山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

2016蓼科山(2)

【2016年10月15日(土)】蓼科山
将軍平の蓼科荘前を9:40に通過。
この先は大きな岩のある急登となる。
DSC_9237_20161218053907e68.jpg

ゆっくり一定のペースで登る。
DSC_9238_20161218053909e46.jpg

でも、ここでかなり息切れしている方々も多く、どんどん抜かしていくことになる。
DSC_9239_20161218053910295.jpg

一人だけ、いいペースで登っている人がいて、私が追いついても絶対、道を譲らない。
DSC_9240_20161218053912294.jpg

小柄なので女性かなと思ったら、なんと70は過ぎていようかというおじさんだった。
DSC_9243_201612180538445d5.jpg
きっと自分は健脚だというプライドがあるのだろう。
しばらく、すぐ後ろについて歩いているうちに、森林限界を越えたので、私は写真を撮るために立ち止まることが多くなり、彼はどんどん先に行ってしまった。
きっと「勝った!」と思ったのではないか。

でも、さすがに厳しい登りだ。
DSC_9241_20161218053913728.jpg

振り返ると、前掛山(2354m)の縞枯れ現象が見える。
DSC_9245_201612180538474f4.jpg

さらに登ると、またまた大展望が広がった。
DSC_9244_20161218053846ab8.jpg

左下に見えるのは女神湖。ちょっと霞んでいるか、はるか先に白馬三山が確認できた。
DSC_9246_20161218053848a34.jpg

拡大してみよう。左端は五竜岳(2814m)。
DSC_9247_201612180538503b2.jpg

佐久市最高地点のあたり。
DSC_9248_20161218053816e21.jpg

手前の山頂が剥げている山は双子山(2224m)。
DSC_9249_20161218053817da2.jpg

その奥に、赤久縄山(1522m)。
DSC_9257_20161218053758f8d.jpg

もう、ひと息だ。
DSC_9250_20161218053819426.jpg

こんな大きな岩が落ちてきたら、ひとたまりもない。
DSC_9251_201612180538203e5.jpg

ほ~、両神山(1723m)も発見。
DSC_9252_20161218053822c94.jpg

たった今、歩いてきた稜線。
DSC_9253_201612180537523bb.jpg

その奥に荒船山(1423m)。
DSC_9259_20161218053715a7e.jpg

前掛山の向こうに浅間山(2568m)。
DSC_9254_20161218053754bd2.jpg

浅間山の噴煙がさっきより大きくなった。
DSC_9256_20161218053756e98.jpg

眼下に蓼科荘。団体さんが休んでいる。
DSC_9255_20161218053755600.jpg

あと5分。
DSC_9258_201612180537137b1.jpg

女神湖の全景が見えた。
DSC_9262_20161218053719183.jpg

上は縞枯れ、下はゴーロ。
DSC_9263_20161218053649112.jpg

大岳(左、2382m)と北横岳(右、2473m)。
DSC_9268_20161218053654bbf.jpg

さあ、間もなくかな。
DSC_9266_201612180536517ec.jpg

早くも下山する方々がいた。
DSC_9267_20161218053652844.jpg

阿弥陀岳(2805m)に雲がかかってきた。
DSC_9269_20161218053655aea.jpg

後ほど、あの谷間(天祥寺平)を歩く予定。
DSC_9270_20161218053604730.jpg

アップにすると、このあたり。右側の谷を登る。
DSC_9271_20161218053606533.jpg

やはり人口は多い。この晴天で百名山なんだから。
DSC_9272_201612180536079fe.jpg

頂上ヒュッテに到着。
DSC_9273_20161218053609543.jpg

ここで写真を撮っている人も多かった。
DSC_9274_201612180536106fc.jpg

前々回来た時はここで休ませてもらったが、今回は通過。
DSC_9275_2016121805353778a.jpg

寄り道せずに頂上を目指す。
DSC_9276_20161218053539279.jpg

南八ヶ岳に結構雲が出ている。
DSC_9277_20161218053540c58.jpg

ヒュッテには展望テラスがあった。
DSC_9278_2016121805354297f.jpg

頂上台地に出て、唖然。
頂上ヒュッテの前も大賑わいだったが、頂上には30人くらいの人がいる。
DSC_9279_20161218053543cbf.jpg

うへ~。まあ、今日は絶好の登山日和だもんなあ。仕方あるまい。
DSC_9284_20161218053511d71.jpg

ちょっとだけ女神茶屋方面の登山道から南の方を覗いてみた。
DSC_9285_20161218053513330.jpg

南アルプスだ。
DSC_9281_20161218053506feb.jpg

中央から北岳(3193m)、間ノ岳(3190m)、甲斐駒(2967m)。
DSC_9282_20161218053508927.jpg

塩見岳(左奥、3047m)と仙丈ヶ岳(3033m)。
DSC_9283_201612180535109c0.jpg

さて、人込みに突撃。
DSC_9286_201612180534396bb.jpg

頂上に広がる巨大なゴーロ。三度目の正直で、初めて見ることができた。感激だ。
DSC_9287_20161218053441fa4.jpg

これはすごい。まさに日本一だろう。
DSC_9288_20161218053442568.jpg

もう、どこをどう歩いたら、いいのやら。
DSC_9289_20161218053444ae7.jpg

方向指示盤の向こうに御嶽山(3067m)。
DSC_9290_20161218053445f73.jpg

蓼科神社。
DSC_9291_20161218053410b1b.jpg

美ヶ原(2034m)の右奥に立山(3015m)。
DSC_9292_201612180534120b3.jpg

もちろん、槍穂高。
DSC_9293_201612180534132b1.jpg

乗鞍岳(3026m)。
DSC_9294_2016121805341443c.jpg

立山と右端に剱岳(2999m)。
DSC_9295_201612180534164b7.jpg

中央アルプス。
DSC_9296_201612180533449ef.jpg

ただ残念なことに八ヶ岳に発生した雲のせいで富士山が見えない。
DSC_9314_2016121805321130b.jpg
他の山はほとんどすべて見えているのに、画竜点睛を欠くとはこのことだ。
でもまあ、それも仕方ない。
頂上では、団体さんのガイドが猛スピードで360度の山座同定をして、お客さんたちに教えていた。
私も聞くともなく聞いていたが、「奥秩父の最高峰金峰山」と紹介していたのは誤りだ。
最高峰は北奥千丈岳(2601m)である。ちなみに金峰山は2599m。

それにしても広い。
DSC_9297_20161218053346709.jpg

山頂は混雑しているので、とりあえず通過して、休憩に適した場所を探す。
DSC_9299_20161218053349ba8.jpg

あのあたりが、見晴らしが良さそうだ。
DSC_9298_20161218053347e7e.jpg

まずは蓼科神社に参拝。
DSC_9300_20161218053350503.jpg

無事登頂に感謝。
DSC_9301_201612180533126fd.jpg

次は方向指示盤を目指す。
DSC_9302_201612180533147ae.jpg

うん、素晴らしい。白樺湖と霧ヶ峰(1925m)。
DSC_9303_201612180533158b3.jpg

白樺湖のアップ。
DSC_9304_201612180533169a1.jpg

諏訪盆地と中央アルプス。
DSC_9305_20161218053318a01.jpg

右端から空木岳(2864m)、南駒ヶ岳(2841m)、越百岳(2613m)。
DSC_9306_20161218053229765.jpg

左端から宝剣岳(2931m)、中岳(2925m)、将棋頭山(2730m)。
DSC_9307_20161218053231ede.jpg

再び南アルプス。左から北岳、間ノ岳、甲斐駒、塩見岳。
DSC_9308_20161218053232220.jpg

城の平あたりの池。
DSC_9309_20161218053234290.jpg

車山と霧ヶ峰。
DSC_9310_20161218053235243.jpg

方向指示盤の台に乗ってみたら、指示盤そのものは失われていた。
DSC_9312_20161218053208eda.jpg

ピラタスの丘の別荘群。
DSC_9313_20161218053209f16.jpg

再度、美ヶ原と立山。
DSC_9315_201612180532120b0.jpg

鉢伏山(1928m)。右奥は穂高岳(3190m)。
DSC_9316_20161218053143db4.jpg

三峰山(1888m)。
DSC_9317_20161218053145fd6.jpg

しらかば2in1スキー場。奥に御嶽山。
DSC_9318_20161218053146e26.jpg

八子ヶ峰の東峰(1869m)。三角屋根はヒュッテアルビレオ。
DSC_9319_2016121805314830f.jpg

槍ヶ岳(3180m)。
DSC_9320_20161218053149c51.jpg

穂高連峰。
DSC_9321_201612180531185a4.jpg

方向指示盤のすぐ下の岩に腰掛けて、休憩。
南アルプスや中央アルプス、白樺湖を眺めながら、お菓子をつまむ。
お湯も持っていているので、お茶もいただいた。
いやいや、これが見たかったのだ。至福の時である。
15分ほどのんびりして、台地の縁を回って頂上に向かった。
DSC_9326_201612180531208f5.jpg


(つづく)

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1122-8b6698c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (82)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (21)
ドライブ (9)
廃線の旅 (8)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR