山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

広島・弥山(4)

【2016年11月6日(日)】弥山
仁王門を過ぎて、弥山(535m)の山頂に向かっている。
DSC_0936_20170101070205446.jpg

宮島の裏側も見えてきた。
DSC_0937_20170101070206d62.jpg

西に見えるのは、駒ヶ林(509m)の山頂。
DSC_0938_201701010702086f9.jpg
奥の院に行くより、あっちに行く方が近かったかもしれない。

これが鯨岩かな。
DSC_0939_20170101070210b13.jpg

外国人が展望を楽しんでいた。
DSC_0940_2017010107021106e.jpg

向かいに見えるのは502mピーク。
DSC_0942_20170101070141cfc.jpg

鯨岩には登らず、そのまま進むと、すぐ二十丁。
DSC_0943_20170101070144215.jpg

右手に御山神社の鳥居が見えたが、参拝は時間短縮のため省略。
DSC_0944_201701010701445b1.jpg

二十一丁通過。
DSC_0945_20170101070147b36.jpg

ここは観光地なので、こんないい加減な格好のおじさんも少なくない。
DSC_0946_2017010107014709c.jpg

これまた巨大な花崗岩。
DSC_0947_20170101070120aab.jpg

階段横に水掛地蔵堂。
DSC_0949_20170101070122f14.jpg

お地蔵さんの帽子までカープだ。
DSC_0950_20170101070123c30.jpg

ここも二十一丁。
DSC_0951_20170101070125acf.jpg

今度は団体さんが下りてきたので、しばし待機。
DSC_0952_20170101070126f91.jpg

階段は左側がかなりゆがんでいる。
DSC_0953_20170101070100ee5.jpg

これも台風の影響なのか。それとも地震か。
DSC_0954_20170101070100d26.jpg

この階段を登り切ると大日堂。
DSC_0955_20170101070102801.jpg

1376年に建立された弥山御堂神護寺で、明治以前は正月の7日間に全島の僧侶が登山し、国家の隆昌を祈願した道場だという。
DSC_0957_20170101070103b4d.jpg

私の好きな岩が多くてうれしい。
DSC_0958_2017010107010484a.jpg

これが疥癬(かいせん)岩かな。
DSC_0959_20170101070035ca4.jpg

賽の河原っぽい。
DSC_0960_20170101070038fae.jpg

岩陰に石仏。
DSC_0961_20170101070039687.jpg

この岩はかなり反り返っていた。舟岩というらしい。
DSC_0962_20170101070040e95.jpg

それにしても仁王門から山頂までが長い。
DSC_0963_20170101070041d20.jpg

仁王門がほぼ頂上直下だと思っていたが、あとで確認したら、仁王門でまだ標高400mしかなかった。つまり、頂上まであと135mもあったのだ。
DSC_0964_20170101070010291.jpg

大きな犬が舌ベロを垂らしているような岩。
DSC_0965_20170101070012795.jpg

にょっきり。
DSC_0966_20170101070013c94.jpg

岩の間にも石仏。
DSC_0967_20170101070014b91.jpg
左の岩の穴には水が溜まっていて、満潮の時には水があふれ出し、干潮の時には乾くという。

という理由から、干満岩というらしいが、あり得ないだろう。
DSC_0968_20170101070017269.jpg
手前の四角い穴は賽銭箱か手水鉢。

位置関係はこうなっている。
DSC_0970_20170101065945331.jpg

次の岩は真っ二つ。
DSC_0969_20170101065943a31.jpg

岩の上にも石仏。
DSC_0971_201701010659462d8.jpg

この岩の上からは駒ヶ林のピークが見えた。
DSC_0972_2017010106594827a.jpg

なんとなくカッパの頭みたいだ。
DSC_0973_20170101065949726.jpg

宮島ならではの独特の景観。
DSC_0974_20170101065912651.jpg

西の方角。
DSC_0975_20170101065913d68.jpg

丸い岩。
DSC_0976_201701010659143f0.jpg

お、やっと頂上らしきところが見えた。
DSC_0977_2017010106591650f.jpg

頂上直下の石舞台。
DSC_0978_2017010106591768a.jpg

南に阿多田島。
DSC_0979_201701010658392e0.jpg

頂上は二十四丁。
DSC_0980_20170101065841ae4.jpg

皇太子殿下御展望跡。
DSC_0983_20170101065846402.jpg

さぞお喜びであったことだろう。
DSC_0984_20170101065816181.jpg

奥は俎石、左手前が小黒神島。
DSC_0981_20170101065842a53.jpg

東は江田島。
DSC_0982_20170101065843e6f.jpg

全景はこんな感じ。
DSC_0987_201701010658184db.jpg

あちこちに柵が張り巡らされている。
DSC_0985_20170101065816552.jpg
昔は岩に登っても構わなかった気がするが、今は「禁止」になっていた。
あれから、事故でもあったのだろうか。

これもなかなか古色を帯びている。
DSC_1015_201701010656108b8.jpg

頂上に折り重なる巨岩の一つ。
DSC_0988_20170101065820d0c.jpg

首切り地蔵?
DSC_0989_201701010658225a9.jpg

ロープウエーの獅子岩駅(山頂駅)が見えた。
DSC_0990_201701010657360c8.jpg

のどかな瀬戸内海。
DSC_0991_20170101065737305.jpg

弥山山頂は二等三角点だった。
DSC_0992_20170101065739449.jpg

山頂の真ん中にも石仏。
DSC_0993_201701010657400bb.jpg
DSC_0996_20170101065715821.jpg

これが地味だが、一応山頂の標柱。
DSC_0994_2017010106574218f.jpg
人がいないタイミングを見計らうのが大変だった。

頂上は巨岩が林立している。
DSC_0997_201701010657168e3.jpg

展望休憩所はこの混雑。ちょっとげんなり。
DSC_0995_201701010657138a9.jpg

でも、私も当然登ってみた。
DSC_0998_20170101065717e9f.jpg

左手は駒ヶ林。
DSC_0999_2017010106571986d.jpg

その左側。
DSC_1000_20170101065652cb6.jpg

頂上広場を俯瞰。
DSC_1001_20170101065654280.jpg

江田島。
DSC_1002_201701010656554da.jpg

山頂駅と大奈佐美島。
DSC_1003_20170101065656a6f.jpg

望遠にしてみた。
DSC_1004_201701010656589df.jpg

東の方角。奥に似島。
DSC_1006_20170101065629b9e.jpg

絵の島には灯台がある。
DSC_1005_20170101065627798.jpg

広島方面。
DSC_1007_20170101065630e81.jpg

かなりビルが密集している。
DSC_1008_20170101065632878.jpg

対岸は廿日市。
DSC_1011_20170101065633416.jpg
DSC_1012_201701010656048c2.jpg

豊国神社と五重塔。
DSC_1013_2017010106560607a.jpg

大鳥居もかろうじて見えた。
DSC_1014_201701010656070d4.jpg

ここは瀬戸内海の島々が一望できて、すばらしい景色だったが、人酔いしそうだったので、撮影が済んだら早々に退散。
くぐり岩をくぐる。
DSC_1016_20170101065610dc2.jpg

ちょっと不動岩に寄り道。
DSC_1017_201701010655401d8.jpg

不動岩の下には厄除不動尊が祀られていた。
DSC_1018_2017010106554209c.jpg

まさに壁。
DSC_1019_20170101065543fe7.jpg

くぐり岩をくぐり抜けて下っていく。
DSC_1021_20170101065545a7e.jpg

頂上を振り返る。
DSC_1022_201701010655468e4.jpg

観音堂(左)と文殊堂(右)。
DSC_1024_20170101065518ac3.jpg

お賽銭はほとんどが1円。
DSC_1026_20170101065520e1e.jpg

日本で唯一鬼を祀っている三鬼堂。
DSC_1027_2017010106552146c.jpg
DSC_1029_20170101065522f8b.jpg

弥山本堂まで下りてきた。
DSC_1030_20170101065524d57.jpg

その向かいに「消えずの火」のある霊火堂。このあたりも、ものすごい賑わいだった。
DSC_1031_20170101065459fef.jpg

(つづく)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1148-207da465
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (74)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (84)
中央線沿線の山 (91)
富士山周辺の山 (58)
八ヶ岳周辺の山 (39)
南アルプス (92)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (59)
駅舎の旅 (19)
ドライブ (8)
廃線の旅 (8)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR