山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

昆布岳(下)

【2016年10月23日(日)】昆布岳
11時前に昆布岳(1045m)に登頂。
DSC_3223_201612231123145c3.jpg
ダウンを着込み。フリースをひざ掛けにして、おにぎりにぱくつく。
ワンタン麺はお湯がぬるくなっていて、なかなか春雨が柔らかくならず、バリ固で食べるしかなかった。
早く食べないと、外気で冷たくなってしまう。

H君のジェットボイルは低温のため不調で、湯を沸かせず。
O君とH君はおにぎり一つだけで切り上げ、下山してから何か食べるという。
ならば、私もたくさん食べる必要はない。
おにぎりは筋子1個だけにした。

昼食を写そうとしてカメラのシャッターを押したら、なんと「カードが異常です」の表示。
さっきまで正常だったのに、いきなり何だい。
バッテリーやカードを入れ直しても、同じなので諦めた。
どうせ今日はピストンだし、帰りはスマホで写そう。
どうも、このカメラはいきなりバッテリーがなくなったり、カード異常が出たり、四国で落下事故を起こしてから調子がよくない。

そういうわけで、スマホで頂上からの眺めを撮り直した。
DSC_3215_201612231124099ab.jpg

西、えぼし(944m)方面。
DSC_3219_20161223112342330.jpg

南の方角。これから下る道と噴火湾。
DSC_3218_2016122311234189f.jpg

東の方角。
DSC_3220_20161223112344740.jpg

羊蹄山(1898m)。
DSC_3221_2016122311231371e.jpg

では下山しよう。
DSC_3217_20161223112339003.jpg

私はせっかく持ってきたのでチェーンアイゼンをして下る。
DSC_3224_20161223112316cf1.jpg
H君もストックがあるので大丈夫そうだったが、つぼ足のO君だけは滑りまくっていた。

恒例の頂上振り返り。
DSC_3225_20161223112317dfc.jpg
頂上直下で2人とすれ違った。
これで本日の入山者は14人だ。

岩場の下り、クリア。
DSC_3226_20161223112319aed.jpg

901mピークの左奥に尻別岳(1107m)。
DSC_3227_20161223112247888.jpg

ロープ場、クリア。
DSC_3228_201612231122497f0.jpg

慎重に下ったせいで、8合目まで下るのに30分かかった。登りは35分だった。
DSC_3229_20161223112251055.jpg

昆布岳の特徴的な頂上。
DSC_3230_20161223112252d49.jpg

何度も振り返る。
DSC_3231_2016122311225462e.jpg

やっと、また日が差してきた。
DSC_3232_2016122311222507c.jpg

8合目から20分で6合目通過。
DSC_3233_20161223112226c5e.jpg

メガネ岩への登り返し。
DSC_3234_20161223112227aa7.jpg
DSC_3235_20161223112229855.jpg

帰りもメガネ岩で休憩。
DSC_3237_20161223112156eef.jpg

H君にチーカマをもらう。
DSC_3240_201612231121579fb.jpg

日が差したり、陰ったり。
DSC_3241_20161223112159120.jpg
CIMG8622_20161223112727f44.jpg

697mピーク通過。
DSC_3242_201612231122002eb.jpg

天気は回復したかな。
DSC_3243_20161223112202dcf.jpg

5合目通過。
DSC_3245_201612231121283dc.jpg

登りでは気づかなかった、解読不能の看板。
DSC_3246_20161223112129f85.jpg

引き続き、さくさく下る。
DSC_3247_20161223112131b04.jpg

また、冬から秋に舞い戻ってきた。
CIMG8625_20161223112731f2e.jpg

ウインザーホテルが正面に見える。
DSC_3248_20161223112132795.jpg

歩きながらコンパクトカメラをいじっているうちに復活した。
CIMG8626_201612231127346d5.jpg

このまま安定して使えるだろうか。
CIMG8627_20161223112702f7f.jpg

期待して、2人のあとをいつもの通り付いていく。
CIMG8628_20161223112703e67.jpg
CIMG8629_201612231127055d8.jpg

4合目を12時半すぎに通過。
CIMG8630_20161223112706649.jpg

紅葉と再会。
CIMG8632_2016122311263762c.jpg
CIMG8635_20161223112640a54.jpg

日が差すと、やはり紅葉は鮮やかだ。
CIMG8637_201612231126419f5.jpg

日が陰ると、こんな雰囲気。
CIMG8638_20161223112643f3a.jpg
CIMG8639_20161223112611139.jpg

写真を撮っていると、どんどん2人に離されてしまう。
CIMG8642_201612231126167b9.jpg
CIMG8643_20161223112617972.jpg

それもまた絵になるから、いいんだけど。
CIMG8644_20161223112539b3d.jpg
CIMG8646_20161223112542747.jpg

長い影。
CIMG8647_201612231125448ce.jpg

地面も色とりどり。
CIMG8648_2016122311254544a.jpg
CIMG8649_201612231125148c1.jpg

おお、我ながら、これはいい写真だ。
CIMG8650_2016122311251674b.jpg

青空の2合目。
CIMG8653_201612231125170fe.jpg
DSC_3252_20161223112107175.jpg

なぜか、私が先頭に出た。
CIMG8657_20161223112520895.jpg
CIMG8658_2016122311245151a.jpg

紅葉真っ盛りの山麓。
CIMG8659_20161223112453187.jpg

ムラサキツメクサ。
CIMG8661_201612231124541a1.jpg

紅葉の向こうに洞爺湖の中島がくっきり。
CIMG8662_20161223112456880.jpg

ササ原の中の紅葉。
CIMG8665_20161223112457cf1.jpg

この子とも再会。
CIMG8666_201612231124275ed.jpg

1合目通過。
CIMG8668_201612231124306e4.jpg

あと、もうひと息だ。
CIMG8669_201612231124314bc.jpg

茶畑もどきとも再会。
CIMG8670_201612231124338da.jpg

あとは、もうほとんど平ら。
CIMG8673_20161223112407f5a.jpg

1時過ぎに登山口に到着。
CIMG8677_2016122311240781a.jpg
下界に来るとすっかり晴れ渡っていた。登山あるあるである。

では、お目当ての豊浦町の温泉に向かおう。
ウインザーホテルのちょうど逆側まで来た。
DSC_3253_20161223112108d76.jpg

海辺に建っていたのは、天然豊浦温泉しおさいの湯。
DSC_3254_201612231121106b4.jpg

ここも入浴料は500円。
DSC_3264_201612231120418ac.jpg

時間はたっぷりあるので、ぬるめの露天風呂でゆったりつかった。
DSC_3263_2016122311203994d.jpg

売店に日本一の秘境駅、小幌駅のグッズが売っていたので、駅名標のストラップ(600円)を購入。
DSC_3265_2016122311204248a.jpg
DSC_3268_20161223112045905.jpg

入浴後、休憩室でとにかく乾杯。
DSC_3267_20161223112043797.jpg
2人は車の運転があるのでノンアルだが、私だけクラシック。すいません。

この後、併設のレストランで食事をするつもりだったが、2時で一旦閉店しちゃったので断念。
千歳空港のラーメン道場で食べることにした。
というわけで、夕刻から姪っ子の成人祝いを実家でするというO君とはここでお別れ。
来年の合宿は6月にしようという検討課題をそれぞれ持ち帰った。

この先はH君の車で高速をひた走る。
空港にはちょうど16時に到着。
空港内の「雪あかり」という店で、ネギ味噌(970円だったかな)をいただいた。
DSC_3269_201612231120253ce.jpg
もうすこし麺に汁の味がしみているとよかった。

H君とはここで解散。私はお土産を買って、18時前に搭乗口へ。
19:10発の便なので、1時間以上時間があったが、スマホをいじったり、トイレにこもったりして、時間をつぶした。
飛行機はほぼ定刻通りに離陸。
機内では、ほとんどずっと寝ていた。

羽田到着はかなり遅れて、20:55。
次の所沢行きのバスは21:40発だったので仕方なく、電車で帰ることにした。
帰宅は23時を過ぎてしまった。
移動で疲れたが、初冬の北海道と新鮮な肉を満喫した旅だった。

【行程】2016年10月23日
登山口(8:39)~1合目(8:49)~2合目(9:01休憩9:03)~3合目(9:14)~4合目(9:30)~5合目(9:41)~メガネ岩(9:44休憩9:51)~6合目(9:59)~7合目(10:09)~8合目(10:21)~9合目(10:35)~昆布岳(10:55休憩11:19)~8合目(11:48)~6合目(12:08)~メガネ岩(12:17休憩12:22)~4合目(12:34)~2合目(12:52)~登山口(13:10)
※所要時間:4時間31分(歩行時間:3時間53分)
※登った山:1座(昆布岳)
※歩行距離:11.5km

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

洞爺合宿拝読しました。昆布岳は登ってる時はそれ程思わなかったけどこんなに紅葉が綺麗だったんですね。写真にするとまた違うのかな。来年の合宿も楽しみです。

  • 2016/12/23(金) 13:40:06 |
  • URL |
  • ひでまん #-
  • [編集]

Re: タイトルなし

あの合宿は、秋と冬、両方味わえました。来年は6月やりたいね。

  • 2016/12/23(金) 16:23:05 |
  • URL |
  • かたこりまさかり #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1134-3efd4443
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (123)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR