山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

昆布岳(中)

【2016年10月23日(日)】昆布岳
メガネ岩で休憩中。
私に続いて、O君が見学に出かけた。
CIMG8525_20161223080414702.jpg

岩壁がまたすごい。
CIMG8526_201612230804152c6.jpg

メガネ岩を真横から見るとこんな感じ。
CIMG8529_201612230804200fa.jpg

7分ほど休んで、出発。
CIMG8527_20161223080417919.jpg

巨木にご挨拶。
CIMG8528_20161223080418cee.jpg

ここから20mほど下る。
CIMG8530_20161223080352b8c.jpg

頂上は寒そうだ。
CIMG8531_201612230803536ca.jpg

鞍部を通過。
CIMG8532_20161223080355bb9.jpg

しばらく登り返して、標高700mあたりが6合目。
CIMG8533_20161223080356b5c.jpg

まだ、車が入れるんだ。
CIMG8534_20161223080358de4.jpg

とうとう雪が目につき始めた。
CIMG8535_201612230803307c9.jpg
CIMG8536_2016122308033134a.jpg

引き続き、なだらかな登り。
CIMG8537_20161223080333d05.jpg

O君、何を見つけたのか。
CIMG8538_20161223080334c70.jpg

標高750mあたり。
CIMG8539_20161223080336914.jpg

7合目通過。
CIMG8540_201612230803086ed.jpg

ここを過ぎると、急に傾斜がきつくなる。
CIMG8542_20161223080311a3a.jpg

ロープまでぶら下がっていた。
CIMG8543_2016122308031237d.jpg
あまりに太いので、廃校になった小学校の綱引き用の綱ではいかと想像した。

道は、またすぐになだらかになった。
CIMG8544_20161223080314da1.jpg

ササも雪で真っ白だ。
CIMG8545_20161223080239556.jpg

802mピークを通過。
CIMG8546_20161223080241c75.jpg

そのピークを振り返る。
CIMG8547_2016122308024222c.jpg

ここからまた20mほど下る。下りでは山頂が見えやすい。
CIMG8549_20161223080245841.jpg

とうとう路面も白くなってきた。
CIMG8550_201612230802160c2.jpg

ひとり随分成長した白樺があった。
CIMG8551_20161223080218f6d.jpg

この子もわりと太い方。
CIMG8552_20161223080219696.jpg

みんなだいたいこのくらいなので。
CIMG8553_20161223080221f08.jpg

8合目通過。
CIMG8554_20161223080222f17.jpg

802mピークを振り返る。
CIMG8556.jpg

左手にササに覆われた「えぼし」(944m)が姿を現した。
CIMG8557_20161223080124d3d.jpg

やっと山らしい登りになった。
CIMG8558_20161223080125520.jpg

と思ったら、また広い道。
CIMG8559_20161223080127b0c.jpg

前が開けているけど、まだまだ頂上ではない。
CIMG8560_2016122308005509d.jpg

再び、険しい登り。
CIMG8561_20161223080056858.jpg

路面が滑るので、帰りが怖い。
CIMG8562_20161223080058bad.jpg

噴火湾。
CIMG8563_20161223080059469.jpg

秋から冬へ。
CIMG8564_20161223080101267.jpg
CIMG8565_2016122308002976d.jpg

いよいよ頂上が手の届くところに見えてきた。
CIMG8566_2016122308003080f.jpg

右手の稜線の向こうに羊蹄山(1898m)らしき山が見えている。
CIMG8567_201612230800312d3.jpg

右前方に昆布岳(1045m)から続く稜線の901mピーク。
CIMG8568_20161223080033b3c.jpg

頂上部を望遠で。
CIMG8569_20161223080034a2a.jpg

登山道最後の平坦地。
CIMG8570_20161223080000814.jpg

登山口から2時間弱で9合目を通過。
CIMG8571_20161223080000e7d.jpg

標高差はあと120mほど。
CIMG8572_20161223080002d74.jpg

頂上に誰かいるのが見える。
CIMG8573_2016122308000348a.jpg

頂上直下に岩場がある。
CIMG8574_20161223080005ace.jpg

振り返れば、噴火湾に差す光のカーテン。
CIMG8575_20161223075907a1d.jpg
CIMG8576_201612230759074dd.jpg

901mピークに通じる夏道はなさそうだ。
CIMG8577_20161223075909613.jpg

その稜線の向こうに尻別岳(1107m)が見えた。
CIMG8578_20161223075910c25.jpg

羊蹄山は雲の中。
CIMG8580_20161223075841acf.jpg

こちらは洞爺湖の中島。
CIMG8579_20161223075912b3d.jpg

さて、いよいよ岩場に挑む。
CIMG8581_201612230758435ee.jpg

その手前のアプローチ。
CIMG8582_20161223075845af1.jpg

9合目あたりを見下ろす。
CIMG8583_20161223075846d50.jpg

改めて901mピーク。
CIMG8586_2016122307581927c.jpg

この斑点は何だ! 気色悪い。
CIMG8587_20161223075821c82.jpg

ここを行きます。
CIMG8588_20161223075822ccb.jpg

クリアして裏側に下りる。
CIMG8589_20161223075824c2e.jpg

あとはササやぶのトラバース。
CIMG8590_201612230757519d0.jpg

あれが頂上。
CIMG8591_20161223075753d41.jpg

えぼし。
CIMG8593_2016122307575534c.jpg

西昆布岳(804m)は隠れて見えない。
CIMG8592_20161223075754691.jpg

雪をかぶったササを掻き分けながらの急登。
CIMG8594_201612230757587db.jpg
CIMG8595_201612230756550da.jpg

必然、雪をかぶることになる。
CIMG8596_20161223075656853.jpg

足元もかなり悪い。
CIMG8600_2016122307562908e.jpg

頂上はもうすぐ。
CIMG8597_201612230756581fc.jpg

頂上には、グループがいるみたい。
CIMG8598_201612230756594fb.jpg

下山者とすれ違った。下りはほんとに滑りそう。
CIMG8601_201612230756302b4.jpg

右手には相変わらずはっきりしないけど洞爺湖。
CIMG8602_2016122307563108d.jpg
CIMG8603_20161223075633240.jpg

左手は、尖ってもいないのになぜ烏帽子なのか分からない、えぼし。
CIMG8604_20161223075634b0f.jpg

南西の方角の山並み。
CIMG8605_20161223075605c88.jpg

昆布岳のなめらかな山肌。
CIMG8606_201612230756070a2.jpg

積雪は2cmほど。
CIMG8611_20161223075533064.jpg

901mピークを見下ろす位置まで来た。
CIMG8607_20161223075609924.jpg

西の方角。
CIMG8609_2016122307561273d.jpg

頂上目前。
CIMG8608_2016122307561014c.jpg

いやいや急な坂だった。
CIMG8610_20161223075531705.jpg

やっと着いた~。標識のモチーフは昆布だ。
CIMG8612_2016122307553406f.jpg
昆布岳はアイヌ語の「コンポ・ヌプリ」(小さなコブ山)に由来しているので、昆布とは直接関係ないんだけど、なんかユーモラスで面白い。

コースタイム3時間のところ、2時間20分で登頂。
CIMG8614_201612230755358f9.jpg

さっきすれ違ったおじさんが「風はそんなにない」と言っていただけあって、それほど強くなくて助かった。
CIMG8617_201612230755158fd.jpg
山頂でお昼を食べることも可能だ。

ここは一等三角点だった。
DSC_3222_2016122308162313f.jpg

羊蹄山、惜しい。
CIMG8615_20161223075537026.jpg

東の稜線。
CIMG8616_20161223075512283.jpg

飯の前に、まずはコンブ形の山名板で記念撮影。
頂上に着く直前に5人(計7人)が下り、山頂には2人が残っていたが、食事の仕度中だったのでお願いできず、自撮り棒で撮った。

(つづく)

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1133-df94b1cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (154)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR