山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

会津駒ヶ岳(5)

【2016年9月4日(日)】会津駒ヶ岳
朝4:30に目が覚めた時にはまだ暗かったが、活動を開始する。
まずはトイレへ。
すっきりと晴れているわけではなく、ガスがわりと流れていたが、天気はまあまあ。
早くも外で御来光を待っている人がいた。
DSC_6733_201611262211044d7.jpg
DSC_6734_2016112622110685b.jpg

東の空には、犬のような雲が浮かんでいた。
DSC_6731_2016112622110337a.jpg

私はガスストーブを持って、自炊室へ。
朝食はちゃんぽんのカップ麺。
DSC_2995_20161126221101af2.jpg

随分前に買っておいたものだったので、賞味期限が9月中旬に迫っていた。
食べ始めたところで、外から「出た!」という言葉が聞こえたので、カップを持ったまま外に出て撮影。
DSC_6736_20161126222116289.jpg

でも、実はまだ出ておらず、これが本当の御来光。時刻は5:16だった。
DSC_6737_201611262211078a9.jpg
今日も無事に歩けますよう。パンパン。

食べ終わったら、すぐにパッキング。
5:25、ザックを小屋に置いて出発する。
DSC_6740_20161126221042f20.jpg

今朝もほとんど風がない。
DSC_6742_20161126221044141.jpg

昨日はすこし展望がはっきりしなかったので、再度チャレンジということで、頂上の巻き道を目指す。
DSC_6744_20161126221018d01.jpg

駒の小屋さん、後ほどまた伺います。
DSC_6743_20161126221045918.jpg

駒ノ大池。
DSC_6745_20161126221019414.jpg

東の空。
DSC_6746_201611262210211f3.jpg

昨日も挨拶した石祠。
DSC_6747_2016112622102247b.jpg

小屋と大池を振り返る。
DSC_6750_20161126221024ba8.jpg

朝日に湿原は赤く染まる。
DSC_6751_20161126220956d2f.jpg

今日はもう頂上には行かないつもり。
DSC_6752_201611262209581b7.jpg

ササは朝日が当たっても緑だ。
DSC_6753_20161126220959813.jpg

湿原は黄色い草紅葉となっている。
DSC_6754_20161126221001576.jpg

南の山々は残念ながら雲をまとっている。
DSC_6756_20161126220933774.jpg
DSC_6759_20161126220937865.jpg

燧ヶ岳(2356m)も雲がからんでいる。これはこれで美しい。
DSC_6758_201611262209361dc.jpg

中央左に見える白い点は電発避難小屋。
DSC_6760_2016112622093953d.jpg

今日の平ヶ岳(2141m)は雲の帽子をかぶっていた。
DSC_6761_20161126220908f1f.jpg
DSC_6768_20161126220844384.jpg

あの開けた稜線を歩くのが楽しみだ。
DSC_6763_20161126220909ad5.jpg

越後三山。左は中ノ岳(2085m)、右が越後駒ヶ岳(2003m)。
DSC_6765_20161126220912d05.jpg
八海山(1778m)は二つの山の稜線に隠れて見えない。

望遠で見てみよう。まずは越後駒。手前は荒沢岳(1969m)。
DSC_6769_20161126220846722.jpg

中ノ岳。
DSC_6770_201611262208477a3.jpg

それら全景。
DSC_6772_20161126220850684.jpg

手前は奥只見湖の先端。奥は越後平野。
DSC_6771_20161126220849a8c.jpg

ずっと奥に霞むのは、もしかして佐渡島?だとしたらすごいなあ。
DSC_6774_201611262208202ae.jpg

昨日歩いた中門岳(2060m)への木道。
DSC_6773_2016112622081941f.jpg

今日は空が真っ青だ。
DSC_6776_201611262208234f7.jpg

北の方角。中央は丸山岳(1820m)。左奥は浅草岳(1585m)。
DSC_6777_20161126220825e14.jpg

浅草岳をアップで。
DSC_6778_201611262207554fd.jpg

丸山岳の向こうに、おそらく会津朝日岳(1624m)。
DSC_6780_20161126220758fdd.jpg

その右に展開する山々はよく分からない。
DSC_6781_20161126220759158.jpg
DSC_6783_20161126220725be3.jpg

とても美しいのだけど。
DSC_6784_20161126220727866.jpg
DSC_6785_20161126220728bc0.jpg
DSC_6786_20161126220729e57.jpg

大戸沢岳(2089m)。
DSC_6787_20161126220731c66.jpg

その右の山も同定不能。
DSC_6788_20161126220658016.jpg

昨日より草紅葉の黄色が濃くなったような気がする。朝日のせいだろうか。
DSC_6790_2016112622070162f.jpg

ササの緑も目にまぶしい。
DSC_6792_20161126220704421.jpg

シラビソの林。
DSC_6793_20161126220634bb9.jpg

中門岳への稜線と越後三山をコラボで。
DSC_6794_2016112622063588e.jpg

中門岳の向こうに毛猛山(左、1517m)と杉村岳(右、1535m)。
DSC_6795_20161126220636202.jpg

中門岳の鞍部から覗くこれらの山は特定できなかった。
DSC_6797_20161126220639877.jpg
DSC_6798_201611262206060eb.jpg
本当は、富士山や武尊山、谷川岳も見たかったのだが、やはり叶わなかった。

北東の空。
DSC_6800_20161126220610b21.jpg

会津駒の頂上には行かないつもりだったが、やはり行くことにした。
DSC_6799_20161126220608d86.jpg

でも、あちらにはもう行きません。
DSC_6802_201611262206137ae.jpg

さらば中門岳。
DSC_6803_2016112622053628e.jpg

頂上には誰もいなかった。
DSC_6804_2016112622053886c.jpg
さっき北に見えた山は実はよく分からなかったのだが、ここの展望図で浅草岳、会津朝日岳などであることが確認できた。

南の山々はまだ雲の中。あれは取れてくれるのだろうか。
DSC_6805_20161126220539b07.jpg

燧ヶ岳でさえ、この状態だ。
DSC_6806_201611262205415c2.jpg

こっちは間もなく取れそうな気はするけれど。
DSC_6807_20161126220542454.jpg

池のほとりの小屋というのもいいものだねえ。
DSC_6808_20161126220510c59.jpg

これから歩く稜線。
DSC_6810_20161126220513d68.jpg

下っている途中、昨日会った星のお姉さんとすれ違った。
DSC_6811_2016112622051461a.jpg
(ここには写っていません)
昨夜トイレに行った時、星が見えていたので、彼女もたぶん見れたことでしょう。
これから中門岳まで行くとのこと。気をつけて。

小屋まで戻ってきた。
DSC_6813_201611262204478ac.jpg
DSC_6814_20161126220448911.jpg

今日も風もなく、大池は鏡のよう。
DSC_6817_201611262204518ad.jpg

池の反対側から。
DSC_6819_201611262204534fe.jpg

ここでザックを回収。
DSC_6820.jpg
さくっと出発しようとしたら地図を置き忘れたことに気づき、取りに戻る。
せっかく靴を履いたのに、面倒くさ。

ストレッチをするのを忘れたまま、6:10に出発。
DSC_6821_20161126220424aa8.jpg
気温は12℃。結構冷え込んでいたようだ。

はい、気を付けます。
DSC_6822_20161126220426560.jpg

現在6:12.結構、出発が遅くなってしまった。
帰りのバスの時間は、御池が10時、12時、14時過ぎだというおぼろげな記憶があるが、はっきりしない。
たぶん11時には着けるだろう。
DSC_6828_20161126220334906.jpg

樹林帯の中をほんの少し歩くと、すぐに展望が開けた。
DSC_6823_20161126220427ccc.jpg
これはすごい。今日は素晴らしい稜線歩きになりそうだ。
前も横も後ろもみんな素敵だ。
やはり、双耳峰の燧を正面にずっと見ながら歩けるのがいい。
この尾根を歩かない手はない。会津駒ピストンだけじゃ本当にもったいない。

南東方向の山並み。
DSC_6826_20161126220331498.jpg

お~雲の上から日光白根山(2587m)の頂上が顔を出しているではないか。
DSC_6824_201611262204294b4.jpg

すぐ先に見えるとんがりは、1996m標高点。
DSC_6827_20161126220332d9b.jpg

あそこは巻かずにピークを通過するのだろうか。
DSC_6831_201611262203035f6.jpg

引いてみると、こういう位置関係。
DSC_6829_20161126220335dfd.jpg

燧ヶ岳も二つのピークがだんだん姿を現してきた。
DSC_6830_20161126220302d89.jpg

中央に見えているのは大津岐山(1945m)から東に延びる尾根。
DSC_6832_20161126220305d8d.jpg

この稜線からも越後三山を望むことができた。
DSC_6833_201611262203062aa.jpg

足元は若干、岩が露出している。そんなに歩きにくくはない。
DSC_6834_20161126220308f31.jpg

小屋のあるピークを振り返ってみた。
DSC_6835_20161126220243623.jpg

(つづく)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1084-f1117d53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (154)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR