山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

恵那山(1)

【2016年11月12日(土)】恵那山
この週末は日本百名山、恵那山(2191m)に登る。68座目となる。
自宅を5:30に出発。まだ真っ暗で星空だ。
例によって、コンビニとスタンドに寄る。
入間ICあたりで、やっと薄明るくなってきた。圏央道から、冠雪した富士山がきれいに見えた。
八王子JCTから小仏トンネルまで、こんな時間にめずらしく渋滞。
トンネルを抜けると霧が立ち込めていた。朝霧だろう。
やはり、霧はだんだん晴れてきて、談合坂あたりで正面に扇山(1138m)が見えた。
DSC_3359_20170107231311ec4.jpg

ただ、大月あたりはまたガスで、富士山は見えなかった。
笹子トンネルを抜けても、まだ曇っている。
時刻は7時過ぎ、早起きしたせいで眠くなってきたが、釈迦堂SAは通過し、境川PAで仮眠を取ることにした。
でも、トラックのエンジン音がうるさくて結局眠れない。
トイレ(大)を済ませて、目を覚ます。

ここから雪をかぶった白峰三山が見えた。
DSC_3360_20170107231313ecd.jpg

この先は八ヶ岳、甲斐駒もくっきり見える快適なドライブ。
DSC_3363_2017010723131487a.jpg
ミラーに一瞬、富士山が映ったりした。
諏訪あたりで再び曇り。でも、心配はしていない。

さすがに眠くなってきたので、8:15、辰野PAで停車。20分ほど仮眠をとった。
DSC_3364_20170107231316360.jpg
この先は中央アルプスや雪がついた宝剣岳(2931m)などを見ながら南下。
飯田山本ICで下りて、昼神温泉方向に向かった。
改めて見ると、ここはかなり大きな温泉街だ。

さらに園原IC方面に入り、まわりの山の紅葉にうっとり。
DSC_3365_20170107231317a9d.jpg

さらに山道を進むと、右手に恵那山トンネル下線完成記念碑。
DSC_3366_201701072327437c3.jpg
そのまま登って行ったら、前を行く車に追いついた。
この先に行くということは、あちらも目的は恵那山だろう。

9:50、登山口の駐車場に到着。駐車場はもう車でいっぱいだった。
DSC_1094_20170107231850d18.jpg

ストレッチをして10時ちょうどに出発。
すぐそこに沢水が流れていたが、「飲用には適していません」とわざわざ看板が立っていた。
DSC_1095_20170107231852a0f.jpg

奥の駐車場まで含めると、車は全部で50台くらいだろうか。
DSC_1096_20170107231853812.jpg
1台平均2人として、今日は100人、恵那山に登っている計算になる。

ゲート前にトイレがあったが、さっき車の後ろで済ませてしまったので使用せずに通過。
DSC_1097_20170107231855feb.jpg

この先の林道は一般車両通行止め。歩行者のみ入れる。
DSC_1098_20170107231857742.jpg

林道の路面はカラマツの落ち葉で真っ黄色。
DSC_1099_20170107231828ca7.jpg

ここ阿智村には7つの山があるようだ。
DSC_1100_201701072318315a7.jpg
残る6座はどこなのだろう。

秋らしい陽気の中、ゆっくりと林道を歩く。
DSC_1101_20170107231831494.jpg

でも、山の紅葉はもう終わりかけ。
DSC_1102_201701072318330a1.jpg
DSC_1103_20170107231834235.jpg

ただ、カラマツは最盛期だ。
DSC_1104_20170107231807610.jpg

やはり紅葉は青空に映える。
DSC_1105_20170107231809883.jpg
DSC_1106_20170107231810465.jpg

ここは阿智国有林。
DSC_1107_201701072318129aa.jpg
DSC_1110_20170107231745368.jpg

林道はずっと舗装されている。
DSC_1109_201701072318137c2.jpg
DSC_1115_20170107231751fa4.jpg

左手を流れるのは本谷川。
DSC_1112_20170107231747387.jpg

右手からは崖が迫る。
DSC_1113_20170107231748a47.jpg
DSC_1114_201701072317500a3.jpg

ダケカンバはもうすっかり葉を落としていた。
DSC_1116_20170107231723156.jpg

砂防ダムが見えてきた。本谷川広河原砂防ダムである。
DSC_1117_201701072317257e9.jpg

ダムの上流は、その名の通り広い河原になっている。
DSC_1119_201701072317261ee.jpg

古いコンクリートの橋を渡る。
DSC_1120_201701072317282b4.jpg

今度はトンネルだ。
DSC_1121_2017010723172975f.jpg

銘板は大部分が剥がれてしまっているが、「本谷隧道」であろう。
DSC_1123_201701072317006da.jpg

トンネルの中から望む恵那山の稜線。
DSC_1124_20170107231702abf.jpg

通過しました。
DSC_1125_20170107231703af9.jpg

本谷川はだんだん渓流の様相を呈してきた。
DSC_1126_201701072317053e6.jpg

その直後に、登山口に到着。
DSC_1127_20170107231706306.jpg

駐車場からちょうど30分かかった。
DSC_1128_20170107231637794.jpg

この水たまりで調理用の水を調達。
DSC_1129_20170107231638604.jpg

まずは丸太の階段で河岸に下りる。
DSC_1132_20170107231640adb.jpg

そして丸木橋で本谷川を渡る。
DSC_1133_20170107231642727.jpg

水はとてもきれいだ。
DSC_1134_201701072316439d1.jpg

渡渉を終えて、振り返る。
DSC_1135_201701072316142cc.jpg

ここから先は本格的な登山道。
DSC_1136_2017010723161635d.jpg

ジグザグに急坂を登っていく。
DSC_1137_20170107231617702.jpg

左手には、さっき歩いてきた林道が、もうあんなに低い。
DSC_1138_2017010723161961a.jpg

かわいい道標が置いてあった。
DSC_1139_20170107231620180.jpg

本谷川の対岸の風景。
DSC_1140_20170107231552d65.jpg

だんだん足場が悪くなってきた。
DSC_1141_2017010723155436c.jpg

頂上まで広河原の登山口から3.1km。
その10分の1の300m歩いてきたところが1合目。
DSC_1143_20170107231555ff8.jpg
その300mに15分もかかっている。

ササの林床をぐいぐい登る。
DSC_1144_20170107231557ce5.jpg
DSC_1145_20170107231558067.jpg

さすが百名山だけあって、整備は行き届いている。
DSC_1146_20170107231529da8.jpg
DSC_1147_20170107231531ae4.jpg

2合目までは18分かかった。
DSC_1149_20170107231532996.jpg

なかなかしんどい。
DSC_1150_20170107231534e52.jpg

木々を透かして稜線が見えるが、どこの山だかは不明。
DSC_1152_2017010723153522f.jpg
DSC_1153_20170107231506786.jpg

かわいいピークだが名前は付いていないだろう。
DSC_1154_20170107231508893.jpg

初めて見えた南アルプス。
DSC_1155_20170107231509aad.jpg
この時点ではどの山か特定できなかったが、後に塩見岳(3052m)だったことが判明。

これも最初は分からなかったが、荒川三山(3141m)だった。
DSC_1156_2017010723151121a.jpg

北面には中央アルプスも姿を現した。
DSC_1157_20170107231512869.jpg

カラマツはすっと延びている。
DSC_1158_20170107231442f35.jpg

う~ん、まぶしい。
DSC_1159_201701072314448fe.jpg

3合目までは20分かかった。
DSC_1160_201701072314459aa.jpg

空も青いね~
DSC_1161_20170107231447d2c.jpg
DSC_1162_201701072314485ca.jpg

4合目には14分。
DSC_1164_20170107231419d8f.jpg

ここで傾斜が一段落し、座るのにちょうどいい木の根があったので、お昼にする。
DSC_1167_201701072314248c8.jpg

メニューはご覧の通り、おにぎり2個にゆで卵。
DSC_1165_20170107231421f8b.jpg

ご家族が追いついてきたので、若干会話を交わした。
DSC_1166_201701072314223aa.jpg

20分ほどの休憩で出発。
DSC_1168_20170107231425ebd.jpg

この先は、しばらく緩斜面だ。
DSC_1169_20170107231356b28.jpg

お、あれは恵那山本体だろうか。
DSC_1170_201701072313581ed.jpg

このあたりが1716mピーク。
DSC_1171_20170107231359d90.jpg

展望が開けそうだ。
DSC_1172_20170107231401cb1.jpg

あれは、恵那山の野熊ノ池避難小屋方面の稜線。
DSC_1173_201701072314028f7.jpg

恵那山の東南に位置する1992mピーク。
DSC_1174_20170107231334d2a.jpg

おお、出た~。南アルプス。
荒川三山(左)と赤石岳(右、3120m)。
DSC_1175_20170107231335cbe.jpg

荒川三山単独で。一番高いピークが悪沢岳。
DSC_1176_2017010723133788d.jpg

赤石岳。右手前の突起は中盛丸山(2807m)。
DSC_1177_20170107231338706.jpg

少し右に目を移すと聖岳(3013m)が鎮座していた。
DSC_1178_20170107231340db2.jpg

(つづく)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

虎馬

思い出すねえ、トラウマ丸山。

  • 2017/01/09(月) 13:22:20 |
  • URL |
  • O平 #6urEx/7U
  • [編集]

Re: 虎馬

意外によく見えました。まもなく陣馬山が始まります。

  • 2017/01/09(月) 22:24:27 |
  • URL |
  • かたこりまさかり #-
  • [編集]

ロス再び

しょうがないね。

  • 2017/01/10(火) 14:34:33 |
  • URL |
  • O平 #6urEx/7U
  • [編集]

Re: ロス再び

もう終わっちゃいました。

  • 2017/01/13(金) 21:07:46 |
  • URL |
  • かたこりまさかり #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1153-144788e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (123)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR