山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

会津駒ヶ岳(6)

【2016年9月4日(日)】会津駒ヶ岳
会津駒ヶ岳(2133m)の駒の小屋から尾瀬の御池方面に向けて縦走を開始したところ。
DSC_6837_20161127074530866.jpg

しばらくはトラバース気味に進む。
DSC_6838_2016112707453228f.jpg

比較的遅くまで咲いているオヤマリンドウ。
DSC_6840_20161127074535d1f.jpg

ミヤマコゴメグサ。
DSC_6842_201611270745365f9.jpg

正面には雲のベールをまとった燧ヶ岳(2356m)。
DSC_6844_20161127074435d73.jpg

振り返っても、まだ小屋は見えない。
DSC_6843_201611270744348be.jpg

左手はカワゴイワ沢の深い谷。
DSC_6845_20161127074437f5d.jpg

もうかなり日も高くなった。
DSC_6846_20161127074438d4a.jpg

右手は越後三山と奥只見湖。
DSC_6847_2016112707444032a.jpg

1996mピークが目前だ。
DSC_6848_201611270744072df.jpg

この稜線の東斜面の森林限界はやけに低い。
DSC_6849_20161127074409372.jpg

風雪がかなり強いのだろう。
DSC_6850_2016112707441079c.jpg

おお、日光白根山(2578m)がかなりはっきり見えてきた。
DSC_6851_201611270744126fb.jpg

1996mピークをからませると、このように見える。
DSC_6852_20161127074413145.jpg

左手後方に見えるのは未丈ヶ岳(1533m)だろうか。
DSC_6853_201611270743393ae.jpg

振り返ると、やっと会津駒ヶ岳の頂上(左)が見えた。
DSC_6856_20161127074343d0e.jpg

なだらかな頂上だ。
DSC_6855_20161127074342fad.jpg

1996mピークへのハシゴ。
DSC_6857_20161127074345b6b.jpg

次のハシゴはヤブにかかっており使えない。
DSC_6858_201611270743151a0.jpg

その先は岩場。
DSC_6860_20161127074318880.jpg

意外にまだピークまで距離があった。
DSC_6861_201611270743205fd.jpg

でも、間もなく到着。
DSC_6863_2016112707424820e.jpg

東には田代山(左、1927m)から帝釈山(右、2060m)あたりの稜線。
DSC_6862_201611270743218dd.jpg

南にはなかなか雲が取れない燧ヶ岳。
DSC_6865_20161127074250602.jpg

振り返ると会津駒(左)。
DSC_6866_20161127074252c3d.jpg

これだけ撮ったら、さらに前進。
DSC_6864_20161127074249614.jpg

1996mピークはあんなに尖っていたのに、南から見ると、こんなにまるい。
DSC_6867_20161127074254a87.jpg

また、しばらくはほぼ平らな空中漫歩。
DSC_6868_201611270742227e0.jpg

極楽である。
DSC_6869_20161127074223e03.jpg

すばらしい斜面だ。
DSC_6870_20161127074225789.jpg

ここはほんとにお薦めの稜線だなあ。
DSC_6872_2016112707422883d.jpg

ありゃ、また隠れちゃうの?
DSC_6876_201611270741586fe.jpg

湿原には時折傾いた木道。
DSC_6877_2016112707420008d.jpg

振り返りも楽しい。
DSC_6878_20161127074126c87.jpg

一部ササがうるさく、朝露に濡れてしまう。
DSC_6879_2016112707412775b.jpg

おっと、まだ完璧ではないが、白根山と燧のコラボ。
DSC_6882_201611270741312a2.jpg

再びミヤマコゴメグザ。
DSC_6883_2016112707405991d.jpg

一部ヤブこぎあり。
DSC_6885_201611270741026ca.jpg

お、やっと小屋が見えてきた。
DSC_6890_20161127074037278.jpg

実はトイレなんだけど。
DSC_6892_201611270740415a7.jpg

山のひだひだ。
DSC_6893_201611270740070c4.jpg

木道っていいなあ。
DSC_6894_20161127074009b18.jpg

小さな池塘発見。
DSC_6895_2016112707401042b.jpg

この先はいったん樹林帯に入る感じかな。あれが1956m標高点のようだ。
DSC_6896_2016112707401273d.jpg

すぐに抜けました。
DSC_6898_201611270739348ea.jpg

再び木道歩き。
DSC_6899_201611270739351b9.jpg

だんだん燧が近づいてくる。
DSC_6900_20161127073936087.jpg

日光白根山の溶岩ドームもかなり全容を現してきた。
DSC_6901_20161127073938b03.jpg

まだまだ見晴らしのよい稜線が続く。
DSC_6902_20161127073940c58.jpg

右手は樹木の間から平ヶ岳(2141m)。
DSC_6903_20161127073905854.jpg

左手は、うっそうとした広葉樹の森。秋には真っ赤に染まるのだろう。
DSC_6907_2016112707390846b.jpg

稜線には針葉樹がちらほら。
DSC_6909_20161127073911c2b.jpg

1956mピークを振り返る。左奥はお馴染み会津駒。
DSC_6908_20161127073909877.jpg

日光白根山が富士山のようだ。
DSC_6910_20161127073819cfc.jpg

めずらしく岩壁。
DSC_6911_20161127073821123.jpg

ロケット樹。
DSC_6912_20161127073822843.jpg

うわ~またきれいな高層湿原が広がっている。
DSC_6913_201611270738244ec.jpg

これはたまりませんな。
DSC_6914_20161127073826d54.jpg

まずは、ササをかきわけて、と。
DSC_6915_20161127073754a9a.jpg

ここにも木道が敷かれていた。
DSC_6916_2016112707375594a.jpg

平ヶ岳が真横に横たわる。
DSC_6917_20161127073757ba6.jpg

あそこにも、いつか行きたいねえ。
DSC_6921_20161127073729ace.jpg

ここにも愛らしい池塘さん。
DSC_6918_201611270737588a1.jpg

いったん振り返り。
DSC_6919_20161127073800bcd.jpg

越後三山。
DSC_6920_20161127073727d3a.jpg

またまた振り返り。
DSC_6922_2016112707373091d.jpg

北東の方角は厚い雲が覆っていた。
DSC_6923_20161127073732d49.jpg

湿原終了。
DSC_6925_201611270737033ff.jpg

と思ったら、また小さな湿原。
DSC_6927_20161127073706d67.jpg

薄毛の生えた池塘もあった。
DSC_6928_20161127073708540.jpg

左手にも。
DSC_6930_2016112707363793c.jpg

底はただの土だった。
DSC_6931_20161127073639adb.jpg

いやあ、ここは天国ですな。
DSC_6932_2016112707364025e.jpg

木道終了。
DSC_6933_201611270736429d7.jpg

紅葉開始。
DSC_6934_2016112707364303e.jpg

振り返ると、まだしぶとく会津駒が見えている。
DSC_6935_20161127073612807.jpg

しかも、この青さ。
DSC_6936_2016112707361369a.jpg

神様、私は何かいいことをしたのでしょうか。
DSC_6937_20161127073615f11.jpg

なんて、こんなに毎週歩いていれば、当然晴れの日にも当たるよね。
DSC_6939_20161127073619351.jpg

久しぶりの日陰。
DSC_6938_201611270736170d1.jpg

ゴゼンタチバナの実。
DSC_6940_20161127073546242.jpg

うわ~、とうとう日光白根山、完成!
DSC_6941_20161127073548ad1.jpg

大津岐峠手前の湿原。
DSC_6942_20161127073549353.jpg

木道で登っていく。
DSC_6943_20161127073551714.jpg

振り向くと、会津駒の左に中門岳(2060m)も見えてきた。
DSC_6944.jpg

今日は実に空気が澄んでいる。
DSC_6945_20161127073521fcc.jpg

昨日、小屋に泊まった人で誰か、こちらに向かっている人はいないかなあ。
DSC_6947_201611270735247ec.jpg

ぱっと見、人の姿は見えない。
DSC_6946_20161127073522cb0.jpg

田代山(左)と帝釈山(右)。
DSC_6948_2016112707352684e.jpg

少しササをこぐと
DSC_6950_2016112707345756d.jpg

大津岐峠に出た。
DSC_6951_201611270735000e6.jpg

(つづく)

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1085-e739b6c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (74)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (84)
中央線沿線の山 (91)
富士山周辺の山 (58)
八ヶ岳周辺の山 (39)
南アルプス (92)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (58)
駅舎の旅 (19)
ドライブ (8)
廃線の旅 (8)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR