山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

会津駒ヶ岳(4)

【2016年9月3日(土)】会津駒ヶ岳
中門岳(2060m)から駒の小屋に戻る途中。
DSC_6685_201611240639513bd.jpg

湿原にはイワショウブの実がひっそり。
DSC_6679_201611240640159ad.jpg

左手に会津駒ヶ岳(2133m)から北東に延びる稜線。
DSC_6680_20161124064016ecd.jpg

形のいい池塘だこと。
DSC_6681_20161124064018b1d.jpg

木道は破損箇所が少なくなかった。
DSC_6683_201611240639488c5.jpg
DSC_6690_20161124063927bca.jpg
DSC_6691_20161124063929317.jpg

このあたりの草が倒れているのは、皆さん傾いた木道を避けて、草の上を歩いているからだろうか。
DSC_6688_20161124063924cb5.jpg

紅葉の始まり。
DSC_6684_20161124063950ccb.jpg

こういうところを逍遥できるのは、本当に幸せだ。
DSC_6686_20161124063953111.jpg

駒ヶ岳の頂上が近づいてきた。
DSC_6687_2016112406395489c.jpg

間もなく草紅葉の季節。
DSC_6689_20161124063926ace.jpg

池塘に映る空がこんなに美しいとは思わなかった。
DSC_6692_20161124063931c32.jpg

明日はもっとすっきり晴れてね。
DSC_6693_2016112406385835a.jpg

これまた妙な群生の仕方だこと。
DSC_6694_201611240638597b0.jpg

またまたお腹がすいたので、今度はソーセージ。
DSC_6695_20161124063901ef6.jpg

駒ヶ岳山頂に日が当たる。
DSC_6696_20161124063902e1e.jpg

でも、空にはこんなに大きな雲。
DSC_6698_201611240638232f7.jpg

地面には干上がった池塘。
DSC_6697_20161124063904a09.jpg

シラビソの林。
DSC_6699_20161124063825399.jpg

黄色く色づいたバイケイソウの葉。
DSC_6700_20161124063827f33.jpg

このあたりは山麓と違って夏の終わりの風景だ。
DSC_6701_20161124063828918.jpg

帰りは頂上を避けて巻き道経由で。
DSC_6702_20161124063830a39.jpg

ちょっと、ヤブっぽいところに入っていく。
DSC_6703_201611240637555e4.jpg

駒ヶ岳の西側はかなりの急斜面だ。
DSC_6707_20161124063800550.jpg

越後三山と光のカーテン。
DSC_6705_20161124063757a80.jpg

越後三山の手前に立ちはだかる荒沢岳(1969m)。
DSC_6706_20161124063758e81.jpg

一瞬、樹林帯の中へ。
DSC_6708_2016112406380108b.jpg

駒の小屋を遠望。
DSC_6709_20161124063731d6c.jpg

山頂への分岐を通過。
DSC_6710_20161124063733229.jpg

山頂直下を回り込む。
DSC_6711_20161124063734578.jpg

再び、小屋方面が開けた。
DSC_6712_20161124063736aa0.jpg

日が傾いて燧ヶ岳(2356m)もすっかり影が薄くなってきた。
DSC_6713_20161124063737343.jpg

湿原の中を下っていく。
DSC_6714_20161124063708e0f.jpg

さっき歩いた道である。
DSC_6716_2016112406371194f.jpg

やはり燧はカッコいい。
DSC_6717_20161124063713a10.jpg

北東方面。
DSC_6718_20161124063714874.jpg

もう少しでビールが飲めるぞ~。
DSC_6719_20161124063645258.jpg

駒ノ大池まで戻ってきた。
DSC_6720_20161124063647d6a.jpg

さっきは歩かなかった池の東側に回り込む。
DSC_6721_20161124063648c12.jpg

小屋と雲が写り込んでいる。
DSC_6724_201611240636494f0.jpg

ベンチはガラガラなので、夕食は外でのんびり食べよう。
DSC_6725_20161124063651350.jpg

そうそう、トイレであれの処理をしなければ。
DSC_6726_201611240636212e8.jpg

もちろん、100円をちゃりん。
DSC_6727_201611240636219e6.jpg

ここの小屋は、いろいろとかわいらしく作っている。
DSC_6728_201611240636226a8.jpg

処理終了。小屋へ戻る。
DSC_6729_201611240636241c6.jpg

ちょうど午後4時にチェックイン。
案内された部屋は2階の13人部屋。本日は28人満室とのことだった。
一番奥の、三角屋根の傾斜のある天井の下で、少し狭かったが、一人分の布団は確保できているので、とくに文句はない。
DSC_2988_20161124064013674.jpg
荷物を整理し、ザックをザック置場に移動。
必要なものだけ持って、大池のほとりにあるベンチへ。

あの後みんな出てきたのか、空きは1つだけになっていた。
でも座るところがあって助かった。
この小屋は食事がついていないので、自炊しなければならない。
まずはビール(500円)でひとり乾杯。ちょっとぬるかったのが残念。
DSC_2981_2016112406404179c.jpg

頂上を眺めながら、飲み干した。
DSC_2982_2016112406404230f.jpg

同時に湯を沸かして、ビーフカレーのレトルトを湯煎する。
タイトルは「ビーフカレー」になっているが、実際はドライカレー。
DSC_2986_20161124064047254.jpg

でも、うまかった。
DSC_2984_201611240640448bb.jpg
食事の支度をしながら、靴下を脱いで、足を濡れティッシュで拭き、新しい靴下に履き替えた。
食べている最中に、単独の女性が「空いていますか」と言ってきたので、二、三、言葉を交わす。
彼女は登山口までは車で来て、頂上には明日登るとのことだった。
ガスストーブに毛糸の手づくりカバーをしていたのが印象的だった。

5時にいったん部屋に戻り、誰もいないことをいいことに体を濡れティッシュで拭いて、ジャージに着替えた。
DSC_2987_2016112406401293d.jpg
今回はかなり汗をかいて、ズボンもパンツも財布もびっしょりだった。

バッジが中門岳の分もあったので、会津駒と合わせ2つ買ってしまった。計1200円の出費。
焼き鳥缶詰を取りに行ったついでに、今度は缶チューハイ(450円)を買った。
部屋でメモを書こうとしたが、暗いのでもう一度、外に出た。
次第に頂上にガスが発生し、5時半にはあたり一帯、ガスに包まれてしまった。
DSC_2985_20161124064045e07.jpg

18時すぎに完全撤収。再び部屋に戻る。
天井が低いが寝る分には差し支えない。
毛布と厚い布団があったが、夏なので布団は余計だ。
足元に置くと狭いので、丸めて隣の人との仕切りにした。
我ながら名案であった。
あとは何もすることがないので、6時半に目を閉じる。
7時には寝入っていたと思う。
夜中は、8:30、12:00、3:30に目が覚めた。

【行程】2016年9月3日
駒ヶ岳登山口(11:09)~登山口(11:35登山届提出11:38)~水場入口(12:53昼食13:03)~駒の小屋(14:12デポ14:18)~駒ヶ岳(14:32撮影14:35)~中門岳(15:07)~駒の小屋(15:53)
※所要時間:4時間44分(歩行時間:4時間16分)コースタイム:5時間45分
※登った山:2座(会津駒ヶ岳、中門岳)
※歩行距離:11.7km
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1083-a8bf75bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (82)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (21)
ドライブ (8)
廃線の旅 (8)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR