山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

2016蓼科山(6)

【2016年10月15日(土)】蓼科山
トキンの岩(2014m)探索を終え、蓼科山北麓の春日温泉に向かってまっしぐら。
途中で追いついたワゴン車がハザードを付けて減速してくれたのだが、目の前がカーブなので、ここでは抜かせない。
窓から手招きまでされたが、そんなことはいいから、真っすぐなところで譲ってほしい。

途中、廃屋を発見。
DSC_3178_2016122006463854e.jpg

高原の牧場から蓼科山(2530m)を望む。
DSC_3179_20161220064640fd4.jpg

もう秋なので牛の放牧は終了かな。
DSC_3181_20161220064643608.jpg

道が複雑なので、こういう案内は助かる。
DSC_3180_20161220064641981.jpg

これも廃屋だろうか。
DSC_3182_201612200646449b8.jpg

春日温泉は開湯300年の歴史があるらしく、源泉公園なるものがあった。
DSC_3185_20161220064617dd4.jpg

そこに、若山牧水の歌碑。春日温泉を訪ねた時に詠んだ歌だそうだ。
DSC_3183_201612200646156df.jpg
「蜩なき杜鵑なき夕山の木がくれゆけばそよぐ葉もなし」

廃業してしまった旅館も。
DSC_3186_20161220064618ba0.jpg
DSC_3187_20161220064620f03.jpg

いづみ屋は牧水が滞在した宿だそうだが、別の場所に移転していた。
DSC_3188_2016122006462169e.jpg

日帰り入浴は、お互いに隣接している「ゆざわ荘」と国民宿舎「もちづき荘」で可能。
DSC_3207_20161220064523f0d.jpg
お目当ては「ゆざわ荘」の方だ。

いったん大きな駐車場に車を停めたが、奥に「ゆざわ荘」の看板が見えたので、さらに進んで一段上の駐車場に停め、裏から入ろうとしたら、入れない。
仕方なくまた車を下の駐車場に移し、正面から入ろうとしたら、これは国民宿舎もちづき荘だった。
DSC_3203_2016122006455617b.jpg

「ゆざわ荘」らしき建物はもう見えていたので、車はそのままにして歩いていった。
DSC_3189_2016122006455038b.jpg

「もちづき荘」には続々と日帰り入浴客らしき人が入っていったが
DSC_3205_20161220064521c86.jpg

こちらには誰も来ない。
DSC_3190_20161220064552ef3.jpg
これはいい感じだ。到着したのは、15:50。
午後2時に下山して3時には入浴のつもりだったのに、1時間近くも遅れてしまった。
入浴料は500円。安い。
受付の人が「間もなく団体の人が来ますよ」と教えてくれたので、さっさと入ることにした。

今日は私が一番風呂かな。誰もいない。
DSC_3193_20161220064553286.jpg

誰もいないうちに撮影を済ませ、ゆっくり露天にも浸かった。
DSC_3194_20161220064555549.jpg
ただ野外というだけで味気ない露天風呂だったが、眼下に馬場が見えた。
そうか、望月と言えば、古代の望月牧。古来より馬の産地だ。
体を洗っていると3人入ってきた。
1人の声が大きくて騒々しいので、ちょっと内湯に浸かっただけで上がることにした。

時刻は16:30。
DSC_3204_2016122006451921d.jpg
DSC_3206_20161220064522964.jpg

帰りの高速は渋滞しているかなあ。
給油の必要もあったので、市街地経由で佐久ICから上信越道に乗った。
地方は単価がちょっと高いので10リットルにしておいた。出費は1230円。

途中で暗くなり、月が上がった。
DSC_3209_20161220064525ca3.jpg

月齢は14。ほぼ満月だ。
DSC_3211_20161220064444d6f.jpg
DSC_3213_20161220064445732.jpg

なんと寄居SAより先で事故渋滞10km110分の表示。
う~ん、これは直前の花園で下りると、下りる車の渋滞にはまるから、本庄児玉か藤岡で下りないといけない。
甘楽PAに立ち寄って、地図を検討、本庄児玉で下りることにした。
また秩父、国道299号経由になる。

渋滞はピーク時で19km2時間以上になったが、だんだん数字が減り、13km90分になった。
これは事故処理も終わり加速度的に渋滞は解消されていくと判断。
下りずにそのまま突破することにした。

渋滞はたいてい、一番左側の車線を走っていると有利なのだが、今回はなかなか動かないので右側の車線に移動。
なるほど、左車線が動かなかったのは、やはり花園で下りる車の列だった。
結局、渋滞はだんだん緩慢になり、おそらく2時間以上と言われたところを1時間ほどで通過できた気がする。いい判断だった。

晩御飯は今日の非常食や行動食のお菓子やゆで卵、パンを車内で食べて済ませた。
川越ICで下りて、8時過ぎに帰宅。
春日温泉から3時間半でたどり着いた。まあ上々だ。
やっと蓼科リベンジを果たせて、充実した山旅だった。

【行程】2016年10月15日
大河原峠(8:45)~佐久市最高地点(9:26)~赤谷分岐(9:32)~将軍平(9:40)~蓼科山(10:20撮影・休憩10:35)~将軍平(11:11)~天祥寺原(11:55昼食12:16)~天祥寺原分岐(12:26)~亀甲池(12:46)~双子池ヒュッテ(13:32休憩13:36)~双子山(14:12休憩14:24)~大河原峠(14:40)
※所要時間:5時間55分(歩行時間:5時間5分)コースタイム:5時間45分
※登った山:3座(うち新規1座:兜巾の岩)
※歩行距離10.6km

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1126-128e1a13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (123)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR