山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

日光白根山(2)

【2016年9月10日(土)】日光白根山
歩き始めてから1時間45分ほどで座禅山(2317m)の頂上に到着。
DSC_7346_20161130204744c5f.jpg
真の山頂が立入禁止の場合は、直近の場所に行けば「登った山」として認定するという自己ルールがあるので、それに従う。
今回は幸い「山名板」もあったので、世間からの批判もあるまい(笑)。

このまま進めば、ロープウエー方面に行ける。
DSC_7345_20161130204743d09.jpg

我々はすぐに引き返して、本チャンの白根山(2578m)に取り掛かる。
DSC_7348_201611302047464cd.jpg

筋骨隆々の山という印象だ。
DSC_7349_20161130204747703.jpg

やはり日光の盟主は男体山(2486m)ではなく、白根山だなと納得する。
DSC_7350_20161130204749977.jpg

左手には、5月に登った前白根山(2373m)が望めた。
DSC_7351_2016113020471654e.jpg

さっきの鞍部に戻ってきた。
DSC_7352_2016113020471801f.jpg

いま一度、座禅山を振り返る。
DSC_7353_20161130204719f4e.jpg
DSC_7355_20161130204722531.jpg

弥陀ヶ池も再び見えてきた。
DSC_7354_201611302047217f6.jpg

座禅山山頂付近。
DSC_7356_20161130204654d49.jpg

これはロープウエー方面に直行する道。
DSC_7357_20161130204656f49.jpg

座禅山の全容。
DSC_7358_2016113020465793b.jpg

すぐに森林限界を越え、雄大な展望が開けた。
この先は何度も立ち止まって、写真を撮ることになる。
すぐ北にある尾瀬の燧ヶ岳(2356m)、至仏山(2228m)は言うに及ばず、谷川岳(1977m)や苗場山(2145m)も見えた。
それらの奥に見える山々は何なのか、にわかには分からなかったけど。

まずは燧ヶ岳。
DSC_7361_20161130204629e5c.jpg

左は根名草山(2330m)、右は温泉ヶ岳(2333m)。手前は座禅山。
DSC_7362_2016113020463171d.jpg

これらは特定できず。
DSC_7363_20161130204632f49.jpg
DSC_7366_201611302046353d2.jpg

東に五色山(2379m)。
DSC_7365_2016113020463466e.jpg

ときどき頂上を振り仰ぐ。
DSC_7367_20161130204606eb1.jpg

この木を見ると、やはり雪は多いみたいだ。
DSC_7368_20161130204608ec2.jpg

登るにつれて、五色沼も見えてきた。
DSC_7369_20161130204610180.jpg

五色山と前白根山の鞍部の向こうに見えるのは、女峰山(左、2483m)と大真名子山(2375m)。
DSC_7370_20161130204610921.jpg

根名草山方面の全景。
DSC_7371_20161130204613505.jpg

燧ヶ岳の手前は燕巣山(2222m)、その左は四郎岳(2156m)。
DSC_7372_20161130204539ff4.jpg

四郎岳は白根山の絶好の展望台らしい。
DSC_7374_20161130204542521.jpg

弥陀ヶ池。
DSC_7373_20161130204541db2.jpg

もう座禅山を見下ろす位置まで来た。
DSC_7375_20161130204544db4.jpg

おお、鬼怒沼も見えた。あそこもいずれ行かなければ。
DSC_7376_20161130204545d10.jpg

至仏山も視界に入ってきた。
DSC_7377_20161130204508920.jpg

雲をまとっているのは、もしかして先週登った会津駒ヶ岳(2133m)だろうか。
DSC_7378_20161130204509b8b.jpg

再び、五色沼を味わう。
DSC_7379_201611302045115d5.jpg

手前から、座禅山、燕巣山、燧ケ岳。
DSC_7380_20161130204512ccc.jpg

お、左手に男体山の頂上が見えてきた。
DSC_7381_2016113020451421f.jpg

その左には、奥様の女峰山。
DSC_7382_201611302044420b1.jpg

五色山と五色沼。
DSC_7383_201611302044435d0.jpg

同定中。
DSC_7385_20161130204446108.jpg

頂上を振り仰ぐ。
DSC_7387_20161130204419f1c.jpg

おお、大勢登っているわい。
DSC_7388_20161130204421fcb.jpg

谷川岳(中央左)方面。
DSC_7389_2016113020442233c.jpg

谷川岳を望遠で見てみよう。
DSC_7390_20161130204423183.jpg
左奥の平らな山は苗場山(2145m)。
右奥の二つ並んだ山はどこだろう。
方角的には妙高山(2454m)がありえるのだが、妙高山っぽいのは左側の方。
そうすると、右の山は何だ?
というわけで結論が出ず。
帰宅して調べてみたら、左が妙高山、右が火打山(2462m)だった。
妙高の方が東側にあるので、いつも妙高は右側に見えていたが、緯度的には妙高の方がやや南にあるので、この角度からだと、妙高が左に見えることになるわけだ。
なるほど勉強になった。

弥陀ヶ池と温泉ヶ岳(ゆせんがたけ、右奥、2333m)
DSC_7391_20161130204425c92.jpg

展望を満喫しながら快適な登り。
DSC_7392_20161130204354950.jpg

菅沼も見えてきた。
DSC_7393_201611302043564d0.jpg

溶岩ドームの片鱗。
DSC_7394_20161130204358408.jpg
DSC_7395_20161130204359add.jpg

五色山の向こうに高原山(1795m)を発見。
DSC_7396_2016113020440047d.jpg

温泉ヶ岳。
DSC_7397_20161130204248d4d.jpg

これはさすがに立ち止まって見てしまいますね。
DSC_7398_20161130204250e3f.jpg

笠ヶ岳(左、2058m)の奥はたぶん巻機山(1967m)。
DSC_7399_20161130204251a6a.jpg

頂上も目前に迫ってきた。
DSC_7400_20161130204253e9e.jpg

ちょっと気になる雲。
DSC_7401_2016113020425430d.jpg

菅沼が大きく成長した。
DSC_7402_20161130204223ebb.jpg

こちらは左半分。
DSC_7409_20161130204154cfc.jpg

そして右半分。
DSC_7408_201611302041532f0.jpg

お馴染み弥陀ヶ池。
DSC_7407_20161130204151dec.jpg

さあ、岩稜付近まで登ってきた。
DSC_7406_20161130204229c5a.jpg
DSC_7410_20161130204156e74.jpg

岩に名前を付けてあげたいが。
DSC_7411_20161130204157cce.jpg

整いました!って感じ。
DSC_7412_201611302041276ea.jpg

座禅山を取り囲む湖沼群を眺めつつ
DSC_7413_20161130204128d14.jpg

岩稜帯のゴルジュへと突入する。
DSC_7414_20161130204130dd8.jpg

このあたりまで来ると、かなり人口が増えてきた気がする。
DSC_7416_20161130204133a9d.jpg
これでは頂上は大変な人出だろうと懸念していたが、案の定そうだった。

しかし、眺めは抜群だ。
DSC_7415_2016113020413158f.jpg

ゴルジュの中から北面を展望。
DSC_7418_20161130204054a34.jpg

五色山(中央)と女峰山(右上)。
DSC_7419_20161130204056d4c.jpg

弥陀ヶ池から五色沼に至る峠道を俯瞰。
DSC_7420_20161130204057c5d.jpg

丸沼もすっかり全貌を現した。
DSC_7421_20161130204059935.jpg

五色山は「風の谷のナウシカ」のオウムのようだ。
DSC_7422_20161130204100be7.jpg

こちらはダメよ。
DSC_7423_20161130204026062.jpg

いや、何度見ても飽きない絶景だ。
DSC_7424_20161130204028bf3.jpg

なので何度もごめんなさい。
DSC_7425_201611302040292f6.jpg

一つ岩稜を越えると、西の風景が突然開けた。
DSC_7426_20161130204030cd9.jpg

上の写真の中央右に見えていたのは武尊山(2158m)。
DSC_7427_20161130204032c4d.jpg

おそらく白錫尾根方面。
DSC_7428_20161130203951d6f.jpg

いやあ、勇気あるわ。
DSC_7429_20161130203952fc5.jpg

モデルにさせていただきました。
DSC_7430_201611302039549e4.jpg

日光白根山ロープウエーの山頂駅を発見。
DSC_7431_20161130203955614.jpg

山頂付近の岩峰群。
DSC_7432_20161130203957928.jpg

たぶん草津白根山(2160m)方面。
DSC_7433_20161130203928a69.jpg

北から西への大パノラマで今回は締めくくり。
DSC_7434_20161130203930e20.jpg

(つづく)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1091-7bbc1554
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (74)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (84)
中央線沿線の山 (91)
富士山周辺の山 (58)
八ヶ岳周辺の山 (39)
南アルプス (92)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (58)
駅舎の旅 (19)
ドライブ (8)
廃線の旅 (8)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR