山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

白峰三山(17)

【2016年8月29日(月)】奈良田
奈良田温泉「白根館」の投宿中。
午後6時は、お待ちかねの夕食の時間。
DSC_3046_20161121064615c4a.jpg
「山人料理」と呼んでいるらしい。なかなかおいしそうだ。

鹿肉のしゃぶしゃぶの食べ方を聞きながら、若旦那に取材。
DSC_3047_2016112106461704e.jpg
このあたりの鹿はこの10年で数百倍になったという(ちょっと大げさだけど)。
かつては1日かけて1頭獲るのがやっとだったが、今なら5分で5、6頭仕留めることができる。弾を込める時間もないほどだとか。
鹿が増えたせいで、ヒルが蔓延しており、七面山の方はひどいらしい。
白い足袋を履いて登っても、下りてくる頃にはヒルに噛まれて真っ赤になってしまうそうだ。

ご令息は何キロも離れた町立北小に通っている。全校児童17人、ほとんどは他の地域から来ている山村留学の子供で、地元の子は2人だけらしい。
通学は無料のスクールバスで、運用によってタクシーになることもあるとのこと。
白根館は創業53年というから、私と同じ年だ。
たぶん、若旦那さんが3代目。4代目はあの小学生が継ぐのだろう。

「山人料理」はこんなメニュー。
DSC_3052_201611210645559e0.jpg
この木は黒文字という木で、用途は爪楊枝である。

メニューの中では、とくに川魚の薫製もおいしかった。
DSC_3050_20161121064621ce2.jpg

そばがきの揚げたのはボリュームがあってお腹いっぱいになった。
DSC_3049_20161121064620e34.jpg

とろろのお吸い物も食べたことがないが、すこぶる美味。
DSC_3051_2016112106455399d.jpg
ごはんもおいしくてたくさん食べたいところだったが、そんなには入らなかった。

もちろん、冷酒もいただきました。
DSC_3048_20161121064618142.jpg

ごちそうさまをして、ロビーに立ち寄り、方言のお勉強。
DSC_3053_201611210645563a6.jpg
ちゃんと「こんぼうず」が書かれていた。

さっき見た「アラク小屋」の「あらく」とは焼畑の1年目のことだった。
DSC_3054_2016112106455824a.jpg

その他もろもろ。
DSC_3055_201611210645598d9.jpg

横綱も大関も聞いたことのないものばかりで、さっぱり分からなかった。
DSC_3056_20161121064531cef.jpg
奈良田の方言は、なぜか関西アクセントだそうだ。その利点を生かして、奈良田の村人は行商人を装い、信玄の隠密として全国で諜報活動を行っていた、という説がある。
このアクセントのおかげで、甲斐武田の衆だとは分からず都合がよかったのだとか。
この地が甲斐国で唯一、年貢を免除されていたのは、隠密の任務を担っていたからだとも言われているが、村の方々としては、ここが孝謙天皇ゆかりの地なので、かの信玄公もはばかったのではないかと信じているようだ。

部屋に戻り、またまたお風呂。
今度は男女入れ替わりで、別の露天風呂に入った。ここも独占。
今日は月曜日ということもあり、客は我々のほかに2組4人だけだった。

風呂から上がったら、あとはもう寝るだけ。
DSC_3057_201611210645326ad.jpg
翌朝はそんなに早くないので、頑張って起きていたかったが、これだけ満腹ではもたない。
9時にはみんな寝てしまった気がする。

【2016年8月30日(火)】奈良田
翌朝は全員5時半までには目が覚めてしまい、すぐに朝風呂へ。
今度は檜風呂。ここも独占。
DSC_3063_20161121064534e08.jpg
それにしてもいい湯だ。この湯に入るためだけに、この宿に来てもいいくらいだ。

今朝は緑色になっているような気がした。さすが七不思議の湯。
DSC_3065_20161121064535bd7.jpg
部屋に戻って、台風の進路をテレビやネットで確認すると、今夜の羽田→千歳便はかなり危ないことが判明。
午前中は雨の予報だし、登山はもちろん観光もできないから、朝食を食べたらすぐ帰ることにした。
H君の飛行機は早めの便に変更したようだ。

食事も15分ほど早めてもらった。
朝食のきび入り御飯もおいしくて、めずらしくおかわりしてしまった。
DSC_3069_20161121064537985.jpg

8:15に出発。車内では早川町のことをスマホでいろいろと調べていた。
ここは人口が1123人(11月1日現在)で、日本で一番人口が少ない町だそうだ。
しかも、辻一幸町長は現在10期目というから、もう36年以上務めていることになる。
これは驚異的だ。

下部温泉駅に9:05着。
DSC_3072_20161121064509ab5.jpg

私は電車で帰るので、ここで下ろしてもらった。
DSC_3071_20161121064507ac5.jpg

10分ほど待って
DSC_3073_20161121064510dbd.jpg

9:15発の各駅停車に乗り込む。
DSC_3076_20161121064511860.jpg

平日だけあって、ガラガラだ。
DSC_3077_2016112106451320f.jpg

外は大雨。
DSC_3078_20161121064446e76.jpg
1時間ちょっとで甲府駅に着くと、乗る予定だった特急あずさは27分遅れており、その前のあずさが幸運にも間もなく到着したので、それに乗る。
下部温泉に早く着いて、予定していた列車より1本早いのに乗れたのが幸いした。
所持金が5000円しかなくなっていたので、足りるか心配だったが、運賃は3520円で済んだ。

その後、さらなる遅延は発生せず、立川に到着。
快速に乗り換え国分寺。
新所沢駅前で、お昼のラーメンを食べ、午後1時前に帰宅した。
DSC_3079_201611210644486db.jpg
雨はもう止んでいたので助かった。
帰宅したら、さっそく洗濯に取りかかった。

今年2回目の南アルプスは雨にたたられたが、核心部は晴れてくれたのでラッキーだった。
去年の白馬とほぼ同じパターンだった。

【行程】2016年8月29日
大門沢小屋(5:23)~1530m地点(6:03休憩6:08)~作業小屋跡(6:20)~大古森沢渡渉点(6:50)~早川水系発電所取水口(7:27)~広河原庵(7:50)~広河原橋(8:14)~奈良田温泉(8:45)
※所要時間:3時間22分(歩行時間:3時間17分)コースタイム:3時間25分
※登った山:なし
※歩行距離:8.5km
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

白峰三山の記事読みました。
いつもながらの観察力と撮影力に脱帽です。
気づかなかった事、忘れていた事を復習させて頂きました。
いかに自分が登る事だけで精一杯かを思い知らされますね(笑)
しかもこれだけ月日が経ってから書ける記憶力にも感服します。
洞爺合宿の記事も楽しみにしています。

  • 2016/11/21(月) 09:21:41 |
  • URL |
  • ひでまん #-
  • [編集]

凶器

彼の記憶力は凶器そのものなんです。

  • 2016/11/21(月) 20:25:35 |
  • URL |
  • O平 #-
  • [編集]

OH砲のお二人へ

だらだらと長いブログを読んでいただき、ありがたいです。
これは記憶力ではなく、帰宅後数日以内に出来事的なことや人の会話などがメモに残しているのです。
写真を当てはめて清書する時に、おおそうだったそうだったと自分でも忘れていたことに気づかされます。

この後、会津駒ヶ岳、日光白根山、奥武蔵、御前山、戸倉三山、面白山、蓼科山をはさんで洞爺湖合宿なので、かなり先になりそうです。
いましばらくお待ちください。

  • 2016/11/21(月) 20:54:54 |
  • URL |
  • かたこりまさかり #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1079-52760705
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (74)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (84)
中央線沿線の山 (91)
富士山周辺の山 (58)
八ヶ岳周辺の山 (39)
南アルプス (92)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (58)
駅舎の旅 (19)
ドライブ (8)
廃線の旅 (8)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR