山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

古賀志山(上)

【2016年9月30日(金)】古賀志山
この日は宇都宮の大谷地区に出張。
栃木在住の友人S君と日光の山に行く際は、よく彼が所属している山岳会の事務所を利用させてもらっていたのだが、その事務所があるのが大谷。
何度も通ううちに、ここはゆっくり歩いてみたいところだなあとの思いを募らせていたのだ。
秋雨前線が停滞してぐずつき気味の天気が続いていたが、金曜日だけピンポイントで晴れる予報だったので、この日に出張を決行することにした。

大谷での仕事は数時間で終わるので、近くにさくっと登れる山がないかと探したところ、まさに至近距離に古賀志山(538m)という1時間ほどで登れる山を見つけた。
当初は、ゆっくり出発して、大谷をのんびり歩くつもりだったが、朝早く出てこの山を午前中に登ってから、仕事は午後に回すことにした。
5時起き6時出発を期して、前夜は11時過ぎに就寝。

しかし目が覚めたら、すでに6時前だった。
パッキングも何もしていなかったので、慌てて準備をして、7:15に出発。
愛車は2か月ほど前にガス欠になって以来の使用なので、まずエンジンがかかるかどうかが心配だったが、1回空振りの後、2回目でかかった。助かった。
ガソリンもあの時は1㍑しか入れていなかったが、スタンドまで3kmほど何とか走ってくれて、満タンにすることができた。これでひと安心だ。

朝食はコンビニで買った菓子パン。
昼飯は下山してから、どこかの餃子屋で食べるつもりだ。
さすがに平日のこの時間は通勤ラッシュで混んでいる。
パンをかじりながら運転。
普段なら20分ほどで圏央道の入間ICまで行けるが、今日は40分もかかってしまった。

空は曇っているが、栃木は晴れの予報だったから、直に晴れてくるだろう。
時々眠くなりながらも休まず、馬力のないパジェロミニを走らせる。
100km出すのがやっとだ。
鹿沼の手前で古賀志山と思しき山の連なりが左手に見えた。
DSC_3119_201612092047369dd.jpg
右手には筑波山(877m)がきれいな稜線を描いていた。

結局スカッと晴れないまま宇都宮ICに到着。
ここで下りて、登山口に向かう。
道は何度も右折左折を繰り返すが、事前に道路地図帳で確認しておいたので大丈夫(ナビはないのだ)。
途中、沿道に「ただおみ温泉」なる日帰り温泉を発見。
帰りはここに入ることに決定。
この先の「ろまんちっく村」の中にも温泉があるようだが、「ただおみ」の方がひなびているので、空いているような気がする。

9:30過ぎ、登山口にあたる宇都宮市森林公園の駐車場に到着。
ルート検索の計算通り、2時間ちょっとかかった。
それはともかく着いてみて、びっくり。
DSC_8153_20161209204737b7c.jpg
平日にも関わらず、かなりの車がある上に、10人単位の登山者のグループがどんどん歩いていく。
げげ~っ、なんか大会でもあるのか! と思ったが、そうではなく、もともとこの山は地元の人が気軽に登れる山のようで、平日でも登山者が多いのだろう。
今日は秋の長雨の中の晴れ間で、その分、登山者が集中したのかもしれない。
しかし、理由はともかく混んでいると思うと、ちょっと気が萎える。

車のドアを開けると、ピーという警告音が鳴った。
何だろうと思ったが、ドアを閉めたら止まったので、とくに気に留めなかった。
実はスモールランプが付けっぱなしだったのだ。
2か月も車に乗っていなかったので、「あれ? ドア開けっ放しにしたら、鳴るんだっけ」くらいにしか反応できなかったのだ。
登山を終えて戻ってきて、ドアを開けると、また警告音。
この時初めて、「あ、ランプだ」と気が付き、やっとオフにしたのだが、幸いバッテリーは上がっておらず、エンジンはかかった。
いや~、年は取りたくないものだ。完全にボケている。
しかし、登山中に思い出さなかったのは、結果的に不幸中の幸いだった。
登っている最中に、「あ、そういえば、あのピー音はライトだった!」と気づいたら、バッテリーが上がってしまうのが心配で、全く落ち着いて山歩きをすることができなかっただろう。ガス欠の次にバッテリーじゃあ、洒落にならない。

そんなことだとは露知らず、のんびり車の横でストレッチ。
トイレも済ませて、9:40に出発。
DSC_8154_2016120920473948c.jpg

実は今日は地図を持って来ていない。
前日行き先を決めたものだから、地形図も買っていないし、ここは「山と高原地図」の範囲外なのだ。
もしかしたら、赤川ダム事務所みたいなところでハイキングマックを配布していないかと期待していたが、そんな施設はなかった。
駐車場に掲げられた地図を一応、撮影したが、これではやはり分かりにくい。
DSC_8386_20161209205348f51.jpg
一応、スマホの地図ロイドがあるにはあるが、ヤマレコで「北コースが通行止め」という情報を得ており、別コースもしくは迂回路を知りたかったのだが、それもよく分からない。
結局行き当たりばったりになってしまったので、登山者が多いのは逆によかったのかもしれない。
基本的に彼らに付いていけばいいのだ。

しばらくは花壇に沿った舗装道路を行くのだが、面白くないので、ダムサイトの園地の中を突っ切っていく。
DSC_8156_20161209204740c85.jpg

赤川ダムの堰堤にぶつかったので階段を登り、堤頂に出る。
DSC_8157_2016120920474253d.jpg
DSC_8159_20161209204714f58.jpg

ここからは湖面に映った古賀志山を見ることができた。
DSC_8161_201612092047179cc.jpg

舗装道路を歩いていては、この眺めは見られなかっただろう。
DSC_8162_2016120920471948d.jpg

湖畔にも道はあるようだ。帰りは湖畔を歩こう。
DSC_8163_20161209204720dc9.jpg

ダムの下流方面の眺め。多気山(377m)が見える。
DSC_8160_20161209204716ccf.jpg

このダムは昭和46年の完成。
DSC_8164_2016120920465369a.jpg

この案内図でも「北コース」以外は書かれていない。
DSC_8165_20161209204655e3c.jpg
なので、慌てて他の登山者の後を追う。

舗装道路に戻ると、湖側にバーベキュー場があった。
DSC_8167_201612092046585fe.jpg
DSC_8166_20161209204656cd6.jpg

頂上まで2.7km。
DSC_8168_20161209204659f77.jpg

ダム湖が尽きたあたりに釣り堀があったが、休業中のようだ。
DSC_8169_20161209204628129.jpg
DSC_8170_2016120920462910d.jpg
このあたりにも若干の駐車スペースがあった。
事情に詳しい人なのだろう。何台か停まっていた。
私も今日は時間を節約したいので、ここまで来てみる手はあったが、ダム湖を見られたので、よしとしよう。

赤川を渡る。
DSC_8171_2016120920463124f.jpg

ここの地図には「南登山道」が書かれていたが、つい見逃してしまった。
DSC_8172_20161209204632fe6.jpg

そのすぐ先に登山口はあった。
DSC_8173_20161209204634b13.jpg
「通行不可」「南コースへ」という誘導があるが、みな「北コース」を堂々と進んでいく。
この先に迂回路でもあるのだろうか。

左手は赤川の清流が流れている。
DSC_8174_201612092046042d2.jpg

しばらくはまだ舗装道路のようだ。
DSC_8175_201612092046067e3.jpg

皆さん、ほんとに迷わず「北コース」を歩いている。
DSC_8176_20161209204608e86.jpg

しばらく行くと、鉄橋が崩落して、通行止めのフェンスが設けられている場所に出た。
DSC_8177_20161209204609600.jpg

ここが「北コース通行止め」の理由だったようだ。
DSC_8178_20161209204610823.jpg
台風のため橋が崩落したらしい。

でも、みなそのフェンスの脇から、1本だけ残った橋桁を渡って、先に進んでいる。
DSC_8180_2016120920454117c.jpg
「そうか、みんな突破していくわけか」

納得して私も後に続く。
DSC_8181_201612092045434b1.jpg

しつこく「通行止め」の警告があるが、みんな無視しているので、地元の方に従う。
DSC_8182_201612092045442da.jpg
DSC_8183_20161209204546f91.jpg

ここは宇都宮森林公園の中だそうだ。
DSC_8184_20161209204547422.jpg

しばらく台風の爪痕の残る林道を進んでいく。
DSC_8185_20161209204518ee9.jpg

団体さんがゆっくりなので、脇をすり抜けて先に行かせてもらった。
DSC_8186_20161209204520ca8.jpg

石が露出した歩きにくい道だ。
DSC_8187_20161209204521128.jpg

すぐ横を沢が流れている。
DSC_8188_20161209204522996.jpg

さらに石がひどくなってきた。
DSC_8189_2016120920452427b.jpg

やっと前に人がいなくなった。
DSC_8190_201612092044545f5.jpg

これらも台風の影響だろうか。
DSC_8191_20161209204456004.jpg
DSC_8192_20161209204457ce5.jpg

途中、水場があった。
DSC_8194_201612092045014b5.jpg
DSC_8193_201612092044599aa.jpg

この先は本格的な登山道となる。
DSC_8195_20161209204430db5.jpg

ここにロープが吊るしてあった。
DSC_8196_20161209204432e91.jpg

先行の人はそこを登ると、左の方に進んでいく。
DSC_8198_2016120920443500b.jpg

でも、このまま真っすぐ続いている道の方が正規の登山道のように見える。
DSC_8197_20161209204433761.jpg
不審に思いつつも、わりと左の踏み跡もしっかりしているので、先行者に従った。

それでも、なんかおかしいので、地図ロイドを確認すると、こちらの道も「北コース」と並行している。迂回路なのだろうと判断して、そのまま進むことにした。
DSC_8199_2016120920443652e.jpg

しかし、間もなく、道は左に大きく逸れていく(つまり北コースとは離れてしまう)。
DSC_8200_201612092043473ba.jpg

先行者も立ち止まっている。
DSC_8201_201612092043500a5.jpg
「あれ、彼もおかしいと思ったのかな」
と思ったら、なんと道で小便をしていた。
ほんとに、おじさんはしょうもない。おらもおじさんだけど。
間もなく彼に追いついたので、「この道でいいんでしょぅかねえ」と聞こうと思ったが、失礼な気もして止めた。

(つづく)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1106-060559ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (74)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (93)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (41)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (19)
ドライブ (8)
廃線の旅 (8)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR