山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

広島・弥山(5)

【2016年11月6日(日)】弥山
弥山(535m)から霊火堂まで下りてきた。
DSC_1032_20170103195230226.jpg

ここには「消えずの火」がある。大同元年(806年)に弘法大師が焚いた護摩の火が1200年以上消えずに燃え続けているのだそうだ。
広島平和公園の「平和の灯」の元火の一つにもなっているという。
DSC_1036_20170103195233624.jpg
その火で沸かしている大茶釜の霊水を1杯いただいた。
万病に効くとのことなので。

回りには観光客がいっぱい。
DSC_1033_201701031952325a2.jpg

顔ハメは私がしたかったが、先客がいたので断念。
DSC_1037_20170103195234dbb.jpg

では、下山しよう。ここは閼伽井(あかい)堂。弘法大師が初めて求聞持法の修行に用いた水が湧き出ている。
DSC_1039_20170103195236c1a.jpg

ロープウエー獅子岩駅(山頂駅)を望む。
DSC_1040_20170103195207f04.jpg

右手に浮かぶのは大奈佐美島。
DSC_1041_20170103195208c2c.jpg

さらには、小さな俎石と小黒神島(右)。
DSC_1042_20170103195210006.jpg

このあたりに晶洞なるものがあるらしいが、現物の写真を撮るのを忘れてしまった。
DSC_1043_20170103195212c20.jpg
このルートは歩いたことがあるはずだが、四半世紀前となると全く覚えていない。
実は頂上の記憶も全くなかった。

駅の手前で左に折れる。
DSC_1044_20170103195213711.jpg

再び、天然記念物・弥山原始林。1万年以上前から手つかずで残っているそうだ。
DSC_1045_201701031951459ad.jpg
大正2年(1912年)、ベルリン大学の植物学者アドルフ・エングラー博士がここに登った際、ヤマグルマやマツブサなど植物系統学上、貴重な木々を見て「私は、できるなら一生ここに住んでここで死にたい」と絶賛したという。

この先は紅葉谷コースだが、見ものがほとんどない。
DSC_1047_20170103195147f69.jpg

砂防ダムにナンバーがふってあるだけだった。
DSC_1048_20170103195148811.jpg
DSC_1049_2017010319515034c.jpg

下の土産物街で買い食いなどのんびりしたいので、休まず下る。
DSC_1050_20170103195151434.jpg

こちらも階段が多い。
DSC_1051_201701031951263ab.jpg

もちろん岩も多い。
DSC_1052_20170103195127540.jpg

ケルンというより賽の河原。
DSC_1053_201701031951296f1.jpg

砂防ダムより大きい花崗岩があった。
DSC_1054_2017010319513035e.jpg

「呉要塞地帯区」の標識。
DSC_1055_201701031951318af.jpg

海軍省が設置したものだ。
DSC_1056_20170103195102f31.jpg

もういい時間だが、これから登ってくる人も多い。
DSC_1057_201701031951046f1.jpg
帰りはロープウエーがあるから大丈夫だろうけど。

お、またまたシカ発見。
DSC_1058_201701031951054b0.jpg

右手に紅葉谷川。
DSC_1059_2017010319510760d.jpg

分岐から40分弱で紅葉谷公園に到着。
DSC_1060_20170103195109376.jpg

ここだけは名前の通り、ほんの少し紅葉していた。
DSC_1061_20170103195038722.jpg
DSC_1062_20170103195040bba.jpg

「砂防案内図」とは珍しい。
DSC_1063_201701031950418cf.jpg

ロープウエーの案内放送がしきりに耳に入ってくる。
DSC_1064_201701031950431f4.jpg

紅葉谷駅(山麓駅)の下からは厳島神社へのシャトルバスが運行されていた。
DSC_1065_2017010319504496f.jpg
大した距離じゃないんだから歩けばいいのに。

最初に現れた茶屋。まだ食べるのは早いかな。
DSC_1066_20170103195016431.jpg

御山道(弥山道)の石碑。
DSC_1067_20170103195018530.jpg

ちょっと日が傾いてきた感じ。
DSC_1068_20170103195019ff4.jpg

左手に四之宮神社を見送る。
DSC_1069_201701031950210c0.jpg

紅葉真っ盛りの頃は一段ときれいだろう。
DSC_1070_201701031950221ee.jpg

厳島は特別史跡&特別名勝。
DSC_1071_201701031949552d5.jpg

老舗旅館「岩惣本店」前の庭園で遊ぶ子供たち。
DSC_1072_20170103194955c97.jpg

紅葉谷公園の石碑。
DSC_1073_20170103194957ac2.jpg

岩惣旅館はこう書く。
DSC_1074_20170103194958564.jpg

野だてが開かれていた。
DSC_1075_20170103194959861.jpg

佐々木八重子とは芸能人でも何でもなく、ここの女将の名前ようだ。
DSC_1077_20170103194930db3.jpg

これもおいしそう。でも我慢。
DSC_1078_20170103194931042.jpg

三翁神社。明治以前は山王社と呼ばれていたそうだ。
DSC_1080_20170103194933fe9.jpg

懐かしい射的に輪投げ。でもよそ見はせず通過。
DSC_1081_20170103194934a96.jpg

紅葉谷公園から10分で厳島神社に到着。
すっかり潮が満ちて、神社の柱にも水が浸かっていた。
DSC_1082_20170103194935019.jpg

さっきとは全く景色が違う。怖いほどだ。
DSC_1084_2017010319490732b.jpg

これが厳島神社の醍醐味。
DSC_1085_20170103194909d0d.jpg

まだまだこの賑わい。
DSC_1083_201701031949064b7.jpg

下にはもう下りれない。
DSC_1086_201701031949101b2.jpg

あそこで水深1mくらいあるだろうか。
DSC_1087_2017010319491292a.jpg

日清戦争・威海衛戦を記念した藤原利昌の歌碑。
DSC_1088_201701031948428da.jpg
「あわれとも神はめでませ大皇軍勝ちししるしのあだの矢玉を」

土産物屋街にもシカが出没。
DSC_1090_20170103194843485.jpg

まったく人を怖がらない。
DSC_1091_20170103194845e9d.jpg

清盛通り入口の店で焼きカキをいただく。
DSC_3340_2017010319484784d.jpg
レモンと醤油バター、それぞれ2つずつの皿で450円と500円。
さすがにうまい。

この店で、お土産の「もみじ饅頭」と、おふざけで「うん、小鹿」を買った。
DSC_3353_20170103194802361.jpg

お腹を押すとお尻から黒いものが出てくる。これは面白い。
DSC_3354_20170103194735cc9.jpg

焼きたてのもみじ饅頭を食べたかったが、ほかほかのが売っていないので、クロワッサンもみじ饅頭にした。
DSC_3342_201701031948189c3.jpg

クロワッサンというより、パイのようだったが、これはこれでおいしかった。
DSC_3343_20170103194820116.jpg

あなごめしも名物のようだが、もうお腹いっぱい。
DSC_3344_201701031948224b9.jpg

通りには大きなしゃもじが展示してあった。
DSC_3345_201701031948229a7.jpg

ぶらぶらしている間に予定の船の時間が近づいてきた。
15:10のJR連絡線に乗るつもりだったが、民間の方にも乗ってみようということで、15:15の松大汽船の方に並んだ。
実はこの5分のせいで、JR山陽線の電車が1本後(15分後)になってしまい、広島駅での乗り換え時間がタイトになってしまった。
船に乗るべく並んでいたら、堂々と私の前に横入りしてくる年配のご夫婦が。
この後、電車を待っているときにも、割り込んでくるおじさんがいて、これは広島の文化なのかと驚いてしまった。

これは隣のフェリー。
DSC_1093_20170103194846127.jpg

10分の船旅で本土に上陸。
DSC_3346_201701031948244b0.jpg

乗り鉄を兼ねて広電で広島まで行きたいが、もう時間がないのでJR宮島口駅に向かう。
DSC_3349_20170103194756560.jpg

この駅で、やっと顔ハメができた。
DSC_3350_2017010319475720a.jpg

もう1枚。
DSC_3351_2017010319475963b.jpg

普通電車で広島へ。急いで、弁当やビールを買って16:28発ののぞみに乗り込む。
DSC_3352_2017010319480022c.jpg

弁当はせっかくなので広島カープの弁当。
DSC_3356_2017010319473708a.jpg

中身はどこがカープなのか、広島らしいのか謎だ。
DSC_3357_20170103194739dd1.jpg
ビールとおつまみでしばしくつろぎ、京都の先ではすっかり寝入ってしまった。
帰宅は22時。四半世紀ぶりの広島は市街地も宮島も随分混んでいた。

【行程】2016年11月6日
大願寺(10:15)~里見茶屋跡(10:50)~仁王門分岐(11:37)~奥の院(12:00昼食12:16)~仁王門(12:38)~弥山山頂(13:03撮影13:16)~霊火堂(13:24撮影13:27)~紅葉谷分岐(13:36)~紅葉谷公園(14:14)~厳島神社(14:24)
※所要時間:4時間9分(歩行時間:3時間50分)
※登った山:1座(弥山)
※歩行距離:9.5km(アプローチ含む)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

私は逆でした

私は、去年の正月明けに逆に行きました。
紅葉谷を上がって、奥の院へは行かず、駒ヶ林には登って、降りるという感じでした。
お正月明けの初登山を、神社+ご神体の山、という感じで探して、弥山になったんです。
もっとも、その数日後に、入院しちゃいましたので、ご利益があったかどうかは不明ですが(笑)

  • 2017/01/03(火) 20:23:23 |
  • URL |
  • まきた #ZdgJ2pdw
  • [編集]

Re: 私は逆でした

まきたさんも弥山に登っていたんですね。
正月明けも混んでいたんでしょうか。
それにしても入院してしまったとは。
もう元気になられていることは承知していますが、引き続きお大事に。
ときどき、山行のご報告いただければ幸いです。

  • 2017/01/05(木) 06:43:47 |
  • URL |
  • かたこりまさかり #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1149-d119f77f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
北海道の山 (185)
東北の山 (62)
上信越の山 (147)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (97)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (53)
南アルプス (101)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (15)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (33)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR