山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

白峰三山(12)

【2016年8月28日(日)】間ノ岳・農鳥岳
午後2時前に、大門沢小屋に到着。
CIMG7253_20161118063016676.jpg

小屋の前に建てられたテントの中で、先行していたおじさん3人がすでにビールを飲んでいた。
CIMG7252_201611180630164a5.jpg
とても追いつけないようなスピードで下っていたので、奈良田まで下るつもりなのだろうと思っていたが、結局ここ泊まりにしたようだ。
「随分ゆっくりだったなあ」と言われたので、「いえいえ、のんびり歩くのも山ですから」と苦しい言い訳。

雑談しているうちに、3人のうちの1人が我々のおそろいTシャツのロゴ(背中の漢字)を見て、それは何て読むの?と聞いてきた。
「リッカです」と答えると、「私の高校の同窓会もリッカって言うんだよ。○○高校なんだ」と言うではないか。
我々一同、これにはびっくり。「え~我々も○○高校です。うわ~大先輩じゃないですか~。こんなところで同窓の方に会えるなんて」と感激。
偶然の出会いを喜んだ。

ここは1泊2食で8000円。北岳山荘より500円安い。
今日の宿泊者は我々3人と先輩たち3人の計6人だけなので、どこに寝てもいいという。
CIMG7259_20161118063021355.jpg
やはり、ここは泊まる人が少ない。
濡れたものは干して、濡れタオルで体を拭き、下着も着替えた。
連日きれいになれてうれしい。

着替え終わったところで、外に出て、テントの下で乾杯。
DSC_2988_201611180629544ff.jpg
今日は沢の水で冷やした缶ビール(500円)。
となりで飲んでいる先輩たちともしばし雑談。
先輩は私たちより17期上なので70歳ということになる。
ある官庁を定年退職し、今勤めている会社の仲間と毎月歩いているという。

しばらくして、法政二高の山岳部員たちが到着した。
「農鳥小屋のおやじに言われたのでという理由でキャンセルが入った」と、ここのご主人に聞いていたので、てっきり高校生たちは農鳥岳(3026m)から農鳥小屋に戻ったのかと思っていた。
キャンセルしたのは別のグループだったようだ。全く営業妨害だよなあ。

聞いてみると、法政二高のパーティーも、やはりおやじにあれこれ言われたらしい。
天気図書いてないのかとか、いろいろと言いがかりを付けられたんだとか。
もう病気だね。
でも、先生は「いつものことですから」と気にしていない様子だった。
彼らは当然テン泊である。
ほかに単独の女性も下りてきたので、ちょっと小屋内のスペースを空けたりしたのだが、彼女もテン泊だった。いやあ女性は元気だ。

夕食は5時。食堂はプレハブ風の別棟で。
かなりの粗食だった。
DSC_2989_2016111806295696c.jpg
建設コンサルの会社に勤めているというので、先輩方に、南アルプスのリニア新幹線のトンネルの件を訊ねたが、酔っていたせいもあり、よく分からなかった。
結論は大丈夫だとのことのようだが、年間4mmも隆起している山に掘ったトンネルに、なぜ亀裂が入らないのか、いまだ理解できない。

食後もしばらくテントの下で飲み続けた。
途中、雨が降ってきたが、暗くなるまで酒宴は続いた。
H君の○んちの話が出色だった。
子供頃、「ママ~、出たよ~」とトイレから叫んで、拭いてもらうのが習いだったという話。
当時はめずらしかった水洗便所の水流が激しくて、怖かったという話も。
翌日歩きながら補足してもらったのだが、H君が山で大が出ないのは直腸が長いことも関係しているそうだ。
子供の頃から大人並みのが出て、医者である父親から○○病の疑いがあるのではないかと思われたほどだと聞いた。
今も尺物が出るという。
あとは乳首と乳輪の話。
限界集落問題など話題は多岐にわたった。
7時半くらいにお開きに。小屋に戻って布団に入ったら、さすがにすぐに眠りに落ちてしまった。

【行程】2016年8月28日
北岳山荘(5:02)~中白根山(5:37休憩5:44)~3060mピーク(6:08撮影6:16)~間ノ岳(6:57撮影7:11)~農鳥小屋(8:17)~西農鳥岳(9:03休憩9:18)~農鳥岳(9:54休憩10:11)~大門沢下降点(10:52昼食11:08)~2420m地点(12:02休憩12:09)~2030m地点大門沢(12:53休憩13:06)~大門沢小屋(13:55)
※所要時間:8時間53分(歩行時間:7時間16分)コースタイム:7時間20分
※登った山:4座(中白根山、間ノ岳、西農鳥岳、農鳥岳)
※歩行距離:10.3km
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1074-fea6f950
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (74)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (93)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (46)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (19)
ドライブ (8)
廃線の旅 (8)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR