山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

古賀志山(下)

【2016年9月30日(金)】古賀志山
古賀志山(538m)から御嶽山(560m)に向かっている。
DSC_8292_201612101909242e3.jpg

低山なのに、こんな岩場も登らされる。
DSC_8293_2016121019092522f.jpg

ロープをつたいながらのへつりもある。
DSC_8294_20161210190927b37.jpg

さらにはハシゴ。
DSC_8295_20161210190856de4.jpg

なかなか歯ごたえがあるではないか。
DSC_8296_201612101908581bb.jpg

でも、とくに問題なく、古賀志山から10数分で御嶽山に到着。
DSC_8297_20161210190859819.jpg
後ろから来るおじさんの鈴の音がちょっと気になったくらいだった。

御嶽山は、弘化三年(1846年)に木曽御嶽山からこの山頂に御嶽神社を勧請したことによる名称のようで、かつては中ノ鳥屋山と呼ばれていたらしい。
DSC_8298_20161210190900751.jpg
古賀志山から赤岩山(535m)へと続く一連の山脈が鳥屋山と呼ばれていたのだろうか。

ここは北側が開けていたが、期待していた日光連山が雲に隠れて一つも見えない。
DSC_8299_201612101909024a0.jpg
見えたのは、手前にある1000m級の低山のみ。

でも、山座同定用の大きな写真があったので、どれが何山なのか、すぐに分かってありがたかった。
DSC_8300_20161210190834d13.jpg
天気のいい時はこんな風に見えるんだ。
今日は天気がよかったはずなのになあ。すっかり曇ってしまった。
やはり秋雨前線が近くにある時は、中央分水嶺の展望は期待できないようだ。

とりあえず見えてみるのを同定してみよう。まずは羽賀場山(774m)。
DSC_8301_20161210190836bdd.jpg

笹目倉山(804m)。
DSC_8303_201612101908374b0.jpg

鶏鳴山(969m)。
DSC_8305_20161210190839e07.jpg

この後ろに男体山(2486m)と日光白根山(2578m)が見えたはず。
DSC_8306_20161210190840600.jpg

鳴虫山(1102m)。
DSC_8307_20161210190812c4a.jpg

この後ろには女峰山(2483m)が。いや、死んだ子の年を数えるのは止めよう。
DSC_8308_20161210190814d46.jpg

左から大笹山(1297m)、ちょっと奥に明神ヶ岳(1595m)、夫婦山(1342m)、月山(1287m)。
DSC_8309_20161210190815bac.jpg

中央右に荒海山(1581m)。
DSC_8312_2016121019081719a.jpg

高原山(1795m)も雲の中だった。
DSC_8314_20161210190818de2.jpg

目を転じて、周囲の岩峰。
DSC_8315_20161210190746ad3.jpg

北にある559mピーク。
DSC_8316_20161210190748662.jpg

北東方面の山の連なり。
DSC_8317_201612101907495e3.jpg

古賀志山(左)。
DSC_8329_201612101907031c2.jpg

赤岩山方面に登っている人の姿も見えた。
DSC_8319_20161210190751825.jpg

時間があれば私もあっちまで縦走したかったのだが、今日は大谷散策が必須なのでやむを得ない。
DSC_8320_20161210190752669.jpg

西の方角の全景。
DSC_8322_2016121019072436b.jpg

おっと、パラグライダーを発見。
DSC_8321_20161210190722c33.jpg

北西は鉄塔銀座。
DSC_8323_201612101907258d0.jpg

東の方角も背伸びをすれば見える。
DSC_8326_20161210190659408.jpg

筑波山(右、877m)から加波山(左、709m)。
DSC_8328_20161210190702ae8.jpg

宇都宮の市街地。
DSC_8327_20161210190700973.jpg

山頂は実はこんな感じでした。
DSC_8324_2016121019072705f.jpg

ひと通り撮影は終えたので、祠に安全祈願をして下山開始。
DSC_8330_201612101907057b8.jpg
DSC_8332_2016121019062862a.jpg

赤岩山方面にはさようなら。
DSC_8325_20161210190728ad7.jpg

鞍部までは来た道を引き返す。
DSC_8333_20161210190630773.jpg

当然、岩場歩き。
DSC_8334_2016121019063257d.jpg

当然、へつりも繰り返す。
DSC_8335_20161210190633d12.jpg

ロープ場も登る。
DSC_8336_20161210190634ccd.jpg

はい、鞍部に到着。
DSC_8337_20161210190604f4b.jpg

休憩せずに参ります。
DSC_8338_2016121019060560d.jpg

南コースは長い長い階段だ。
DSC_8339_20161210190607433.jpg

トントン、トントン、リズムよく下る。
DSC_8340_20161210190608c64.jpg

かつては何かがあったと思われる岩陰。
DSC_8341_20161210190610f0c.jpg

これは登りに使わなくてよかった。
DSC_8342_20161210190539838.jpg

いつまで続くことやら。
DSC_8343_20161210190540118.jpg

大きな岩の横をすり抜けていく。
DSC_8344_201612101905420ed.jpg
DSC_8345_20161210190544247.jpg

もう少しなのかな。
DSC_8346_201612101905450d3.jpg

この岩陰にも何かあったようだ。
DSC_8347_20161210190512f52.jpg

やっと先が見えた。
DSC_8349_20161210190513073.jpg

と思ったら、まさかの登り返し。
DSC_8351_20161210190515a74.jpg

その先は、尾根道を行くか、谷道を行くか。
DSC_8352_20161210190516e28.jpg

やっと階段からは解放されたようだ。
DSC_8353_20161210190518b91.jpg

御嶽山から30分ほどで林道に出た。
DSC_8355_201612101904481b3.jpg
DSC_8356_201612101904509de.jpg

林道をはさんで、登山道が続いており、「坊主山へ200m」とある。
DSC_8354_20161210190447e83.jpg

おそらく15分ほどで、もう1山稼げるのだろうが、今回はパスした。
DSC_8357_201612101904518b4.jpg

時間優先だ。できれば12時までには車に戻りたい。
DSC_8358_20161210190453e17.jpg

ちょっと小腹が空いたので、亀田製菓の「ハッピーターン」をつまむ。
DSC_8359_2016121019042289b.jpg
これが癖になるおいしさだった。

綿毛になったオニタビラコ。
DSC_8360_20161210190423196.jpg

落石注意。
DSC_8361_20161210190425098.jpg

しばらくちんたら林道を歩いていたが、飽きてきたので、議事進行の意味もあり走ることにした。
DSC_8362_20161210190426d50.jpg

10分くらいで疲れて止めたけど。
DSC_8363_20161210190428baa.jpg

ここが南コース登山口への入口にあたる。
DSC_8364_20161210190357f80.jpg

正面は古賀志山の一ピーク。
DSC_8365_20161210190358908.jpg

いくつもゲートがある。
DSC_8366_20161210190400d85.jpg

通行禁止なのはレンタサイクルだけらしい。
DSC_8367_20161210190401be8.jpg

北コース入口まで戻ってきた。
DSC_8369_20161210190403dcc.jpg

さっきは湖畔の道を歩けなかったので、帰りは湖畔沿いに行く。
DSC_8370_20161210190334d67.jpg

途中にあった廃屋を発見。
DSC_8372_2016121019033642a.jpg

何かの宿泊施設だったのだろうか。
DSC_8373_20161210190337044.jpg
DSC_8375_20161210190340315.jpg

公園二号橋を渡る。
DSC_8374_20161210190339157.jpg

なんと、この廃屋は国防協会栃木県総本部だった。しかし、なぜここに?
DSC_8376_201612101903091e3.jpg

間もなく湖畔に出た。
DSC_8377_20161210190311a30.jpg

心なごむ。
DSC_8378_20161210190313d5c.jpg

振り返ると、古賀志山(左)と東稜見晴(右)。
DSC_8379_20161210190314766.jpg

赤川ダム竣工記念碑。
DSC_8380_20161210190315d12.jpg

しだれ桜だろうか。
DSC_8381_20161210190246c50.jpg

堰堤の向こうに多気山(377m)。
DSC_8382_201612101902481a6.jpg

湖畔を楽しんだ後は、花壇を愛でてつつ、駐車場へ。
DSC_8383_20161210190249da3.jpg

ここは「全国水源の森・百選」の一つだった。
DSC_8384_201612101902516fe.jpg

12時すぎに駐車場に到着。スモールが付けっぱなしだったのは、前述した通り。
気を取り直して、まずはお昼。
大谷に着くまでに、どっか餃子屋があるといいなあと思っていたら、ヤマレコにも乗っていた高橋餃子店を偶然道沿いに発見。
DSC_3125_201612101909216c4.jpg
駐車場にはかなりの車が停まっていて、混んでいる感じだったが、他にすぐ見つかるとも限らないので入ることにした。

ミニラーメン付の餃子定食が650円。安い。迷わず、それにした。
10分近く待たされたが、餃子もラーメンも美味しかった。
DSC_3126_201612101909223bf.jpg

【行程】2016年9月30日
宇都宮森林公園駐車場(9:40)~登山口(9:53)~東稜コース分岐(10:07)~東稜見晴(10:40撮影10:43)~古賀志山(10:49撮影10:52)~御嶽山(11:04撮影11:02)~南コース登山口(11:30)~芝山橋(11:48)~駐車場(12:02)
※所要時間:2時間22分(歩行時間:2時間10分)
※登った山:3座(東稜見晴、古賀志山、御嶽山)
※歩行距離:5.1km

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1108-0da8172f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (154)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR