山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

戸倉三山(1)

【2016年10月2日(日)】戸倉三山
この週末は高校同窓会の山岳部例会で谷川岳へ沢登りに行く予定だったのだが、天気予報が芳しくなく、前の週の火曜日の段階で中止となった。
土曜日は前日になっても曇り時々雨の予報だったので大人しくしていたが、日曜日は曇りで済みそうだったので、展望があまり期待できない山域に行くことにした。
以前からずっと気になっていた戸倉三山である。
一周すると8時間以上かかるロングコースだが、ほとんどが植林の中と思われ、曇っていても晴れていても、それほど景色には差がないだろうと思ったわけ。

当日は午前5時に起床。5:20頃家を出て、5:40新所沢発の電車に乗った。
小平、拝島で乗り換えて、6:44に武蔵五日市着。
先週も御前山(1405m)に登るために、ここに来たばかりだ。
乗り継ぎの京王八王子駅行きバスは6:45発。
前日に時刻表を調べていて愕然とした。乗り継ぎ時間が1分しかない。
これは間に合わない。電車を1本早くしようかとか、あれこれ考えたが、結局乗り遅れたらタクシーを使うことに決めた。
登山口までは大した距離ではないので、1000円ちょっとくらいだろう。

幸いなことに電車は定刻通りに着いたので、走ってバス停に行ったら、バスはまだいてくれた。助かった。
でも、その直後、バスは発車。6:44着のお客さんを待っている様子はなかった。
まあ、そもそも八王子方面に向かう登山者はめったにいないのだろう。
乗客はわたし1人。
DSC_3116_20161211052555fc6.jpg

それにしても、いい天気になってしまった。曇りどころか快晴に近い。
所沢を出る時は雲が多かったが、いまは真っ青だ。
新小峰トンネルを通過し、今熊山登山口バス停には10分ほどで着いた。
DSC_8747_2016121105255654b.jpg
ストレッチは電車の中で済ませておいたので(途中で私の乗っている車両の中に誰もいなくなったから)、すぐに出発。

秋川街道を若干、トンネル方面に戻る。
DSC_8748_2016121105255818a.jpg

キバナコスモスのお出迎えを受けた。
DSC_8749_201612110525599ae.jpg

新小峰トンネルの手前を左折。
DSC_8750_2016121105260118f.jpg

かつては今熊神社の参道だったと思われる道を進む。
DSC_8751_20161211052534477.jpg

沿道にはキンモクセイが咲いていた。
DSC_8752_20161211052535fac.jpg

「三百米」とは神社入口からの距離なのだろうか。神社まではそんなに近くない。
DSC_8753_201612110525377f2.jpg

コスモスのきれいな季節になった。
DSC_8755_2016121105253801f.jpg

この道はハイキングコースになっているようだ。
DSC_8756_20161211052540b50.jpg

川口川を渡る。上流端だそうだ。
DSC_8757_20161211052512993.jpg

右手に正福寺。
DSC_8759_201612110525150ab.jpg

山号はその名もずばり今熊山。
DSC_8758_20161211052513eef.jpg

寺の石灯籠を遠巻きに見て進む。
DSC_8760_20161211052517730.jpg

数字が増えているということは、やはり入口からの距離で間違いなさそうだ。
DSC_8761_201612110525185b2.jpg

山頂までは1.4kmもあるし。
DSC_8762_20161211052449c71.jpg

路傍に道しるべ。「右 いまぐま山みち」とある。
DSC_8767_2016121105245599a.jpg

裏を見ると、安政年間に建立されたもののようだ。
DSC_8764_20161211052450cda.jpg

ここには、石仏や石碑が集まっていた。
DSC_8765_201612110524526e7.jpg
DSC_8766_20161211052453559.jpg

金剛の滝への分岐まで来ると、トレランの2人が金剛の滝方面から今熊山方面に走って行った。
DSC_8768_20161211052420750.jpg
最近はトレランの人が多いなあと思っていたら、なんと来週がハセツネで、ここがまさにスタート地点付近だった。
なんか嫌な予感がする。今日もランナーの方々に悩まされるのだろうか。

分岐には、「今熊野山道」と書かれた立派な道しるべが立っていた。
DSC_8769_20161211052422e10.jpg

昭和30年代くらいに建てられたと思しき民家。好きなタイプだ。
DSC_8770_20161211052423283.jpg

あちらに見えるのが今熊山(505m)か。
DSC_8771_20161211052425776.jpg

里でよく見かけるシュウカイドウ。
DSC_8772_20161211052426db7.jpg

バス停から20分ほどで今熊神社に到着。
DSC_8773_2016121105235524d.jpg

折角なので参拝していこう。
DSC_8775_20161211052356061.jpg

意外に立派な神社だ。
DSC_8777_20161211052359528.jpg

奥には今熊開運稲荷神社。
DSC_8778_20161211052401d20.jpg

柏手を打って、本日の安全祈願。
DSC_8780_20161211052329cf0.jpg
振り向くと、ランナーが2人並んでいた。
神主らしきおじいさんが母屋の雨戸を開けていたので、「おはようございます」と挨拶したら、無視されてしまった。耳が遠かったのだろうか。

しゃれた手水鉢だこと。
DSC_8782_201612110523310bc.jpg

それでは登山開始。
DSC_8776_201612110523586ca.jpg

まずは階段。
DSC_8783_201612110523321c5.jpg

距離が「千四百米」になっていた。
DSC_8784_201612110523338be.jpg
これは神社までではなく、山頂の奥宮まで計っているようだ。

杉並木の中を登っていく。
DSC_8786_2016121105230272a.jpg
DSC_8790_201612110523081e3.jpg

登り始めると陽射しが暑い。
DSC_8787_201612110523049ad.jpg

これは水分を2㍑持ってきてよかった。今日はかなり飲むことになりそうだ。
DSC_8788_20161211052305028.jpg

このあたりは、まだ植林したばかり。
DSC_8789_20161211052307b53.jpg

なんと、ここは天皇陛下の御成婚記念の造林地だった。
DSC_8791_201612110522362bc.jpg

昭和34年の結婚なのに、42、43年の植栽って遅くないか。
DSC_8792_2016121105223824a.jpg
何年もかけて継続的に進めていたということなのだろう。

う~ん、確かに暑い。
DSC_8793_2016121105224036c.jpg

振り返れば鉄塔。
DSC_8795_201612110522420ce.jpg

対岸の山々。
DSC_8796_20161211052212a2e.jpg

珍しく、岩を削って道にしている。
DSC_8797_20161211052214256.jpg

右手に石碑群。左は某陸軍少将の歌碑だった。
DSC_8799_201612110522159b0.jpg

太い。
DSC_8800_201612110522170eb.jpg

これは登山道というより、まさしく奥宮への参道だ。
DSC_8801_20161211052218a51.jpg

休憩スポットがあった。
DSC_8802_20161211052140f92.jpg

武蔵五日市の町並みが一望。
DSC_8803_201612110521421f2.jpg

御岳山(929m)、日の出山(902m)方面かな。
DSC_8804_201612110521433b3.jpg

ここもハセツネのコースになっている。
DSC_8805_20161211052145f28.jpg

しめ飾りをくぐる。
DSC_8806_2016121105214659e.jpg

古い参道の名残。
DSC_8807_20161211052104e2e.jpg

ていうか、現役の立派な参道だ。
DSC_8808_20161211052106ca9.jpg

メートル石ではなく、丁目石を発見。いきなり三十二丁目だ。
DSC_8809_2016121105210785c.jpg

早くも頂上かな。
DSC_8810_2016121105210962e.jpg

社務所かと思ったら、トイレだった。
DSC_8812_20161211052110c1c.jpg
今日はまだ出していないが、まだ出る雰囲気ではないので通過。

電線が邪魔だが、ここからも武蔵五日市の市街地を望むことができた。
DSC_8813_20161211052038a34.jpg

頂上はここではなく、まだ先がある。
DSC_8814_201612110520393a9.jpg

南の方角の入山尾根にある採石場。
DSC_8815_201612110520412cf.jpg

最後の登り。立派な石段が続く。
DSC_8817_20161211052044c77.jpg

八王子横山宿柳瀬屋の奉納。
DSC_8818_20161211051959d6c.jpg

こちらは相沢村の加藤重蔵さん。
DSC_8819_2016121105200144b.jpg

山頂まであと100m。
DSC_8820_20161211052002f9d.jpg

上が欠損しているが「○○屋友次郎」。
DSC_8821_20161211052004852.jpg

何だか山城のようだ。
DSC_8822_20161211052006d51.jpg

あの白い建物が奥宮だろうか。
DSC_8823_20161211051936c1d.jpg

石灯籠。
DSC_8824_20161211051938912.jpg

これも開運稲荷社。
DSC_8826_20161211051938be0.jpg

この石段で最後だ。
DSC_8827_201612110519401a5.jpg

(つづく)

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1109-ae3f7bec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (82)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (21)
ドライブ (9)
廃線の旅 (8)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR