山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

白峰三山(14)

【2016年8月29日(月)】大門沢・奈良田
大門沢の巨岩地帯を通過中。
CIMG7358_20161119214542731.jpg
CIMG7359.jpg

沢の水を改めてよく見ると、本当にきれい。
CIMG7360_20161119214545777.jpg
CIMG7362_20161119214548473.jpg

お馴染みの標識。
CIMG7361_20161119214546535.jpg

この枝沢には、木橋がなかった。
CIMG7363_2016111921451703c.jpg

雨が降っているのに、濁っていなくてうれしい。
CIMG7364.jpg

いったん岩を登る。
CIMG7365_201611192145206d6.jpg

そして下る。
CIMG7366_201611192145219b4.jpg

滑りやすい岩にはステップあり。
CIMG7367_201611192145235ec.jpg

つい小石を乗せたくなる四角い岩。
CIMG7368_2016111921445473c.jpg

おお、やっと吊り橋が見えた。
CIMG7369_20161119214455165.jpg

吊り橋手前の大岩。
CIMG7370_2016111921445703f.jpg

O君、吊り橋を渡るの図。
CIMG7371.jpg

ここは峡谷になっている。
CIMG7372_20161119214500547.jpg

H君に続いて、私も渡る。
CIMG7373_20161119214431a75.jpg

結構高さがある。
CIMG7375_20161119214432ff7.jpg

うへ、こえ~
CIMG7376_20161119214433585.jpg

無事渡り終え、発電所関係の施設を振り返る。
CIMG7377_20161119214435f89.jpg

しばらく施設内を歩く。
CIMG7378_201611192144373b8.jpg

取水口の横を行く。
CIMG7380_20161119214408b1e.jpg

「山と高原地図」には「早川水系発電所取水口」と書かれている。
CIMG7382_2016111921441080d.jpg

取水口通過。
CIMG7383_2016111921441171f.jpg

一気に開けた場所に出た。
CIMG7384_20161119214413794.jpg

これは道路の橋台のようだ。こんなところに道を通す気だろうか。
CIMG7385_20161119214340da2.jpg

縁石に沿って下る。
CIMG7386.jpg

以前このルートを歩いたことのあるO君が言うには、以前とは景観が異なっているという。
CIMG7388.jpg

以前の登山道は堰堤工事のため一部寸断されてしまったようだ。
CIMG7387_20161119214343622.jpg

その堰堤がこれだ。
CIMG7389_201611192143465fa.jpg

吊り橋も1つ消えてしまったらしい。
CIMG7390_20161119214315d0d.jpg

沢にも手が加えられていた。
CIMG7391.jpg

この道路が今後、奥まで延びていくのだろうか。
CIMG7392_20161119214318b19.jpg

旧道らしき道は立入禁止になっていた。
CIMG7393_201611192143195d0.jpg

この堰堤はかなりデカい。
CIMG7396_201611192142507c1.jpg

その下流を吊り橋で渡る。
CIMG7397.jpg

森山橋だそうだ。
CIMG7399_2016111921425341e.jpg

上流側を見ると、堰堤は3段になっている。
CIMG7401_2016111921425466c.jpg

なかなか派手だ。
CIMG7403_20161119214224e45.jpg

角度を変えて。
CIMG7404_2016111921422532a.jpg

無事渡り終えました。
CIMG7405_201611192142277ef.jpg

一旦、登山道に戻るが
CIMG7406.jpg

すぐに林道に出た。
CIMG7402_201611192142563d5.jpg

あとは延々舗装道路。
CIMG7408_20161119214158040.jpg

小腹が空いたので、歩きながらもっちりあんドーナツ。
CIMG7407_201611192142304d1.jpg
これはお気に入りなのだ。
入山前に買ったので賞味期限は今日まで。

まもなく広河原庵と呼ばれる休憩所を通過。
CIMG7409.jpg

さっきの堰堤工事の際の写真が貼り出されていた。
CIMG7410_201611192142012a3.jpg
2008年頃に造られたようだ。

ポカリスエットのサービスも(笑)。
CIMG7412_20161119214202696.jpg

寄り道はこの程度で。
CIMG7413.jpg

この登山マップは、ほんとにイメージだけ。ほとんど役には立たない。
CIMG7414.jpg

隣にあった登山届のボックスは「登山者名簿」なる古めかしい表記。
CIMG7415.jpg
もはや誰も使用していないだろう。

あちこち寄り道している間に、2人の姿は見えなくなってしまった。
CIMG7417.jpg
いつものことだ。気にしない。
と言いつつ、トレランで追いつく。

雨にしっとりと濡れたツリフネソウ。
CIMG7418_20161119214137616.jpg
これを見ると、里が近いことを実感する。

法面工事の概要を示した案内板。完全にひしゃげている。
CIMG7419_20161119214139a85.jpg
落石のせいだろうか。

小さな祠にはペットボトルがいっぱい。こんなのも珍しい。
CIMG7420_20161119214107637.jpg

やっと林道のゲートに達した。
CIMG7421_20161119214109dfb.jpg

そこには扉が取れてしまった便所が。
CIMG7422_20161119214110425.jpg

林道に名残を惜しむ。
CIMG7423_20161119214112b59.jpg

車が見えた。あそこが県道だ。
CIMG7424_201611192141132c0.jpg

林道を歩くこと30分ほどだった。
CIMG7425.jpg

ここは第一発電所のバス停。
CIMG7426.jpg

トンネルのゲートの前にいたおじさんに挨拶をしたら、「8:11のバスが今ちょうど行ったところだよ。奈良田のお風呂は9時からやっているから、着いた頃には入れるよ」と教えてくれた。ラッキー。
CIMG7427_20161119214046a4b.jpg

右側のトンネルを行くと、あの奈良田第一発電所に至る。
CIMG7429_20161119214047dcb.jpg

これは大門沢が早川に合流する直前。
CIMG7430_20161119214049f36.jpg

この橋の上でカメラのメモリーがいっぱいになってしまった。
ザックの奥にしまい込んでいた一眼レフを取り出して、それに差し込んであったメモリーと交換する。
CIMG7431.jpg
CIMG7433_201611192140206a4.jpg

この作業で随分遅れてしまったので、速足で2人を追いかけた。
CIMG7434_201611192140220bc.jpg

奈良田橋を渡る。
CIMG7435.jpg

1961年の完成。私より年上だ。
CIMG7436_201611192140251c0.jpg

広い早川の河川敷。
CIMG7437_201611192139543b3.jpg

ダムのせいか、水量は少ない。
CIMG7438_20161119213956c72.jpg

枝沢に造られたピカチュウ堰堤。
CIMG7439_20161119213957fe9.jpg

奈良田橋のトラスを振り返る。
CIMG7440_201611192139584fc.jpg

奈良田の第二駐車場を通過。
CIMG7442_20161119214000a66.jpg

さすがに平日だと、車はほとんどない。
CIMG7445_20161119213929836.jpg

丸山林道の入口、宿まであと500mというところでまた雨が降り出し、面倒だが雨具を着た。
CIMG7446_20161119213930410.jpg

さらば南アルプス。
CIMG7447_201611192139321e6.jpg

まもなく9月だというのに、まだアジサイが鮮やかに咲いていた。
CIMG7448_20161119213933af6.jpg

この県道は「南アルプス街道」と呼んでいることに、初めて気づいた。
CIMG7449_20161119213935c73.jpg

早川総合開発事業殉職者の慰霊碑。
CIMG7450_20161119213906362.jpg

外良寺。やっと奈良田の集落に入った。
CIMG7451.jpg

落ち着いたら、ゆっくり散歩しよう。
CIMG7455_20161119213911339.jpg

8:45、まだ朝早いが今宵の宿、白根館にとうちゃこ。
CIMG7456_20161119213912e1b.jpg

3日ぶりに帰ってきた。
CIMG7457_20161119213851c49.jpg

(つづく)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1076-e8314fbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
北海道の山 (185)
東北の山 (62)
上信越の山 (147)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (97)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (53)
南アルプス (101)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (15)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (40)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (34)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR