山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

龍崖山(2)

【2016年9月17日(土)】龍崖山
龍崖山(246m)、登山開始。
CIMG7715_20161204211027a7a.jpg

随分早い紅葉に歓迎された。
CIMG7717.jpg

ゆるゆると登っていく。
CIMG7719_20161204211030fab.jpg

常緑の葉っぱ。
CIMG7720_20161204211031b60.jpg

結構、岩がゴツゴツしている。
CIMG7723.jpg

なかなか山深い雰囲気。
CIMG7725.jpg

この山もキノコの山だった。
CIMG7722_20161204211033014.jpg
CIMG7726_20161204211008054.jpg

ちょっと茶色くなったシロオニタケ。
CIMG7728_20161204211010583.jpg

急坂にはロープが張られている。
CIMG7729_20161204211012920.jpg

これはかなり大げさな。
CIMG7730_20161204210942a6e.jpg

キノコ2態。
CIMG7731_20161204210944dd3.jpg
CIMG7732_2016120421233206f.jpg

無料のお休み処(その2)
CIMG7733.jpg

あと870m。細かく刻んでくれて、とても親切だ。
CIMG7734_2016120421094989c.jpg

ご立派!
CIMG7735.jpg

これは有料?(笑)
CIMG7736_20161204210916d4c.jpg

いったん下る。
CIMG7738_20161204210919ba2.jpg

キノコの園へ突入。
CIMG7739_20161204210921391.jpg
CIMG7740_2016120421085161a.jpg
CIMG7741.jpg

小さな谷を土橋で渡る。
CIMG7742_2016120421085491d.jpg

水の流れはよく確認できない。
CIMG7743.jpg

オトコエシ。
CIMG7744_20161204210857b2e.jpg

カシの木
CIMG7745_2016120421075724f.jpg

ベニテングタケ。
CIMG7746.jpg

先行の人が見えてきた。
CIMG7747_20161204210800aa6.jpg

これはカビ? かなり激しい。
CIMG7748_201612042108022e1.jpg

燧山(234m)に到着。
CIMG7749.jpg

ここからは若干の展望が得られた。
CIMG7752.jpg
CIMG7756.jpg

でも、雲っていて、山座同定は難しかった。
CIMG7755_2016120421072202b.jpg

先行の方は先に行ってしまった。
CIMG7753_2016120421072085f.jpg

私も少し遅れて出発したが、山名板の裏に何か書かれている。
CIMG7757_201612042107250fa.jpg
「尾瀬ヶ原」ではなく「大河原」だそうだ。

岩場を下る。
CIMG7758_201612042106568e4.jpg

その後は木の階段。
CIMG7759_20161204210657ecb.jpg

燧山を振り返る。
CIMG7760.jpg

次の谷を覗く。
CIMG7761_2016120421070024d.jpg

奇怪な形のヤマジノホトトギス。
CIMG7762.jpg

水墨画のようなキノコ。
CIMG7763.jpg

頂上までには見晴らし台が2か所あるようだ。
CIMG7764.jpg

まずは見晴らし台テラス。
CIMG7769.jpg

こんな展望が広がった。
CIMG7765_20161204210636808.jpg
CIMG7766_20161204210637fd9.jpg

ここからは富士山や大岳山が見えるらしい。今日は残念だ。
CIMG7768_20161204210639d14.jpg

すぐ先にも展望スポットがある。
CIMG7770.jpg

富士山見晴らし台。
CIMG7773_201612042106128b5.jpg

撮影用の額が用意されていた。
CIMG7771_201612042106113a9.jpg
ここで昼食のため、しばし休憩。

食後、山頂に向かう。
CIMG7778.jpg

あと20mだ。
CIMG7780_20161204210547d65.jpg

お迎えのシロオニタケ。
CIMG7779_201612042105452f1.jpg

竜崖山は中世の山城として利用されており、空堀の遺構が残っていた。
CIMG7782_2016120421054875e.jpg

間もなく、山頂に到着。
CIMG7806_20161204210428538.jpg

立派な石碑が立っていた。
CIMG7784_20161204210549378.jpg

小さな石祠に一礼。
CIMG7785_201612042105519fe.jpg

気温が26℃。そんなに高くはない。
CIMG7788_20161204210522164.jpg

ここはさすがに展望がいい。
CIMG7787_201612042105209c1.jpg

まずは飯能市街。
CIMG7790_20161204210523210.jpg

スカイツリーも見えるらしいが、今日はちょっと無理。
CIMG7792_20161204210524931.jpg

北には多峯主山(271m)。
CIMG7795_20161204210526648.jpg

入間川の吾妻渓谷らしきものが見えた。
CIMG7809_20161204210402e7f.jpg

丁寧に展望写真が説明付きで掲示されている。
CIMG7798_20161204210454743.jpg

山の上に展開するのは飯能日高団地。
CIMG7799.jpg

その西方は奥武蔵の山々。
CIMG7800_20161204210457905.jpg

尖っているのは天覚山(446m)。
CIMG7801_201612042104585f9.jpg

そのさらに右には、大持山(左、1294m)と武甲山(右、1304m)。
CIMG7802_20161204210500f8c.jpg

これらは同定不能。
CIMG7803.jpg

さっきも見た通り、ここは中世の大河原城の跡でもある。
CIMG7804_20161204210425c77.jpg

その縄張りはこのようになっている。
CIMG7805_201612042104260ed.jpg

こんな木彫があったが、モデルは何なのだろう?
CIMG7807_20161204210429fae.jpg

さて、お暇しましょう。
CIMG7808_20161204210400876.jpg

下り始めると、なぜか落とし穴!
CIMG7811_20161204210403c8d.jpg

再びオトコエシ。
CIMG7812_20161204210405484.jpg

またまたキノコ。
CIMG7813_20161204210406dec.jpg

今回は、金蔵寺はパスして、八耳堂に下る。
CIMG7814_201612042103382fd.jpg

ここにも無料休憩所。
CIMG7815.jpg

この先はほんとに急な下り。
CIMG7817.jpg

ロープが張られている。
CIMG7818_201612042103429cb.jpg

ロープ坂と呼んでいるようだ。
CIMG7819_20161204210344b28.jpg

間もなく、平らな場所に出た。
CIMG7820.jpg

三四郎平というらしい。
CIMG7821_20161204210317b1f.jpg
CIMG7824_20161204210322896.jpg

ここにはかつて大河原城の館があったと伝えられ、殿屋敷とも呼ばれているそうだ。
CIMG7822_20161204210319cfd.jpg

ここは、龍崖山への男坂と女坂の分岐でもあった。
CIMG7823_20161204210320acb.jpg

ここからまたさらに下る。
CIMG7825_20161204210252e44.jpg

こちらは第一ロープ坂。さっきのは第二。
CIMG7826_20161204210254934.jpg

最後に細い沢を渡る。
CIMG7827_20161204210255787.jpg

これで龍崖山のハイキングコースはおしまい。
CIMG7828_20161204210257b75.jpg

コースの出口というか入口に、小さな社があった。
CIMG7829_20161204210258b6a.jpg

手水鉢もそこそこ古そうだ。
CIMG7830_2016120421012580b.jpg

御神木だろうか。
CIMG7831_2016120421012787d.jpg

軍太利神社の摂社なのかな。
CIMG7832_2016120421012828b.jpg

鳥居の奉納は昭和10年。
CIMG7833_20161204210130187.jpg

鳥居は2つ並んでいた。
CIMG7834_20161204210131edf.jpg


(つづく)

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1098-54f353b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
北海道の山 (185)
東北の山 (62)
上信越の山 (147)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (97)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (53)
南アルプス (101)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (15)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (40)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (34)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR