正午前。
DSC_1842_201701102047118ee.jpg

ヘブンス展望台からここまでシャトルバスが出ているようだ。
DSC_1843_20170110204712a8c.jpg
片道400円。富士見台ハイキングには便利だろう。

ここもわりと景色がいい。
DSC_1844_201701102047141a1.jpg

トイレを済ませて出発。
DSC_1845_2017011020464402c.jpg

ここから富士見台までは1.1kmだそうだ。
DSC_1846_201701102046464b9.jpg

萬岳荘の水場。補給はせず、一口だけいただいた。
DSC_1848_2017011020464700f.jpg

では、さらば萬岳荘。
DSC_1849_20170110204649116.jpg

神坂峠まで車道を通って戻る。ここから600m。
DSC_1851_2017011020465068c.jpg

なかなか恰好いい建物だ。
DSC_1852_201701102046217b2.jpg

ここの駐車場には車は7台だけ。やはりバス利用者が多い印象だ。
DSC_1853_20170110204622de9.jpg

そのシャトルバスがこちらに向かっている。
DSC_1854_2017011020462403a.jpg

神坂峠遺跡の入口。ちょうどこれで富士見台を一周したことになる。
DSC_1855_20170110204625b19.jpg

神坂峠に到着。
DSC_1856_20170110204627178.jpg

峠から赤石岳と聖岳が展望できた。
DSC_1857_2017011020455577c.jpg

ここから林道を登っていく。
DSC_1859_201701102045579a7.jpg

林道部分は伐採されているだけに景色がいい。
DSC_1860_20170110204558739.jpg

たった今登ってきた神坂山。
DSC_1864_20170110204601e7b.jpg

富士見台。
DSC_1863_20170110204559d25.jpg

南アルプス最南部。
DSC_1866_20170110204534f60.jpg

そのさらに南。標高がどんどん低くなるのが分かる。
DSC_1867_20170110204535916.jpg

カラマツ林にササ原を抜けていく。
DSC_1868_20170110204536c54.jpg
DSC_1869_20170110204538ffa.jpg

ここのカラマツは赤っぽい。
DSC_1870_201701102045076aa.jpg

山火事注意。
DSC_1871_201701102045096c2.jpg

パノラマコース頂上への登り口。
DSC_1872_2017011020451086e.jpg

帽子の忘れ物。
DSC_1873_20170110204512005.jpg

ヘブンス山頂まで1.8kmか。
DSC_1874_20170110204513055.jpg

何度も見ている中央アルプス。
DSC_1875_20170110204445498.jpg

このあたりは「レクリエーションの森」に指定されているとのこと。
DSC_1876_20170110204447249.jpg

富士見台風致探勝林ともいうそうだ。
DSC_1878_201701102044482b7.jpg

(つづく)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1160-424b4d41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (82)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (21)
ドライブ (8)
廃線の旅 (8)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR